A.e.Suck さん プロフィール

  •  
A.e.Suckさん: Connect the Movie
ハンドル名A.e.Suck さん
ブログタイトルConnect the Movie
ブログURLhttp://aesuck.blog86.fc2.com/
サイト紹介文A.e.Suck の映画ブログ。最新映画レビューを中心に、似ている、引用、オマージュでつながる映画紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/04/12 15:16

A.e.Suck さんのブログ記事

  • 2045年の『レディ・プレイヤー1』
  • Ready Player One(2018)140分アーネスト・クライン『ゲームウォーズ』の映画化。『ジャンプ』のイントロからの2045年のコロンバスの街がドーンときて頭っからやられた!オモチャ箱映画かと侮ってたが、ギンギン響いてグッサグッサ刺さって、めちゃくちゃ楽しかった。何度も「おぉ〜!」とか「わわわっ!」って声が出ちゃうという、遊び心満載のかつてない映画。社会派実話『ペンタゴン・ペーパーズ』を同時に作るなんて、スピル [続きを読む]
  • 2001年の『ホース・ソルジャー』
  • 実際のODA595の隊員たち!12 Strong(2018)130分原作はダグ・スタントン著のノンフィクション『ホース・ソルジャー 米特殊騎馬隊、アフガンの死闘』。米陸軍UASF(グリーンベレー)の知られざる戦闘ドラマ。映画は面白かったけど「9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊」って惹句が結構ウソで、ODA595ってアルファ作戦分遣隊で騎馬隊ちゃう(借りた馬には乗る)し、たった12人で戦いに挑んだわけではな [続きを読む]
  • 『ロンドン、人生はじめます』
  • Hampstead(2017)102分ロンドン中心部ハムステッドが舞台の実話を元にしたコメディ。ハムステッド公園でくつろぐ人々の中、凧揚げの子供を追って右にPANしていく1stショットから緑が多い映画だった。ダイアン・キートン見てると和むー。72歳なのに全然バアさんっぽくない。ドナルド役のブレンダン・グリーソンの方が年上に見えるけど実際は10歳年下。「ホームレス言うな!17年家に住んでるんだぞ」ドナルドに招かれ、高くて諦めた [続きを読む]
  • あれから10年『パシリム2』
  • Pacific Rim: Uprising(2018)140分ワーナーじゃなくなったけど、ユニバーサルとレジェンダリーのロゴがCGでイカす!予告で期待値下がりまくってたけど、悪くない。とゆーか、ギレルモ色が薄れた分よくなってた。前作で不満だった部分はほぼ解消されて、オレ好みに寄せてきた感じ。観たい絵をしっかり見せてくれる。監督が『スパルタカス』のスティーヴン・S・デナイトに代わってよかった!アシュールが出るわ、アグロンやガンニ [続きを読む]
  • 『レッド・スパロー』はハニートラップ
  • Red Sparrow(2018)140分東西の冷戦は続いてる。元CIAのジェイソン・マシューズが書いた原作』の映画化。MCUのブラック・ウィドウの元ネタ。『裏切りのサーカス』系の生々しいスパイ諜報戦。なのでアクション活劇の要素はない。スパローはハニー・トラップを仕掛けて諜報活動する女スパイ。CBPかな?前半はスパロー養成学校編。「人間の欲望はパズル。欠けたピースを見つけて補えばターゲットを制御できる」って教えの下の訓練。 [続きを読む]
  • 目指せ『タイタン』
  • The Titan(2018)97分監督:レンナート・ルフ脚本:ジェフ・ヴァンダーミア出演: サム・ワーシントン(東地宏樹)、テイラー・シリング(園崎未恵)、トム・ウィルキンソン(羽佐間道夫)、アギネス・ディーン(中原麻衣)Netflix映画。タイタンって土星の衛星ね。そこに移住するために、人間をタイタンの環境に適応できるように強制的に進化させようというプロジェクト。『タイタンの戦い』のサム・ワーシントンが無理やり進化 [続きを読む]
  • 1971年の『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
