キンズ さん プロフィール

  •  
キンズさん: 身近な植物
ハンドル名キンズ さん
ブログタイトル身近な植物
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tosinobu12
サイト紹介文身近な植物の花& 盆栽作り
自由文四季折々の身近な植物&盆栽作り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供820回 / 365日(平均15.7回/週) - 参加 2009/03/26 20:06

キンズ さんのブログ記事

  • もうじき収穫の宇宙芋
  • 宇宙芋やエアーポテトと呼ばれてるものは、東南アジア原産とされるヤマノイモ科の一種で、その蔓にできるムカゴです。ヤマノイモ科と言えば一般的な長芋や自然薯などもその仲間で、蔓にムカゴを沢山付けますが、これらのムカゴは小豆から大豆程のものが多く、大きくてもソラマメ程度です。ところがこのエアーポテトは卵くらいの物から、大きなジャガイモのようです。名前の由来は、芋の姿がゴツゴツとして隕石に見えるからとか、空 [続きを読む]
  • ピラカンサ赤色の実A・B・C
  • 今日は晴れ、でも水遣りが楽ですよ。   実が赤く色づき始めました。常盤山櫨子(ときわさんざし) 赤い実。 鋸歯がある葉、両面とも毛がありません                 ヨーロッパ東南部原産。肥  料ピラカンサは、どちらかといえば、肥料の好きな木の仲間です。植替えのとき、骨粉を二つまみ位鉢底に入れることは、他の実物等と同じですが、4月上旬から(梅雨期を除き)月二回ぐらい、油粕の腐汁の10倍液又 [続きを読む]
  • ミズの仲間に似ているクワクサの花
  • 今日は、久しぶりの青空です。  庭に出てきて、困ります。とってもとっても出てきます。桑の葉に似てる、クワクサです。1年草。生育期間4〜11月。種子で繁殖。畑地、樹園地、庭、あき地、道ばたなどに普通に生育する。春に発生する。はじめ桑の葉に似た葉を数枚出してやがて茎が立つ。茎は直立し高さ20〜70?、途中から分枝9月から10月に葉腋に球状の花序を形成し、目立たない紫色を帯びた花が咲きます花ですよ         [続きを読む]
  • 着生シダ・石化トキワシノブの新葉
  • 猫の手盆栽の石化トキワシノブですよ。  根茎が変形して白っぽく猫の手のように硬質化。まるで招き猫のような石化シノブは縁起のよい贈り物としても人気があります。今は安くなりました。性質は非常に丈夫で、乾燥に気をつければ初心者の方でも育てやすいです。管理場所は屋外の明るい日陰〜日陰、屋内でも窓際で風通しがよければ大丈夫です。8月から葉が替わります。ABC 二年前の4月に貰ったものの挿し木ですが、まだ葉がでま [続きを読む]
  • アリドオシ(一両・有り通し) の整枝
  • 今日も曇り、   アリドオシの整枝ですよ関東地方以西、四国、中国地方および東アジア、東南アジアからインド東部まで分布する常緑低木。樹高は50cmほど。葉は対生。葉腋に一対の細長い棘がある。枝も葉腋で二分枝する。葉腋に筒状の白い4弁花を通常2個づつ咲かせるそうです。花期は春。白い花をつけるが、まだ、咲かない。果期は秋〜冬。果実は液果で直径5mmほど。地方によっては「千両,万両,有り通し」といって正月の縁 [続きを読む]
  • 菊・ダルマ菊の花
  • 毎年この時期に、咲きます。ダルマ菊です。鉢植えだと、毎年植え替えないと弱ります、此れは、庭に植えて有ります。ダルマ菊は、茎の先端に咲く花が、舌状花は淡紫桃色、芯の管状花は黄色で、このコントラストが美しい日本原産のキク科植物です。本州、九州の日本海側の海岸の崖に自生しているそうです。高さ30cm程度で横に広がるような形で育ち、冬も枯れない丈夫な多年草です。葉はへら状の形をしており、ビロード状の白い毛で覆 [続きを読む]
