村上吉文 さん プロフィール

  •  
村上吉文さん: むらログ 日本語教師の仕事術
ハンドル名村上吉文 さん
ブログタイトルむらログ 日本語教師の仕事術
ブログURLhttp://mongolia.seesaa.net/
サイト紹介文エジプトに派遣されている国際交流基金の海外日本語教育専門家のブログ。13年秋からはブダペスト。
自由文ブログ主としてのオススメは以下の二つです。

「学習の高速道路」で語学を身につけるために必要な、たった三つのシンプルなツール
http://mongolia.seesaa.net/article/112727323.html

「PLE」 これこそ学習の高速道路なのか?
http://mongolia.seesaa.net/article/96758573.html

『月刊日本語』でも「次世代教師の賢い手抜き術」を連載中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/03/27 13:25

村上吉文 さんのブログ記事

  • オンラインでEdCampができる!
  • カバー写真背景はウクライナで行われたEdCamp。撮影:Nickispeaki冒険家の皆さん、今日も天井から落ちてくるタランチュラを払い落としていますか。さて、Twitterで日本語学校の先生と学会との断絶について触れたところ、いろいろな意見が出ました。日本語学校の先生にとっては「業績にならない」「忙しい」というような理由が多く挙げられていました。学会に参加する日本語教師と、民間の学校の日本語教師の間には、かなり深い断絶 [続きを読む]
  • 日本語教師チャット「オンラインで教える」
  • 冒険家の皆さん、今日も疾走する列車の屋根の上で悪漢と戦っていますか。さて、もう一週間前になりますが、第5回目の「#日本語教師チャット」を行いました。今回のテーマは「オンラインで教える」です。少なくとも35人の方から300に近い投稿をしていただくことができました。やってみての最初の感想は、意外と沢山の人がオンラインで教えているんだなあ、ということでした。実は、事前に2回アンケートをしたのですが、最初のアンケ [続きを読む]
  • ネトウヨを大量に自動ブロックするには
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて、ソーシャルメディアで日本語を学ぼうというときに、「外国人が嫌いなネトウヨに絡まれたくない」といって躊躇する人はいないでしょうか。あるいは、教師のほうに「そういうリスクを取れないから授業に使えない」と思っている人はいないでしょうか。個人的には、そんなリスクは限りなく小さいので、よほど誹謗中傷などをしなければ気にする必要はないと [続きを読む]
  • 宝箱システム 多様性の中の評価
  • 冒険家の皆さん、今日も太陽神ラーのメダリオンをもとに魂の井戸を発掘して宝箱を持ち出そうとしていますか?さて、今までセミナーなどではよく話してきたことなのですが、検索してみるとなぜかブログにはまだ書いたことがないようなので、今日は自律学習コースの評価について僕の実践例をご紹介したいと思います。一般的な用語としては「デジタルバッジ」とか「Micro credentials」などと言われることが多いかと思いますが、僕の [続きを読む]
  • 第二言語習得におけるハッシュタグの3つの使い方
  • 冒険家の皆さん、今日も狼煙を上げて遠いオアシスに緊急事態を知らせてしていますか?さて、数日前にツイッターやなどでシェアしたのでもうすでにご覧になった方も多いかと思いますが、Osman Solmaz氏の「ツイッターにおける自律的な語学学習:ハッシュタグを通した目標言語ユーザーとのつながり」という論文を読みました。冒険家メソッドに深く関わる研究なので、今日はこの論文を簡単にご紹介したいと思います。この論文は、著者 [続きを読む]
  • 教師のための英語ポッドキャストとチャット
  • 冒険家の皆さん、今日も金の羊の毛皮を探して50人の勇士と船旅を続けていますか?さて、バンクーバーでSuper Conferenceという6000人もの教員が参加する大規模なイベントに行ってプレゼンをしてきました。といっても6000人に向けてプレゼンしたわけではなく、僕の会場に来ていただいたのは30人ほどでしたが。ところで、僕のブログの読者の皆さんは、僕がよく英語の文献などを紹介しているので英語がペラペラなんだろうと勘違いして [続きを読む]
  • 無料で簡単にオンラインコースが開ける時代が来た!
