マルコ さん プロフィール

  •  
マルコさん: ピーピーがいく(埼玉の現役司法書士の日記)
ハンドル名マルコ さん
ブログタイトルピーピーがいく(埼玉の現役司法書士の日記)
ブログURLhttp://shihoushoshi909.blog71.fc2.com/
サイト紹介文現役司法書士となっても、今でも学生時代についたあだ名の「ピーピー」らしく、どたばたやっています。
自由文埼玉県東松山市で司法書士事務所をやっています。
登記業務・債務整理・後見業務・裁判業務と幅広く扱っていますので、どのようなことでもぜひ一度、ご相談ください。女性の司法書士で、スタッフもみな女性ばかりですから、きめ細かい対応を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/04/12 22:31

マルコ さんのブログ記事

  • 雨降りが好きだった
  • 自分でもよくわからないのですが小学生くらいの頃(もの心つくころですね)から雨の日が好きでした。しとしと降る雨が、なんだかいいなあと思っていてしかも「好き」に理由なんかないので、、、親に「????」と不思議がられました。中学高校生の頃は、夜風が強い日に、雨戸ががたがた揺れる音、そんなものも結構好きだったのです。古典の授業で「いとをかし」という表現を学んで「これだね!」って思いました。なんだか変な子だ [続きを読む]
  • トマト
  • 何だか、日にちがあいてしまって恐縮です。実は、急に思い立って、トマトのプランター栽培を始めました。4株買ってきて、2つの深めプランターに植え込んだのが3週間前。1週間前には初めて、肥料も追加。本も買ったけど、ネットを見たり、ホームセンターに置いてあった「トマトの育て方」というチラシも熟読。それが、どのマニュアルにも書いてあるけど「脇芽を取る」っていうのが、なんだかかわいそうで、、実もなってきたので [続きを読む]
  • 孤独の話
  • 女性は比較的みんなで一緒に、というケースが多いですね。私も気心が知れた人とわいわいやるのは大好きです。たとえ気心があまり知れていなくても、社会生活を送る以上おつきあいは大切なことです。でも、何となく年と共に、自分の時間や自分の気持ちも大切にしたいなと思うようにもなりました。わがままとも言えますね(笑)図書館で予約をしようと思ったとある本は「孤独」についての本で内容説明が以下のとおり。「まわりに自分 [続きを読む]
  • ピンクのセーター
  • 少し前の、まだ寒いとき。とある高齢者のお宅にお邪魔した時に来ていたピンクのセーター。そろそろよれよれになったので、処分しようかなあと思っていました。そうしたら、そこのおばあさまが「いい色ね。ピンクっていろんな色があるけどこの色はなかなかない、素敵ね」と言ってくださった。処分するのやめよう。もう少し大事に使っていこうと思いました。人の言葉って、ほんの小さいことでもその人の気持ちや考えを変えていく、そ [続きを読む]
  • 春は異動の季節
  • 同じことを何年も書いているような気がしますがお勤めの方は、異動の季節なんですね。今まで、仕事でお付き合いのあった方が、その部署を離れられるのは、ほんと悲しいです。また、戻ってきてくださいね!!!と思わず絶叫したくなるくらいですよ。かとおもうと、お久しぶりのカムバックがあったりとうれしいこともありますね。桜もほとんど散ってしまいました。少しずつ夏に向かい、季節はまた巡る感じですね。それが日本のよいと [続きを読む]
  • 検索と広告のこと
  • 自分で探したい医療情報があったのでネット検索すると、上のほうに出てくるのは全部広告ですね。広告料を支払っているところがずらずらっと出てきてそのあと、画面をスクロールして初めて、ちゃんとした探している情報にたどり着きます。結構、面倒です(涙)この広告を正当な検索の結果だと思い込むことはよくあるかもしれませんね。私は以前、某公益法人に勤務していたことがあってその時に、マスコミの取材のいい加減さ(もちろ [続きを読む]
  • 春がもうすぐそこですね
  • 今冬は入院もしたので、ちょっと精神的にはきついこともありましたが、それらを忘れさせてくれるように今日は暖かい春の日差しです。桜も満開になりつつありますね。1年で一番わくわくする時です。友人が猫好きの私のために、猫柄マグカップと猫の置物をプレゼントしてくれました。昨年、実は開業して丸10年たったのですが、そのお祝いとしてプレゼントしてくれました。私のほうの都合で、なかなかその友達に会えなかったのでこ [続きを読む]
  • 後見の申立について
