6101644.com さん プロフィール

  •  
6101644.comさん: 6101644.com
ハンドル名6101644.com さん
ブログタイトル6101644.com
ブログURLhttp://www.6101644.com
サイト紹介文読書、料理、運動等、ムトウの個人的な記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/03/31 18:16

6101644.com さんのブログ記事

  • 平成最後の年に昭和7年に振り回される
  • 順調に進んでいた相続に関連する諸々も手続きで晴天の霹靂が。相続登記の準備を始めたところ、司法書士から連絡があって土地2筆に昭和7年の抵当権が残っていることが分かりました。えっ、昭和7年!!どうやら武藤家とI家がS家から455円の金借、その際、土地6筆を抵当に?う〜〜ん、そんな話は聞いた事無い。親に聞いてもやはり知らない。実家の近所のI家も数年前から空き家になってます。もはや事情を知っている人が誰もいない。 [続きを読む]
  • タスク管理に便利な「jooto」
  • さて、8月に祖母が亡くなったのだけど、養子縁組しているので戸籍上は息子。この2か月、遺品整理と相続手続きに奔走しました。で、相続人同士の連絡にこのサイトが役立ちました。感謝。 https://app.jooto.com/複数人で更新出来ること記録を残せることが、便利。もうすぐ、分割協議も落ち着きそう。まー、その後も不動産の売却などで面倒そうだけど。。。。 [続きを読む]
  • かつては家族の標準モデルがあったらしい
  • かつて高度成長期には「二子規範」という家族の標準モデルがあったらしい。目的は人口抑制。武藤の親世代、所謂、団塊世代の何人かに尋ねてみても誰も知らなかったので、どうやら大っぴらに標榜されたものではなさそうだ。時代は変わり、近年の課題の少子・高齢化対策。思ったのは、人口を減らす手段を考えれば、その逆も導き出せるかもと、思ったが。。。。。面白いアーティクルを見つけた↓https://www.jstage.jst.go.jp/article [続きを読む]
  • 読了『コンビニ人間』村田沙耶香著
  • 36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。コンビニでの働き方に"マニュアル"があるように、生き方にも"マニュアル"はあるのか。いい年して結婚してなきゃ、正社員じゃなきゃ「普通」じゃない社会。その「普通」じゃない人を治そうとする周囲の圧力。身近で平易な文体ではあるが、個人の哲学を問うテーマ。コンビニ人間 (文春文庫) [続きを読む]
  • 迷惑な住人と金庫破り
  • 今日も祖母の家の遺品整理。しかしその前に一仕事。空き家のはずの家に厄介な住人を発見したので駆除します。白アリ。被害の程度を知りたかったので、畳を上げ床板を剥して床下にもぐりました。懐中電灯を片手にほふく前進で一通り見て回ったところ、被害のある部屋は基礎の通気口が小さいようで十分に湿気が抜けていないらしい。蟻道も複数あったし一部は大引からやられてた!今後、どうするか未定の家なので、今いる奴らをとりあ [続きを読む]
  • 嬉しい知らせ
  • 以前、不定期で我が家に飯を食いに来る大学生たちがいることは書いた。既に学校を卒業した子たちから嬉しい知らせが舞い込んだ。一人、いや結婚して一組からは親になる知らせ。そしてもう一人からは音楽家として大躍進の知らせで、AKB48に楽曲提供が決まったらく、本人から興奮気味に電話がありました。9/19発売の2曲目だそうです。よかったら聴いて下さい、いや、買ってください。思い返せば、ムトウとRが子供に恵まれなかったこ [続きを読む]
  • いよいよ始まった遺品整理
  • 8月1日に祖母が他界して、通夜告別式と初七日法要も終わり、今日は姉と遺品整理。祖母は何でも捨てずにとっておく性格だったので20年以上前に亡くなった祖父が集めた月の輪熊やワニの剥製、彫刻入り象牙、木彫りのでかい虎、鍵の見当たらない金庫が2つ。旅先での土産物の数々。。頂いたままの引き出物や内祝いの類。。。大量の衣類と布団・座布団。。。。倉庫にはこんなのもあります。大黒様と布袋様か?いい表情だけどデカすぎる [続きを読む]
