Lunapiena by Taka さん プロフィール

  •  
Lunapiena by Takaさん: フィレンツェノッポの職人修行
ハンドル名Lunapiena by Taka さん
ブログタイトルフィレンツェノッポの職人修行
ブログURLhttp://lpbytaka.exblog.jp/
サイト紹介文家具修復職人になるためイタリアFirenzeで修行中のノッポのブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/04/14 08:01

Lunapiena by Taka さんのブログ記事

  • 皇室の彩り/百年前の文化プロジェクト
  • 先日東京芸大美術館で行われている「皇室の彩り/百年前の文化プロジェクト」を見てきました。当時の工芸技術の頂点を極めた職人を集めたプロジェクト展示内容といい素晴らしいものでした。日曜美術館でも特集があり興味を持っている方がたくさんいるのだなと嬉しく思います。同番組内の終わりの方でもう出来る人がいないと言われている、ということで木象嵌の作品紹介もありましたが決してそんなことはなくそれは... [続きを読む]
  • 次はワークショップです!!
  • 白金台/ANSNAM cedarでの受注会もご好評のうちに無事終了。お忙しい中、足をお運びいただきありがとうございました。さて次は今週23日(木)からのワークショップ。いろいろな方にご協力をいただき着々と準備しております。11月23日(木)〜25日(土)会場フィズリペアワークス vise東京都目黒区柿の木坂3-1-2 柿の木坂マンション 1FTEL:03-6805-2... [続きを読む]
  • Trunk showやってます。
  • 今日からTrunk showはじまりました。ANSNAM cedar港区白金台5-13-14 2F12:00〜19:00 今週日曜日までこんな感じでやってます。白金台のおしゃれビルです。これも飾ってます。皆様、お待ちしております!お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (zo... [続きを読む]
  • 京都での個展のご案内
  • 連日のようにいろいろとイベントの告知となっておりますが次は12月京都での個展のご案内。今年はテーマとして異素材アンティークに木象嵌を施したものをいろいろと制作。1900年代初頭のスプーン、古い懐中時計のフレームや腕時計のパーツなど木象嵌とは無縁であった様々なモノを結びつけてみました。12月2(土)・3(日)・4(月)の三日間木村桜士堂/清水店 2F〒605-0862... [続きを読む]
  • 有言実行
  • 先週東京に戻ってきてからいろいろとパーティーが続いていますが今夜はお世話になっているP!NTOの南青山ショップのオープニング。P!NTO SEATING DESIGN/港区南青山6-1-24 南青6124 Bldg. 1F持ち運びの出来るシートクッションP!NTOのヒットから椅子・ソファなど様々なプロダクトを開発しミラノ・パリなど海外へも進出を続けているP!NTO(ピント)。... [続きを読む]
  • マネークリップ受注会のご案内
  • 近々のお知らせになってしまいましたが、、、マネークリップの受注会を白金台にあるANSNAMブランドショップにて行います。ANSNAM ceder/港区白金台5-13-14 2F 03-6721-919211月17(金)・18(土)  時間:12:00〜19:00上記二日間は店内にて実演なども行いますのでご興味ありましたらぜひお越し下さい!お待ちしております!!お... [続きを読む]
  • 阪急うめだイタリアフェア無事終了!!
