Lunapiena by Taka さん プロフィール

  •  
Lunapiena by Takaさん: フィレンツェノッポの職人修行
ハンドル名Lunapiena by Taka さん
ブログタイトルフィレンツェノッポの職人修行
ブログURLhttps://lpbytaka.exblog.jp/
サイト紹介文家具修復職人になるためイタリアFirenzeで修行中のノッポのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/04/14 08:01

Lunapiena by Taka さんのブログ記事

  • 一年前の今頃は。。。
  • 連日ミラノサローネの様子がSNS上で流れて今の時代はその情報量だけでもかなり楽しめます。昨年の今頃はちょうどTIE YOUR TIE FLORENCEの什器の仕事に掛り切りでした。納期に間に合うか、お店に見合ったクオリティに仕上がるかと不安な毎日。。。昨年この時期に工房に来ていただいた方は家具だらけでゆっくり見ていただけなかったかな。。。納品も無事に終わって昨年6月にオープンを迎えた... [続きを読む]
  • 一年前の今頃は。。。
  • 連日ミラノサローネの様子がSNS上で流れて今の時代はその情報量だけでもかなり楽しめます。昨年の今頃はちょうどTIE YOUR TIE FLORENCEの什器の仕事に掛り切りでした。納期に間に合うか、お店に見合ったクオリティに仕上がるかと不安な毎日。。。昨年この時期に工房に来ていただいた方は家具だらけでゆっくり見ていただけなかったかな。。。納品も無事に終わって昨年6月にオープンを迎え... [続きを読む]
  • どちらが幸せ??
  • ミラノサローネのこの時期。東京で仕事をしていた頃の知人が多くイタリアに訪れる。久しぶりに話をしているとお互いにそれぞれの生活を羨ましく思う。お互い良いところも悪いところもあるけれど、、、楽しく生活が出来るかは自分次第。毎日こんな美しい景色があるのに、気づかない人もいるんですよね。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 2... [続きを読む]
  • 残し続けるということ
  • 工房の近くにあるSan Frediano門の修復がほぼ終わった様子。1334年に完成したこの門10m以上もある巨大な木製の扉は迫力があります。今では当たり前に見ているこういったものも「残っているの」ではなく、「残されている」のだということをイタリアに来て気づくことが出来るようになりました。修復に数年かけることも珍しくなく費用も相当かかります。この不景気の中、それでも残すという選択をし... [続きを読む]
  • 老を害としているのは、、、
  • 最近日本のいろいろなサイトを見ていると老害という言葉をよく目にする。見るたびに悲しくなってしまうこの言葉。。。私が普段扱っているアンティークはまさに老である。自分の仕事は老を若返らせるということではなく弱っているフィジカルをフォローし歳を重ねた魅力を最大限に引き立てることを目的としている。自分たちの世代がもう少し気持ちに余裕を持つことが出来れば歳を重ねた魅力というものに気... [続きを読む]
  • 世界に一つのモノ
  • 私の仕事は大半がオーダーという形で制作するモノを決めて素材やデザインを一緒に選んで作らせていただいています。プライベートのオーダーも多いため、なかなかお見せ出来ないモノもあるのですが先日、フィレンツェでお渡ししたパスケースをちょっとご紹介。イラストレーターの村西恵津さんからコレクションをされているカエルをご自身にデザインしていただき制作したカードケース。村西恵津さんの詳しい... [続きを読む]
  • ミラノサローネから少し足を伸ばして。。。
  • もうすぐ今年もミラノサローネがスタート。今年はオーダー仕事もかなり溜まっているのでミラノに行くのは見送りました。ただフィレンツェで仕事をしているので工房への訪問は大歓迎です。あらかじめお時間などご連絡いただければタイミング次第でフィレンツェの町もご案内出来るかもしれません。ミラノには最新のデザインがあります。フィレンツェにはミラノにも日本にもない独特の感覚があります。... [続きを読む]
  • 旅のお供に
  • 数年前に徳川美術館で見た印篭やピルケースなど日常的に持ち歩く木製雑貨のエレガントな雰囲気がいまだに頭の片隅に残っている。今の時代でもあんなエレガントな木の使い方で日常品が作れればとここ数年、何種類かの小物を作ってきました。そして、制作したのがこのメガネケース。木・革など合わせる素材の特性をどうすれば引き出すことができるのか。。。永遠のテーマとなりそうです。... [続きを読む]
  • 生きる力
  • 家のそばの木蓮の花が今年は季節外れの雪のため全て枯れてしまった。毎年楽しみにしているので残念だったのですが今日見てみると一輪だけ、新しい花が咲いていた。イタリアに来てから年齢、性別、国籍を問わず生きる力がすごいと感じる人とたくさん出会ってきた。こういう人たちは言葉の壁や文化の違い、様々なトラブルなどを何か大きなオブラートのような物で包み込んで気がつくと溶け込んでしまう。。。逆境の中... [続きを読む]
  • 修理と修復の違い
  • 「家具修復というのはどういう仕事ですか?」という質問に簡単に答えると修理屋さんみたいなものですね、と言われることがある。全く異なるものなのだが説明には時間を要するためそのまま流してしまう場合も多い。改めて考えてみると修理は技術職、修復は感覚職なのかなと思う。技術というのは時間をかけて繰り返し訓練をすることによってある程度のレベルまでは身につくものである。修復という仕事はその技術を持... [続きを読む]
  • Anniversary!
