やっちゃん さん プロフィール

  •  
やっちゃんさん: サンドロット・ピアノ
ハンドル名やっちゃん さん
ブログタイトルサンドロット・ピアノ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yacchan49/
サイト紹介文サンドロットには「草野球のような」と言う意味があります。気楽なピアノ教室です。
自由文気楽なピアノ教室へ...  今日のトクダネ 音楽のこと ピアノのこと 子育てのこと  心に響いたことを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/28 13:44

やっちゃん さんのブログ記事

  • 優れもの!?
  • Facebookのお友達のブログで見つけました。アメーバブログ出口比呂子ピアノ教室 ぴあの広場 より     線と間の優れもの           写真はブログからのスクリーンショットなるほどなぁ〜と思いました。これを下から言えるように練習するわけです。   上部を引っ張ると・・・仕掛けがあるんですよ!         ブログを読んでみてくださいこれいいですね〜「千葉バスティン研究会」という所で買えるよう [続きを読む]
  • 八分音符
  • 例えばこれ17番八分の三拍子一小節に8分音符(で数えると)が3つ分入っているという事だから、この場合は八分音符でもタンタンタンと歌います(数えます)。そして、一小節目と二小節目は同じなんです。でも、なんだかつながっている二小節目になるとタタタ になってしまうことがあります。気持ちはわかります。でも、全部 タンタンタン タンタンタン三小節目は ターァタン四分音符だけど、八分音符で数えるとニ拍だからター [続きを読む]
  • どっちにしよう
  • すぐ決めるのは高校生以上小学生は迷います。小学生以下はもっと迷います。迷って迷って、決着つかないことがあって「予約」という特別なケースが生まれたほど!「どっちかを今日食べて  残りは来週、貰うことにしよう!」ってそこで、今日どっち食べるか迷う‥…😁迷うことは良いことなんです価値観を持って、考えているんですから私にとってはその子の性格を知る良いチャンスですさぁ、どうする! [続きを読む]
  • 迫力の時間
  • 10月14日土曜日さいたま市浦和区の円蔵寺で「ウクライナ・チェルノブイリ医療支援チャリティーコンサート」がありました。真ん中の大きな太鼓は直径90センチ「雪が降る・・・」と演者の方はおっしゃいましたが、はい。振動でこの古いお寺の積み重なった埃がおちてきました。響道宴(ひびき とうえん)さん三味線は山中信人さんです。弦楽器ではなく、もう打楽器ですね。武蔵という曲目が入っていまして、どっちが宮本武蔵でどっち [続きを読む]
  • 4歳児のレッスン
  • Iちゃんは生徒のAちゃんの妹ですから、生まれた時にはそれなりに、環境が整っていたのです。「ピアノの音が聞こえていた」「ピアノは ”弾く” もの」「ピアノは習うもの」ずっと、レッスンに付いて来て見ていますから当たり前のように、お姉ちゃんの後でお辞儀をして「おねがいします」と言っては、好きなように音を出し、手首を使い、指を使い、両手で弾く真似をします。       毎回 そうでした。そして「ありがとうご [続きを読む]
  • ソルフェージュ週間
  • 10月の第一週はソルフェージュ週間でした。全体としては、いつものように「題名のない音楽会」「教科書を超えた音楽会」を観ました。まるみのある、奥行きのあるスタッカートなかなか難しい表現ですが、「ん〜〜〜」という子と「わかった〜〜〜」という子それぞれのとらえ方で、今は十分だと思います。音価の勉強と確認これ、いまだに混乱しています。〇2分音符は2拍×4分音符は4拍・・・って〇4分音符は1拍です!じゃ、16分音符 [続きを読む]
  • チェルノブイリ医療支援チャリティーコンサート
  • さて、いよいよあと10日を切りました。教室の方達には、すでにお知らせが手渡されていることと思います。ウクライナ、チェルノブイリ原発事故から30年。当時現場で仕事をしていた人たちの三世の子供たちが、病気と共存しながら、きっと来るだろう明るい明日を待っています。今年の支援対象はエリザベータ(リザ)・ショルツちゃん(10歳)先天性奇形脊椎ヘルニア。仙骨脊髄麻痺。骨盤機能不全。 神経因性膀胱(膀胱の神経機能障害 [続きを読む]
