AI建築 さん プロフィール

  •  
AI建築さん: 札幌の一級建築士事務所・AI建築ブログ
ハンドル名AI建築 さん
ブログタイトル札幌の一級建築士事務所・AI建築ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/aikentiku/
サイト紹介文札幌の一級建築士事務所「AI建築」の社長&スタッフによるブログです。
自由文古民家に対する想いや日々の仕事の様子を綴っています。
AI建築ホームページhttp://www.aikentiku.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/03/31 13:16

AI建築 さんのブログ記事

  • 冬の旧小川家酪農畜舎
  • 北海道開拓の村の古民家及び古建築を守る会では未来の子供達に北海道の住文化を残す活動をしています。冬の旧小川家酪農畜舎 旧小川家酪農畜舎この畜舎は、大正末期に札幌農学校出身の小川三策が アメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもので、19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造が特徴です。また、軟石サイロはのちに厚別の農家より譲りうけて移築したものになります。北海道開拓の村の古民家及び古建築を [続きを読む]
  • 冬の旧菊田家農家住宅
  • 北海道開拓の村の古民家及び古建築を守る会では未来の子供達に北海道の住文化を残す活動をしています。冬の旧菊田家農家住宅旧菊田家農家住宅 新潟県長岡の有力者であった大橋一蔵や関矢孫佐衛門などが北越殖民社を組織し、野幌原野の開拓を計画しました。この建物は、その一員である新潟県魚沼からの移住者が、 移住直後の1893年(明治26)頃に建築し、のちに同じく南蒲原郡出身の初代菊田常吉が買い受けて生活したものです。 [続きを読む]
  • 冬の旧樋口家農家住宅
  • 北海道開拓の村の古民家及び古建築を守る会では未来の子供達に北海道の住文化を残す運動をしています。冬の旧樋口家農家住宅 旧樋口家農家住宅 樋口家は富山県から移住した水田農家で、 明治26年(1893)に入植し5年目にこの家を建てた。 富山出身の棟梁に建築を依頼し郷里の建築様式である ワクノウチ造りを取り入れ、材料は近くの原始林から切り出したという。復元に際し、同じ建築様式の山口家の解体材もあわせて使用した。 [続きを読む]
  • 冬の旧岩間家農家住宅
  • 北海道開拓の村の古民家及び古建築を守る会では未来の子供達に北海道の住文化を残す運動をしています。冬の旧岩間家農家住宅です。 旧岩間家農家住宅 岩間家は旧仙台藩亘理領(宮城県亘理町)の士族移民団の一員として、明治4年(1871)2月に入植した畑作農家である。この建物は明治15年(1882)に郷里の大工によって建築され、 構造・間取り共に仙台地方の特徴を受け継いでいる。 旧領主が時おり立寄った由緒ある家である。 [続きを読む]
  • 古民家鑑定士月例会を開催します。
  • 1月19日(土)18:30より古民家鑑定士月例会を札幌エルプラザ2F環境研修室1で開催致します。 古民家を残す為の鑑定士の勉強会です。 オブザーバーとしてどなたでも参加できます。未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。1、新しい建築をするにあた [続きを読む]
  • 石狩市五の沢地区新年会
  • 石狩市の農泊事業を古民家の活用を進めている 五の沢町内会の新年会に全国古民家活用推進協会の 五十嶺支部長、会員の廣井さんと行ってきました。地域の皆様のご協力が無くては地域活性化は進めて行けません。ご挨拶と農泊事業のご報告をさせて頂きました。 廣井会員は4月から五の沢に移住し、農業の研修生に成ります。とてもこころ強いですね!少しづづ地域活性化が進んでいます。未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通 [続きを読む]
  • 古民家鑑定士講習を開催します。
  • 2019年2月9日(土)13:00より古民家鑑定士講習と試験を札幌エルプラザ環境研修室1開催します。 古民家鑑定士は内閣府認定一般財団法人職業技能振興会が認定する資格です。古民家鑑定により安全で安心な古民家の再生が出来ます。「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 未来の子供達の為に! 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろし [続きを読む]
  • インフルエンサー
  • 先日、タイ人で札幌在住のインフルエンサーのプーワナットさんに旧山谷家古民家と周辺の状況を見ていただきました。 「いしかり古民家活用地域活性化協議会」が進めている 農泊事業で古民家を宿泊施設に活用し地域活性化を進める取り組みです。 未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしく [続きを読む]
  • 農泊事業の打ち合わせ
  • 石狩市役所で「いしかり古民家活用地域活性化協議会」農泊事業4回目の打ち合わせです。 明治43年築108年の旧山谷家農家住宅群を活用して高岡、五の沢地区の活性化を進める事業です。モニターツアー、先進地域視察、セミナー、人材活用等の打ち合わせです。未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 1、新しい建築をするにあたり、全てを [続きを読む]
  • 改修工事
  • H様邸の内装改修工事が始まりました。 天井、壁、床の回収です。 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 未来の子供達の為に! 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。 1、新しい建築をするにあたり、全てを捨てることなく生かせる資材(伝統資材)を活用する(コザイの活用)2、新しい建築をするにあたり、将来再使用できる資材を [続きを読む]
  • 北の志づめ
  • 北海道神宮から隔月で出ている「北の志づめ」第204号が届いています。ジャパトラを置かさせて頂いています。 ありがとうございます。 由緒 明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行(お祭 [続きを読む]
  • 古民家鑑定士月例会を開催します。
  • 1月19日(土)18:30より第101回(一社)全国古民家再生協会北海道第一支部並び全国古民家活用推進協会北海道支部の月例会を札幌エルプラザ2F環境研修室1で開催致します。 古民家を残す為の鑑定士の勉強会です。 オブザーバーとしてどなたでも参加できます。未来の子供達の為に! 古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ 古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していこう! 北海道の新民家・古民家再築 [続きを読む]
