まつちよ さん プロフィール

  •  
まつちよさん: ボディビルダーの憂鬱と美意識
ハンドル名まつちよ さん
ブログタイトルボディビルダーの憂鬱と美意識
ブログURLhttp://massmatutiyo.seesaa.net/
サイト紹介文中堅?ボディビルダーの日頃や思いを書き綴ります。
自由文地方大会優勝経験のあるボディビルダー「まつちよ」です。日記みたいなものですが、トレーニングや競技としてのボディビル、大会報告など書いています。あと趣味のフィギア系もたまにアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2009/04/01 12:52

まつちよ さんのブログ記事

  • 本当に50歳まじかなのか
  • 執務時間終了後、仕事場の会議室でお勉強。約2時間。帰宅する途中に元上司とばったり。上司:「お〜飲みに行こうか」私:「すいません、今日は帰ります。」上司:「そぉか〜、また行こな」・・・その会話の後、自分が恥ずかしくなった。たいした都合でない(家庭内事情)で断る情の薄さ家で勉強の復習をしたい気持ちで断る青さ50歳近くにもなって、お世話になっている上司から誘われて、それらの天秤が自分都合に傾く、分別のな [続きを読む]
  • 例えられる人物
  • 今月号の月ボに7月のクラシックと8月の大阪選手権が掲載されていた。まあ、そうやわな。天下の月ボさんが「日本」クラシックを掲載しないないなんてことないはずだ。写真載ってました。それだけなんですけどね。大阪の方も写真載っていましたが、こともあろうに誤植。GOショック(?)私が大原さんになっていた。これぞ分身の術ってか。記事の部分では、吉川先生のコメントがあり、「モハメドベナジザのような腕」とあった。ベナ [続きを読む]
  • コンテストよりも優先度高く
  • 今年のコンテスト出場を2戦と決めた理由のために、現在勉強中。ミスター関西も、マスターズも出たかったなというのが本音だが、一旦決めたことなので、そこに注力する。それは、十数年前にトライしたものの結果が得られず、その時はチャレンジするという形だけで満足していたのだが、今回は・・・。今回も「絶対」「何が何でも」「必ずや」という訳ではない。別に得られずともデメリットがあるわけでも、得られてもメリットがある [続きを読む]
  • 2018マスターズ友の会in鶴橋
  • 今年もやりました、マスターズ友の会。とは言うものの私は今年のマスターズ関係出場しておりませんが(汗)参加人数が増えて日程調整が大変かと思いきや、そこはマスターズ?の皆さん、しっかり調整していただけました。やっぱりやると決めたらちゃんとやる。大人として大事なことですよね〜場所は鶴橋に9月オープンした焼肉店「鶴橋焼肉かど屋」さん。若い店員ばかりで活気のある、老舗でないところが、進取の気鋭を持つマスター [続きを読む]
  • その瞬間だけを評価されるのではないのか
  • 日本マスターズin山口。私はようつべのライブで部分観戦。マスターズ友の会同志である、川辺さん、川原さん、浦本さん、それからお世話になっている北村先生が気になるのである。残念なことに皆さん決勝に残れない結果となった。40〜60歳クラスまで、以前より格段にレベルが高くなってきた結果でもある。マスターズは、体重別(クラス別)、身長+体重別(クラシック)と違って、年齢制限など制限になっていない。例えば合戸さ [続きを読む]
  • 特定日のお楽しみ
  • マイプロテイン、ホエイパウダー5キロ到着。以前からこれを使ってパンケーキを作りたいという気持ちと、自ら加工した変わったものを食べたいという欲求もあり、ついに行動に出る。100均でベーキングパウダーを購入。終了。牛乳、卵は冷蔵庫にあるので、あとはボールにぶち込んで混ぜるだけ。焼くのも1分程度でできるし、簡単簡単。一日目は、しっとり感の無い仕上がりだったので、クックパッドにあった、「卵白をメレンゲ」に、 [続きを読む]
  • 強豪選手も悩んでいる
  • 昨日、大阪選手権の入賞常連で日本クラシック2位の実績もある田中良一さんと飲む機会を得た。過日の大阪選手権終了後から一度飲みに行きましょうと合意していたが、よくある「また行きましょう(けど音沙汰なし)」ではなくて、しっかり直近の日程を空けていただき、場を持つことができた。場所は中之島ゴールドジムの入居ビルの1階にあるインド料理「ディワリ」。割と美味しいと評判?で、実際なかなか美味しい料理でボリューム [続きを読む]
  • 2018関西ボディビル選手権の観戦から得たもの
  • 2018年9月2日。神戸の六甲アイランドにて開催された、関西ボディビル選手権。ボディビル大会の純粋な観戦は久しぶりである。理由としては、今年の大阪選手権の動画や写真がほとんど手に入らなかったので、それならば撮ってやろうとう気持ちがひとつ目。木下先生から終了後のレセプションでアドバイスをいただきたかったことがふたつ目。同じ所属の、川辺さんや村上さんの活躍を見たかったのがみっつ目。【観戦証明】優勝者も [続きを読む]
