くろちゃん さん プロフィール

  •  
くろちゃんさん: 数字に強い社長になるポッドキャスト
ハンドル名くろちゃん さん
ブログタイトル数字に強い社長になるポッドキャスト
ブログURLhttp://tsuyoishachou.seesaa.net/
サイト紹介文会計が苦手な中小企業経営者のために、数字に強くなって業績アップするためのアドバイスを配信中。
自由文会計がちょっと苦手という中小企業経営者のために、中小企業診断士と税理士が、数字に強くなって業績アップするためのアドバイスを配信中。中小企業診断士試験 税理士試験 受験生の方にも、実践的事例として受験対策に役立つ内容です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/04/04 17:13

くろちゃん さんのブログ記事

  • 号外 税理士の金成祐行先生への公開質問募集のお知らせ
  • 号外 税理士の金成祐行先生への公開質問募集のお知らせこの番組の次回のゲストに、税理士の金成祐行(かなりゆうこう)先生をお招きすることになりました。つきましては、金成先生の番組ご出演に先立って、読者の方から公開質問を募集したいと思います。ご質問の内容は、税金に関すること、融資に関すること、事業展開に関することなど、広く事業に関する内容であれば構いません。この機会に、ぜひ、ご質問をお寄せいただきたいと [続きを読む]
  • 第472回 商標とは
  • 第472回 商標とは今回も、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、商標の上手な活用法についてお伺いしました。まず、商標とはどういうものか新井先生にお尋ねしたとことろ、商標法に「この法律で、商標とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状、もしくは色彩、またはこれらの結合、音、その他政令で定めるもの」と定義されているということ [続きを読む]
  • 第471回 知的財産管理技能士
  • 第471回 知的財産管理技能士今回は、弁理士の新井信昭先生にお越しいただき、新井先生のご著書「パクリ商標」から、商標の上手な活用法についてお伺いしました。本題の前に、約1年前に、新井先生にお越しいただいたときに、この番組で、新井先生がお薦めする知的財産管理技能士についてご紹介したところ、リスナーの方が、すぐにその検定試験を受験し、短期間でみごと合格できたというご連絡をいただきました。新井先生によれ [続きを読む]
  • 第470回 第4次産業革命
  • 第470回 第4次産業革命今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、第4次産業革命について、お伺いしました。神谷先生によれば、第4次産業革命の定義はまだ十分に定着していないものの、IoTやAIの力を活用し、国内の企業間をネットワークでつなぎ、国全体で同じソフトを使ってデータを共通化し、品質や技術の壁を取り除き、自動 [続きを読む]
  • 第469回 ISO9000
  • 第469回 ISO9000今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、ISO9000について、お伺いしました。ISO9000(以下、ISOと記します)は、品質管理システムの国際規格です。品質管理システムとは、よい品質の製品やサービスは、工程を管理することによって生産されたり提供されたりするという考え方に基づく管理シス [続きを読む]
  • 第468回 5S活動
  • 第468回 5S活動今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、5S活動による現場活性化について、お伺いしました。5S活動は、かつては、日本の製造業で広く取り入れられ、実践されていたそうです。また、海外でも広く知られるようになり、5Sという言葉そのものが、外国でも通じるようになっているそうです。しかし、現在は5S活動 [続きを読む]
  • 第467回 製造現場の活性化
  • 第467回 製造現場の活性化今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、小集団活動による現場活性化について、お伺いしました。神谷先生によれば、現場を活性化させるしくみとしては、小集団活動だけでなく、目標管理制度、提案制度などがあり、これらはかつての日本の製造業を支えてきたしくみであるといえると考えているそうです。しか [続きを読む]
  • 第466回 現場改善活動
  • 第466回 現場改善活動今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、生産管理における現場改善活動のポイントについて、お伺いいたしました。神谷先生は、日本のものづくりは、日本的経営の代名詞でもある現場改善活動によって支えられてきたと考えているそうです。日本の製造業の高品質・高生産性は、現場改善活動の積み重ねのたまものと [続きを読む]
  • 第465回 コミュニケーションの管理
  • 第465回 コミュニケーションの管理今回も、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、生産管理における、コミュニケーションの管理の仕方についてお教えいただきました。まず、神谷先生は、生産の現場でよく起きている問題として、コミュニケーション障害を挙げておられます。コミュニケーション障害は、経営者がその状態である場合もあるし、 [続きを読む]
  • 第464回 生産管理の概要
  • 第464回 生産管理の概要今回は、中小企業診断士の神谷俊彦先生にお越しいただき、神谷先生が1月にご出版された「生産管理の実務と問題解決徹底ガイド」から、生産管理の概要についてお教えいただきました。まず、生産管理とはどういものかということについてお伺いしました。生産管理は、「生産」という言葉から、製造業が対象というイメージを持ってしまいがちですが、製品をもっと広い意味でとらえて、流通業やサービス業に [続きを読む]
  • 第463回 ビジネスを継続する方法
  • 第463回 ビジネスを継続する方法今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、ビジネスを継続する方法についてお尋ねしました。田中さんによれば、ビジネスを継続するひとつめの方法として、長期契約を結ぶことをお薦めしています。とはいえ、最初から長期契 [続きを読む]
  • 第462回 長く愛されるためのウェブ集客
