カンパネルラ さん プロフィール

  •  
カンパネルラさん: カンパネルラの晴れ時々雲り
ハンドル名カンパネルラ さん
ブログタイトルカンパネルラの晴れ時々雲り
ブログURLhttps://ameblo.jp/mari8216/
サイト紹介文京都在住OLの徒然と旅の話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/04/14 19:26

カンパネルラ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 屋久島!
  • 伊丹空港から日に1本の定期便で1時間半。 亜熱帯の島、屋久島へ。足腰元気なウチに行きたい日本の世界遺産1号。 洋上のアルプスと呼ばれる屋久島。1500万年以上前に地底のマグマが海底の花崗岩を押し上げてできた島。2000メートル級の山が連なり、島の9割が森林。人が暮らすのは、ぐるりの海岸沿いだけ。麓は亜熱帯だけど山頂は北海道なみの気候。日本の縮図みたいな屋久島。森の中に入ると、ひんやり。空気が全く違いました。 樹 [続きを読む]
  • yakebi 2018
  • 20年ぶりのスキーです。人生の残り時間でもう一度ゲレンデを滑りたいと思っていました。ダイビング始めてから 板も靴も捨てて もう行くことはないと思っていたのに。 シニアのスキースクールへ。60代以上のシニア、それもへたっぴいがゲレンデに行くのだから手取り足取りで教えて貰うのが手っ取り早い。男性が6割。で、大抵上手。1班から6班までのクラス分けで、男性はだいたい上位3班まで。教えて貰う必要もないほどカッ飛んで [続きを読む]
  • 瓢湖
  • 新潟旅行の目的のメインは 瓢湖。 「白鳥の渡来地」として全国的に有名な瓢湖は、新潟県阿賀野市水原地区にある人造湖。故吉川重三郎氏が日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功したことで、注目を浴びました。その後 国の天然記念物に指定され、平成20年にはラムサール条約登録湿地となりました。毎年10月上旬に白鳥の第一陣が訪れ、3月下旬まで滞在します。11月下旬頃のピーク時には5,000羽を超える白鳥が飛来します。 朝の餌 [続きを読む]
  • 冬の日本海
  • 新潟へ。 グレーの空、荒れた海、北陸自動車道を走ると、まるで演歌の世界。海岸線の高いところを走る高速道路から冬の日本海が見渡せる。親知らず、子知らずという場所は振り返ると高速道路の橋脚が波で現れているのが見える。波がテトラポットにぶつかってぱあっと砕け散って、白いふわふわの浪の花を始めてみることができました。 糸魚川で高速を降りて行ったのが 谷村美術館。砂漠の中のシルクロードに建つ石窟のような美 [続きを読む]
  • びわこテラス
  • やっと秋晴れの一日 ドライブ日和。かねてから行きたかった琵琶湖テラスへ。天空のテラスだね。ここは。大津市の堅田よりちょっと北。冬はスキー客が来るびわ湖バレイ。去年の夏に、山頂駅の琵琶湖側に新設されたカフェとテラス。テニスコー面ほどもあるウッドデッキに、ブルーの水盤が 空中につきだした感じで眼下に琵琶湖を一望できる。 南北に広がる琵琶湖に面しているので、右手に南湖。琵琶湖大橋。正面に野洲川、三上山沖 [続きを読む]
  • 彼女がその名を知らない鳥たち
  • R15で、最低なダメダメ人間ばかりが登場する映画、でも、俳優は最高・・・といったら、見るしかない。 ちょっとアタマ休めたいときは「ミックス」とか、「ブレードランナー」とか、わかりやすい映画にいってしまいがちだけど、これは外せないな、と思って京都シネマへ行きました。 15歳年上の佐野陣治(阿部サダヲ)と共に生活している北原十和子(蒼井優)は、下品で地位も金もない佐野をさげすみながらも、彼の稼ぎに依存し自堕 [続きを読む]
  • 台湾ランタン祭り 