  • 3月17日の今日は工房の4周年。決して順調とは言えない状態ですが様々な方に支えていただき何とかここまでくることが出来ました。そして今日は6回目の結婚記念日でもあります。いろいろなことに感謝しつつ、、、また次のステップに上がることができるように頑張っていきますので引き続き皆様宜しくお願い致します!!お問い合わせmail@zouganista.com工房via de... [続きを読む]
  • 凍てつく寒さ。。。
  • ここ数日、一気に冷え込んでいるフィレンツェ。町中の噴水が凍りついてます。モクレンの花も咲き始めて春が近づいてきたかなと思ったら真冬の寒さに逆戻り。春はまだしばらくお預けのようです。。。電車や飛行機などだいぶ遅れが出ているようなので皆様お気をつけ下さい!!お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Fi... [続きを読む]
  • 言葉の力
  • フィレンツェに来て、特に工房をオープンしてからインタビューや人前で話をする機会が増えてきている。じっくりと考えてから話をするタイプなのであまり間を空けることのできないシチュエーションは苦手である。。。少し慣れてきてはいるもののいつも悪戦苦闘しているのですが最近、言葉の伝わり方が以前と比べるとだいぶ変わってきているなと感じます。年齢のせいかフィレンツェでの経験のせいか、... [続きを読む]
  • インスタグラムやってます。
  • 友人に勧められて3年ほど前から始めたインスタグラム。地道にやり続けているのですがここ半年ほど、インスタで見ているという方が工房に来てくれることが増えてきている。嬉しいことに日本人だけではなく結構いろいろな国の方がいます。私のやっている木象嵌細工や家具修復というのを検索する方は数が少ないと思うのですがいろいろな方が紹介をしてくれてフォローをはじめたというパターンが多いら... [続きを読む]
  • ちょっと振り返ってみると、、、
  • 最近日本では衰退気味のようですがFacebookを結構前から活用しています。その機能の一つで過去に自分が投稿した記事がメモリアルのようにでてくるのですが自分でも忘れていたようなことがたくさんあって驚くことがあります。ここ最近出てくることが多い2015年の記事。Pitti Uomo・Bimboのタイミングで行ったシューズデザイナー/Hisashi Hidano氏とのコラボ... [続きを読む]
  • 新作も少しずつ。。。
  • 比較的暖かい日が続く今年の冬。花屋さんにミモザも並びはじめ鼻がムズムズし始めた今日この頃。。。おかげさまでオーダー仕事が溜まっておりそれぞれ下準備を進めております。そんな中、時間を見て新しいモノもちょっと制作。昨年末制作した作品も額装してようやく仕上がりクロコダイルをアクセントに教会にある聖遺物の納め方を参考にまとめてみました。素材とディテールに徹底してこだわったモノ... [続きを読む]
  • 自分らしいモノ
  • 工房内や展示会で使えるようにと購入したデジタルフォトフレーム。自分らしくカスタマイズしてみました。イタリアンウォールナットに真鍮の象嵌友人が動画を制作してくれているので早速使ってます。自分に合った、自分らしいモノ。探して見つからなければつくる。そんな生活が板についてきました。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei ... [続きを読む]
  • 「Vanity Fair」Webサイトにご掲載
  • 昨年帰国前に取材に来ていただいたVanity Fairの記事がWeb版の方に掲載されました。工房があるSan Fredianoエリアが昨年、世界のcoolな地区としてLonely Planetに掲載された流れでのこの記事。レストランやみどころなどが紹介されています。↓↓↓記事へのリンクはこちら↓↓↓新しい飲食店が増えて本来の職人エリアというイメージからかけ離れつつ... [続きを読む]
  • 慌ただしい年明け
  • フィレンツェの年明けは早い。たいてい第2週の火曜日からはPitti uomoが始まるのでお正月でゆっくりという暇もなくあっという間に日常に戻ります。昨年こちらに戻ってきてすぐに始めたリメイクの仕事できればPitti Uomoまでにというご要望に応えるべく年明け早々に仕事を開始。今回の仕上がりはこんな感じ塗装を落として奥行きを出して色を入れて磨きなおし。天板をマホガ... [続きを読む]
  • 良いお年を!!
  • 2017年も残すところ数時間。今年は大きな仕事も入ってきたり初めての経験も多くとても充実した一年になりました。フィレンツェに来て10度目の年越し今年の象嵌納めは30mmのヴィンテージ時計のフレームにトスカーナの景色新しいプロジェクトも動き出して来年もハラハラドキドキの一年になりそうです。たくさんの方に助けていただきなんとか乗り越えることができた2017年。2... [続きを読む]
  • 今年も綺麗なイルミネーション
  • この季節はさまざまな場所でイルミネーションが見られるフィレンツェ。ここ数年はあまり大きな変化はありませんが、、、やっぱり綺麗ですロストしていた荷物も無事に届いて一安心。新しい仕事や注文もいただいているのでどんどん仕事をしていきます!!お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San F... [続きを読む]
  • なんとかフィレンツェに到着。。。
  • 昨夜フィレンツェに到着しました。本当は日曜日の夜に着く予定だったのですが、、、ミュンヘンからフィレンツェ行きの飛行機が悪天候のため欠航飛行機変更の手続きのために19時から並ぶも25時に受付終了。翌朝5時からの受付開始のために列に並んだ状態で空港の床で一眠り。。。そこからまた3時間ほど待って変更できたチケットは11:15のPisa行き。まあとりあえずPisaからバスでなんとか... [続きを読む]