RISACO さん プロフィール

  •  
RISACOさん: RISACO
ハンドル名RISACO さん
ブログタイトルRISACO
ブログURLhttps://ameblo.jp/risaco91/
サイト紹介文アメリカ国籍の日系人と結婚してアメリカで生活しているRISACOの日記です。
自由文日本人に見えるけど、日本人じゃない旦那様と一緒にアメリカで生活してます☆結婚生活のあれこれを日記に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2009/04/11 00:11

RISACO さんのブログ記事

  • 消せないアメブロ
  • このブログごと消し去りたいなーと思ったのですが、どうやら大変な労力がいりそうなので断念しました。前回の記事から、とにかくここに深いことを書くことが恐ろしくなり、ただ毎日着々と出口へ進んでおります。怖い生き物を見た時にゾワっとしますけど、毎日怖い生き物見て生きてるような感じですwこの人生のことをここに綴るのもこれで最後にしようと思います。色々な人にジャッジされることに疲れてしまった。みなさん本当に、 [続きを読む]
  • 愛するよりも誰かに愛されたい
  • 子供達が生まれてから、とにかく愛情は注ぐもの。。。という感じの母性全開の状況が長年続いてきました。それで充分幸せだった。主人から、愛されてる感覚がなくなってから(途中から彼なりに愛してるんだろう。。とは考えるようにしてましたが)全てにおいて、与えるだけの愛という感じが続いてました。もちろん両親や兄、友人からの愛はいつも感じてますが。。この数ヶ月、毎日のように自分がゴミみたいに感じるような言葉ばかりも [続きを読む]
  • 今度は病気扱いですか?
  • 自分でこの選択肢にどうしても決着がつかず、最後の頼みの綱で、一か八か。。。。義母にメールをしてみた。このブログを読んで長い方は、ご存知の方もいるかもしれませんが義母はとても癖のある方。結婚後数年は本当に韓国ドラマのような意地悪をされてきて、私を認め出してから可愛がって下さいましたが、やっぱり人の話はまるで聞けない、一方通行の方。。。。電話をしたら絶対に私の話は聞かないのは100%明らか。こういう状況に [続きを読む]
  • 女神様達の愛ー
  • こないだのブログを更新してから、「深い事情を知らない人に何言われても気にしなくていいんだよ!」「どんな選択しても今までの頑張り見てたらもう充分て思うよ!」などなど、友人からの沢山の励ましを受けました。本当に毎度、そうやって励ましを頂く度、涙が溢れてくる。涙腺イかれてる感じがします、最近。自分の殻に閉じこもらないでここに自分の不安や苦しいことをただ正直に綴ることが、私の心のバランスをとっているんです [続きを読む]
  • 今までと、これから
  • 主人には、決断を迫られている。事情を知っている周囲には、9割の人には「まさか子供達おいて帰るなんて絶対しないよね?」と言われる。今まで子育てだけをしてきて周りもよく知っている。一人で子育てしてきたこと。そんな努力も何もかも、ここで帰ったらもう水の泡になる。今までのことは全て無しになって子供達をおいてった最低な母親になる。主人のことを、私は恨んでないし恐怖心はあっても、嫌いとも思わない。まだ子供達の [続きを読む]
  • Oregonでは初めてのライブです
  • 今まで子育て&家事で、自分の時間は0だったOregonライフ。今、なんとなくそんな状況じゃない中で、それでも自分がしっかりできるキッカケにもなってくれた、こちらでの初ライブ。子供達参加ウェルカムの、アコースティックのクリスマスライブです。ここでも音楽できるチャンスを与えられたことは、本当に嬉しい。仲間に感謝です。周辺にお住いの方は是非! [続きを読む]
  • 正しい道がみえない
  • 私が、アスペルガーの主人に耐えて結婚生活を続けて行くべきだったのだろうか?子供達といられる選択はどちらにしろ、主人の支配下のもと。住む場所が、分けられるだけ。あとは、一人で日本に帰れという選択。私は、子供達を朝起こしたり、夜寝付く時に手を握ってあげられる毎日がもうおくれないことが想像もつかない。何が正しい選択なのか?私は毎日に耐えることに疲れて、主人に本音を言ってしまったせいで、子供達は、どの道ツ [続きを読む]
  • 離婚後の親権