  • 後見の申立はご本人さんの住所地を管轄する家庭裁判所へ申立します。裁判所によっても少々段取りが違いますので、依頼をする場合は、よくその専門家に確認をするといいですね。後見の申立では原則として、家裁の調査官の調査が入りますが事案によっては、参与員による面談のケースもあります。調査官調査や参与員面談の対象者は原則としてご本人と申立人、そして後見人等の候補者です。申立人とご本人が兼ねることもありますし(こ [続きを読む]
  • 裁判実務に関する書類作成費用について
  • 引き続き司法書士報酬について前回、細かい数字の積み重ねで費用が決まっていくと書かせていただいたのは、不動産登記、特に名義変更に関する費用です。これはほんと、個別案件によって費用が変わってくるので評価証明等の資料がないと、なかなか正確な費用を出すことができないのが難点です。名義変更とはならない、抵当権抹消や、住所変更登記などは比較的簡単に費用の計算ができます。さて、司法書士の業務には、裁判所提出書類 [続きを読む]
  • 司法書士報酬について
  • ご依頼をいただくと、当方としては「仕事」としてお受けするので必ずそこには報酬が発生します。時々、これこれこの場合は報酬はおいくらですかとの問いをいただくことがあります。最近は登記に関しての報酬のおたずねが多いですね。以前は報酬はほぼ決まっていたのですが現在は報酬自由化になりましたら、費用は依頼をする専門家によって違います。大きな声ではいませんが、基本的には過去の報酬規程を使っている方も多いと思うの [続きを読む]
  • 梅の花
  • ここのところ、一気に暖かくなったので我が家の梅の花が数輪、花開きました。梅の花を見ると例年思うことです。春が来るなあって。今年は長い冬でした。少し耐えることの多い冬でもありました。ゆっくりとまた上を向いてやっていけるかな、って思いました。http://www.shihousyoshi-yasuma.com/ [続きを読む]
  • 愛猫の夢を見ました
  • 私が初めて自分の子のように育てた猫は平成28年に突然死で亡くなりました。気高い性格だったので、病気になって弱るような姿を見せないまま、ある日突然のさよならでした。その直前まで、いつも通り甘えたり、ごはん食べたりしていました。先日、この子の夢を見ました。なぜか私と一緒にお好み焼きの屋台にいてこの子がお好み焼き屋さんのキャベツをむしゃむしゃ食べちゃいます(笑)私は「すみません!」と言ってお込焼き屋さん [続きを読む]
  • 言葉の力
  • 最近、色々なんだかな、って思うことが続いて少々気持ちが疲れることがありました。言葉って、本当に難しいですね。相手の言葉の上で出た表現そのものの裏に、何かもやもやするものを発しているな、と感じることがあります。表現そのものは何も嫌な言い方でもありませんしその通りだよね、ってことを言っていても何かその奥にあるものが、こちらをもやもやさせてしまう。ほんと難しいですね。私自身も同じことがあるのでしょう。本 [続きを読む]
  • 専門職とは
  • 今月の月報司法書士を読んで、専門職とは、、と考えさせられました。たとえば司法書士だったら「司法書士にしか提供できない?いレベルの法による正義を提供し続けること」とあります。また「プロフェッションとして、組織の力を持ち社会的要請にいつまでも応え続けること」も必要と。確かにその通りですね。司法書士に限らず、専門職と言えるためには必要なことです。弁護士さんは、弁護士でなければできない高度な専門性を要求さ [続きを読む]
  • インドに行ったこと
  • 大学生の時にユニセフのボランティアをやっていた関係でユニセフ青年の翼というのに、参加させていただいてインドとタイに視察旅行に行ったことがあります。最初に訪問したタイではいきなり体調崩したのであまりよい思い出がないのですが、後半に行ったインドは忘れられない体験でした。観光旅行ではなく、ユニセフの募金がどのように現地で活用されているかという視察の毎日でした。まだ世間知らずのオバカさんだった私には、毎日 [続きを読む]
  • 理解し合うことの困難さ
  • 人と接していると、どうしても理解できないことがあってこちらの対応や説明が足りないこともあるしどう考えても相手の考え方ややり方に理解を及ぼすことが難しかったり。私は判断が弱いところがあって、それでも何とか言葉を尽くして理解しあえるように、と思ったりもするのですが、無理なものは無理なんですね。あ、これは無理、と思ったら上手にすっと手放すことが大切なのですね。なかなか難しいことです。それでもじたばたして [続きを読む]
  • 本当にご無沙汰してしまいました
