ジュマ さん プロフィール

  •  
ジュマさん: 旅するファミリー情報局2
ハンドル名ジュマ さん
ブログタイトル旅するファミリー情報局2
ブログURLhttp://tabifami.blog40.fc2.com/
サイト紹介文ちょっと遠くであったり、 すぐそばの街角だったり・・・。 一緒にブログで旅してみませんか。
自由文子育てが終わった主婦です。
し〜か〜し、
のんびりする間も”いただけず”
孫育て(別居)やってます。


海外旅行記
四季折々の国内お出かけ情報や
孫との暮らしなどを
写真満載でご紹介しています。

写真だけでも見てくださいね〜

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/04/15 16:05

ジュマ さんのブログ記事

  • ストックホルム街歩き ースウェーデンー
  • 中央駅から500mほど歩くとセルゲル広場に到着あいにく工事中でしたがクレーンの間に建つ黒い物体?は8万個のガラス片で造られたタワーです。この写真右側の建物の中に観光案内所があり、そこでストックホルムパスを購入できます。セルゲル広場は地下鉄 T-Centralen駅を上がったところにあり周辺には劇場や映画館、ショップ、カフェ、ギャラリーなどが集まり昼夜を問わず賑わっています。広場から北に延びるセルゲルガータンSer [続きを読む]
  • 東京に行ってきましたー東京ー
  • 今年もこの時期に所用があり東京に行ってきました。行きの新幹線からの富士山!その姿は何度見ても美しいです。この時期ならではの花上野の国立博物館皇居東御苑   など まだ暖かだった11月待ち時間を利用してあちこち散策しました。こんなの食べました ー2018年11月に訪問ーランキングに お願いします                        にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夫の出張に同行して上海へ  ー中国ー
  • 毎年夫の上海出張はあるのですが私は気が向いた時だけ同行していますので、何年かぶりの上海になります。今回のキャリアはANAセントレア〜浦東 朝便です。セントレアのラウンジで炭水化物重ね食いの朝食夫が仕事中今年は地下鉄で水郷の街七宝老街へ行ってみました。上海中心から30分ほどの”ちょうどよい距離”世紀大道から地下鉄9号線で14個目の駅「七宝」で下車します。交通カード(日本の交通系ICカード)を購入すると移動が楽 [続きを読む]
  • ストックホルム・パスを使ってRedBus(ボート)に乗ります。
  • 今回は一都市滞在なのでストックホルム・パス3daysチケットをオーレンス・シティにある観光案内所で購入しました。バス・観光船ツアーや博物館・美術館など60余りの入場が無料になるお得なチケットです。そして何より、都度チケットを購入する手間が省けるのがうれしい。ガムラ・スタンの船着き場から ボートで1周します。各国語に対応したイヤホンガイド付きイヤホンはドライバーさん、ではなく船長さんの席の横の籠に入って [続きを読む]
  • 千畳敷カールに行って来ました
  • 昨日、長野県駒ヶ根の千畳敷カールに行って来ました。朝に初雪が舞ったらしく、とても気温が低く、用意した衣類を何枚も重ね着してのハイキングでした。生憎の曇天でしたが、初千畳敷カールを楽しんで来ました。ー2018年10月に訪問ー                    −本日の記事はジュマが担当しましたー                             ランキングに お願いします         [続きを読む]
  • 空港からはArlanda Expressで移動 ースウェーデンー
  • StockholmのArlanda国際空港に到着したのは18時10分ホテルチェックインにはちょうど良い時間です。ホテルの場所はストックホルム中央駅から徒歩圏中央駅までの移動方法は空港バス、鉄道、タクシーなどがあります。私たちは中央駅と空港を結ぶ直通列車「Arlanda Express」を選びました。ただし、空港には2つの駅がありますので、中央駅から空港に戻る時には2番目の駅(T5に連結する駅)で降りなくてはなりませんので注意が必要です [続きを読む]
  • ギザの三大ピラミッド展望スポットとスフィンクスーエジプトー
  • クフ王のピラミッドに入場した余韻(興奮)冷めやらぬうちに、バスで三大ピラミッドが見渡せる写真スポットに移動です。観光ラクダさん達がすでにスタンバイ被葬者は左からクフ王、カフラー王、メンカウラー王です。それぞれのピラミッドには王妃たちのピラミッドや衛星ピラミッド、参道やマスタバ墓群などが付属していて、ピラミッド複合体(pyramid complex)を形成しています。漢字で書かれた「観光警察」のボックス朝なので出 [続きを読む]