  • The Post(2017)116分4Kで観た。原作は『キャサリン・グラハム わが人生』。脚本見てからファイナルカットまでわずか9ヶ月。ペンタゴン文書の予習は不要だった。文書作成の経緯から顛末までわかりやすくて面白い!さすがスピルバーグ。ベトナムの戦場から始まる!夜で雨、スピルバーグ版『プラトーン』。そして1971年のDC。記者と言えばタバコ。メリルがレストランにやってきて、ハンクスが待つテーブルにつき、会話が始まる。周 [続きを読む]
  • アローバース
  • アローバースは『ARROW/アロー』と世界観とキャラクターを共有するDCヒーローTVシリーズ群。今のところ、『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』『コンスタンティン』『スーパーガール』『レジェンド・オブ・トゥモロー』のTVドラマ5作品とショートアニメ『ビクセン』があるよ。TVドラマの方はNetflixやhuluですべて見れる。Netflix:『ARROW/アロー』『THE FLASH/フラッシュ』hulu:『THE FLASH/フラッシュ』『コンスタンティ [続きを読む]
  • 『バクマン。』
  • Bakuman。(2015)120分監督・脚本:大根仁出演: 佐藤健、神木隆之介、染谷将太、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキーhuluで『バクマン。』見た。原作もアニメ版も知らんけど、映画はエンドクレジットまで面白かった!日本の映画やドラマが偉いのは、登場する漫画家やイラストレーターが「描いてる」描写がちゃんとあるとこ。『バクマン。』なんて描いてるシーンがふんだんに出る [続きを読む]
  • 人間&オーク『ブライト』+エルフ
  • Bright(2017)117分監督:デビッド・エアー脚本:マックス・ランディス出演: ウィル・スミス(東地宏樹)、ジョエル・エドガートン(楠大典)、ノオミ・ラパス(小林沙苗)、エドガー・ラミレス(加瀬康之)、ルーシー・フライ(能登麻美子)、ハッピー・アンダーソン(遠藤純一)、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(山野井仁)、エンリケ・ムルシアーノ(烏丸祐一)Netflix映画『ブライト』見た。製作費9000万ドルの超大作なんだ [続きを読む]
  • 1962年の『シェイプ・オブ・ウォーター』
  • The Shape of Water(2017)123分ギレルモ印の低予算モンスター映画なのに大して面白くはない。エグいシーンはさすがにうまい。1962年で米ソ冷戦時なんだけど、ギレルモにとってはおとぎ話の時代かもしれんが、オレは生まれてたので、レトロ感しかない。スパイは出て来るけど冷戦の緊張感はなく、大らかでいい時代。でかい映画館の上に住んでたり、近所でチョコレート工場が燃えてたりの素敵環境。基本的に『キングコング』で、そ [続きを読む]
  • ブレランなベルリン『Mute/ミュート』
  • Mute(2018)100分右は同タイトルのホラー映画『mute ミュート』(2001)監督・脚本:ダンカン・ジョーンズ出演:アレクサンダー・スカルスガルド(國府田達也)、ポール・ラッド(家中宏)、ジャスティン・セロー(木内秀信)、セイブ・サレア(皆川純子)、ギルバート・オウアー(木下浩之)、ロバート・シーハン(武藤正史)Netflixでダンカン・ジョーンズの新作SF映画『ミュート』見た。『月に囚われた男』の後日談まで入って [続きを読む]
  • 1967年の『デトロイト』
  • Detroit(2017)142分すっかり実録路線づいてるキャスリン・ビグロー、今作は1967年のアルジェ・モーテル事件を映画化。ニグロって言葉が普通に使われてる。オープニングアニメからのセットアップ、面白かった!いい編集。暴動怖ええ〜。独特のピリピリ感がハンパない。アニメを見てた少女がカーテンの隙間から通りを見ただけで「スナイパーだ!」そしてメインの事件、真相が明らかでないので意外とゆるく感じた。もっとショッキン [続きを読む]
  • だいじょうぶだぁ『ジオストーム』
  • Geostorm(2017)109分先が読めるほどわかりやすい話で、どのシーンも「ほら、やっぱり」と安心できる。エメリッヒの相棒、ディーン・デヴリン初監督なんだけど、1億2000万ドルかけたアサイラムっぽいバカデザスターで笑えて楽しい。大物が出てて、VFXはフレームストアやDNEGでリッチな画作りにはなってる。デザスターギャグもたっぷりだがジオストームはナシ。ジェラルド・バトラーのバカっぷりは志村けんのコントを見ているよう [続きを読む]
