村上吉文 さん プロフィール

  •  
村上吉文さん: むらログ 日本語教師の仕事術
ハンドル名村上吉文 さん
ブログタイトルむらログ 日本語教師の仕事術
ブログURLhttp://mongolia.seesaa.net/
サイト紹介文エジプトに派遣されている国際交流基金の海外日本語教育専門家のブログ。13年秋からはブダペスト。
自由文ブログ主としてのオススメは以下の二つです。

「学習の高速道路」で語学を身につけるために必要な、たった三つのシンプルなツール
http://mongolia.seesaa.net/article/112727323.html

「PLE」 これこそ学習の高速道路なのか?
http://mongolia.seesaa.net/article/96758573.html

『月刊日本語』でも「次世代教師の賢い手抜き術」を連載中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/27 13:25

村上吉文 さんのブログ記事

  • 噂のSlackを使ってみた
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて、4日ほど前に投稿された以下のツイートが2万回以上 RT されるほどバズっています。IT企業に2か月ほどお邪魔になってわかったこと:・Eメール一度も使ってない(全部Slack)・電話一度も使ってない(全部Slack)・紙とペン一度も使ってない(全部PC・スマホ)・パワポ一度も使ってない(Confluence や Box Notes で事足りる。社内向け資料を何時間もかけてオシャ [続きを読む]
  • ネット中毒で集中できないなら
  • 冒険家の皆さん、今日もラマダン明けのお祝いに葡萄酒を持ってきてしまって焦っていますか?さて、ソーシャルメディアを学びに使うためのセミナーなどを開いているとよく聞かれる質問というか心配なんですが、「ソーシャルメディア中毒になってしまって、時間をかけ過ぎてしまう」とか、あるいは「勉強中や仕事中についソーシャルメディアのアプリやサイトを開いてしまって、やるべきことに集中できなくなるのではないか」という声 [続きを読む]
  • 言い訳のできる時代はもうとっくに終わっている
  • 冒険家の皆さん、今日も机の引き出しから猫型ロボット一緒に過去にタイムスリップしていますか?出勤前で時間がないのですが、慌ただしく一つだけ投稿します。まずはこの記事を皆さん読んでください。むらログ: こんなこと言われていていいんですか?教育関係者のみなさんhttp://mongolia.seesaa.net/article/99676501.htmlこのブログを書いたのが、もう10年前の今日です。ここでは主に3つの点を挙げていて、1つはPowerPoint、1つ [続きを読む]
  • 日本語教育は奴隷制度を支えるのか
  • 冒険家の皆さん、今日も売られてゆく奴隷たちに紛れて隣の国に潜入していますか?さて、各メディアの報道によると政府は5年間を上限に日本国内で就労できる新たな在留資格を設ける方針を決めたそうで、実質的に移民時代が始まることになります。僕は公的な移民制度を通して日本が世界に開かれた国家になること自体は大賛成だし、それ以外の選択肢はもはや日本にないと思うのですが、技能実習生を受け入れている企業の71%で労働基 [続きを読む]
  • ライブ中継されない理由とその危険性について
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて先週末は東京外国語大学で日本語教育学会の春の大会が行われたようです。主催者の皆様、お疲れ様でした。この二日間は関係者の Twitter などを拝見しておりました。大盛況だったようで、何よりです。運営担当だった東京外国語大学の日本語教育関係者の皆様の努力の賜物だと思います。 日本語教育学会 大盛況でびっくりしました pic.twitter.com/8Nbal7WD [続きを読む]
  • せめて専門書だけは電子書籍で買いませんか?
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?今日はカルガリーでの仕事が予定通りに終わって空港に行ったらまだ待ち時間に余裕があったので、搭乗口でこの記事を書いています。(と言ってもいつもの通り音声入力で喋っているだけですが)さて、今日はせめて専門書だけは電子書籍で買いませんか?ということを提案したいのですが、これは日本語教育ウェビナーと結局は同じ話で、僕のように海外にばかりい [続きを読む]
  • GoogleフォトをAnkiの代わりに!
  • 冒険家の皆さん、今日も若いパダワンに稽古をつけていますか。さて今日は小さなライフハックのご紹介です。第二言語を勉強する時に、新しい語彙を覚えたりするために使われるツールとして、Anki、Quizlet、Memriseなどがありますよね。これらは語学学習の定番としてよく知られています。ただ、僕自身が最近よく使うのは、Googleフォトなんです。そう言うとよく驚かれるので、今日はそれについてちょっとご紹介をしたいと思います。 [続きを読む]
