漢方らいふ さん プロフィール

  •  
漢方らいふさん: 不妊症・妊活を応援する富士市の漢方薬影山薬局
ハンドル名漢方らいふ さん
ブログタイトル不妊症・妊活を応援する富士市の漢方薬影山薬局
ブログURLhttp://kampolife.i-ra.jp/
サイト紹介文不妊症や不育症でお悩みの方、不妊症専門の漢方薬剤師が応援します!
自由文不妊症や不育症でお悩みの方、妊娠中や産後も元気に過ごしたい方を、不妊症専門の漢方薬剤師が応援します! 丈夫な赤ちゃんを産むために、妊娠する前から元気な体を作ること」 不妊治療で疲れてしまった、先の見えない治療に不安な方、妊活漢方薬で一緒に良くなっていきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/04/04 21:27

漢方らいふ さんのブログ記事

  • 【漢方ダイエット】無理をなくす漢方ダイエット
  • 今回は、無理のない漢方ダイエットの実際について触れてみたいと思います。その前に、ダイエット目標は決めたでしょうか? まだの方は、『ダイエット目標の立て方』の記事を参考にして立ててみてください。何度も言いますが、目標は、実生活に見合ったもので、ときに流動的なもので良いです。ダイエット当初にたてる目標は、ダイエット中に変わることは少なくありません。変化こそが生活です。この理解をなくして方法論だけが先行 [続きを読む]
  • 【漢方ダイエット】ダイエット目標の立て方
  • ダイエット目標の立て方何かの動機があってダイエットを始める気になったあなたは、その始めに目標を立てるでしょう。それは具体的な数値目標(体重〇キロのような)であったり、あるいは格好良いスタイルを目指すというような漠然としたものかもしれません。今回は、漢方ダイエットにおける目標の立て方のヒントについて考えてみましょう。その前に、ダイエットの目標として頻繁に登場するケースを紹介します。・若いころの体重に [続きを読む]
  • 【漢方ダイエット】ダイエット目標の考え方
  • 漢方ダイエットの目指すところ一般に、ダイエット(減量)と言った場合、手段は様々ですがその目標は体重を落とすことにあります。目標をしっかり見据える事も大切ではありますが。。。。痩せる事のメリットを得るためであったり、痩せない事で生じるリスクを回避するためであったり、動機やきっかけは何であれ、体重を落とすことで目的達成となります。一度目標を達成すると、その後が中々続かないという人は少なくありません。無 [続きを読む]
  • 7月の養生
  • 7月の養生法 7月は梅雨明けにともなう降雨の増加と、梅雨明け以降の高温には注意が必要です。  夏の湿気のピークを迎えるとともに、暑さのピークへと向かっていくのが7月ですね。最近では『真夏が怖い』という声をよく耳にします。恐怖を感じる程の暑熱を感じる事も少なくありません。 今月は、7月を乗り越えるための対策を、東洋医学の視点で考えてみましょう。涼しげな水槽で過ごすエビさんたちが羨ましい。。。 本格的な夏 [続きを読む]
  • 【夏の養生】季節の陰陽と個の陰陽
  •  蒸し暑いのが日本の夏の特養です 夏は外気温が高く、外気が私たちの活動の元となる熱を提供し、活動量が増えてきます(陽の増大)また、活動を下支えする燃料、つまり飲食物やそれに伴う排泄といった物質の流出入が盛んになります(陰の増大) 簡単に言えば、気温が上がって代謝が活発になり、活動量や飲食の量が増えている様子を表しています。これは、個の陰陽が夏の影響を受けて大きくなっている様子です。 一方で、夏の陰 [続きを読む]
  • 【皮膚病改善】高齢者の慢性皮膚湿疹が漢方薬で改善
  • 皮膚病治療の漢方体験談を頂きました。60代男性のこの方は、数年前より胴回りを中心に湿疹が出始めて、激しい痒みで眠れなくなり困っていました。近医でステロイド外用薬と、抗アレルギー薬の内服薬を数年間にわたり使用していましたが、夏になると症状は悪化していくとのことです。温泉にも行けず、お孫さんとのふれあいにも躊躇してしまう様子で、暑いのに半袖にもなれず何とかならないかと漢方相談になりました。初回時は写真の [続きを読む]
  • 6月の養生法
  • 6月の養生 今月が終わると一年の半分が経過したことになります。時の流れの早さを感じますが、年初の頃に比べて季節は随分と様変わりしてきました。そこで、私たちの暮らしも、季節の変化に対応するように調えていく事が大切です。6月には6月の性格があり、それを意識しながら暮らしを変化させていく事が養生につながります。今月は6月の養生について、東洋医学の視点で考えてみましょう。6月は入梅を迎え、ジメジメして困ります [続きを読む]