  • 時々見てくださる方がいるのに、なかなか書けないまま2カ月もたってしまいました。申し訳ありません。実は12月の終わりに5日ほど、入院をしました。もう元気で、仕事も再開していますので大丈夫なのですがその間少しお休みをするための準備だとか、結構頭がいっぱいになって、色々なことに手が回りませんでした。改めて、個人事業主として健康の大切さを痛感した次第です。元気に新年を迎えていますので、今後ともどうぞよろしくお [続きを読む]
  • モコちゃん③
  • ペット霊園でお骨にしてもらい、初七日、四十九日、百か日のお塔婆もお願いしました。翌日駐車場から事務所に向かおうとしたところ1匹のかわいらしい猫が私の前にすっと現れました。じっと私の顔を見上げます。たぶん、、、この子はモコちゃんのお母さんなのでしょう。保護した場所はモコちゃんのような未熟児が這い上がれるようなところではなかった。。育たないと見越したお母さんが連れてきたようだというのがご近所の方の見立 [続きを読む]
  • モコちゃん②
  • もしかしたら、障害を持った子猫かもしれないなあ、なんて思っていました。抱っこするとゴロゴロ言いすやすや寝はじめるので、猫ベッドへおろすとみゃあみゃあ鳴いて、もっと抱っこしろといいます。本当に熟睡するまで、抱っこしていないといけないので結構子育て大変です(笑)うちに来たその日は大小をしなかったのですが、翌日からうんちもするようになりました。でも何となく、大便が異様に黒い。。。翌日も何か黒い。。。。ち [続きを読む]
  • モコちゃん①
  • 先月のことですが、小さな小さな猫を保護しました。即刻病院に連れて行ったら、歯の成長具合では生後2カ月くらいなのに、体重が300グラムしかないんです。300グラムって、生後1か月の標準体重より少ない(涙)目もメヤニで開いていません。。。獣医師は「未熟児ですね」とひとこと。うちにはもう1匹いるので、感染症の検査ができる状態になって、なんともないと判明するまでは一緒にすることができません。1部屋に隔離し [続きを読む]
  • 美術館
  • 最近、悲しいことがちょっと続いて雨降りの休日、家にいても滅入りそうだったので少し足を延ばして小さな美術館に行ってきました。私の好きな場所は図書館や本屋や古本屋ですが心が滅入っている時は、文字が多いのはちょっとつらい。なので、美術館が一番ですね。某博物館や、某美術館の年間パスポートは持っていますが(美術館の方は期限切れたあと、まだ更新していませんが)それらは都内なので、1日がかりでないと出かけられな [続きを読む]
  • 白い王子
  • 我が家には、マルコ、リョウ、ナナコという3匹の猫がいて、それぞれ個性豊かで飼主側の心も豊かにしてくれました。昨年その3匹のうちマルコとナナコが相次いで亡くなりましたが、今日もう1匹のリョウが虹の橋を渡りました。しばらく前から、おむつになって、認知症も出てました。数年前からは病気も見つかって、定期的に通院もしていました。急に寒くなってから、具合が悪くなり、動けなくなって食べられなくなってもう近いのか [続きを読む]
  • 意味を求めない
  • 少し前の、新聞記事に養老先生のインタビューが載っていました。今、みんな人生に意味を求めすぎるっていう内容でした。本当にその通りだな、って思います。人間の小さい脳みそで、意味を探してももっと大きな大きな目に見えない世界では考えも及ばないようなはからいがあるかもしれません。そんな気がしています。意味を探すことは、選別にもつながりかねないそう思い、養老先生も同じようなことをおっしゃっていてちょっと嬉しか [続きを読む]
  • 対応の違い
  • 先日、自宅についに来ました。架空請求のはがき!依頼者から相談されたこともあるものなので私のところにもついに来たか!とある意味感慨深い(笑)ところがですね、名前の文字が1文字違うんですよね。実は、かなり前になりますが、親戚の勧めで、姓名判断をしてもらったことがあり、その時に名前の1文字を変えるとよいと言われました。その頃利用していた通販業者などにはその名前を使っています。心当たりのある業者が2社あり [続きを読む]
  • 星がきれい
  • 台風一過夜空に輝く星がきれいですね。空気が澄んでいるのでしょうね。私の育ったところも田舎だったので星がキレイでした。ついでに夏はカエルの鳴き声がすごかったところ。そういうところにいたので、都会は少々苦手。星空はいつまでも見上げていても飽きないですね。また明日から、新しい毎日が始まり色々なことがあっても、何とか乗り越えていけますように。星になってしまった、父や母や、可愛がっていた猫たちに心の中で、祈 [続きを読む]