  • 第462回 長く愛されるためのウェブ集客今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、長く愛されるためのウェブ集客についてお伺いしてきました。田中さんによれば、リアルでの集客と並行してウェブ集客を行うと、さらに集客が安定するので、ぜひ実践していた [続きを読む]
  • 第461回 オリジナル商品の作り方
  • 第461回 オリジナル商品の作り方今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、自分だけのオリジナル商品の作り方についてお伺いしてきました。田中さんによれば、プロコーチ、コンサルタント、マッサージ業など、サービスを提供する人は、何を提供しているの [続きを読む]
  • 第460回 やりたいことをビジネスにするためのルール
  • この番組は、数字がちょっと苦手な中小企業経営者の方が、数字に強くなって業績をばりばりあげてもらうための応援番組です。今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、やりたいことをビジネスにするためのルールについてお尋ねします。 [続きを読む]
  • 第459回 やりたいことに気づく方法
  • 第459回 やりたいことに気づく方法今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、やりたいことに気づける具体的な方法についてお伺いしてきました。田中さんによれば、自分の強みを活かせる分野、ニーズのある分野をビジネスにするとよいと、よく言われていま [続きを読む]
  • 第458回 やりたいことをビジネスにするには
  • 第458回 やりたいことをビジネスにするには今回も、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、どのようにすればやりたいことを見つけられ、それがビジネスになるのかということについてお伺いしてきました。田中さんによれば、起業するには、まず、“起業家OS” [続きを読む]
  • 第457回 やりたいことをビジネスにすると人生が楽しくなる
  • 第457回 やりたいことをビジネスにすると人生が楽しくなる今回は、エグゼクティブコーチで、一般社団法人全国コーチング普及協会代表理事の田中直子さんにお越しいただき、田中さんが昨年6月にご出版された「やりたいことを3年後にビジネスにするとっておきの秘策」から、ビジネスを加速するためのアドバイスをお伺いします。まず、田中さんに、やりたいことをビジネスにすることのメリットについてお伺いしました。田中さん [続きを読む]
  • 第456回 飲食店開業で失敗しないために
  • 第456回 飲食店開業で失敗しないために今回も、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、茂木さんの行っている飲食店向けコンサルティングについてお伺いしました。茂木さんがりんごの花を開業したとき、飲食店経営が未経験であったため、すでに飲食店を開業している人からきいてみたいという疑問点がたくさんあったそうです。また、茂木さんが起業塾に [続きを読む]
  • 第455回 ノーショーをなくすには
  • 第455回 ノーショーをなくすには今回も、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、ノーショーを防ぐ方法についてお伺いしました。茂木さんは、お店を開いて間もないころ、ほぼ貸切になるようなくらいの予約を受けていた人にノーショーをされてしまったことがあるそうです。このときは、ノーショーをされたことをフェイスブックに載せたところ、何人かの [続きを読む]
  • 第454回 値下げしない集客法
  • 第454回 値下げしない集客法今回も、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、値下げをしない集客法についてお伺いしました。茂木さんによれば、献立の値下げをすると、利益を減らすだけでなく、安さを目当てにする顧客しか来なくなるので避けた方が良いと考えているそうです。茂木さんの経験によれば、値下げをすると来店客数は一時的に増えるものの、 [続きを読む]
  • 号外 クリアファイルプレゼントのお知らせ
  • 号外 クリアファイルプレゼントのお知らせ「図解でわかる経営の基本いちばん最初に読む本」の表紙をデザインした、A5サイズのクリアファイルを作成しました。このファイルが欲しいという方には、在庫のある限りプレゼントいたします。ご希望の方は、こちらの申込フォームにお名前等を入力してお申し込み下さい。→[申込フォーム]なお、在庫がなくなり次第、プレゼントは締め切らせていただきます。また、ご応募いただいた方に [続きを読む]
  • 第453回 ポータルサイトを利用しない独自のネット集客法
  • 第453回 ポータルサイトを利用しない独自のネット集客法今回も、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、飲食店紹介サイトを利用しない、独自のネット集客法についてお伺いしました。現在、りんごの花の集客に活用しているインターネットサービスは、お店のホームページ、お店のフェイスブックページ、お店のブログ、女将の茂木さんのフェイスブック、 [続きを読む]
  • 第452回 ブログによる集客
  • 第452回 ブログによる集客今回は、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、飲食店を繁盛させるノウハウについてお伺いしました。りんごの花は平成23年1月に開店しましたが、その約2か月後に東日本大震災が起きたことで、しばらくの間、自粛ムードが続き、売上高が伸び悩んでいました。そこでコンサルタントの方にコンサルティングを依頼したところ [続きを読む]
  • 第451回 青森県をPRしたい思い
  • 第451回 青森県をPRしたい思い今回は、株式会社地方の宝物代表取締役で、同社の運営する、青森PR居酒屋りんごの花の女将の、茂木真奈美さんをお尋ねし、飲食店を繁盛させるノウハウについてお伺いしました。まず、茂木さんが、なぜ青森PR居酒屋を開こうと考えたのかということについてお尋ねしました。茂木さんは、かつて、冷凍食品問屋に勤務していたとき、商品企画のために日本全国の協力メーカーを回っていたそうです [続きを読む]
  • 第450回 のれん分け制度
  • 第450回 のれん分け制度今回も、中小企業診断士の山岡雄己先生にお越しいただき、山岡先生のご著書「飲食店『のれん分け・FC化』ハンドブック」の中から、のれん分け制度についてお尋ねしました。まず、のれん分けとはどういうことかということについてお尋ねしました。のれん分けとは、お店の商号(屋号)を使うことを、独立する従業員、または知人に許して多店舗展開を図ることだそうです。さらに、のれん分けには、インセ [続きを読む]