  • 【夏の養生】陰陽の増大について
  • 夏の性格を漢方生活の視点で見ると『陰陽が増大する季節』と言うことが出来るとお話ししました。詳しくはこちらの記事が参考になります。今回は、改めて夏の陰陽の増大について、私たちの身体を例にあげて考えてみましょう。夏になって気温が上がってくるという事は、自然環境や生活環境から、活動の原資となる熱の支援を受ける事を意味しています。熱ければ熱いほど良いというのではありませんが、一般に、外気の熱による支援を受 [続きを読む]
  • 【夏の養生】夏の性格について
  • 最近は季節の変わり目がはっきりしませんね。特に季節の変わり目では寒暖差が大きくなったり、気象が安定しないなど、健康管理に気を使います。夏は、春に続く季節ですから、春→夏の順です。春の性格である『外向き』の様子から、夏の傾向を徐々に強めていくのが季節の移り変わりです。春の性格につていは 、こちら の記事が参考になります。今回は、夏の傾向とは一体どのようなものなのかを、漢方生活の視点で考えていきましょ [続きを読む]
  • 5月の養生法
  • 5月の連休が終わる頃、暦の上では立夏、つまり夏の始まりとされています。春が極まり夏の気配がしてくる頃で、穏やかで過ごしやすくなってくる時期ですね。一方で五月病、つまりこの頃に環境変化への適応に疲れ、心身のバランスを崩す不調に見舞われることが少なくありません。清々しい初夏の雰囲気をよそに、社会や自然環境の変化についていけない様子ですね。今月は、東洋医学の視点で、五月病とその対策について考えてみましょ [続きを読む]
  • 漢方生活のススメのカテゴリー
  • 【暮らしの中に漢方を】をテーマに、漢方の考え方や視点を生活の中に取り入れる事で、健康で豊かな暮らしの一助となればと思います。漢方と言えば漢方薬をイメージしますが、お薬だけでなはい漢方独特の考え方があります。この漢方独特の考え方を、生活に活かしたり反映させることを『漢方生活』と銘打って、薬や治療より、養生を大切にする漢方の考え方を、テーマごとにご紹介していきます。普段の暮らしのヒントとして活用してみ [続きを読む]
  • 【春の養生】春は慌てず慎重に過ごそう
  • 春の特徴として『様々なものが動き始める季節』があげられ、とても不安定な季節だと言えます。今回は、不安定な季節の過ごし方について、漢方生活の視点で考えてみましょう。春がどうして不安定な季節なのかは【春の養生】春は動き始めの季節 の記事が参考になります。 春の不安定には、動き始めに伴う不安定さと、動きのベクトルが、熱を根拠に外向きに向かう事が背景にあります。昼間の時間が長くなり始め、気温も徐々に上がっ [続きを読む]
  • 【春の養生】春眠暁を覚えず?
  • 中国の詩人:孟浩然の春暁の一節に『春眠暁を覚えず』があります。春の夜は眠り心地がいいので、朝が来たことにも気付かず、つい寝過ごしてしまうという解釈が一般的だそうです。他にもいくつかの解釈があるそうで、例えば朝が早く訪れるようになるため、起きる頃には暁(日の出)を過ぎてしまっている とか、春は風雨が強く、咲いた花が散ってしまうのではと心配でぐっすり眠れなかった、などがあります。眠りごこちが良い一方で [続きを読む]
  • 【春の養生】春の性格について
  • 春という漢字は、日、つまり太陽によって草木が生え盛る様子を表しているそうです。春の特徴を良く表しているなぁと感心してしまいます。文字の姿かたちが左右対称で、キチキチとした印象がしてきますが、実際には不安定で緊張感を伴う季節だと漢方生活では考えます。春の不安定感については春は動き始めの季節  と記事を参考にしてみてください。さて、今回は、春の性格について、漢方生活の視点で触れていきたいと思います。今 [続きを読む]
  • 【春の養生】春の変化の背景にあるもの
  • 春は『様々なものが動き始める季節』であり、その動きが外向きに向かっていくのだと、漢方生活の視点では考えます。ですから、不安定であり、様々なものがぶつかり合う時期で、安定感を欠いた季節という見方が出来ます。これらについては、【春の養生】春は動き始めの季節  の記事や【春の養生】春の不安定感を増すもう一つの要素 の記事が参考になります。 今回は、この外向きの変化の背景を、漢方生活の視点で考えていきます [続きを読む]
  • 【春の養生】春の不安定感を増すもう一つの要素