  • 昨日で無事イタリアフェアが終了しました。はじめての百貨店のイベントでわからないことだらけでしたが周りの方に助けていただきながら楽しく過ごすことができました。いままでは職人の展示会や自身の個展などあらかじめこういった仕事に興味のある方が集まるイベントしか経験がなかったのですが今回は本当にいろいろな方がいてとても興味深いご意見がたくさんありました。そんな中、老若男女問わず一... [続きを読む]
  • 阪急うめだイタリアフェア開催中
  • 11月1日からはじまった阪急うめだのイタリアフェアもようやく折り返し。初めての百貨店でのイベント参加ということもあり慣れないことも多く苦戦しておりますが周りの方に助けていただきながらなんとか楽しくやっています。11月7日までのあと3日間、皆様のお越しをお待ちしております!!お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r... [続きを読む]
  • はじめての正倉院展
  • 正倉院展に初めて行ってきました。一昨年、ご縁があり正倉院文様を再現して以来一度は訪れてみたいと思っていました。毎年人気のイベントのようで今日もちょっとした行列がありましたがこういったものに興味がある方が多いというのは嬉しい限りです。今年の出展品は象嵌、螺鈿などは少なめでしたがそれでも素晴らしいものばかり。平均寿命30歳そこそこ、基本的には日照時間内の作業、少ない工具の中での... [続きを読む]
  • 阪急うめだイタリアフェア参加
  • 一昨日、無事日本に到着しました。今回は11月1日からはじまる阪急うめだイタリアフェアに参加をするためしばらく京都に滞在です。百貨店での出店は初めてなのでどうなることか少し心配ですが他のイタリアの方達と一緒に楽しみたいと思います!皆様ぜひ足をお運びください!!↑↑↑詳細はこちら↑↑↑お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei carda... [続きを読む]
  • 工房お休みのお知らせ
  • 10月26日〜12月10日の期間、日本での展示会等のためフィレンツェの工房をお休みします。日本での詳細予定は随時アップしていきますので宜しくお願い致します。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano)New!! www.zouganista.com [続きを読む]
  • 家具修復ワークショップのご案内
  • 先日少し予定の中でご報告しましたが11月23日〜25日の3日間でワークショップを行います。場所は東京/目黒のリペアショップ「フィズ リペアワークス」さんにご協力いただきます。東京都目黒区柿の木坂3-1-2 マンション柿の木坂1F今回のワークショップは家具修理・修復などの仕事をされているプロフェッショナルの方々と具体的なディスカッションなどを交えたより濃い内容にできればと思っております。... [続きを読む]
  • 新たなコレクションに向けて
  • 毎回そうなのですが帰国前はいつもバタバタ。。。今年もギリギリまで作業になりそうな予感。これは新しいコレクション用のアイテム少しずつアンティーク市で探しておいたものをいろいろといじります。自分にしか出来ない、まさにZouganistaの仕事。頭の中ではしっかり仕上がっているのであとは時間との勝負です。間に合うかな。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房... [続きを読む]
  • 日本でのイベント予定のお知らせ
  • 気がつけばもう10月。朝晩はけっこう冷え込むけれど昼間は暑かったり。。。この時期は何を着ていいのか本当に困ります。さて、今年は10月末から12月初旬まで日本に帰国します。現在決まっている予定としては、、、11月1〜7日 大阪/阪急うめだ本店イタリアフェア参加11月23〜25日 東京/目黒にて修復のワークショップ開催12月2〜4日 京都/個展開催その他いくつか日程を調整中なので決ま... [続きを読む]
  • イメージと技術のバランス
  • モノづくりというのは "イメージ>技術" であるべきだと思う。技術がイメージを超えてしまった時点で職人としては限界が見えてしまう。よく聞かれる「なぜフィレンツェにいるのか?」それはイマジネーションを刺激してくれるものが周りにあふれているから。自分の中にふつふつと湧いてくるイメージを具現化するためにひたすら技術を磨く。このイメージと技術の切磋琢磨が今の自分を育ててくれている。... [続きを読む]
