A.e.Suck さん プロフィール

  •  
A.e.Suckさん: Connect the Movie
ハンドル名A.e.Suck さん
ブログタイトルConnect the Movie
ブログURLhttp://aesuck.blog86.fc2.com/
サイト紹介文A.e.Suck の映画ブログ。最新映画レビューを中心に、似ている、引用、オマージュでつながる映画紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/04/12 15:16

A.e.Suck さんのブログ記事

  • 僕のワンダフル・ライフ
  • A Dog's Purpose(2017)100分『野良犬トビーの愛すべき転生』を、名作職人ラッセ・ハルストレムが映画化。お話の作り、犬の成長経過の見せ方、5つの時代の見せ方がうまい。その時代のTV番組や選曲がハマる。それぞれの時代の飼い主と犬との関わりがいい感じ。飼い主の大きな転機もあるけど、犬は同じように接する。犬の表情が素晴らしい。こーゆー顔するする!老いてしまった犬の気持ちが切ない。セットアップごとに展開が読めち [続きを読む]
  • エイリアン:コヴェナント
  • Alien: Covenant(2017)122分『エイリアン』と『エイリアン2』から引用がたくさんあって楽しいけど、怖くも面白くもない。『プロメテウス』から起動修正したのはよかったけど、『エイリアン』を9倍の製作費9700万ドルかけてセルフリメイクしたようなもので、嬉しいやら白けるやら。タイトルも音楽も水飲み鳥も。でもこーゆーのが観たかったんだけどね。ネオモーフはバッタもんかと思ったら、まったく別物のパンズ・ラビリンス、動 [続きを読む]
  • ひかりのたび
  • ひかりのたび(2017)91分脚本・監督の澤田サンダーの商業映画デビュー作。新幹線で旅行する話じゃないよ。まず、SEがすげえ。モノクロに合う。いい映画だった!お話もストーリテリングも好み。丁寧な演出の積み上げが気持ちいい。不動産ブローカーの父ととばっちりで気の毒な娘のお話が、顧客側3人のサイドストーリーと合流。特にお父さんよかったー。自転車の二人乗りは昭和かよ?みたいな。でも跨いでたな。坂道の長回しはよか [続きを読む]
  • 3つの時間『ダンケルク』
  • Dunkirk(2017)106分IMAX(2K/12.1ch)で観た。絵も音も超ド迫力。IMAXシアターで観るべき映画の究極。通常上映版はやめといた方がいいよ。「ダンケルク 額縁」でググってみて。ラージスクリーンのTCXでもひとまわり小さく上映されるそうで。どーせIMAXで見直したくなるので、最初から500円のっけてIMAXで観た方が得策。TOHOシネマズ新宿のスクリーン10のIMAXイイ!オススメはE列センター。絵も音もド迫力です。品川のIMAXはもっ [続きを読む]
  • 『新感染 ファイナル・エクスプレス』は釜山行き
  • Train to Busan(2016)118分この映画観るのは2回目。去年 YouTube で見たとき、スクリーンで見たいと思った。『釜山行き』でいいのに『新感染』ってフザけたタイトルがクソ。20分で最初の感染者が出て来る。KTXと大量の感染者すげー。感染者はグロくないぶん動きがいい。モブもすげーいい。とにかく元気なヤツら。自分だけ助かればいいって主人公が斬新。逆にマ・ドンソクのサンファいいわあ、ヤな奴かと思ったらイイ奴。自己犠牲 [続きを読む]
  • 『ワンダーウーマン』は粘土の人形だった?
