SEVENTEEN さん プロフィール

  •  
SEVENTEENさん: リタイアした経営者のブログ
ハンドル名SEVENTEEN さん
ブログタイトルリタイアした経営者のブログ
ブログURLhttp://plus17.jugem.jp/
サイト紹介文M&Aで事業売却し現在リタイア中。 ゆっくりと次のビジネスを模索する日々のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2009/04/15 00:18

SEVENTEEN さんのブログ記事

  • 孫子の兵法
  • 以前の会社時代から意識的に使っている『孫子の兵法』。数ある中でも、いくつか意識敵に利用している5つがある。【始めは処女のごとく】九地篇 二(はじめは弱々しく振る舞い相手を油断させる)力がないうちは、競合相手を刺激しないよう静かに、そして密かに勢力拡大をはかる。他社に存在を知られないのがベスト。知られていてもナメられる程度で丁度良し。市場での実績がでてくると、他社は悪口攻撃をしかけてくる。こちらは誠 [続きを読む]
  • 夢を叶える七夕de神だのみ&考え方
  • 結局、みんなが嫌がることを我慢してできるかどうかなんですよ。オレはスーパーマンでもなんでもない。ただみんなが嫌なこともやれるし、夢のためにやりたいことも我慢できる。それを本当に徹底していて、あとは人よりも思いがちょっと強いだけ。その差が結果に現れたりするんですよ。〜 本田圭佑 〜成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。〜 トーマス・エ [続きを読む]
  • 本質を見極める目
  • 武井壮「大人の育て方」https://youtu.be/ol3HeIACFy0大人の育て方というか、子供の育て方、自分の育て方という感じか。物事の「本質」を見るという感覚を持つと、これほどまでに変わるのだなと分かる。とても面白いです。 [続きを読む]
  • しょーもない試合
  • ムカムカする正しい温情先発で始まり、ムカムカする正しい戦略戦術で終わる。正しいが潔くない。フェアプレイポイントがジョークに聞こえる。ぶっちゃけ、さっさと潔く負けて帰れと思う。 誰が悪いのか?誰も悪くない。何が間違っているのか?何も間違っていない。誰も、何も、間違ってないけど、すべてが間違っている。やがて時がプロセスの汚れを洗い流し、結果だけが語り継がれる。きっと自分もこれを忘れ去り、次の試合を楽し [続きを読む]
  • 鏡面の海の夢
  • 就寝中に夢を見ても、朝起きてその内容を覚えている事は少ない。でも、今朝の夢は鮮明に思い出せた。とても美しい光景の夢。 鮮やかな青空に白い雲。無風の海は鏡面のように空を写している。私は一人で大きなヨットに乗っていて、鏡面の海で静止している。船の最後尾で足先が少し海に浸かるように仰向きに寝そべり、そっと足先で海面をなぞると、柔らかな波紋を拡げながらヨットがすーっと軽やかに前進する。もう一度、足先で海面 [続きを読む]
  • 人生を充実させる3要素
  • 若い頃にこの話を聞いて、なるほどなぁと思ったことがある。人生を充実させる3要素がある。「お金」と「時間」と「健康」だ。しかし、それらを "同時期" に手にするのは難しい。若者の頃は、時間と健康はあるが、「お金」がない。働き盛りは、お金と健康はあるが、「時間」がない。歳をとると、お金と時間はあるが、「健康」がないからだ。 たしかに「お金だけ」では幸せになれないし、「時間だけ」あってもただ虚しく、「健康だ [続きを読む]
  • ランチクルージング
  • 久しぶりに関空マリーナへランチクルージング。北風が寒い! で、定番の泉佐野漁港で新鮮なお刺身だのあなご天ぷらなどで。 それにしても、今シーズンはまだ天候が落ち着きませんな。まぁ、そのうち周期がずれて毎週ベリーベストになるでしょう。 [続きを読む]
  • 真夏日の京都へ
