黒猫亭 さん プロフィール

  •  
黒猫亭さん: 黒猫亭通信
ハンドル名黒猫亭 さん
ブログタイトル黒猫亭通信
ブログURLhttp://kuroneko0328.blog51.fc2.com/
サイト紹介文ミステリ&コミック中心のオンライン古書店「黒猫亭」からのお知らせと、店主&番頭による雑記など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/04/15 21:30

黒猫亭 さんのブログ記事

  • 発送方法について
  • 郵便料金の値上げがかなり堪えています。なにしろ小さな店ですので、手続き工数を減らすために冊数に関係ない定額送料制をとっていますが、ふつうに足が出る状況です。とはいえ実費請求に変えると、注文がいよいよなくなることも考えられ…。レターパックプラスが封筒型でなく箱型になるといいんだけどなあ。といった感じにいろいろ悩み中ですので、現在はスマートレター、ゆうメール、レターパック、ゆうパック、その他の宅配便業 [続きを読む]
  • 2タイトルをカートに追加 (07/29)
  • 以下のタイトルをカートに追加しました。●国内ミステリ/単行本「五つの棺」 折原一●国内ミステリ/文庫「星々たち」 桜木紫乃●雑誌・ムック/他・ミステリ系「世界の名探偵50人」 藤原宰太郎●エッセイ他/海外「真説シャーロック・ホームズ」 小林司・東山あかね●その他の本/小説「人間の手がまだ触れない」 ロバート・シェクリイ●その他の本/その他「江戸アルキ帖」 杉浦日向子「ドイツ怪奇民話」 [続きを読む]
  • 訃報 内田康夫
  • 内田康夫が亡くなったそうですね。心より哀悼の意を表します。振り返ると、初期の作品はけっこう読んでいたはず。うっすらとした記憶をたどってみると……死者の木霊後鳥羽伝説殺人事件平家伝説殺人事件赤い雲伝説殺人事件津和野殺人事件佐渡伝説殺人事件白鳥殺人事件高千穂伝説殺人事件漂泊の楽人竹人形殺人事件佐用姫伝説殺人事件天河伝説殺人事件浅見光彦殺人事件幸福の手紙たぶん、このへんは既読です。「幸福の手紙」は、地元 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします!
  • 気づけば松の内も明けており……。年末年始は、受注から発送まで例年どおり行っておりましたが、これまた例年どおり閑散期といっていい状況でした。(^0^;)ご挨拶が遅れて申し訳ありません。旧年中はたいへんお世話になりました。今年もマイペースでやっていきますので、皆様にはよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 13タイトルをカートに追加
  • 以下の13タイトルをカートに追加しました。●国内ミステリ/単行本「奇術探偵曾我佳城全集」 泡坂妻夫「13の密室」 渡辺剣次・編●国内ミステリ/新書「密閉教室」 法月綸太郎「西郷札」 松本清張●エッセイほか「ミステリー雑学読本」 デリス・ウィン編「推理小説常習犯」 森雅裕●少年コミック「亡霊学級」 つのだじろう「四角いジャングル(全5)」 中城健/梶原一騎●少女・レディースコミック「カラスの休日(全2)」 [続きを読む]
  • 創元コンボ
  • 何冊か併行読みするほうなので、ずっとこれらばかりというわけでもないのですが、たまたま読了本が4連続で東京創元社の単行本になりました。『滑らかな虹』→『金木犀と彼女の時間』→『ブルーローズは眠らない』→『屍人荘の殺人』の順です。面白かった順、というのは明確にあるのですが、ここでは最も良かったものだけ。屍人荘の殺人今村 昌弘 東京創元社 2017-10-12売り上げランキング : 1013Amazonで詳しく見る by G-Tools本 [続きを読む]
  • クリスティの既読をチェックしてみた
  • 9/15はアガサ・クリスティの誕生日だったそうです。だからというわけではないのですが、『オリエント急行の殺人』を再読。昨日読み終えました(再映画化が理由というわけでもない)。やっぱり面白いですね。ほとんど尋問と相談で物語が進む、単調といえば単調なプロットなのですが、さすがミステリの女王。語りが巧みで片時も飽きさせません。さてそんな折柄、ブログの過去記事をさかのぼったら、クリスティの既読チェックが出てき [続きを読む]
  • 「東西ミステリーベスト100」国内編未読チェック
  • 「東西ミステリーベスト100」2016年版の未読つぶしを思い立ちました。ランキング作品=名作というわけではないけど、それでも多くはジャンルの里程標的な作品といっていいように思います。まずは東西各50位までフォローするつもり。で、それに先だった未読チェック。○=既読 △=途中(挫折含む) ●=未読○1 獄門島○2 虚無への供物○3 占星術殺人事件△4 ドグラ・マグラ○5 火車○6 点と線●7 大誘拐○8 十角館の殺人 [続きを読む]
  • お盆期間中の発送について
  • お知らせ出していませんでしたね。m(_ _)m(というより、投稿自体ひさしぶりです…)世間的ではお盆休みをとっておられる方も多いかと思います先週末から今週前半、黒猫亭は通常どおり発送業務をおこなっております。蒸し暑い中、読書もなかなか進まないかと存じますが、皆様のご利用をお待ちしております。 [続きを読む]