  • 黒松Bの手入れ
  • 7月に芽切した黒松です。今年は、今までで、最低の日照時間で、松の葉の伸びが極端に悪いです 。黒松B 手入れ前手入れ後               👈・・・ポチ・運気上昇だよ [続きを読む]
  • よく見るセイタカアワダチソウの花
  • 秋の長雨、よく降ります。今日は勉強会楽しみです。セイタカアワダチソウがいたる所で咲いてます。セイタカアワダチソウは北アメリカ原産の帰化植物である。もともとは観賞用に導入されたとの説もあるが、急速に広がったのは大二次世界大戦後。蜜源植物として優秀であるので養蜂業者が積極的に種子を散布したとの話もある。和名の由来は、同じ属のアキノキリンソウの別名であるアワダチソウよりも草丈が高いことによる。 多年生草 [続きを読む]
  • キンズの手入れ
  • 今日は小雨、予報は朝小雨のち曇りになってますよ。    キンズの手入れです。 今回は、掃除と新芽に針金をかけました。キンズは温度が高くないと手入れが出来ない。基準は夜の温度が15度以上になったらよいそうです。      *手入れは夜間の温度が15度以上になってから*キンズ栽培で大事な事は、絶対に水切れを、起こさない事だそうです。 *植え替え時は、古土を完全に落として根詰まりを起こさせない。*キンズ [続きを読む]
  • ヤクシソウの花・・・東金ダムの植物
  • 今日も、小雨天気の悪い日が続きます。  黄色花が、咲いてました。ヤクシソウです                          ヤクシソウは北海道から九州、朝鮮・中国などに分布する二年草。路傍や崖地などの乾燥しやすい場所に生育するが、比較的大きく生長し、枝分かれして高いものでは草丈1mほどになる。1年目はロゼットの状態で生育し、2年目の8月から11月にかけて直径1.5cmほどの黄色い花を付ける。  チチク [続きを読む]
  • 道端で咲いてる力芝(チカラシバ)の花
  • 今日は朝から小雨が降ってます。     道端で力芝が咲いてます。チカラシバは、東南アジアや日本の北海道南部〜九州、沖縄まで広く分布し、草地や道ばた、空き地など日当たりのよい場所にごくふつうに見られる多年草です。草丈は50cm〜80cmほど。茎(稈)は、根もとからたくさんそう生して、結構大きな株立ちになります。イネ科チカラシバ属に分類され、日本の野生種には他に似たようなものがないし、花期の紫褐色のフサフサは特 [続きを読む]
  • コトネアスターの赤い実
  • コトネアスターの実が色づきましたよ。  コトネアスターは、常緑低木  中国原産。枝がアーチ状に伸びる。ベニシタンの別名としても使われるが、シャリントウ属の総称として使われる。白い花がたくさん咲き、秋には横に広がる枝に小さな葉と赤い実が無数につく。ピラカンサの仲間に似るが、枝に刺がなく、葉に鋸歯がない。花期は5〜6月。バラ科    シャリントウ属       赤い実ですよ ㈇ [続きを読む]
  • オキザリス・ボーウィーの花
  • 今日は曇り、寒くなってきました。       家の庭では、大きな三つ葉のローズピンクの色鮮やかな、オキザリスの花が咲いてます。この色鮮やかな花は、オキザリス・ボーウィー、カタバミの園芸品種の一種で、花が大型で美しい花です。園芸種は種類がたくさんあり、何れも個性豊かで、とても美しい花を咲かせます。友人からの頂き物です。     一般に酢漿草(カタバミ)と言うと、野生種のカタバミを指し、酢漿草(カタバ [続きを読む]
  • 花水木(ハナミズキ)の紅葉