  • 冒険家の皆さん、今日もイウォーク族とともにウォーカーに立ち向かっていますか?さて、非公式なところも含めていくつか試してみて、もう誰でも普通の学校の教室のようなイメージでオンラインのコースが開けるようになったんだなあ、ということをしみじみ感じたので、共有したいと思います。ここでいう「誰でも」というのは、「特にプログラミングやサーバー管理などの技術的な勉強をしていないが、GmailやWordなどの一般的なアプ [続きを読む]
  • 独習者の3つのタイプ - ソーシャル型
  • 冒険家の皆さん、今日も地元の富豪のパーティーに呼ばれて現地の強い酒を飲まされていますか?さて、前回に続いて今日は独習者の3つのタイプについて書いてみたいと思います。これまで「言語オタク型」と「アニメ型」について書いてきましたが、最後は「ソーシャル型」です。これが一番面白い。というのも、「言語オタク型」はもう何十年も前からいたわけです。基本的に教科書を使って伝統的な学び方をする人たちですから。そして [続きを読む]
  • 独習者の3つのタイプ 「アニメ型」
  • 冒険家の皆さん、今日も海図のない大海原を航海していますか?この「海図のない」とか「地図のない」「未踏の」という言葉は冒険家のイメージに重なるところがかなり大きいと思うんですが、日本語学習で言えば、「海図」は教科書ですよね。今は「情報はたくさんあるけど、どう進めばいいか分からない」という人がたくさんいて、その人たちには、教科書は情報源というよりも学ぶ順番や方向を教えてくれるという意味で、「海図」に近 [続きを読む]
  • 手話を生きる
  • 冒険家の皆さん、今日も漂着した無人島で椰子の実を割ってココナッツジュースを飲んでいますか?いやー、これは久しぶりに面白かったです。僕の専門分野の本でもなく、他の人が勧めているから読んでみようと思った本の中で、こんな面白い、というか、刺激的で、示唆に富み、そして衝撃的なものは、これまでになかったかもしれません。冒頭から、全く予想もしていなかった世界が描写されています。聾(ろう)の子どもたちが、「突然 [続きを読む]
  • 多様な学びを社会として認めよう
  • 冒険家の皆さん、今日も大海原で難破してイルカに救われていますか?さて、9月1日はもっとも子供の自殺が多い日ということで、今年も9月1日を中心とする1週間で8人の子供が自ら命を絶ったのだそうです。(参考資料:石井)こうした統計を受けて、特に昨年から八月末に「死にたいぐらいだったら学校に行かないでいい」という発言が多く見られるようになって来ました。今年は文部科学省の次官だった前川喜平さんも同じ主旨の発言をさ [続きを読む]
  • 独習者の3つのタイプ 言語オタク型
  • 冒険家の皆さん、今日も羊皮紙に隠された暗号を解読していますか?さて、先日、僕の住んでいるエドモントンと同じアルバータ州にあるカルガリーという町で行われた、カナダ日本語教育振興会(CAJLE)の大会に参加して、独習者の3つのタイプについて話してきました。教師研修の部分も残しつつ、かなり学術会議的な色彩の濃いイベントで、日本から来た参加者の一人は「この学会は」と言っていたので、やはりそういう認識なのでしょう [続きを読む]
  • 小学校の宿題に意味はあるのか?
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか?さて、今日は8月16日ですね。日本ではもう17日かもしれませんが。8月16日というと、アメリカで宿題の意味の無さが話題になってちょうど一年です。参考資料のところにリンクを張ってありますが、「ブルックは新しい先生がもう大好き」という短い書き込みがFacebookに投稿されて、7万回以上もシェアされたのです。この書き込みは写真が添付されていて、以下の [続きを読む]
  • 世界のみんなで日本語で話そう
  • Dear my fellow adventurers!8月13日に日本語で話すイベントがあります。外国語として日本語を勉強した人、ぜひ来てください。いま勉強している人でもいいです。もう仕事で日本語を使っている人でもいいです。インターネットのイベントなので、どこに住んでいる人でも大丈夫です。時間は、日本の8月13日の21:00から22:30です。ハンガリー、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドなどでは、13日の14:00からです。カナダのバンクー [続きを読む]
  • オンラインフェスに出展しました!
  • 冒険家の皆さん、今日も親方の家に海賊たちに追い詰められて、空から落ちてきた女の子といっしょに裏口からこっそり逃げていますか?さて、前回お知らせしましたとおり、オンラインフェスに出展しましたが、これ面白かったですよ!キックオフから打ち上げの乾杯!まで全部オンラインなんですが、リアルタイムで顔が見えて声も聞こえるので、ハグとかする関係でない限りそれほど違和感はありません。このオンラインフェスではZoomと [続きを読む]