  • 寒かった平日から週末は一転して真夏日。体調管理せんとね。 で今日は、ドライブ兼ねて京都の祇園「豆寅」で妻とランチ。からの、京都に行ったら必ず立ち寄る「鍵善良房」でわらび餅。からの、京都嵐山に向かって桂川べりをぶらぶら散歩。 ということで家に帰ってくると、ランチをした「豆寅」のすぐ近くの老舗料亭「千花」から出火し、6棟が焼ける大きな火事がTVでニュースになっていた。「千花」は9年連続でミシュラン3つ星を [続きを読む]
  • 会社はどうやって立ち上がるのか
  • TED 『社会運動はどうやって起こすのか』(3:02) 昔(15年前かぁ…)ジェームズ・スキナーの経営塾に通っていたころ、「最初に踊るバカになれ」という講義があった。比喩的な話ではあったけど、これは組織創りに使えると思った。で、今朝TEDを観ていたらまさしくこの話のリアル版があった。 『社会運動(ムーブメント)はどうやって起こすのか』たった3分間で、"無" から "有" になる過程が観られる。 「社会運動」も「起業」 [続きを読む]
  • 安全祈願祭と入会10周年
  • 毎年恒例、春の芦屋マリーナ安全祈願祭が行われた。今年も安全な航海を心がけ、楽しいマリンライフでありますように!隣接する、大型客船をイメージした「エクシブ芦屋ベイコートクラブ」が開業され、より美しいマリーナになったように思う。で、これまた恒例の理事メンバーによる鏡開き。基本的に上部の板は最初から割れているので、叩き割る必要などまったくないんだけど……まぁアウンの呼吸でやっちゃうね。 そし [続きを読む]
  • 久しぶりに大型書店へ行って
  • ずいぶんと久しぶりに、大型書店のJUNKUDOへ行った。以前はよく大型書店に通って大量にビジネス本を買っていたけど、「だいたい一通りの勉強はしたかな」と思ってから(まだまだ!だとは自覚しながら)、むやみに書店平置きの新刊本を買うこともなくなった。気になる本はAmazonで買うし、最近はそれすら遅く感じるので、今すぐに読めるKindle本がメインになっている。で、久しぶりの大型書店。立ちくらみしそうだった。率直に「何 [続きを読む]
  • Mr. SEVENTEEN
  • いよいよメジャー開幕。エンゼルス大谷の大活躍を願っている。メジャーデビューの背番号が「17」。スポンサー気分ですゎ ^^聞くところによると、花巻東高校では大谷の入学以前から "17番は、将来エースとして期待する選手につける特別な背番号" だったそうで、もちろん大谷もこの番号を受け継いだのですが、メジャーで再び「17」を背負うのが、縁起かつぎなのかとても面白いです。ちなみに、ヤクルトとDeNAのエースナンバーも「17 [続きを読む]
  • 似て異なる 平等 公平 公正
  • 例のごとく朝5時前に目が覚めたので、ふとんの中で考えた。「平等」「公平」「公正」の違いって何だろうかと。 で、私なりの結論をイメージ図にしてみた。平等は等いこと、公平はフェアなこと、公正は正しいこと。 給与の支給額で例えると、こんな感じだろうか。 平等とは、年齢も性別も能力も関係なしに一律30万円支給。公平とは、年齢に比例して20歳20万,30歳30万,40歳40万を支給。公正とは、年齢も性別も関係なしに、能力に見 [続きを読む]
  • わらを笑うべからず
  • ご存知!昔話『わらしべ長者』。奈良県の民話だそうです。あらためて あらすじを書くほどでもないのですが…あえて。昔、ある一人の貧乏な男がいた。貧乏から逃れようと観音さまに願をかけたところ「初めに触ったものを、大事に持って旅にでろ」とのお告げをもらった。男は観音堂から出るやいなや石につまずいて転び、偶然1本の藁しべ(わら)に手が触れた。男はお告げ通り、それを手にもって道を進みはじめると・・・子供 [続きを読む]
  • ジョセフ・マーフィーの言葉