  • 乱歩賞 46年ぶり受賞作なし
  • 昨夜帰宅したら、ネットでけっこうな話題になっていました。今年の乱歩賞は受賞作なし。これはなんと46年ぶりだそうです。▼産経ニュース:江戸川乱歩賞、46年ぶり受賞作なし第63回江戸川乱歩賞(日本推理作家協会主催、講談社・フジテレビ後援)の選考委員会が15日、東京都内で開かれ、受賞作なしと決まった。受賞作なしは昭和46年以来46年ぶりで、4回目となる。同協会は「慎重に審議をした結果、受賞作なしという判断に至っ [続きを読む]
  • 黒猫亭12周年
  • いつもご利用ありがとうございます。本日3/28で黒猫亭は12周年を迎えました。ネット古書店には難しい時代といわれて久しいですが、うちは変わらずマイペースで続けていけたらと思っています。今後とも、よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 内田康夫「孤道」完結プロジェクト
  • 著者が病気で中断している『狐道』の完結編を募集するということらしいです。詳細はこちら。▼募集内容浅見光彦が主人公の未完小説『孤道』を完結させる長編小説を募集します。プロ・アマを問いません。『孤道』の続きとして書き始めてください。書き出しの形式は自由です。休筆宣言も出しているので、これでシリーズ完結ということにもなるのかな。浅見光彦シリーズは、初期の伝説3部作を含め10数冊は読んでいるんじゃないかと思 [続きを読む]
  • 〈古典部〉シリーズ
  • 遅ればせながらというか、この期に及んでハマってしまった〈古典部〉シリーズ。とりあえず『ふたりの距離の概算』まで読み終えたところで、今度はアニメにも挑戦してみました。「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]KADOKAWA / 角川書店 2015-02-27売り上げランキング : 6610Amazonで詳しく見る by G-Toolsこれまたけっこう面白かったわけですが、ところどころ、「ありゃ。そこ変えちゃダメじゃん」って感じのアレンジがなされている部分があ [続きを読む]
  • 16タイトルを目録に追加
  • 以下の16タイトルを目録に追加しました。●国内ミステリ/単行本「烙印」 大下宇陀児「アリス殺し」 小林泰三「罪の声」 塩田武士●国内ミステリ/文庫「芥川龍之介集」 芥川龍之介「蠅男」 海野十三●海外ミステリ/文庫/早川etc「豹頭の仮面」 栗本薫「ラルハスの戦い」 (原作)栗本薫/(著)多摩豊「ミス・エルズワースと不機嫌な隣人」 メアリ・ロビネット・コワル●時代物/文庫「小春日の女」 小笠原京「修羅坂の雪 [続きを読む]
  • 11タイトルを目録に追加
  • 以下の11タイトルを目録に追加しました。●海外ミステリ/新書(HPB)「無実はさいなむ」 アガサ・クリスティー「書斎の死体」 〃「ビッグ4」 〃「七つの時計」 〃「NかMか」 〃「茶色の服の男」 〃「ナイルに死す」 〃「バグダッドの秘密」 〃「天国か地獄か」 ジョイス・ポーター「ドーヴァー8/人質」 〃●昭和30年代以前/海外ミステリ「茶色い狐の秘密」 エラリイ・クイーン [続きを読む]
  • 8タイトルを目録に追加
  • 以下の8タイトルを目録に追加しました。すべてHPBです。「武器の道」 エリック・アンブラー「鏡の中の男」 フレデリック・メイヤー・ジュニア「最後の一撃」 エラリイ・クイーン「クイーンのフルハウス」 エラリイ・クイーン「クイーン警部自身の事件」 エラリイ・クイーン「ガラスの村」 エラリイ・クイーン「深夜プラス1」 ギャビン・ライアル「ちがった空」 ギャビン・ライアル [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • あけましておめでとうございます。他店に委託販売していた分を引き上げる際、自カートとデータのすりあわせを行ったのですが、そのときに齟齬が出てしまったのが昨年の反省です。そのため、2件ほど、在庫ナシをアリのまま表示して、ご注文いただいたお客様にはご迷惑をおかけしてしまいました。そのようなことがないよう、以後はこれまで以上に気をつけたいと思います。そんなこんなで、皆様には今年もよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • 年末年始の発送について
  • 今年もお世話になりました。年末年始もご注文は受け付けておりますが、郵便局休業日は発送をお休みさせていただきます。 例外として、スマートレターでお送りできる冊数・サイズに関しては、在庫で間に合う限り対応いたします。 それでは、来年もよろしくお願いいたします! [続きを読む]
  • 今年のこのミスは?
  • このミス2017年版を買ってきました。番頭の既読チェック結果ですが、国内編は20位まで広げて既読2冊、海外編は1.5冊(1冊挫折)でした。文春ベストの既読数にも届かないとは…。購入はしておりませんが図書館で最新号の『ダ・ヴィンチ』もチェックしてまいりました。深キョンが表紙の号。「BOOK OF THE YEAR 2016」が発表になっています。こちらミステリ限定ではありませんが「文春」「このミス」「ダ・ヴィンチ」と見てきて、今年 [続きを読む]