  • 2017の2月、台湾のランタン祭りに行きました。 パック旅行のおきまりはまず 九份「千と千尋の神隠し」の湯婆〜婆の家のモデルになった場所です。 もともと鉱山だったとかで、山間に宿泊所や市場が出来、廃坑になってからも、観光のために残ったのだそう。最近の台湾ツアーでは確実に行きますよね。 そして、故宮博物院や忠烈祠、総統府、縁結びの龍山寺(効き目ナシ)鼎泰豐で、小籠包を食すのがお決まり。さて、今回始めて行 [続きを読む]
  • 沖島
  • 海なし県の離島 沖島。 近江八幡市の対岸から約1.5?の沖合に浮かぶ琵琶湖最大の島。沖島。 日本でただ一つ湖に人が暮らす島です。現在の人口は約300人。 主な産業は漁業。琵琶湖全体の漁獲水揚げの半分をになっているのがこの沖島。島に住む皆さんは、漁に遣う自分の船か、1日12便ある定期船で通勤、通学、買い物などに行き来しているそうです。 静かな島。猫の多い島。滋賀県に通って長いですけど陸地側から眺めるだけで [続きを読む]
  • ミステリーツアー 美濃・飛騨・木曽
  • 初めて参加したミステリー^ツアー まずは名神を東へ。東海北陸道を北上して和紙とうだつの美濃市へ。 静かな地方都市をお散歩。その後バスはずっと北上して有名な映画のロケ地へを向かう。こ、この光景は この駅は・・・ 飛騨古川 そう、「君の名は」 なんてことない地方の駅なんだけどね。 そして最後は木曽。妻籠の宿 [続きを読む]
  • 沖縄雑感 2017
  • あっという間に1年が過ぎてしまいました。 FacebookやTwitterがあると、敢えてブログを書く必要もないのかなと思ったりしていますが、感動した映画などを備忘録として綴るのはとてもいいアルバムなので、折に触れ復活したいと思います。10月に行った沖縄。 毎年植えた珊瑚の生育状況を確認しに行くのですがとうとうこんなに大きくなりました。 60センチ×50センチ。植えた岩おも覆い隠すくらい。よくぞここまで。でも少し白化して [続きを読む]
  • 沖縄雑感
  • 潜るだけではなく、大抵数組の友人たちとのゆんたくが目的の1つでもある沖縄。恩納村の丘の上にあるカレーハウスで、美味しいカレーをいただきました。gomeだったか? キーマカレーと野菜カレーのダブル。 最終日、空港から一番近い離島、瀬長島へ、飛行機の時間まで立ち寄ってみた。那覇空港への離着陸時に真下に当たるのだ、ここ。 この日は風の関係か離陸時の飛行機が見える。           [続きを読む]
  • MY 珊瑚
  • 私が沖縄に通う目的の1つが珊瑚の観察。6年ほど前、珊瑚の移植体験をしてからと言うもの、単に潜るだけではなくなった。 珊瑚が増えると魚の魚礁になって魚が集まってくるだけではなく モズクの質も良くなり海も確実に綺麗になる。そこで、なんとか珊瑚を増やせないかと考えた人がいる。私がダイビングでお世話になっている恩納村漁協の組合長 Y船長だ。ずいぶん前から珊瑚を増やすべく試行錯誤を繰り返し、今では [続きを読む]
  • 沖縄バースディ
  • 通い始めてからもう20年近くになる。世界のいろんなところで潜りたい、という野望は、私のスキルと仕事のスケジュールで叶わなかったけれど「お帰りなさい」と行ってくれる友人たちがいることに別の日常を感じてしまう場所が沖縄だ。通い始めて長いけど、未知数の場所も多い。台風がお隣の石垣を直撃している頃、那覇着。年々観光客が増えるのが尋常じゃないレベルで、空港で車を借りて出発できたのが到着2時間後。ここは混雑 [続きを読む]
  • 君の名は。
  • やっと観た。評判なのは知っていたけど、最近の宮崎アニメにも失望してしまい、入れ替わり?時空を超える?「転校生」か「イルマーレ」か。面白いとは思うけど、まあいつかは見ようかとは思うけど、その程度だった。裏切られた。まあ壮大だわ。 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド1,728円Amazon 田舎で暮らす女子高生の三葉は息の詰まる人間関係の濃さと、巫女としての務めに辟易し、来世は都会のイケメン [続きを読む]