  • おいしい音
  • 日本では音楽用語はイタリア語譜読みはドイツ語一般的にはドレミ・・・と言いますが、専門的に勉強するとなるとドイツ語読みC   D   E・・・ツェー デー エー・・・を使います。それで、ラ は A アー ♯にあたる文字はISで、ラの♯は Ais アイス なんです。ここから お借りしました    おいしそうな名前でしょ? [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • 午後から雨が急に降ったりやんだりの中、ちょっと行き詰った突破口に石川めぐみ先生をお呼びして、わんぱくキッズをご紹介がてら一緒に行ってきました。「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/幼稚園教諭の経験がある石川先生は、アイデアを一杯お持ちです。幼稚園や、レッスンで音符ビッツを有効に使って、たくさんの子供たちに笑顔と向上心をプレ [続きを読む]
  • 鬼が笑うか・・・45回
  • 来年度の話サンドロットピアノでは長年、レッスン料について検討してきました。はい、値上げするかどうか・・・です。色々考えましたし、いろんな人にも聞いてみました。持っている技術、修得した知識にプライドを持つという事が一つそして、周り教室とのバランスを考えるという事が一つ実はこれが、とても重要な点なのです。ある意見では、そんな値段(5000円)は無謀つまり安過ぎる って。これって、42年間変わらない値段です。 [続きを読む]
  • 8月のわんぱくキッズ
  • 8月のわんぱくキッズに行ってきました。「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/夏休みは午前中から3時までだそうで、いつもよりは早い1時半から行ってきました。みんなはお昼ご飯を食べて上機嫌です。ごはんを食べたからおなかの大きな王子さま を歌いました。  絵本があって、それをめくりながら・・・小椋 佳 作詞・作曲 オナカのおおきな お [続きを読む]
  • 金箔入り
  • ご褒美飴の一番人気はこれ一袋に、1個だけ金箔入りが入ってる!つい最近、目にしました。見えます?ニッコリの下側に2個 ピカッとちいさいの すると写真が大きくなりますラッキーな人は‥…ニューフェイスのSちゃん金箔出たよと言うと、みんながうらやましがります。「当たり🎯」って   嬉しいよね! [続きを読む]
  • 写譜
  • Nちゃん泣き虫だけど、すごく頑張り屋さん  ヘ音記号がよく読めるようになって来ましたね。最近、彼女が教室のレッスンが終わった後で自発的にするのは、写譜。グループレッスンの時に「書いてみよう!」とみんなでノートに書き写したことがあって、やり方は特に言いません。「これ書こう!」と、次の人のレッスンが始まっても気が済むまで書いています。結構、いい訓練なんですよ、これ。 [続きを読む]
  • 痛恨の道具忘れ!
  • やっちゃったねピアノのバッグを家に忘れてきました気が付いたときはもう遅かったんだって学童から直接ここに来ているから朝忘れたらもう取りに戻れないんだよね今日は、偶然あった同じ教本で勉強です偉いね、自己申告してちゃんと来るんだから! [続きを読む]
  • 人生の課題
  • 表題は重いですが、きっと身近なことDr.あやこ 精神科医のしあわせ論いつも読んでいる北村絢子先生のエッセイです。どんな人でも 人生の課題を一つ与えられて生まれてくる                                                                                                 と、なると・・・私はもちろん、夫は?子どもは [続きを読む]
  • 給排水管改修工事・・・
  • 9月4日から8日までレッスンができません。もう、説明会も終わり、少しずつ本工事に入る準備に入っているようです。一軒一軒、家の中を見て、どこにどういう風に管を通すかの説明も終わりました。我が家(レッスン室)ももちろん対象になっていまして・・昨日も、外壁に穴をあける音のすごかったこと!暑いときに、仕事とはいえ工事関係の方達は大変ですね。さて、9月4日から8日まで4日間在宅のこと。ただし、3日間は洗濯出来ず、そ [続きを読む]
