下野タイムス さん プロフィール

  •  
下野タイムスさん: 下野タイムス NEWS
ハンドル名下野タイムス さん
ブログタイトル下野タイムス NEWS
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ttgqm289
サイト紹介文下野タイムス home page http://www.shimotsuke-times.com/
自由文 下野タイムスHPでは栃木県内の政治家情報(栃木県知事・国会議員・ 県議会議員・市町村長・市町村議会議員)や各地域の政治情勢を主に取り上げております。
 
http://www.shimotsuke-times.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/04/04 16:43

下野タイムス さんのブログ記事

  • 谷中氏・市田氏が新会派「親悠会」を結成
  • 鹿沼市議会会派「自民党」に所属していた谷中恵子氏(三期)と市田登氏がこのほど自民党(会派)を離脱。新しく「親悠会」を結成した。会派長は谷中恵子氏が務める。「親悠会」は所属議員が二名のため幹事会等の会議にはオブザーバーでの出席となる。4月1日からの新会派結成となったが、政務活動費等の処理の問題等もあり年度切り替えのタイミングとなった。親悠会の2氏は政党としては「自由民主党」に所属し、会派「自民党」友好 [続きを読む]
  • 2017 参議院議員 上野みちこ 新春の集い
  • 船田元衆議院議員、佐藤勉衆議院議員、西川公也衆議院議員、簗和生衆議院議員、高橋克法参議院議員、渡辺美智太郎参議院議員をはじめ、県議会員や各地市町議ら支持者約500人が参集。教育行政に尽力する上野通子参議院議員のさらなる活躍と、本年執行される真岡市長選挙、足利市長選挙、高根沢町長選挙、さくら市長選挙に一丸となることを誓いあった。 [続きを読む]
  • 2017 参議院議員 上野みちこ 新春の集い
  • 船田元衆議院議員、佐藤勉衆議院議員、西川公也衆議院議員、簗和生衆議院議員、高橋克法参議院議員、渡辺美智太郎参議院議員をはじめ、県議会員や各地市町議ら支持者約500人が参集。教育行政に尽力する上野通子参議院議員のさらなる活躍と、本年執行される真岡市長選挙、佐野市長選挙、高根沢町長選挙、さくら市長選挙に一丸となることを誓いあった。 [続きを読む]
  • 鹿沼建設業協同組合 理事長に竹澤則男氏が就任
  •  鹿沼建設業協同組合では、川上貢一理事長が急逝し理事長が空席となっていた。このほど理事会を開催し、空席になっていた理事長に副理事長で職務代理を務めた竹澤則男氏を選任した。新たに吉澤定男氏、井戸和廣氏を副理事長に選任し、筆頭副理事長となった宇賀神勝氏と副理事長を三名とし新体制が発足した。任期は理事の残任期間。理事長  竹澤則男(竹澤建設株式会社)副理事長 宇賀神勝(機械建設株式会社)副理事長 吉澤定 [続きを読む]
  • 鹿沼建設業協同組合 理事長に竹澤則男氏が就任
  •  鹿沼建設業協同組合では、川上貢一理事長が急逝し理事長が空席となっていた。このほど理事会を開催し、空席になっていた理事長に副理事長で職務代理を務めた竹澤則男氏を選任した。新たに吉澤定男氏、井戸和廣氏を副理事長に選任し、筆頭副理事長となった宇賀神勝氏と副理事長を三名とし新体制が発足した。任期は理事の残任期間。理事長  竹澤則男(竹澤建設株式会社)副理事長 宇賀神勝(機械建設株式会社)副理事長 吉澤定 [続きを読む]
  • 船田元 平成29年新春の集い
  • 福田富一知事、簗和生衆議院議員、上野通子参議院議員、高橋克法参議院議員、渡辺美知太郎参議院議員、佐藤栄一宇都宮市長、県議会議員ら約700名で新年を祝った。船田氏からは『憲法改正にも取り組んでおりますが、より身近な法整備などに尽力しております。本年は選挙の年でもあります。皆さまのご支援をいただき、日本のため、栃木県のため頑張ってまいります』と挨拶が行われた。後日動画配信いたします。 [続きを読む]
  • 船田元 平成29年新春の集い
  • 福田富一知事、簗和生衆議院議員、上野通子参議院議員、高橋克法参議院議員、渡辺美知太郎参議院議員、佐藤栄一宇都宮市長、県議会議員ら約700名で新年を祝った。船田氏からは『憲法改正にも取り組んでおりますが、より身近な法整備などに尽力しております。本年は選挙の年でもあります。皆さまのご支援をいただき、日本のため、栃木県のため頑張ってまいります』と挨拶が行われた。後日動画配信いたします。 [続きを読む]
  • 橋本正男鹿沼市議会議員
  • お正月早々、訃報が届きました。1月5日午前9時、私の携帯に「橋本正男鹿沼市議が亡くなられました。」と連絡が来ました。私の住んでいる地域で、各種会合や議会などでよく顔を合わせ、いつも朗らかな笑顔で「よう!どうなってる?」と、市政や政治状況についてお話をさせていただきました。一度「わかった。」といったらぶれない。口下手なのか多くのことは語らない。ぶれないからこそ仲間からも、相反する考えの方からも信頼され [続きを読む]