  • ハッシュタグ #日本語教育ウェビナー のご提案
  • 冒険家の皆さん、今日も魔導書をGoogle翻訳で読んでいますか?さて、数日前にこんな投稿を見かけました。都会の人らは電車賃数百円で住むところを地方にいると数万円かかるのは当然ながら1番のハンディである。私はある時期から断腸の思いで「都会の研究会に出る費用と時間と体力より地元で本を読むのを優先する」のにシフトした。— desean takahashi (@desean97) 2018年5月7日プロフィールを見ると、この方は高知県にお住 [続きを読む]
  • ネトウヨをみんなでブロック!
  • 冒険家の皆さん、今日もエネルギー・シールドで帝国のレーザー・キャノンを防いでいますか。さて、エネルギー・シールドはソーシャルメディア上では使えないので、日本語学習者にツイッターなどを使ってもらう場合、やはり気になってしまうのがネトウヨと言われている外国人に対して攻撃的な方向性を持つストームトルーパーのようなユーザーです。以前、こうした問題を避けるために「Twitter Block Chain」という自動的に大量のブ [続きを読む]
  • デジタルバッジと学校の解体
  • 冒険家の皆さん、今日も息も絶え絶え、回復の泉にたどり着いていますか?さてデジタルバッジ関係でまた僕も知らないうちにいくつか動きがあったようなので、備忘録を兼ねてここに共有しておきたいと思います。まずここまでの復習ですが、デジタルバッジというのはとても幅の広い概念で、例えば「他の学習者を助けた」というような行為について教師が発行するデジタルバッジもあれば、もう少しフォーマルなものとしては、教育機関な [続きを読む]
  • 自律性は育てられる
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて、今日は自律学習に関するよくある誤解に基づく批判について書いてみたいと思います。なお研究者の間では「オートノミー」という言葉がよく使われますが、この外来語自体を知らない人にも読んでいただきたいと思いますので、今日の記事の中では、代わりに「自律性」という言葉を使いたいと思います。 また、 「自律学習」というのは学習者が自分で学習の [続きを読む]
  • 職場や教室に精神障害者がいたら?
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて、Facebookのタイムラインで「平成30年4月から精神障害者の雇用義務化です」という記事が流れてきて、僕も知らなかったので少し驚きました。例によってツイッターでアンケートを取ってみたところ、87%の人が「知らなかった」と答えていたので、やはりあまり周知されていないのかもしれません。ただ、それでちょっと思い出したことがあります。もう何年も [続きを読む]
  • 行動中心アプローチのオンライン日本語教師研修の資料
  • 冒険家の皆さん、今日も野営地の焚き火を見つけながら次の冒険に思いを馳せていますか?さて、僕のブログは本来、仕事とは関係のない個人的な考えなどを述べるところなのですが、行動中心アプローチのオンライン研修について担当地域外の方からも問い合わせを受けることが何度かあったので、こちらでもご報告しておきます。一番最初にこのネタでブログを書いたのは一年前の以下の記事です。むらログ: 多様性に対応しよう! 日本語 [続きを読む]
  • リスクを取れるようになるための7つのステップ
  • 冒険家の皆さん、今日も短刀一本で巨大なトラと戦っていますか?今日紹介することはスイス日本語教師会のセミナーでもお話ししたことで、同じようなデータはこのブログでも紹介したことがあるのですが、以前に紹介したことは若干データが古くなっていたりするので、今日はアップデートとして再掲します。まず、僕は nifty-serve というインターネット以前のパソコン通信の時代から、グローバルな日本語教師のデジタルネットワーク [続きを読む]
  • 「1000ドルの鉛筆」から脱却するための3つの視点
  • 冒険家の皆さん、今日も吹雪で倒れてしまったトーントーンの内臓を掻き出して寝袋にしていますか。(と書いてから検索してみたら商品化されてて吹きました)さて、前回のブログの記事では、教育機関が ICT を利用することのメリットについていくつか考えをご紹介しましたが、その中で以下のように書きました。一方で、同じ内容を紙と鉛筆で書くか、パソコンで書くかと言った ICTの効果を引き出さない比較では、それほどの違いが出 [続きを読む]
  • 教育機関が ICT を使うメリットを考えてみた