  • シャドーボックス
  • こういうの作ってみたいと思っています。写真はネットからお借りしました。斜めから見るとわかるでしょう?何枚も重なっているんです!達成感がつかめるように簡単に2時間くらいで作れるものもあるそうでお母さんサロン・アンダンテで作ってみようかな!アンダンテこれは、ピアノ教室の方でなくても参加できます。 [続きを読む]
  • 鉛筆の持ち方
  • 最近、よく見かける鉛筆の持ち方二人並んでこれだったので、写真を撮りました。すでに高学年ですから、本人が自分で改めようと思わないと、治りませんね。  幼児で、新しく入ってきた子には、必ず鉛筆を持たせて確認し、親指と人差し指で鉛筆をつかむ事を意識させますが、改善した子はほんの数人。たいてい、親指の付け根の関節が発達せず、ピアノを弾くときに凹みます。関節が弱いから、こういう持ち方になるのか・・・その辺は [続きを読む]
  • ソルフェージュ週間
  • 前回、「映像を見る」ということがとても効果があることが分かったので、今回も「題名のない音楽会」から、必要と思う部分を取り出して、15分だけ観ることにしました。11歳で神童と呼ばれたロシアのヴァイオリニスト「レーピンさんの音楽会」前回の「カンタービレ」の話を思い出しながら、「動物の謝肉祭・白鳥」と、少しだけブルッフの「ヴァイオリンコンチェルト第一番」を観ました。全く曲想が違うので、指揮者の動きの違いとか [続きを読む]
  • 音程をとる
  • こういうふうに矢印を付けないと正しい音程で歌えない子供が多くなりました。47番みふぁ・ みれ・ どしど れ〜絶対音感を求めているのではなく、ふぁはみの隣の音で、ふぁのほうが高い音これを認識するのが難しい生徒が数人います。最近、特に多い・・・私が歌うと、歌える。つまり、耳コピはできるという事。なら、音痴じゃありません。音痴は治ります。ただし、正真正銘の音痴は数少ないと聞いております。ピアノで弾いても、 [続きを読む]
  • 大人のピアノ
  • お子さんが、次の一歩を踏み出せなくて一緒に小学校へ付き添って通っているSさん。ピアノにも通えなくなって、母親が弾いていると、子どもも興味を持つかも・・と習いに通ってらっしゃっています。しばらく、お子さんが習っていた教本を弾いていましたが、思い立って、「14日間で弾ける!おとなの独習ピアノ 」を薦めました。14日間で弾ける!おとなの独習ピアノ憧れのピアノ名曲14days エリーゼのために/月光の曲久木山直 (著)練習 [続きを読む]
  • 発表会ッ!
  • ・・・といっても、サンドロットの発表会ではありません。おおた音楽教室の「Little Concert」友人、大田博子さんの教室の発表会に希望者だけ参加させていただきました。小学4年生Mちゃんと5年生Rちゃんドレスを着ると、急に大人っぽく見えますね。おおた先生の発表会ではいつも貸衣装を手配してくださって、ヘアメイクもしてくださいます。だからどの人も、トータルで美しいお姫様。ま、それはさておき・・・リハーサルやら準備、 [続きを読む]
  • わんぱくキッズ
  • や:こんにちは〜S:あ、かわのせんせ〜や:入っていい?S:いいよ〜「わんぱくキッズ」は障がいのある子どもたちの学童です。特定非営利活動法人 わんぱくクラブhttp://www.npo-wanpaku.net/神経衰弱同じカードが出るかな?はい、りんごの音はこれ!!りんご どみそ〜あ! 音符のカードにアリーちゃんが隠れていました!最後に「おはようクレヨン」の歌今日の絵本は「ベナレスのタカ」そしてお決まりの・・・10 9 8 7・ [続きを読む]
  • 「カンタービレ」の効果
  •  ソルフェージュ週間でカンタービレの話をしました。目で見るという事の効果はすごいなと思っていましたが、Nちゃんの今日のレッスンでは、劇的に以前と違っていました。手首の柔らかさディミヌエンド(だんだん弱く)の持っていき方  本人も満足げでした          私が弾くという事も大切ですがフワフワのドレスを着た人が陶酔して演奏していること、実際に演奏者のどこを見るのか を、話しながら映像を見せること [続きを読む]