手負い虎 さん プロフィール

  •  
手負い虎さん: 手負い虎の中米内乱体験記
ハンドル名手負い虎 さん
ブログタイトル手負い虎の中米内乱体験記
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/lapislazuli344/
サイト紹介文偏屈画家。趣味:エッセイ書き。4歳まで防空壕育ち。一応女性。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/03/28 14:43

手負い虎 さんのブログ記事

  • 珍しく、本の紹介
  • 友人が貸してくれた『夫のあと始末』という曽野綾子の本を読んだ。『夫』というのは三浦朱門の事だけど、この本、なかなか味わいがある本だった。私が老境にあり、いつ死んでも不思議でない年齢にあるのと、幼い... [続きを読む]
  • 自民公明に神風か
  • 選挙になると、人は『言葉』に騙される。一国の憲法が『自主憲法』であることは当然である。後ろ手に縛られた状態で外敵に手向かえない取り決めとなった戦勝国の論理より、外敵を排除できる自由は日本だけでなく... [続きを読む]
  • ムジナに注意
  • ネットの中のムジナ達ここ数カ月、私はたくさんのムジナと付き合った。ひと月30万、100万、1000円、最高のところは1億円の収入があるとか豪語して、群がる獲物に高額の参加費用を請求し、自分だけ儲けて億万... [続きを読む]
  • ススキを探してきた
  • ぶらぶら歩いて、小さな花器を買った。それで秋だから薄でも飾ろうと思った。久しぶりに近所の川の土手に行ったんだけど、『きれいに』刈り込まれていて、ススキは1本もなかった。『きれい』という感覚は人によ... [続きを読む]
  • 麻生さんの発言
  • 麻生さんはすごくヒットラーが好きらしい。彼が又ヒットラーを引き合いに出したそうだけど、以前にも「ヒットラーだって正規の選挙で選出された正当な政治家だったんだ、選出されさえすれば後は何やっても正当だ... [続きを読む]
  • 人種差別について
  • 人種差別について』人種混交家族が日本人の言葉に傷ついているらしい記事をFBで読んだ。まあ、人種差別が自分の家族の事に及ぶと神経質になるのだろう。外人外人言われるのも、髪の色や肌の色がどうのと言われる... [続きを読む]
  • 化け物芙蓉
  • 自転車で買い物に行った帰り、昔よく足が悪くなかったころ散歩した野道を回ってみた。ところがもうほとんど「野道」なんてものじゃなくて、畑だったところには、とてつもなく高いジェラルミンの壁で囲われていて... [続きを読む]
  • 一筆草開花
  • 昨日はみんな蕾だった一筆草がいっせいに咲いた。こうなると『一筆』も面影はない。これは蕾があまりに小さくて、始め何の花だか分らなかったけれど、やっと「サンタンカ」だと判明。このアロエの下兄生えている... [続きを読む]
  • 平和と医療の進歩
  • 医療の発達とか、平和運動とか、愛とかいろいろ人間がいいことだと考えるものをちょっと斜めから見てみると、其れが人類の存続にとっていいことなのかどうか疑問だ。人間は存続し始めた時から不老不死の薬を求め... [続きを読む]
  • 月と蝉と花
  • 早朝ベランダに出たら、細い月が見えた。スマホで撮ったから鮮明じゃない。窓に蝉が止まっていたので、ああ、夏だなと思ってうれしかった。夏がうれしいのでなく、蝉が懐かしかった。去年買った万両に花が咲いた... [続きを読む]
  • 野のユリをっ見よ
  • ↑実は野原みたいになった自宅の庭↑これは本当に庭のユリ。やっと咲いてくれてうれしい。↑目が出てしまったのでとりあえず庭に植えた里芋。昔の聖書には、『野のユリを見よ』という和訳で出ていたけれど、本当はユ... [続きを読む]
  • 信仰とちんこの話
  • スペイン人て、日本語の「し (siじゃなくてshi)」の発音が出来ない。「知りません」の発音ができなくて「ちりません」という。そこら辺はちょっと幼児っぽくて面白いから素通りできる。私は、学生時代、自宅の再... [続きを読む]
  • なぜ?と問うなかれ
  • フランス語の講義が終わってから、私は時々質問に行く。それがどうも不審を買っているらしい。そういう態度に当惑しているのは私の方だけど、相手は私がおかしいと思っている。昨日もちょっと質問して、終わって... [続きを読む]