  • 『この街に住め!』生活ガイド.com
  • 「生活コスト」で選ぶタウンガイド地方自治体の財政状況の差が行政サービスの差として表れてきている。住みよい街選びの基準として行政サービスをポイントに解説。財政力指数ランキング↓全国1位の浦安はオリエンタルランドの恩恵か?【生活ガイド.com】地域情報[ランキング検索]※"1"以上が自主財源が豊富な自治体本書中の様々なランキングに我が街、印西はほとんど顔を出しません...。「1人当たりの蔵書冊数ベスト100」で13位。 [続きを読む]
  • 読了『江戸の経済事件簿』赤坂治績著
  • 地獄の沙汰も金次第江戸の経済事件簿 地獄の沙汰も金次第 (集英社新書)人口減少時代を向かえた日本の前例として一八世紀の日本が気になっている。本書の内容は幕府の政策から通貨制度、歌舞伎・人形浄瑠璃の話題まで幅広い。が、ムトウが知りたいのは百姓(人口約3千万人の85%程度は百姓だった)や町人の暮らしぶり。気になったのが、江戸に住むある大工一家の支出割合。モデルの大工は女房のほか子ども一人の三人家族。一年間の支 [続きを読む]
  • 読了『我々はなぜ我々だけなのか』川端裕人著/海部陽介監修
  • アジアから消えた多様な「人類」たち地球上のいたるところで化石骨が発掘されている人類(猿人,原人,旧人,新人)。欧州やアジアに同時期に存在していて我々の祖先と考えられる種がいれば、現生人類とは形態が異なり、別種と認定されるものもある各地の小集団。アフリカからホモ・サピエンスが世界中に広まった要因は、気候変動により移動可能地域が増えたためというのは説得力があるが、他の人類が滅んだ説明にはなっていない。闘 [続きを読む]
  • チームのパフォーマンスに影響する要因は何か?
  • W杯もいよいよベスト4になりました。ちなみにムトウの事前予想は、日本代表だと0勝2敗1引き分け、嬉しい誤算。ハッキリ言って4年前とメンバーが大して変わらず、直前のパラグアイ戦まで負け続けていた日本にどんな変化が起きたのか。コンピュータがどのような計算式で優勝国を予想しているのかが気になります。つまり、勝つために重要な要因として何を挙げているのか?AIを超えた!? サッカーW杯 日本代表|サクサク経済Q [続きを読む]
  • お好み焼き
  • ここ数年、お付き合いのあるKファミリーの奥さんが大阪出身の方で、以前にご馳走になったお好み焼きのレシピを聞いちゃいました。お店レベルのレシピをゲット。鰹節は写真的に省いた。ワールドカップ、事前の期待が低かっただけに興奮!是非、ベルギーと戦ってくれーーー! [続きを読む]
  • 映画『万引き家族』観てきた
  • 久しぶりにイオンシネマへ行ったら、チケット販売は無人になってた。この映画のメッセージは"児童虐待"なのだろうか、"無知な優しさ"なのだろうか。あれこれ考えさせられます。隅田川の花火大会が行われている夜、一家が住む家の縁側から顔を出して空を見上げても花火は全く見えない。聞こえるのは音だけ。あのシーンが、足を運んで花火を楽しんでるであろう多くの家族と「万引き家族」とのメタファーのように思えた。まぁ、あんな [続きを読む]
  • 三歩進んで四歩下がる....されど目的は見失わず
  • 仕事量がコントロールできずに、4月後半のGW前から今日が2日目の休日、ウケル。さらにRの病気が悪化して退職予定。数日前から危険な状態の祖母にも面会してきました。さてさて、休日は専ら「掃除するからどいて!」と怒られてる"昼行燈"の出番ですかな。『願わくば、我に七難八苦を与えたまえ』と、までは思わないけど。。。 [続きを読む]
  • 猫の抗不安剤
  • ねこちの治療記。すでに2年ほど、皮膚科の専門医に診てもらって、アレルゲンを探していたけど、どうやらストレスからくる異常行動の可能性が高い。推定8歳以上の成猫、ねこちが"留守番ストレス"ってのは想定外だった。現在、抗不安剤を服用して大分、落ち着いている。そして留守中はリラックス音楽を掛けて外出。猫が喉を鳴らす周波数25〜50ヘルツ程度の"ゴロゴロ"音、人間にもメリットがあるらしい?喉鳴らし療法思い起こせば、ね [続きを読む]
  • 読了『朝焼けの賦―小説・村田新八』赤瀬川隼著