  • 春は色々なものが動き出す季節ですが、動き出しに伴う変化とともに、不安定感を増していく時季でもあります。これにつきましては  【春の養生】春の特徴から考える の記事を参考にしてみてください。今回は、春の動き出しに伴う変化をさらに強めてしまうであろう、春のもう一つの特徴を漢方生活の視点で考えていきます。それは『春はあらゆるものが外向きになる』というものです。 これは、言い換えれば変化のベクトルが外方向 [続きを読む]
  • 【春の養生】春は動き始めの季節
  • 季節には四季があります。また、それぞれの季節の間にある土用を一つの季節として考えて、五季とする考えもあります。四季であれ五季であれ、春は様々なものが動き出す季節という位置づけにあるように思います。止まっているかに見えたものが、一斉に動き出すのが春の特徴ですね。漢方生活における春とは『様々なものが動き始める季節』という位置づけです。他にも春を特徴づける事は出来ると思います。鼻炎の季節、新緑の季節、雪 [続きを読む]
  • 4月の養生法
  •  一年を通じて、太陽を意味する【日】を持つ漢字は春だけです。 春の成り立ちは、草が日を受けて群がり生じる様子を表しているそうで、植物の成長に太陽が大きく影響している事実からも、なるほど納得です。太陽が植物に提供するものは光と熱で、冬の間は種や根という形でじっとしていたものが、【日】によって活動の糧を得る季節が春だと言えます。 さらには春雨や なたね梅雨、穀雨という言葉がある様に、今の時分は良く雨が [続きを読む]
  • 4月の営業日について
  • 4月は、30日の祝日と、日曜日をお休みさせていただきます。5月は3〜6日のゴールデンウィークはお休みさせていただきます。漢方薬で体質を整え、妊娠しやすい体作りを目指したいいつまでも長引く不調がなかなか治らず、どこに相談してよいかわからない方いつまでも健康で若々しくいたいと願う方お気軽にご相談ください♪ホームページはhttp://kageyama-kusuri.jp/index.html ←こちらからどうぞメール又は電話0545-63-3150までご連 [続きを読む]
  • 春を穏やかに過ごすために
  • 日本には四季の中に二十四節気という季節があります。ちょうど今頃は、二十四節気の啓蟄(けいちつ)と呼ばれる時期で、土の中で冬ごもりをしていた虫たちが目覚める頃とされています。眠っていたものが動き出す季節が、今まさにやってきています。時を同じくして、中国や台湾では旧正月(春節:しゅんせつは旧暦における元旦)を盛大に祝います。それは、春節が、人間界を取り巻く世界が、死から生へと転じる時節を祝うものだから [続きを読む]
  • 【漢方生活のススメ】物も人も変化している
  • 物も人も変化しています。物も人も互いに変化しながら手を取り合って暮らしが成り立っています。人間関係も同じです。互いに変化しあう者同士が寄せ集まって暮らし、日々、様々な現象を作り出しています。まるで、人とお付き合いするかのような視点で、物と向き合う時、どのような気付きが得られるでしょうか?今回は、物も人も変化しているとはどういうことか?漢方生活の視点を通じて考えてみましょう。物の変化物には物体として [続きを読む]
  • 【漢方生活のススメ】物を大切にする
  • 昔から、物を大切に扱いなさいだとか、物を粗末に扱ってはいけない、などと言います。その背景には、世代や時代ごとに様々な価値観があって良いと思いますが、漢方生活の視点では、どのような考え方が出来るのでしょうか?今回は、物を大切にすることを、漢方生活の視点を通じて考えてみましょう。漢方生活においては、物を持つことは、物の陰陽とつながる事です。簡単に言えば、物の、物体としての側面(陰)と、その物がもたらす [続きを読む]
  • 【漢方生活のススメ】物を持つことの意味
  • 普段は、物を持つことの意味について考えることなど無いかもしれません。物が余るほどある時代に、一つ一つの物に、所有する意味を問うことは不可能かもしれませんね。例え同じ物であっても、もつ状況や時代によって、その意味は無限に見出せるかもしれませんが、限りなくあるという事は無いに等しいとも言えます。今回は、物を所有することの意味について、漢方生活における原則的な考え方をご紹介します。原則的な視点を持つこと [続きを読む]
  • 陰陽で考える真冬の過ごし方
  • 今年の冬は例年よりも寒い日が多く、体調管理に一層の気を使います。インフルエンザが過去最多の大流行し、周りでも、風邪を含めて体調を崩す方を多くお見受けします。今月は、どうして真冬にそのような状況になるのか?どう対策したらよいのかを、東洋医学の視点で考えていきます。温かい春が待ち遠しいですね。薬局内の蝋梅が咲きました。寒い季節になごみます。ちょうど今頃は一年で一番寒い季節、真冬に相当しますね。陰の季節 [続きを読む]