  • 富岡製糸場
  • 一昨年6月に世界遺産に登録された 群馬県の富岡製糸場へ。正確には この建物だけじゃなくて、この地域 伊勢崎市 藤岡市 下仁田町にまたがる養蚕関連の文化財をまとめて登録されている。群馬県内では昔から養蚕業 製糸業が盛んだったのだ。明治3年に明治政府が近代国家設立のために、ヨーロッパの技術を導入して本格的な製糸工場を作ろうと計画。当時は生糸は需要が高くて外貨獲得のための重要な輸出品だったのだとか。フラ [続きを読む]
  • 軽井沢
  • もう何十年も前になる。学生時代は 軽井沢に青山寮という施設があって、毎年夏合宿をしていた。そこで、放送論を闘わせていたのだけど、なんだか難しい理屈でしかなかったような気もする。先輩たちはちょっと怖かったし。合間に訪れた旧軽銀座。今もロータリーのあたりは変わらないが、まるで都会の観光地だ。ここは清水坂かと。でも、少し離れると、関西にはない避暑地の風景。夏の間だけ、こんな所に住む生活がしたかった。 [続きを読む]
  • シン・ゴジラ
  • いやー、おもしろかった。「アリス」も「ファインディング ドリー」も 私から観ると予定調和だったけどこれは、期待を裏切るおもしろさ。でも、賛否両論なんだと思う。この映画をおもしろいと思う人とそうでない人は はっきり分かれるんじゃないかな。「エヴァンゲリオン」の 庵野秀明総監督作品だから なるほどと思うのだが。戦後ハリウッド作品も含めて 作り続けられたゴジラシリーズの新たなる展開。現代の東京湾に現れ [続きを読む]
  • 郡上踊り
  • 故郷のない自分には 盆踊りってちょっと郷愁を誘う。阿波踊りみたいに「もう絶対参加できないよな」、というものではなく、ちょっと手が届きそうな盆踊り、.それが郡上八幡の郡上踊り。400年続く 郡上の夏の風物詩。夏中32夜に渡って繰り広げられる。機会があって、始めて郡上の町を訪れることができた。京都から高速で二時間半あまり。岐阜県のほぼ中央に位置する山間の静かな町。 長良川に注ぐ吉田川が町中を流れ 「水のま [続きを読む]
  • ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン
  • 松尾スズキの世界。森ノ宮ピロティホールでの、「ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン」岡田将生はじめとする、綺羅星のごとき美少年たちと、阿部サダヲ 寺島しのぶ 吹越満という芸達者たち。おもしろくないわけがない。休憩はさんで3時間がノンストップ。国境も性別も生死も越えて“居場所とは何なのか?”を問う、戦場ボーイズラブロードムービーが誕生!! というのは、キャッチコピー。BLは嫌いじゃない。というか、結構好き [続きを読む]
  • メディチ家展
  • 会期末 ぎりぎりに目黒の 東京庭園美術館へ。「メディチ家の至宝展」 前から行ってみたいところだったけど、休館日などでなかなかスケジュールが合わず。ここは、旧朝香宮邸。宮家のお住まいを 東京都が所有していて 美術館になっている。さながらヨーロッパの美術館みたいに、風情のある建物だ。 都心なのに、敷地を入ると鬱蒼とした木立。常々 東京は緑が多いと思う。クリーム色の建物はシンプルだけど 玄関を入るとアー [続きを読む]
  • 梅雨明け石垣島
  • 7ヶ月ぶりの石垣島。6月は梅雨明け直後で、暑いということが経験上わかっているのに、仕事の都合で休みが取りやすいのと、春の舞台が終わるまで何処へも行けないことでストレスがたまり、この時期になる。 しかーし!沖縄本島は修学旅行軍団で飛行機が騒がしいが、.最近の石垣行きの便は 子連れファミリーが多いこと。それも赤ちゃん連れ。子供たちが泣くわぐずるわ。赤ちゃんに罪はないし、お母さんも気の毒だとは思うけどこち [続きを読む]
  • 過去の記事 …