  • フラッと京都〜再び京都御所〜
  • 某月某日、約半年ぶりに京都をうろつくことができた。まず、蹴上から徒歩10分ほどの場所にあるスイーツ店へ。有名かどうかはあまり詮索しなかったが、美味しそうなかき氷の写真につられて、わざわざと。甘さガツン系を心のどこかで期待していたのだが、そこは残念。でも美味しいのは確かだったな。違うもの(プリン系)を試してみることをお勧めする。〜からの平安神宮。家内安全を祈願いたしました。で、脚を伸ばして、、、結構 [続きを読む]
  • 優秀な再生請負人
  • 職場の同僚と出張。業務終了後、駅前の喫茶店でお疲れスイーツを。うちの仕事は、全く適正や経験を考慮せず異動させるという愚かな人事を行っており、そのおかげで優秀な人でもメンタルに陥りやすい。この同僚はかなり負荷がかかる、そうした一時的に問題の生じた職員やそもそも問題満載の職員を丁寧に導く、素晴らしい能力の持ち主。話を聞いていて、その対応過程で、私が誤解していたこともあり、内心恥ずかしい気持ちを感じつつ [続きを読む]
  • ささやかな抵抗
  • 関西では、まだ熱いコンテストシーズン真っただ中にもかかわらず、わたくしは既にオフを満喫中。気持ちが収まるまで、胃袋の収まる範囲内で(笑)、ある制限をかけつつ、食を満喫している。その中でも今一押しがこれ。コストコで購入したが、美味い、美味すぎる〜。おかげで追加購入のため、約15キロの道のりを自転車で買いに走ることになったのは周知の秘密。シードとか栄養価高くて美味しいとか、止める理由がない〜、止まらへ [続きを読む]
  • 2018大阪選手権〜評価について〜
  • 今回、当日選手受付けで配布された大会パンフレットの一番大事な部分を真っ先に見た。「審査員」の顔ぶれ。・・・逆風。それもかなりヤバそう。それが率直な印象。だからといってどうしようもないので、落とせるものなら落としてみやがれ!的なポジティブ思考で不安を消し去る。自分が絶好調だとしても、相手がいての競技。同じ程度の仕上がりと見栄えなら常連を選択するのは人情と言うもの。ただ、自信はあった。流石に自分以上の [続きを読む]
  • 2018大阪選手権〜ガッツポーズ〜
  • (まず、大会運営者の皆さんをディする気持ちは毛頭ありません。)大阪選手権。実は私にとって鬼門といえる大会。過去10数回(正確な回数は忘れた)、予選落ちを繰り返す場所であった。今年こそはと、日本クラシックで得た「6位」を武器に、ステージに臨んだ・・・。ただ、ここ2〜3日の準備としては少し失敗した部分があり、土曜日に挽回すべく汗の滴る努力をする羽目になってしまった。当日も少し不安を抱えて会場入り。やはり [続きを読む]
  • 2018大阪選手権〜終了後の今思う事〜
  • 本日、大阪の「エルおおさか」にて大阪選手権(ミスター大阪)が開催された。私の今年のエントリーは、前回の日本クラシックボディビル選手権とこの大阪選手権の2回だけである。結果は、、、結果は、、、結果(いつまですんねん、怒)第10位でした。いわゆる入賞です。いわゆるファイナリストです。でも所詮は10番目とも言えます。大阪の10番目。全国だったら何番目だろう?そんなことはどうでもいいことだが、観念的な目標とする [続きを読む]
  • 「完璧」でも相手がいることなので
  • 某日、所属ジムのマグナムで最終ポージング&コンデションチェックをお願いした。結果は、「今までで一番いい」「背中のカットが深い」「脚もしっかりカット出ている」「完璧じゃないか」「指摘する個所がない」おおお、言葉の抑揚からも感嘆が伝わる。やはりそうなんだ。「今回は(決勝に)残るはず。今回残らない評価されたら・・・審査員がちょっとな・・・。」・・・実は、私、今回は決勝に残ることを当然のように考えておりま [続きを読む]
  • 一週間前のポージングアカデミー
  • 今シーズン初めてポージングを診てもらうべく、1年ぶりにゴールドジム梅田大阪へ。久しぶりのGG梅田はほとんど変わってない。合わなさ感も以前のまま(汗)毎週日曜日の18時半から、スタジオにて井上浩講師(今年の日本クラス別90キロ級優勝)が主催しているポージングアカデミー。みっちり診てもらうことができた。本日の参加者は私以外5人。ほとんど素人さん状態の方ばかりで、拍子抜けしてしまった。まず、全員で規定7ポーズ。 [続きを読む]
  • ジムの選択
  • 今日も朝、1時間のウォーキング。途中の大阪天満宮で、クラシック入賞の報告と8月19日の大阪選手権での欲深いお願いを行ってきた。現状、明らかにクラシック時よりキレが増していると思うし、減量方法に矛盾しない食事量増を心掛けているので、心なしか張りもあるようだ。神のご加護があり、あと一押ししてもらった時にどの位置に立っていられるのだろうか。おそらくコンディションは過去最高タイぐらいにはなったと思うので、1週 [続きを読む]