  • インタビュー記事をご掲載いただきました。
  • インタビュー記事をウェブマガジン「HIGHFLYERS」にご掲載いただきました。写真はプロカメラマン田中淳子さんによるもの。幼い頃から過去を振り返ったインタビューでいろいろな思い出が蘇りました。フィレンツェに至るまで、そして今何を考えているのか。。。読んでいただければ一通りお分かり頂けると思います。ウェブマガジン「HIGHFLYERS」はかなり豪華な方々のインタビューばか... [続きを読む]
  • ハンドメイドの価値
  • 先日行ったトリエステのミラマーレ城内で撮った一枚の写真この彫刻の作業の跡が気になったので記憶のために撮影したもの。職業病でこういったものを見るとどんな工具でどのように作業したのかを推察してもし修復の依頼がきたらどのように再現するかを考えてしまう。。。以前、師匠のレナートがサントスピリット教会内の額縁の依頼を受けて制作をしていた。幅2m・高さ4mほどのとても大きな額縁。その依頼内容の一... [続きを読む]
  • 混沌とした時代の中で。。。
  • 昨年から工房の前に季節に合わせて花を飾るようにしている。工房がメイン通りから一本裏手にあるため周りを少しでも華やかに出来ればとはじめたこと。毎週木曜日の花市で季節の花を選ぶのは結構楽しい。この花を置くようになって少しずつ変わり始めたことがある。工房の前は中学校で送り迎えが義務になっているイタリアでは授業が終わる頃になると工房の前が迎えの人たちでいっぱいに。おしゃべりで賑やかになるのは... [続きを読む]
  • 秋の気配
  • 9月に入り一気に空気が変わり秋の気配がしつつあるフィレンツェ。空も雲も何となく秋らしくなってきました。今年の夏は膠仕事をするには気温が高すぎて止まっている作業も結構あるので涼しくなってきたところで一気に進めていかないと。。。お問い合わせmail@zouganista.com工房via dei cardatori 20r, Firenze (zona San Frediano... [続きを読む]
  • 変わりゆくSan Frediano
  • ロンリープラネットのweb記事で私の工房のあるSan Fredianoが世界のcoolな場所として選ばれたようでフィレンツェ人の中で少し話題に。これはちょっと大袈裟だなと言う人も多いですがSNSの記事では街頭でインタビューをしたりとまんざらではなさそうです。。。主に新しい飲食店に注目が集まっているようですが団体観光客で溢れた中心地よりは地元感の強い雰囲気が良いのかもしれま... [続きを読む]
  • ショートステイでトリエステを満喫
  • 今回のトリエステ旅行は3泊4日。初日は遅い時間だったのでチェックインの後に夕食を食べつつ町をぶらぶら。二日目は午前中からミラマーレ城と庭園をゆっくり見学。広い庭園とお城の中は見応えたっぷり午後からは街の中心を散策。海と空とのコントラストがきれいな海沿いのChiesa di San Nicolo dei Greci小高い丘の上にあるCattedrale di San Gi... [続きを読む]
  • 古い地図から見る日本
  • ミラマーレ城のような建物を訪れるとコレクションとして世界地図が保存されていることが多い。1855年発行のASIA地図当時のヨーロッパから見た日本はこんな感じ当時の日本は鎖国解除・黒船来航など海外との距離感が一気に変わり始めていた時期。日本人がそれぞれの町をどう呼んでいたかなど興味深い点がたくさん。佐渡や松島などの小さな島の名前が記載されていたりと海外貿易の中で重要な役割をしてい... [続きを読む]
  • アドリア海の港町トリエステ
  • 今年のプチバカンスはトリエステ。スロベニアとの国境の町であるTrieste。国境の港町というのは侵略の複雑な歴史背景を持つことが多い。この町も例外ではなくその結果、言語や文化・宗教などが入り混じりやがて独自の雰囲気が生まれる。私の場合、それを家具・インテリアを通して感じる習慣が出来てしまっているのでどこにいってもついつい足が止まってしまう。基本的な様式がある中でネオクラ... [続きを読む]
  • 色気のあるインテリア
  • これまでもいろいろと制作してきた靴木型の木象嵌作品。技術も安定してきてデザイン・アイデアもどんどん湧いてくる。自信を持って自分のアートワークと言えるこのシリーズをまとめて見てもらう機会を計画中で少しずつ作品をつくりためています。今回はストックしてあった珍しいヒール設定の高いレディースの木型をベースに使用。"Carnevale" カーニバルの仮面をモチーフウエンゲを... [続きを読む]