  • 大河ドラマの「西郷どん」は観てない。ある人が、尊敬する人物として挙げていたが、幕末〜明治黎明期は歴史スターが多いだけに寡聞にして知らなかった。"西郷(隆盛)の懐刀"、"大久保の後継者"と評されながら、その両者の対立に巻き込まれた漢。西南戦争で悲運の最期を迎えた才子というよりは、死に場所を得たモノノフ。資料の少ない人物らしく、もう一冊、別の作家の本を読んでみたい。朝焼けの賦―小説・村田新八 (講談社文庫) [続きを読む]
  • かすみがうらマラソン2018 10マイル完走
  • 車を運転して大会駐車場へ向かう途中は台風並みの悪天候。コンディション悪すぎて笑える〜、と思っていたらスタート時には小雨程度になってしまって面白さが減った。大会で自己ベストを狙うという考えはなくなっていて、目的は運動習慣の継続、そして健康維持。が、率直に言うと、普通のマラソン大会に飽きてきている。この数年、ムトウの頭の中にある2つの選択肢。ひとつはトレイルラン系、そしてもうひとつが伴走。かすみがうら [続きを読む]
  • 読了『インベストメント ハードラー』為末大著
  • 400mハードルメダリストの為末氏による選手生活と投資に関する本。まぁ、投資情報としては見るべきところはありません。それよりも投資というのは、本人の性分を反映するものだなぁと。大阪ガスの社員として競技を継続するのではなく、レースの賞金とスポンサー支援のみで勝負する"プロの陸上選手"を選ぶあたりはリスク選好的。"競技者と収入"を考えれば、成果主義と自由経済ということになるのかな。日本一位でもマイナー競技では [続きを読む]
  • 猫の厄介なケガ
  • 年中、治療が絶えない[ねこち]がまたやってくれました。今度は踵のケガ。獣医からここは厄介な場所ですよ、と説明は受けていたけれがそれを実感。傷を舐めないように着けているエリザベスカラーのエッジで傷を掻いていた。で、梱包時に使う緩衝材をエッジにテープで貼り付けてみた。プレドニンを服用しているので、副作用を考えると短期間で治さないと。ちょうど5年前のねこち。 [続きを読む]
  • 松ぼっくりから松を育てる2
  • 去年、始めて挑戦した松ぼっくりから松を育てる計画。発芽には至ったが、緑のもやしのような細長い松たちの何本かは猫にかじられた!キャットグラスと思われたか!?残ったか細い松たちもその約1か月後には全滅。。。。実のところ、ダメになった原因は不明なのだけど、そのままでは前進しないので"水のやりすぎ"と仮定する。今年は水はけのよい土にして再挑戦。上手くいけばこうなる予定↓Pinterest今年はもうひとつ、"取り木"とい [続きを読む]
  • 『必ず最善の答えが見つかる クリエイティブ・チョイス』堀内浩二著
  • まえがきより引用まず、次のクイズを試してみてください。これは倫理性の高さを問うために、企業の採用面接で実際に問われたものだそうです。あなたは暴風雨の中、車を運転しています。バスの停留所に差し掛かったとき、三人の人がバスを待っているのが見えました。危篤らしい老婦人かつてあなたの命を救ってくれた旧友あなたが夢にまで見た完璧なパートナーあなたの車にはあと一人しか乗せることができません。だれを乗せますか [続きを読む]
  • 『革命のファンファーレ』西野亮廣著
  • 次々と実行に移すスピード感がすごい。イノベーターやオピニオンリーダーを目指すなら共感できる内容だろう。革命のファンファーレ 現代のお金と広告実力評価時代の到来死ぬ気で努力をしているクリエイターが生き残り、努力をサボって、既存のルールに守ってもらって生きようとするクリエイターが死ぬ。とても真っ当なクリエイティブの世界じゃないか。実力で格差が発生した方が、健全だ。仲良しこよしクソ喰らえ 、己の腕一本で [続きを読む]
  • 有機農業への回帰は可能か
  • 100年前まで、世界の農業は全て有機農業であった。19世紀以前:経験に基づいた有機農業20世紀:化学に依存した農業21世紀:???化学肥料というものは自然の循環を不要とする農業スタイル。農作物を育てる土壌に化学肥料を直接やることで時間を短縮して作物を育てる半面、循環系がどんどん悪くなって微生物がどんどん死んでいく。現在、日本の農業の99.2%が化学農法であり先進国の中でも際立って高い。で、SOFIX技術で土壌を分析 [続きを読む]