  • 心が乱れてると感じる日は、マーフィーの言葉で自浄したくなる。良いことを考えれば良いことが起きます。悪いことを考えれば悪いことが起きます。あなたは、あなたが一日中考えているとおりの人になります。---------幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。言葉は選んで使いなさい。言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもなるのです。---------現実の自分よりも理想の自分を愛しなさい。そして理想の自分で他 [続きを読む]
  • 久しぶりにCDを購入
  • ほんと何年ぶりだろうか、物理的なCDを買った。サブスクリプション全盛の時代。音楽においては月額制のApple Music、Spotifyの他、Amazon Prime Musicを使っているので、基本的に聴けないものは無い。・・・と思っていたが、久しぶりにヘッドホンで聴きたいと思ったこのアルバムがどこにも無いのである。で、仕方ないなと、iTunes Storeで買おうと思ったらそこにもない。ということで、物理的なCDを購入するしかなったのである。 [続きを読む]
  • めっちゃ長い
  • 最近、つくづく思う。「人生ってめっちゃ長いやん」と。特に、会社には25歳前後のメンバーが多いので、自分が25歳の時から今日まで30年弱を振り返る機会が時々あるからだと思う。まぁとにかく、お腹いっぱいテンコ盛りに色々あったなと。 18〜25の7年はめちゃ人に使われた。一番基礎固めした時期。25〜35の10年はめちゃくちゃ働いた。一番成長した時期。35〜43の8年は起業して凄く頭を使った。一番理解した時期。43〜45の2年はリア [続きを読む]
  • 歩む者のない道
  • 今朝、久しぶりにロバート・キヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』を再読していたら、彼が大好きだという詩が載っていた。初めて読んだ時(2001年)にはそれほど気にしていなかったけど、今はとても美しく感じる。『歩む者のない道』ロバート・フロスト (1916年) 黄色い森の中で道が二つに分かれていた残念だが両方の道を進むわけにはいかない一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ一方の道の先を見透かそうとしていたその先は [続きを読む]
  • 全人類に応援される夢
  • こういうのが「夢」というのだろうか。合成でないのが凄い(;゚∀゚)睡眠中に見る「夢」と、希望を抱く「夢」の境目がわからなくなるほど、考えもしなかった現実を見ている。LIVE 映像はこちら → https://youtu.be/UO3h4FBLWqY今朝、打ち上げに成功したイーロン・マスク率いるSpaceXのFalcon Heavyで、宇宙に送られたのは・・・人工衛星でなく、ダミー運転手が乗ったテスラ1台(笑イーロン・マスクが乗っていた赤いテス [続きを読む]
  • お金2.0はおすすめ
  • 『お金 2.0』〜新しい経済のルールと生き方〜 佐藤航陽(著結論から言って、超おすすめの一冊。即入手すべし!です。書店で見かけてはいたが、"◯◯2.0" 的な ありがちなタイトルに、ビットコインだのフィンテックの話が出てきて "これからガラッとパラダイム変わりまっせ〜" みたいな話でしょと、手に取る気も起こらなかった。が、先日、旅先で読む本を選ぶ際に「まっ、これも買っとくか」のノリで読み始めたのだが・・・久しぶ [続きを読む]
  • ジャック・マー 若者へのアドバイス
  • 先日のダボス会議にて、中国EC最大手アリババ・グループの会長ジャック・マーが、若者に向けて語った話が素晴らしい。詳しくはBuzzFeedの記事とYoutube動画へ。 以下、一部抜粋私は貧しい家庭で生まれ育ちました。金もない。技術もない。コネもない。唯一、私が同年代の人と競い合えたのは、10年先のことでした。やることすべては、10年先の目標のためでした。難しいことですが、機会でもあるのです。これまで何度も失敗してきま [続きを読む]