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて、食べたナツメヤシの種を口から飛ばしていますか?さて、スイスの日本語教師会の皆さんにご招待いただき、ベルンで研修を行ったことを前に書きましたが、そのおかげで、日本語に限らず教育機関で ICT を利用するとどのようなメリットがあるのかを考えてみることができました。当たり前すぎてあまり普段は考えませんが、今日は教育機関でICTを利用するとどのようなメリットがあるのかを「学 [続きを読む]
  • 佐々木俊尚「広く弱くつながって生きる」
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?佐々木俊尚さんの新刊「広く弱くつながって生きる」を読んで、久しぶりに読書の楽しさを思い出しました。最近は英語の勉強が必要なので、日本語の本を読まないようにしていたら、いつの間にか読書の時間自体が減ってしまっていたのです。佐々木さんの本は別にエンターテイメントの本ではないんですが、読んでいて非常に心地よいんですよね。もちろん勉強にも [続きを読む]
  • 個人の日本語教師は3万人?
  • 冒険家の皆さん、今日も敵対勢力に追われて絶壁から谷底の川に落ちて助かったと思ったら少しずつ滝に近づいていて焦っていますか?さて、もうずいぶん前になるのですが、今年の2月18日から一週間にわたって、Twitter で日本語教師を対象に「学校で教えているのか、あるいは個人で教えているのか」というアンケートを行ったことがあります。ご回答くださった皆様、ありがとうございました。この時のアンケートでは、個人で教えてい [続きを読む]
  • 教師研修はもう「オンラインでの学び方」だけにしません?
  • 冒険家の皆さん、今日も熱気球でアルプス山脈を横断していますか?さて、先週末はスイスで教師研修を行ってきました。スイス日本語教師会の皆さんが招待してくださったのです。スイスの皆様、ありがとうございました。会場のベルンに着いたのは前夜のもうかなり遅い時間だったのですが、カナダの時刻ではまだ真っ昼間だったので、役員の皆様からいろいろ話を聞く時間を作っていただきました。そこで出てきた話が、財政などの問題か [続きを読む]
  • 行動中心アプローチでは文型が多すぎて大変?
  • 冒険家の皆さん、今日も月の砂漠をはるばると旅のらくだに揺られていますか?さて、行動中心アプローチでは、よく「1つのレッスンで扱う文型の数が多すぎる」という声を聞くことがあります。あまり記憶にないのですが、もしかしたら僕自身もそんなことを言ったことがあるかもしれません。もう何ヶ月か前になるのですが、やはり同じようなことをおっしゃる方に話を聞いたので、昔の自分へのアドバイスという意味も含めて、改めてこ [続きを読む]
  • 作文を自分の母語から翻訳するのは悪いことなのか?
  • 冒険家の皆さん、今日も飛行船の中で飛行石を持った女の子にワインのボトルで頭を殴られていますか? こちらはカルガリー国際空港です。飛行船じゃなくて飛行機を待ちながらこれを書いています。ちなみに飛行石も追いかけていません。つーか、あれって冒険家じゃないよね。さて、会話と違って「ものを書く」という作業は、リアルタイム性があまり求められません。つまり準備に時間をかけることができます。会話の場合は辞書で調べ [続きを読む]
  • 第7回 #日本語教師チャット「私が受けたい研修」ご報告
  • 冒険家の皆さん、今日も岩に突き立った聖剣が引き抜けなくて困っていますか?さて、カナダ時間で昨日の2月24日午前5時から、第7回の日本語教師チャットを行いました。参加してくださった皆様、ありがとうございます。今回は自己紹介してくださった方だけでも45名もあり、もしかしたら、今までの中で1番参加者が多かったかもしれません。それだけ、今回の「私が受けたい研修」というトピックにニーズがあるのだということかもしれま [続きを読む]
  • PDF化で誤植撲滅?
  • 冒険家の皆さん、今日も羽根ペンで羊皮紙に宝箱の地図を書いていますか?さて、これは僕に限ることではないと思うのですが、ワープロで編集中には何度見直しても気がつかなかったタイプミスとか誤変換が、プリントしてみたらボロボロ見つかるということが皆さんもあるのではないでしょうか。これについては、いろいろな理由が説明されていて、中には透過光だと見え方が違うから間違いが発見しにくく、反射光だと気が付きやすいと言 [続きを読む]
  • 国内の日本語学校は日本語教育界の中心なのか
  • 冒険家の皆さん、今日もサルガッソー海でスクリューに絡みつく藻をナタで切り払っていますか?さて、国内の日本語学校で働いている皆さんのソーシャルメディア上の書き込みを見ていて、時々違和感を感じることがあります。なぜなら、国内の日本語学校が日本語教育業界の大部分を占めているような前提に立った書き込みが多いからです。確かに、今日本の国内の学習者の数は急激に伸びているのに、教師の数はほとんど伸びておらず、非 [続きを読む]