  • 橋本正男鹿沼市議会議員
  • お正月早々、訃報が届きました。1月5日午前9時、私の携帯に「橋本正男鹿沼市議が亡くなられました。」と連絡が来ました。私の住んでいる地域で、各種会合や議会などでよく顔を合わせ、いつも朗らかな笑顔で「よう!どうなってる?」と、市政や政治状況についてお話をさせていただきました。一度「わかった。」といったらぶれない。口下手なのか多くのことは語らない。ぶれないからこそ仲間からも、相反する考えの方からも信頼され [続きを読む]
  • 福田富一知事を支援する鹿沼市民の会
  •  福田富一知事を支援する鹿沼市民の会(佐藤信会長)はこのほど、鹿沼商工会議所アザレアホールにて県政報告会を開催した。地元市議をはじめ支持者約550人が参集、栃木県のリーダーとしてけん引する福田富一氏を支援する。 佐藤信鹿沼市長からは「福田知事を栃木県のリーダーとし応援をし頑張っていただきたい、党派とか立場にかかわらず一堂に会して一緒になって力を合わせて応援をしていく会を結成いたしました。最後までしっ [続きを読む]
  • 福田富一知事を支援する鹿沼市民の会
  •  福田富一知事を支援する鹿沼市民の会(佐藤信会長)はこのほど、鹿沼商工会議所アザレアホールにて県政報告会を開催した。地元市議をはじめ支持者約550人が参集、栃木県のリーダーとしてけん引する福田富一氏を支援する。 佐藤信鹿沼市長からは「福田知事を栃木県のリーダーとし応援をし頑張っていただきたい、党派とか立場にかかわらず一堂に会して一緒になって力を合わせて応援をしていく会を結成いたしました。最後までしっ [続きを読む]
  • 鹿沼市議会 政務活動費について
  • 富山県議会、富山市議会、高岡市議会など政務活動費(旧政務調査費)の不正利用が新聞報道を賑わせている。全国的に調査が入るとどのような影響が出るのか…鹿沼市は現在鹿沼市議定数24人。政務活動費は月25000円支給され、年30万円。他市では政務活動費がなかったり、高額であったり、その議会で定める金額がまちまちだ。鹿沼市議会においては、以前であるが、 http://blogs.yahoo.co.jp/ttgqm289/28848553.html でも追求したと [続きを読む]
  • 鹿沼市議会 政務活動費について
  • 富山県議会、富山市議会、高岡市議会など政務活動費(旧政務調査費)の不正利用が新聞報道を賑わせている。全国的に調査が入るとどのような影響が出るのか…鹿沼市は現在鹿沼市議定数24人。政務活動費は月25000円支給され、年30万円。他市では政務活動費がなかったり、高額であったり、その議会で定める金額がまちまちだ。鹿沼市議会においては、以前であるが、 http://blogs.yahoo.co.jp/ttgqm289/28848553.html でも追求したと [続きを読む]
  • 鹿沼地区福田富一後援会
  • 鹿沼地区福田富一後援会鹿沼市と旧粟野地区の後援会合同の県政報告会。西川公也衆議院議員、高橋克法参議院議員を来賓に、支持者約450人が参集。小林幹夫自民党鹿沼支部長、神谷幸伸政調会長、鹿沼市議10名も出席し、奈良部實氏を後援会長に選出し、来たる選挙戦に向け気勢をあげた。 [続きを読む]
  • 鹿沼地区福田富一後援会
  • 鹿沼地区福田富一後援会鹿沼市と旧粟野地区の後援会合同の県政報告会。西川公也衆議院議員、高橋克法参議院議員を来賓に、支持者約450人が参集。小林幹夫自民党鹿沼支部長、神谷幸伸政調会長、鹿沼市議10名も出席し、奈良部實氏を後援会長に選出し、来たる選挙戦に向け気勢をあげた。 [続きを読む]
  • 福田富一知事を支援する市民の会
  • 福田富一知事を支援する市民の会佐藤信鹿沼市長が福田富一知事を広く鹿沼市民が支援するため、を目的として、福田富一知事を支援する市民の会を設立する。9月2日の設立準備会では役員案が話し合われた。役員案は次の通り。福田富一を支援する市民の会(案)会長 佐藤信鹿沼市長会長代行 黒本一郎上都賀厚生連会長副会長上原昭夫鹿沼商工会議所副会頭川上貢一栃木県建設業界鹿沼支部支部長大橋正春上都賀農業協同組合組合長 [続きを読む]
  • 塩谷町長選挙 手塚功一後援会 ミニ集会
  • 手塚功一後援会では各地区でミニ集会を開催し、手塚候補の町政に向ける思いと公約などを支持者に訴えた。また、突然訪れた西川公也元農水大臣と急遽会談が行われ、懸案になっている塩谷町の処分場問題に対し意見交換を行った。西川氏は「処分場としては適地ではありません。丸川大臣ともお会いしましたが、完全撤廃に向け不退転の決意で当たります」と語った。 [続きを読む]