  • 2018B&Fカップ
  • 昨今というか、以前よりジムコンってほとんど行われない。しかし、B&Fカップは継続し続けている。その努力にまずは敬意を表したい。今年は、おそろしいくらいレベルの高いコンテストであった。毎年、甘め・大甘・無調整の選手が割とエントリーしていたのだが、今年は総じていい仕上がりの選手が多い。そして、上位5名はそのまま大阪選手権の上位になるといっても言い過ぎではなさそう。優勝の河勝さんのバルク、2位の西村さんのバ [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜その他&北海道満喫〜
  • コンテスト前日、神様だのみに北海道神宮コンテスト終了後、松岡選手、長谷川さん、川原さんと合流し、札幌駅北側の居酒屋で。ここで松岡選手の恐るべき食事量を目の当たりにする。あの~翌日はクラス別ですよね?でも、今にして思えばカラカラなカラダにぶち込むのはありかもしれないなと。コンテスト終了後、川原さんと札幌駅前でオープンビア大会翌日、クラス別は観戦しないで、バスで富良野観光添乗員さんがメロンも美味しいと [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜総括その1〜
  • いちおう最後にポーズダウン。当然のごとく6位でした。この後、川原さん、松岡さん(クラシック175クラス2位、翌日の80キロ級優勝)、長谷川さんの4人で飲みに行ったことは別の機会に書きたい。・・・この大会について総括したいと思う。【コンディション】2月の減量開始からここに至るまで、当初の計画どおりには行かなかったが、この日にこのコンディションで臨めたのは大成功である。ここから「絞り足りん」とか言われた [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜予選通過!そしてフリーポーズ〜
  • 「予選通過者を発表します。」「7番。・・・。・・・。・・・」え?今7番って言った?え?7番って聞こえたよな?え〜〜〜〜〜〜〜〜〜マジで〜〜〜〜〜〜〜〜〜心からの叫び、本能に近い叫び。理屈ではない衝動。なんと表現して良いのか。「嘘でしょ。絶対ウソや。」まずは疑ってかかるのがセオリー。「本当ですよ。ほら」プログラムに〇が打ってある。たしかに7番に粗い〇が。「間違いちゃうの?書き間違えとか。前にもこういうこ [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜プレジャッジ・運命のフォースコール〜
  • 大会当日、いつものごとく早い目覚め。4時半くらいだったか。さすがにここから飯という訳にもいかないので、温泉で身体を目覚めさせることに。用意した肉とジャガイモを頬張る。冷めてるけど美味い。完食できなかったが、これでエネルギーチャージ完了。用意万端、会場へ向かう。会場の共済ホールは広いのか、選手が少ないのか、控室も割と空いている。入口付近の壁側にスペースを確保し、ゴロン。周りの選手も思い思いに待機して [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜大会前日〜
  • クラシック大会前日、10時頃札幌到着。水分調整をしながらも、まだ体重がリミットに到達していなかった私は、気分転換を兼ねて札幌市内のとあるサウナへ。サウナはあまり勧められないが、リミットを切るためであれば仕方ない、という割り切りはいつもある。ひとしきりサウナ地獄を堪能していると、妙に絞れた、いや結構絞れた一見矢野義弘風のお兄さんが地獄に登場。話をしてみると80キロ以下級に出場の大久保さんとのこと。80 [続きを読む]
  • 2018日本クラシック〜最初に書かなければと思ったこと〜
  • この大会を終えて、そして終了後の事柄も含めて感じたこと。それを一番初めに書きたい。「ボディビルに対する思いの低さ」、「獲得目標の甘さ」、「自分への不信」、「そしてトップ選手との空気感の違い」大会中、終了後の各選手や周辺の方との会話の中で、否応なく感じてしまう自分がいる。参加した競技としての結論から言うと、165cm以下級で6位。入賞である。普通に言えば日本で6番目の選手としての位置づけである。この [続きを読む]
  • 本日の徒歩移動距離と一抹の不安
  • 出勤から事務所、退勤後寄り道して帰宅、休憩後またウォーキング。3時間19分、16.2キロ。 およそ944キロカロリー消費(だと思う)。減量のため?たしかに限界に近いカラダに更なるキレを出したいということはあるが、それよりも喰う為に実行している。なにをご褒美に食べたかは秘密だが、252+112=364という計算式。結構摂取カロリー低いような・・・まっいいか(^^)ケトダイエットに反することは間違いないが、かなりきている [続きを読む]