  • 除雪
  • 会社の2019年(平成31年)の仕事始めは除雪からです。 札幌、昨日からかなり雪が積もっています。今年も、古民家再活用を通して、循環型建築社会の創造を進めていきたいと思います。 ブログをお読みの皆様にとって良い年になります様に!!今年もよろしくお願い致します。未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 北海道の新民家・古民家 [続きを読む]
  • 旧山谷家古民家
  • いしかり古民家活用地域活性化協議会が進めている農泊事業で宿泊施設に活用される旧山谷家古民家の冬の周辺お状況を見に行ってきました。 今月中旬、モニターツアーを実施します。 未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。 1、新しい建築をするにあたり、全てを捨てる [続きを読む]
  • 石狩市新年交礼会
  • 昨日、石狩市新年交礼会に全国古民家活用推進協会の五十嶺支部長、会員の廣井さんと行ってきました。500人以上の方が参加さていてとても盛大な交礼会でした。 公明党古民家再生懇話会の佐藤英道先生、横山信一先生もご参加されていまいた。佐藤先生の挨拶では古民家再生のお話もして頂き、ありがとうございました。 ←佐藤先生と記念撮影石狩の古民家活用、頑張って行きたいと思います。 皆様の応援、よろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • 仕事始め
  • 今日が2019年(平成31年)の私の仕事始めです。 会社は7日からです。今年も、古民家再活用を通して、循環型建築社会の創造を進めていきたいと思います。 ブログをお読みの皆様にとって良い年になります様に!!今年も応援の程よろしくお願い致します。未来の子供達の為に! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応 [続きを読む]
  • 正月三日
  • 正月三日、正月気分も今日までです。 私は明日が仕事始めです。初詣では北海道神宮に行ってきました。 今年一年良い年に成りますように!由緒 明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行(お祭を行 [続きを読む]
  • 初夢
  • 今日、正月2日の夜の夢を初夢。 1年の吉凶を占う風習がむかしからあります。初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざ に「一富士 二鷹 三茄子 (いちふじ にたか さんなすび)」です。 初夢は多くの古民家を活用した 地域活性化の活動が進む夢をみます。皆様も良い夢をみてください! 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 未来の子供達の為に! 北海道 [続きを読む]
  • 平成31年元旦
  • 平成31年元旦 明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い申し上げます。 今年も多くの古民家を残し、再活用していきたいと思います。よろしくお願い致します。「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 未来の子供達の為に! 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。 1、新しい建築をするにあたり、全てを捨てることなく [続きを読む]
  • 1年を振り返っけ その2
  • 「7月」石狩市の古民家活用地域活性化の古民家を公明党「古民家再生議員懇話会」の佐藤英道衆議院議員、若松謙維参議院議員、中野渡しほ北海道議会員、加納洋明石狩市議会副議長、千葉正威石狩市議会議員、阿部裕美子石狩市議会議員の議員団の方々が視察。 「8月」北海道開拓の村に札幌ヘリテージサロンの皆さんと柾葺き屋根で使う、道産材の柾の製作の打ち合わせに行ってきました。開拓の村には柾屋根の古民家が多く、かなり傷ん [続きを読む]
  • 1年を振り返って その1
  • 1年を振り返って その1「1月」石狩市、JAいしかり、北海道古民家再生協会と共催の第1回古民家活用地域活性化研究会を開催致しました。 「2月」 石狩市、JAいしかり、北海道古民家再生協会と共催の第2回古民家活用地域活性化研究会を開催致しました。 「3月」第8回全国古民家再生協会  全国大会が3月8、9,10日東京で開催され参加した。 400名以上の全国の同じ志を持つ仲間が参加していました。多くの学びも [続きを読む]
  • ジャパトラ
  • 北海道開拓の村にジャパトラ(後世に伝えたい日本の伝統)2019年第新年号をお届けしました。 毎月、置かせて頂き、ありがとうございます。 開拓の村は「道民のタカラモノ」大事にしなくては成りません! 北海道開拓の村の古民家及び古建築を守る会 (事務局 一般社団法人北海道古民家再生協会) TEL 011−612−5038メール  info@kominkakyokai.net 「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を [続きを読む]
  • 小説「木は生きている」
  • 作家・森久美子氏の「木は生きている」第十二話「地域づくりで思いを返す」1回目が掲載されています。 今回は古民家再生協会滋賀の大森理事長のお話です。 やはり敏昭少年はガキ大将だたんですね。次回が楽しみです!「古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していけます。 未来の子供達の為に! 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。 1、新し [続きを読む]
  • 神宮
  • 北海道神宮にジャパトラ(後世に伝えたい日本の伝統)2019年第新年号をお届けしました。 毎月、置かせて頂き、ありがとうございます。 ←歳の市今年もあと5日かでしね!5/365→1/73を大事に使いたいと思います。 由緒 明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)(天皇のおことば)により [続きを読む]
  • 茅葺き
  • 茅葺とは茅葺きはチガヤ、スゲ、ススキ、葦等で葺いた屋根を言います。古民家と言えば茅葺の庄屋の家をイメージすると思います。 北海道には茅の職人さんが残念ながらいませんから本州の茅屋さんにお願いすることに成ります。 古民家」を世界の共通語「KOMINKA」へ 古民家を「安心・安全」に再生、再活用して残していこう! 未来の子供達の為に! 北海道の新民家・古民家再築(循環型建築社会)応援よろしくお願いします。1、 [続きを読む]