  • 月5000ドルの『スリー・ビルボード』
  • Three Billboards Outside Ebbing, Missouri(2017)115分ミズーリ州エビングの外れの3つの看板。エビングって架空の田舎町。頭っからFIXを5秒ずつ8カット、そして怒濤の導入部でドーンと10分でセットアップ。後はキャラクターがお話を転がしてくれる。マーティン・マクドナーのオリジナル脚本かー、舞台出身の巧みな作劇の二幕構成。怒りと炎。重いけどコミカル。マクドーマンドのミルドレッドおばちゃんがすごい存在感。冷徹な復 [続きを読む]
  • ガンアクション映画『ダークタワー』
  • The Dark Tower(2017)95分S.キングの長編『ダークタワー』を製作費6000万ドルで映画化。海外では評価低いけど、世界観やキャラクターが興味深いし、90分にまとめたお話も悪くない。ガンアクションが楽しい。黒人ガンマンにしたのはチャレンジングだけどヘイムダルことイドリス・エルバがハマっててカッコいい。目で狙わず気で狙う、ガンスリンガーがエクスカリバー製レミントン1858の2丁拳銃で、座頭市のガンマン版みたいな居合 [続きを読む]
  • 性転換『レディ・ガイ』殺し屋
  • フランク・キッチンの手術前と手術後The Assignment(2016)95分ウォルター・ヒルが70年代に作ろうとしてた映画をコミックにした『Tomboy』が40年たって製作費300万ドルの低予算映画になった。しかもMロドはデビュー作『ガールファイト』以来16年ぶりの主役!いきなり「a Lone Wolf fim」「Revenger」って出てびっくりする。Lone Wolfはウォルター・ヒルの別名、Revengerは仏題。あ、フランス映画だっけ。一旦コミックにしてるから [続きを読む]
  • 3部作の真ん中『キングスマン:ゴールデン・サークル』
  • 「カントリー・ロード」を歌い上げるマーリンは名シーンになった。Kingsman: The Golden Circle(2017)141分製作費は前作より2300万ドルもアップして1億400万ドルなんだけど、面白くないのは3部作の真ん中の宿命。まるっきり新鮮味がなく、かなり無理してこしらえた感じ。「カントリーロード」は『耳をすませば』を思い出しちゃった。マーリンが地雷ってそりゃないだろ、哀しすぎるわ。ジュリアン・ムーアのボスもサイコ不足。人 [続きを読む]
  • ド派手『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』ド地味
  • Renegades(2017)105分ベッソンが原案脚本の割にかったるい話だった。こんなめちゃくちゃなSEALsはいないし。てゆーかSEALsじゃなくていいでしょ。SEALsが見たら失笑し、SASが見たら気を悪くする。水中撮影がんばってるんだけど絵が暗いし、内容が地味すぎる。そこで敵の地味な妨害があるんだけど効果無し。浮上して絶体絶命のところへ救援ヘリが「魚に餌をやる時間だー」って敵を一層。あっさり帰還。普通は浮上してから没収され [続きを読む]
  • シリーズ最長尺『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
  • Star Wars: Episode VIII - The Last Jedi(2017)152分てことでIMAXで観たけど、スクリーンの天地が余ってたのが気になった。前作よりはマシかと思ったんだが、スター・ウォーズ感が薄いってゆーか、やっぱディズニー版だなと。スター・ウォーズ史上最長の152分もある割に大して物語は進まず。レイの説得に応じないルークにイライラ。会話は切り返しの連続で単調すぎる。ルークは2作目でベイダーから父親だと知らされたのに、レイ [続きを読む]
  • 『最後のジェダイ』のフォーマット
  • 別に『最後のジェダイ』って期待してるわけじゃないんだけど、IMAXフィルムは国内で観れないし、IMAX Laserは大阪でしか観れないし、都内で観るなら1.90 : 1のIMAXが最適な画面比なわけで。だったらTOHOシネマズ新宿のシアター12で観たい!てことで『スター・ウォーズ』を初めてIMAXで観ることにしたけど、そもそもIMAXの画面比で『スター・ウォーズ』って違和感ある。じゃあDCPで観りゃいいって話なんだけど、IMAX映画として作っ [続きを読む]