  • クレジットカード紛失から学んだこと
  • 冒険家の皆さん、今日も宝島の地図を海賊船に残したまま脱出してしまって、取りに戻れず困っていますか?さて、一週間前のことなんですが、ちょっとうれしいことがあったんです。その日は、僕の勤務先のアルバータ州教育省の部署で一緒に朝ご飯を食べる会がありました。朝ごはんと言っても、ホテルでよくやるビジネスマンのパワーブレックファーストとかじゃなくて、川の近くの公園のバーベキュー用の施設をお借りして、ホットケー [続きを読む]
  • 仮想現実が語学教育を変える!
  • 冒険家の皆さん、今日も仮想空間で100人のエージェント・スミスと戦っていますか?さて、一昨年ぐらいから「仮想現実(以降、「VR」)が教育を変える」といろいろなところで言われていますよね。僕も最初に体験してみたときから「これはすごい技術だ」と思ってきました。その没入感が、まさタイムスリップとかテレポーテーションという言葉にふさわしいインパクトだったのです。タイムマシンと「どこでもドア」が教室にやってきた [続きを読む]
  • 新潟県が他県からの転入を禁止したら?
  • CC BY Lincun冒険家の皆さん、今日も氷河を渡る途中でクレバスに落下しそうになって犬ぞりの犬たちに命を助けてもらっていますか?【新潟県が他県からの転入を禁止したら?】さて、いきなりですが、もし新潟県が他県からの転入を禁止する条例を制定したら、どうなるでしょうか。東京や大阪から悪い人たち(暴力団とか)は入ってきにくくなるでしょうが、企業は優秀な新入社員の確保に苦しむことになるでしょうね。新潟大学も新入生 [続きを読む]
  • #日本語教師チャット 「日本語教育とICT」のご報告
  • 冒険家の皆さん、今日も伝書鳩を大量に使って相棒とチャットしていますか?さて、すでにご存じの方も多いかと思いますが、昨日(7月15日)の日本時間午後8時から「#日本語教師チャット」を行いました。非公開チャットは何度も経験していますが、日本語でこうした教員の公開チャット行うことはあまりない(と言うか僕は前例を知りません)ので、うまく行くか非常に心配していたのですが、結果的には40名以上を数える人が参加してく [続きを読む]
  • 海外日本語教育学会の研究例会と研究誌
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダに揺られて灼熱の砂漠を横断していますか? さて、6月17日の日曜日に海外日本語教育学会の研究例会があって、今回も会場の様子がライブで配信されました。発表者は青年海外協力隊でコスタリカに派遣されていた大嶺恵美さん、玉村香奈さんと国際交流基金からメキシコに派遣されていた蟻末淳さんです。その他に、ハングアウトでコスタリカ、ニカラグア、エルサルバドルの現地にいるコメンテーターと中 [続きを読む]
  • キーボード敵視をやめさせるための一提案
  • 冒険家の皆さん、今日も魔女に教えてもらった呪文を忘れないように羊皮紙の手帳にメモしてますか?さて、「ネガティブイケメン」として数年前にブレイクした栗原類さんの著書『発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由』を読んでみました。何だか僕と重なるところがすごく多くて、「俺ってもしかして発達障害?」とか思って試験を受けてしまいましたがそれはさておき、この本に、以下のような一節が出てきます。授業中やテス [続きを読む]
  • 養成講座は現場と乖離しているのか
  • 冒険家の皆さん、今日も冒険家養成講座で後進の指導にあたっていますか? さて、実質的に文化庁による日本語教師養成講座の公認制度が始まりました。ごく簡単に言うと、今までは420時間やれば何でもありだったのですが、文化庁に示されている基準どおりの内容にしないと認可されず、認可されていない養成講座の出身者は有資格者として認められなくなるのです。(過去の修了者はどうなのか分かりませんが) 僕は文化庁に親しい人が [続きを読む]
  • UBERに見る「つなぐこと」の価値
  • 冒険家の皆さん、今日もラクダ市場で砂漠を横断するためのラクダの品定めをしていますか? 【Uberの体験】先日、外に家族で夕食を食べに行った帰りに、Uberを使ってみました。Uberというのは、自動車の乗り合いサービスで、運転しない人にとっては「安くてハイテクなタクシー」と思っていいと思います。規制でがんじがらめの日本では「ハイテクだけど安くないタクシー」になってしまっているようですが。 Uberに乗るには、スマホ [続きを読む]