  • 左から、日本未放映のキャシー・リー・クロスビー版『ワンダーウーマン』(1974/ABC)、リンダ・カーターの『空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン』(1976/ABC)、リンダ・カーターの2シーズンめ『紅い旋風ワンダーウーマン』(1977/CBS)、パイロットのみに終わったエイドリアンヌ・パリッキの『ワンダーウーマン』(2011/WB)、そして『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016/DCEU)のガル・ガドットWonder Woman(20 [続きを読む]
  • 2回沈んだ『海底47m』
  • 47 Meters Down(2017)90分身長57メートル、じゃなくて海底47メートル。ケージに入ってサメ見物してたらケージごと海底に落っこっちゃった。そんなシンプルなアイデアから作られた傑作。海底に取り残された姉妹のサバイバル劇の始まり。サメ映画じゃないから。海の『不意打ち』、海底の『ゼロ・グラビティ』な英国スリラー。姉妹がシャーク・ケージ・ダイビングする理由もちゃんとある。姉妹を襲う危機は予想通りなんだけど、最後 [続きを読む]
  • 『カーズ/クロスロード』はオーバルだけどね
  • Cars 3(2017)109分なんで邦題「3」じゃなくて「クロスロード」なんだよ?十字路じゃ意味違うだろ。つまらん映画だった。2作目までは面白かっただけにがっかり。丁寧に作ってるけど、話が散漫で釈然としない。マックィーンがクルーズに「君はレーサーじゃない」って拒否したのは2作目のメーターに対しての繰り返しだし。世代交代はいいけど、それならバトン渡すのそこじゃない。なんかクルーズがハドと同じことしたとこは涙が出た [続きを読む]
  • 正しい魔女映画『ウィッチ』
  • The VVitch: A New-England Folktale(2015)93分飛行薬の調合、山羊、署名による悪魔との契約、主の祈りは唱えられない、言葉はエノキアン語、人間を誘惑し呪う。そして恐ろしい容姿。やっぱ魔女はこーでなくっちゃね。時代考証が見事な1630年、ニューイングランド。村を追放された一家はまとまってた。それが移住先でどんどん崩壊していく。かあちゃんが壊れ、トマシンちゃんは魔女扱い。気色悪い双子。でかい声のオヤジ。自然光 [続きを読む]
  • George A. Romero
  • 77歳、肺がんだったそうです。奥さんと娘さんに看取られ、『静かなる男』のサントラを聞きながら亡くなられたそうです…RIP.George A. Romero1940.2.4 - 2017.7.16『クリープショー』のオープニングトム・サヴィーニのツイートGoodbye George A Romero. We laughed through 50 years and 9 films. I will miss him. There is a light that has gone out and can't be replaced. pic.twitter.com/N0MAC1ItVM— Tom Savini (@TH [続きを読む]
  • 『ライト/オフ』
  • Lights Out(2016)81分監督:デヴィッド・F・サンドバーグ 脚本:エリック・ハイセラー出演:テリーサ・パーマー(潘めぐみ)、ガブリエル・ベイトマン(高橋玲生)、ビリー・バーク(志賀麻登佳)、アレクサンダー・ディペルシア(KENN)、マリア・ベロ (冬馬 由美) まずはこの有名な2013年のビデオ。この2分40秒の短編をジェームズ・ワンのプロデュースで長編映画化。BD買って見た。古典的な恐怖映画で怖かった!オリジナル版 [続きを読む]
  • カルビンには叶わない『ライフ』
  • Life(2017)104分ギレンホールが出る映画にハズレはない。『メッセージ』でがっかりした人を元気にしてくれる。ファーストコンタクト映画はこうでなくちゃね、アバンタイトル長っ!って思ったけどね、カルビンちゃんが成長しだすともう大変。火星の生物恐ろしや、気色悪う〜。もっともっと身近な『エイリアン』。見た目は軟体でキショくて形態変化速いし、凶暴で攻撃的だし、頭はいいしで理想的な宇宙生物。ISSのクルーは6人、カ [続きを読む]