  • さっきLINEニュースでこんなものを読みましたアメリカみたいになっていくのでは?と考えながら読んでました。たしかに子供はどちらの親の子供でもある。というか、「親権」とかいう観念がなんか納得いかない。男女としてどうしても一緒にいられない関係になってしまう夫婦も多い中で、子供には一生、父親も母親もその存在は変わらない。あまりにも親の資格のない犯罪をおかしてしまったり、暴力をふるってしまったり。。そういう子 [続きを読む]
  • 愛情のかけかたの違いと元気出すためにすること
  • こんな状況がもうどれくらい続いているんだろ?3ヶ月にはなります。私が、本音を主人にブチまけてから。。。何年も耐えて来たけれど、私がただ正直になるだけでこんな辛い毎日が待ってたなら、ずっと我慢して一生を終えたら良かったんじゃないか?って何回か思ってしまった。でも、死ぬまで我慢して、ただ生きていくのはやっぱり間違いだ。この状況に耐える意味はあるはずだ。そして、自由になれる日も来るはず。。。主人は、言わ [続きを読む]
  • 怖い
  • ルンルンの誕生日。金曜日。私は、バイトのある日。急遽オーナーから電話があって訳あってランチはcloseするから、今日は来なくていいと言われました。だから私はルンルンのために風船を買いに行きました。そして昼ごろ帰ってきたら、ドライブウェイに主人の車。なぜ、仕事に行ってない?朝確かに誕生日だし。。と、ルンルンを見送るまでいて、仕事に出かけてった。なのに、いる。アメリカの家は、人が帰って来たら大きな音でガレ [続きを読む]
  • ルンルンが8歳になりました!
  • 私の最初のベイビーであるルンルンが、8歳の誕生日を迎えました。「明日は私の誕生日だー?」ってウキウキしながら眠りについたルンルンをみたら、そういう「コトの詳細」を知っている事に対して、随分成長したなぁと思います。今まで月から日まで、よく分からないようなボケっとした娘だったのにw今年は、状況がこんな中でもうパパママ揃って誕生日を迎える事がないのかな?と思うと申し訳ない気持ちになって胸が締め付けられます [続きを読む]
  • ありがとう、元気だよ
  • 最近とうとう、このブログで、私の近況を知り始めた友人が多くなってきました。最近連絡がなかった人でも「大丈夫?」「やっぱり無理してたんジャーン!!」などなど。。。心配してるのか怒られてるのか、よく分からん連絡をもらってw本当に、ありがとうって思います?いつもですが、誰かに気にかけてもらってることだけで相当大きな救いです。こういう時は、尚更。。。。ただ事情を知らない人に会っても何しても、特に「どうした [続きを読む]
  • ”ルンちゃんの気持ち”
  • 「ーー年前のブログ」というのが毎日上がっていて、ワザとかな?ってくらい「主人がいない」「主人にひどいこと言われた」「孤独育児」とかの記事しか出てこないwこれが今始まったことじゃない、積み重ねの中で起きた今。。。。を物語っている。。。これは4年も前らしい。本当に毎日ただやれることをこなしてたなーと思います。ふと子供達の気持ちを考えたり、主人の気持ちを考えたり、間をなんとか繋げようって努力してた。主人は [続きを読む]
  • 迷っていること
  • 今後について、まだ決断がつかないでいます。一瞬は、私さえここからいなくなればいいって言葉を鵜呑みにして日本に帰ると考えていた。最終的には両親の面倒をみたいのは確実で、それを考えると仕事を見つけるにも、今の年齢がギリギリかな?という気もして今帰るのがいいのかとも思った。少し前まで、日本に帰りたいというすごく強い気持ちが、あった。でも、日本に私が帰っても喜ぶ人なんかいないという事にも気がついた。気がつ [続きを読む]
  • 私たちが見つけ出した答え
  • こないだ、今までの最大級のヒドイ言葉たちをあびたあと、私は色んなことを考えました。「お前さえいなきゃ全て丸く収まる」「自分がいい親だなんて思うな」などの沢山の、言葉をもらったあとに、要するに私がいなかったら、子供達も主人も今まで通りの暮らしが出来る。ということを考えたら、何もかも無くしたら、私は一人で生きてる価値あるのかな?と一瞬考えてしまい、消えたくなったわけですが。。。母の顔思い浮かべたら、そ [続きを読む]
  • ”My friend @risa_oregon_045 and my husband got.”