  • この花水木は、2009年発芽した物です。綺麗に紅葉してきましたよ。花水木は、1915年にアメリカから東京市(当時は”市”だった)に苗木が寄贈されたのがきっかけで日本に導入され広まった花木(このとき日本はアメリカにサクラを寄贈したという)。白や赤に色づく花びら(本当はがくが変化したもので本来の花はあまり目立たない形で中心につきます)を4枚付けますよ。日本の気候にもよくあい育てやすいため、広い地域で( [続きを読む]
  • 道端で咲いてるアキノノゲシの花
  • 今日は、曇り凌ぎ易いです。      アキノノゲシは一年草。日当たりのよい野原荒れ地に生える。草 丈1〜2m葉は互生。茎の下部の葉は羽状で切れ込んだものが多い。 茎の上部の葉は全縁。葉の縁に刺がない。秋に発芽し、ロゼットで越冬する。茎の上部にうすい黄色〜白色の花をつける。花の直径は約2cm。花弁の裏面に薄紫色の筋がある。果実はそう果。花期は、8〜11月 分布は、北海道、本州、四国、九州       [続きを読む]
  • 道端に群生しているコセンダングサ(小栴檀草)の花
  • 毎年道端に出てきます。熱帯地方原産の帰化植物。下部の葉は対生、上部の葉は互生し、長さ12〜19cm。3全裂または羽状に全裂。頂小葉の先端は細長くとがる。上部の枝先に黄色の頭花をつける。舌状花はなく、筒状花だけがある。総苞片はへら形で先はとがり、7〜8個が1列に並ぶ。そう果は4稜のある線形で、先端には下向きの刺のある冠毛が2〜4個ある。花期は9〜11月  キク科   センダングサ属                 [続きを読む]
  • リュウキュウハギ(琉球萩)の花
  • 今日は曇り、雨が降りそうです。  友人から貰った琉球萩が咲いてきましたリュウキュウハギは奄美大島や沖縄で栽培されている品種で、小花を枝いっぱいに咲かせます。初夏と秋に開花し、秋は9月半ば頃から1ヶ月近く次々に花を咲かせ、楽しませてくれます。耐寒性も比較的強く、東北地方南部あたりまでは露地植えも可能です。マメ科ハギ属の耐寒性落葉低木観賞時期:花5〜7月と9〜10月、葉4〜9月、紅葉11月花です         [続きを読む]
  • オギザリス・ペルディカリア・コムタタの花・・・みゆさんより戴きました
  • 今回の花は、花色がクリームです。  <オキザリス・ペルディカリア>この花の名前を調べていて、その中の内容によると、この花は1823年にロバータと命名されたそうですが、2007年に英国王立園芸協会のアドアイザーから、1833年に命名された別の呼び方ペルディカリアという名の方が、この花が南米原産であり、南米各国でよばれている名前を含む名前なので、この花の呼び方としては、ふさわしいと述べています。私もオキザリス・ペ [続きを読む]
  • トネアザミの花・・・東金ダムの植物
  • 今日は、秋晴れでしたの、東金ダムで咲いてるのを、撮ってきました。トネアザミです。トネアザミは、ノハラアザミにやや遅れて、10月になってから咲き出す晩秋の花です。日当たりの良い野原や、林の縁などで見かけます。関東地方ではよく見かけるアザミです。東海や近畿にも生息しているらいしいですが、数は少ないかもしれません。アザミの仲間はどれも良く似ていて、種類を見分けるのに苦労します。見分けるポイントの一つは花 [続きを読む]
  • ヒメシャラの紅葉
  • 今日も青空です。ヒメシャラの紅葉です。葉が汚れ綺麗な紅葉にはならなかったヒメシャラは、本州関東以西・四国・九州の山林に自生。夏椿の萎縮種とも言われている。夏場の高温対策が大事。葉刈りして、一か月半経ったが、芽の出方が偏ってうまく揃わない。葉刈りよりも葉切りのほうがよさそうだ。紅葉ですよ 👈・・・・ポチ運気上昇だよ [続きを読む]