  • ギザ クフ王のピラミッド −エジプトー
  • 宿泊しているホテルはギザにある「シュタイゲンベルガー・ピラミッド・ホテル」ホテルの前の道からはピラミッドが見えています。朝食メニューは思っていたより種類が多くて美味しくいただきました。そして何より、ホテルの前では新しいエジプト考古学博物館が建築中博物館出来上がった暁には、このホテルの価格も上がるものと思われます。ホテルを朝7時に出発すぐに丘の上のギザの3大ピラミッドGiza pyramid complexに到着です。1 [続きを読む]
  • エジプト考古学博物館その4 −エジプトー
  • エジプト考古学博物館 の最終回です。山犬の形で表されたアヌビス神像の厨子です。葬祭用の寝台発見当時の写真。三つ折りの寝台当時すでにこの技術があったのですね。古代エジプトの埋葬で使われるシャブティ像中央がツタンカーメン王のシャブティ像パピルス船に乗るツタンカーメン王ツタンカーメン王の黄金の玉座ひじ掛けには獅子の像が装飾されています。ぼやけていてわかりにくいですが妻のアンケセナーメンがツタンカーメンに [続きを読む]
  • エジプト考古学博物館 その3 -エジプトー
  • 6月後半から旅に出ていたのと、帰国後の用事が重なってすっかりご無沙汰していますがエジプト考古学博物館の続きです。ツタンカーメン王の4重になっていたうちの一番外側にあった第1の厨子です。ガイド氏の動きが早くて、足早に付いて行かないと追いつかないのでどれもこれもぼけています。内側はこんな感じになっています。40人を越えるグループだったので、映り込みが避けられず見難くてごめんなさい。第2の厨子(すみません「 [続きを読む]
  • エジプト考古学博物館その2 −エジプトー
  • 現在 ギザに新しい博物館を建設中のエジプト考古学博物館ですからこの古い建物での展示はやがて終わりを迎えるのでしょうか?ある意味貴重な時期に訪問できたのかもしれません。この座像はクフ王の兄弟Rahotep (ラホテプ)とその妻Nofret(ノフレト)です。1871年に発見され、像の高さはラホテプが121cm,ノフレトが122?で目には水晶がはめ込まれています。ヘテプヘレスの椅子カゴヘテプヘレスはエジプト第4王朝時代のファ [続きを読む]
  • エジプト考古学博物館 その1 −エジプトー
  • エジプト考古学博物館前です。入り口前の広場でも スフィンクスなどがお出迎えです。あれはヒヒの像でしょうか。入館です。 追加料金を支払えば内部の写真撮影が出来ます。大きなものから小さなものまで 石像だらけです。これ 三体一組で彫られるものだそうで、真ん中に立つファラオを両側に立つ神が守るという構図らしいです。大きな岩から 削り出した座像 クフ王の子供の一人であるカフラ―王の像です。ギザの三大ピラミッ [続きを読む]
  • ナイルとともにあるカイロの街並みーエジプトー
  • 何気に通り過ぎる風景にも「遺跡?」と思わせる場所があります。ガイド氏の説明が無いので不明です・・・・・水は汚いですが、砂漠の国の住民にとっては命の川なのかもしれません。ランチです。丸めたケバブみたいなものと春巻きみたいなもの・・・・パプリカ添えの白いソースはお好みで!普通に美味しいです(*^^)v野菜のピクルスナスの炒め物何だったけ・・・・?パンケバブは炭火焼きです。かなり美味しいでした。あえて例えるな [続きを読む]
  • 20年ぶりに公開されている「ウナス王のピラミッド」ーエジプトー
  • 昨日24日で初めてのブログ開設から13年がたち、今日から14年目に入りました。徐々に更新頻度が少なくなっていますのにご覧いただいている皆様にはお礼申し上げます。そんなジュマんちですが、これからもよろしくお願いいたします。                                  −Jumapapa Juma−・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • ラムセス二世の巨像がある野外博物館「屋外展示」編 −エジプトー
  • 野外博物館なので、ほぼすべての展示物は屋外にあります。基本的に石造りなので永くその姿を保っていましたし、屋外においても問題ないものばかり!!まず、スフィンクス  有名なギザのものよりも小ぶり!でも、よくできています。こんな写真も撮りやすい!!ラムセス二世の像も一つだけではありません!台座部分 何が書かれているのやら・・・・・全体に彫刻された花崗岩でできた石棺死者の守護神【アヌビス神】も彫られていま [続きを読む]