  • 先日、着物の企画でお世話になった孝子さんの旦那様が以前からギターをひいてることは知ってたのですが、軽い気持ちで一緒に是非歌ってみたい!とお願いしたらすぐに願いを叶えて下さった!!!子供達が周りでざわざわする中で、平和にカバー曲を何曲かセッションさせていただきました。こうしてオレゴンでも音楽友達第一号をGET!昨日、泣きはらしてしまい、今日歌えるのかな??という体調であり心境だったけれど、別にライブす [続きを読む]
  • 不思議なおばさんの話
  • 9月くらいだったけど、主人との喧嘩が絶えず疲れてる時にたまに、大好きな公園があってそこに一人で行ってたのですが、車のところでおばさんが、困ってたので声をかけたら、「鍵が車の下に入っちゃったのよ」と。おばちゃん結構大きい theアメリカンな体型なので腕が車の下に入るわけもなく。。私がやってみるとオファーして、落とした鍵を車の下から取ることができた。オーバーに喜ぶおばちゃんの顔見たら凄く嬉しかった。「服が [続きを読む]
  • 消えてなくなればいい
  • 今日は、神様助けてって心の中で何度も思うほど、酷いことを沢山言われた。本当に、小学校のときにイジメにあってた時以来に、私なんか消えてなくなればいいって一瞬、思ってしまった。こんなネガティブな気持ちは本当に久々。私がいると、大事な子供達が不幸になる。簡単にいうと、そんな言葉で嵐は終わった。この先どうしていくべきか。 [続きを読む]
  • 感謝祭- Thanksgiving Day-
  • 11月の第3木曜日は,感謝祭。 Thanksgiving Dayです。昨日、少し説明も入れましたが、アメリカの大きな祝日の一つです。主に何があるかと言うと、お馴染みのメニューを家族で料理して食べるということ。。。。。メジャーなメニューは○ターキー(七面鳥)○マッシュポテト○グリーンビーンズ○コーン○パンプキンパイ○スタッフィング(ターキーを焼く時にお腹の中に入れます)○スイートポテトなどなど。秋の味覚を使ったお料理が多い [続きを読む]
  • ありがとう
  • 明日は、感謝祭。Thanksgiving Day です。メイフラワーという船がアメリカにやってきて、ネイティブ・アメリカンがその人々がそこで生活するために必要な生活の知恵を与え食物を育て、いろんなサポートをしてあげたことで、その収穫に感謝し、お祝いに一緒に食事を楽しんだのが始め。。と簡単にいうとそんな感じらしいです。ブラックなサイドの人は白人がやってきて、ネイティブ・アメリカンに「土地をくれてありがとう」な祭り。 [続きを読む]
  • 映画「Bohemian Rhapsody 」
  • 初めて、子供たちが学校に行っている間に映画に行きました。家族と以外でアメリカに来てから映画に行くのは初かもしれません。Queen 好きな友人と行きました。映画はもともと好きで、日本に住んでた時はよく一人で行ってました。うちの父も一人で映画に行くのが好きらしいのですが、血ですね。特に女性のお友達は映画の最中に「今のどういう意味?」とかそれならまだしも、「終わったら????しよう」とか映画に関係ない話までし [続きを読む]
  • 結局、私は私。
  • 毎日、気持ちが嵐のように揺さぶられる中で、子供達の目の中の自分だけ、笑顔でいたいという強い気持ちだけにフォーカスして過ごしている。このアメリカに引っ越してきて、自分のできることは一生懸命やってきたつもり。ベストを尽くしてきたはずなのに、やっぱり、経済的にハニ男に頼りっきりという点は、私には気が重過ぎたところもあったなと。。今までも、完全に甘えられるのは両親と幼馴染だけで、お付き合いしてた方々やハニ [続きを読む]
  • 乗り越えたい
  • 何もかもが、毎日振り出しに戻るような日々です。話が、なんとなく着地したと思ったら、次の日には、全くなかったことになっている。ご心配おかけしている皆さんに近況を報告できるとしたら、それなりに日々、向き合っているということを胸を張って言えるくらいです。このままではいけない。でも、出口が見えない。そんな心境です。結婚は自分で決めて、自分の意志でここに引っ越してきた。それは充分に分かっているからこそ、今ま [続きを読む]
  • Portland の着物講師 Takako Eltingさんの企画にて
  • 孝子さんは、ここPortlandの日本人コミュニティに大変貢献されている素晴らしい女性で、色々なボランティアなどにも参加され、このPortlandで日本人の生活を支える大きな力になっている方。こちらで暮らす日本人の中では、とても愛されている有名人です。孝子さんのブログはこちら。アメリカ・オレゴン州ポートランドで着物ライフそんなエルティング孝子さんは着物講師で、こちらで日本人女性の美しさや伝統を広めておられます。そ [続きを読む]