  • 『イット・フォローズ』
  • 右は『反撥』(1964)のカトリーヌ・ドヌーヴIt Follows(2014)100分監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル出演:マイカ・モンロー(白石涼子)、キーア・ギルクリスト(河西健吾)、ダニエル・ゾヴァット(福山潤)、ジェイク・ウィアリー(柳田淳一)、オリヴィア・ルッカルディ(松本沙羅)、リリー・セーペ(折井あゆみ)huluで見た。『恐怖の足跡』(1962)タイプの王道恐怖映画。怖かった。ルールがわかっちゃうと [続きを読む]
  • 『ハクソー・リッジ』は前田高地
  • Hacksaw Ridge(2017)139分メル演出に期待した生々しい戦闘描写には満足だけど、丁寧に描かれた前半も予想外によかった。嫁さんとの出会い、楽しい崖登り。訓練の中盤、良心的兵役拒否。憎かったパパドスには感謝だな。ヒューゴ・ウェービングよかったー。後半は前田高地の激戦。運命の崖登り。白兵戦で殺し合う中「1人くらい助けるヤツがいてもいい」ドス君視点で描かれた地獄の戦場。日本兵こんなに強かったの?史実だけど盛っ [続きを読む]
  • 夜明け告げるルーのうた
  • Lu over the wall(2017)107分線細っ!アバンタイトル長っ!湯浅さんは宮崎さんを目指してるのかと思ったけど、後半は湯浅テイストが炸裂してバカ盛り上がって映画としても面白かった。『ポニョ』よりは湯浅版『パンダコパンダ』みたいで楽しい。アンチ人魚の人たちを描いてるのがいい。忌まわしい過去の真実が明かされるカタルシスもあった。人魚に噛まれると人魚になるってゾンビかよ!光を浴びると死ぬってヴァンパイアかよ。 [続きを読む]
  • LOGAN/ローガン
  • Logan(2017)138分前々作>前作>今作と、だんだんつまんなくなってる?アダマンチウム中毒でボロボロのローガンは運転手しながらアルツでボケちゃったチャールズの介護。気分が滅入る鬱設定だからか、ストーリーの進行が遅い。『シェーン』の引用もなんかズレてて。監督のマンゴールドは『リトル・ミス・サンシャイン』と『ザ・レスラー』を参考にしたそうだが『ペーパー・ムーン』+『レオン』だね。老いて死にかけた2人を見るの [続きを読む]
  • 怪物はささやく
  • A Monster Call(2016)109分パトリック・ネスの児童文学『怪物はささやく』の映画化でネス自ら脚本を担当。『永遠の子供たち』も『インポッシブル』もよかったバヨナ監督、今度も手堅い。0時7分。コナー君が前に進むために、超でかいリーアム・ニーソン版グルートがお手伝い。コナー君とママのよくできた話なんだけど、おっかさんが病気だもんでずーっと話が重いトーンで眠くなる。でもいいシーンいっぱい。善悪は決めつけられな [続きを読む]
  • サー・ロジャー・ムーア
  • 絵を描くのが好きだったロジャー・ムーアは、ロンドンのソーホーにあるアニメ制作会社に就職した。アニメーターだったかどうかはわからんけど、セルを台無しにした件でクビになっちゃった。 そこで彼のお父さんが映画監督のブライアン・デスモンド・ハーストと知人だったので紹介してもらって仕事を得た。 それが1945年公開の『シーザーとクレオパトラ』のエキストラだった。これがきっかけで演技の道に進んだ。R.I.P. [続きを読む]
  • メッセージ
  • 2人組のエイリアンは『ウルトラセブン』(1968)のポール星人か『ガメラ対バイラス』(1968)のバイラスに似てる。Arrival(2016)116分テッド・チャンの短編SF『あなたの人生の物語』の映画化。『メッセージ』よりは『アライヴァル』か『メッセー字』でいい。ドゥニ・ビルヌーブにしては意外にも退屈なぐるぐる映画だった。なんで評価が高いのか謎。冒頭で言語学者のエイミー・アダムスと娘のエピソードがあるんだけど、乗船前の [続きを読む]