Bassman さん プロフィール

  •  
Bassmanさん: From Basshead For
ハンドル名Bassman さん
ブログタイトルFrom Basshead For
ブログURLhttp://basshead.seesaa.net/
サイト紹介文 月水金+α更新でお届けするトマソン、ワンダースポット、路上観察。
自由文 かれこれ100件以上のトマソンを集め、最近は工場や巨大建築物なども扱っているブログです。
 件数に関しては国内でも類を見ないトマソンブログだと自負しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/04/15 23:26

Bassman さんのブログ記事

  • 横須賀無用門
  • 門、である。ここは横須賀市。門くらいそりゃあるだろう。しかしこちら、門の先にはどうやら何もないようだ。正確に言えば空き地がある、という事になるのであろうが。空き地を守るための門、なんともはや。 [続きを読む]
  • 中央区の無用車止め
  • 東京都中央区にあるコインパーキング。少しだけ妙なのは車止めの奥に見えるは…車止め。フェンスで仕切られていますがどうやら元々は奥の車止めを使っていたのだけど、今は使わなくなった模様。フェンスから奥の車止めを撮影すると、今でも現役バリバリの車止め感が漂っております。この駐車場自体歴史があるようで、現在の形の前には入り口部分のプレートが上がるタイプの機械がついていたのだな、とか更にその前にはまた異なる配 [続きを読む]
  • 反町無用シャッター
  • 横浜駅から一駅、東横線の反町を散歩していた時に見かけた壁。真ん中に立つ不自然な柱が気になってよく観察してみると、柱だと思っていたものは実はシャッター用で、上部にはシャッターが見えています。しかしこのシャッター、閉めても先は壁。開けてもやはり壁。お知らせとして使ってくれているところに愛を感じますが、このシャッターがどういう気分なのかと考えると切ない気分になります。 [続きを読む]
  • 京急田浦駅の不思議な半円
  • 京急線、京急田浦駅。駅のホームに不思議な半円が二つ。さてこれは何であろうか。マンホールか柱か木か。マンホール、という事はなさそう。だってここホームの線路寄りだもの。写真左手に見える反対側ホームと同じ構造なら線路に降りてしまえば簡単に潜れるし。木も、ないでしょう。ホームに木ってどうなの?という気分になります。では柱の跡でしょうか。それにしては随分と太いなぁ、と思います。このままもやもやしたまま年をこ [続きを読む]
  • 本郷の無用門
  • 閑静な住宅街の中に突如として出現した無用門。通用門として使われていたのだろうけども、今は塞がれていました。塞がれた部分が少し新しめになっているあたりが大変可愛らしいトマソンではないかと思いました。 [続きを読む]
  • 剥き出しの京橋駅
  • 東京メトロ銀座線京橋駅。今現在剥き出しです。1932年開業と地下鉄の中でも歴史のある駅のコンクリート面があらわになり、昔の建設技術がとても高かった事に感銘を受けます。とか言いつつ過去全面改修があって今見えている部分はもっと新しいよ、となっていたらお恥ずかしい限りですが、銀座線全駅リニューアルのおかげで貴重な風景を楽しむ事ができます。気づけばまた見られる事はなくなってしまうと思いますので、お早めに鑑賞す [続きを読む]
  • 八重洲ぬりかべ
  • 八重洲で見つけたビルの二階部分、出入口の跡があります。ぬりかべタイプのトマソンでしょうか。この物件、いやもっと言うとこの階段周りがなかなかに謎深く、実はトマソンよりも謎なのかもしれません。(1)ぬりかべトマソン上のウインチは何のためか出入口だったところの真上にウインチがついてます。これが何の為なのか、ちょっとよくわからない。一階から荷物を吊り上げるにしては、ウインチが建物に近過ぎると思います。では何 [続きを読む]
  • 千葉モノレール千葉みなと駅の券売機跡
  • 千葉県が、いや関東が、いやいや日本が誇る千葉モノレール。懸垂式モノレールの雄として末長く頑張っていただきたいのだが、その券売機事情はなかなかに苦戦のもよう。JR京葉線と接続する千葉みなと駅ですが、6台あったと思われる券売機が今はなんと2台。これはあまりにも、寂しい。しかも左から3つ目の券売機跡のみ、やたらと時代がついてます。謎が謎を呼びすぎているだろうこれ、という情景です。触ってみるとザラついているの [続きを読む]
  • 南北線東大前駅の券売機跡
  • 赤門がある東京大学本郷キャンパスに隣接する東京メトロ南北線東大前駅。現存する券売機は3機だけどどうやら元々は5機あったようです。両端が券売機跡となり、向かって左は路線図が貼り付けられており右は構内案内図が。なかなかのコントラスト。さりげなく隠している感じでしょうか。もしくは空白の有効利用でしょうか。 [続きを読む]
  • 大江戸線蔵前駅の券売機跡
  • 都営地下鉄大江戸線蔵前駅。ここも券売機が滅びてました。写真一番右手の空間が不自然にあいています。明らかに券売機があったと思しき空間は、パンフレット置き場になっています。ただ、そのパンフレットも置き場だけで実物がないので券売機跡のパンフレット置き場跡、という事になるでしょうか。窓口があった所の凹みと、床部の線が存在の痕跡をうかがわせます。券売機跡がありつつも、新しい券売機もありました。巨大です。これ [続きを読む]
  • 東急東京メトロ渋谷駅の券売機跡
  • 渋谷駅。地下改札は東急と東京メトロが乗り入れます。比較的新しい駅ですが、券売機跡はしっかりと観測できました。しかししかし、券売機があったところに「ごあんない」という端末が据え付けられています。跡地の有効利用ですね。肝心の券売機跡。とても美しく仕上げられています。これは跡ではなく後々増設しようとしてこの状態で作られたのか?と思えるくらい。真偽の程は不明なのが恐縮。写真を撮影したときはごあんないマシー [続きを読む]
  • 金鳥の車、日産のAD(他もあり)
  • 東日本橋にある金鳥の営業所。言わずと知れた大日本除虫菊です。営業車が置いてあったのですが、これがどうにもたまらなくカッコ良かったのでご紹介。日産AD。前ドアには日本一有名な鶏。そして後部には「カトリス」左後部には「虫コナーズ」と、商品ロゴ。めちゃめちゃポップ。日産ADというのはトヨタプロボックス登場までは町のあちこちで見かける商用バンの王者みたいな車ですが、この青は見た事がありませんでした。大体白で、 [続きを読む]
  • 都営地下鉄浅草線宝町駅の券売機跡
  • 都営地下鉄浅草線、宝町駅。一番新しく出来た日本橋側の改札です。3つあるうちの1番目がない、というのは新鮮。このレイアウトだと3が塞がれるのが多いのかと思ってましたがまだまだ観察が足りてないです。反省。綺麗に塞がれています、まるでそこには何もなかったかのように。しかし、1の表示とICカード、使える紙幣の表示は明らかにそこに券売機があった事を物語ってます。 [続きを読む]
  • 東京メトロ池袋駅の券売機跡
  • 東京メトロ池袋駅。そのうちの丸ノ内線そばにあった券売機のシマです。所々歯抜けのように券売機が抜けています。どういう狙いでこのように抜いたのでしょうか、気になります。券売機を抜いた跡は壁と似たような色調の鉄板で塞がれています。とても見事な出来ですが、窓口に関してはかなりの自由度を誇っています。このギャップが人間味を感じされてくれます。この鉄板、きちんと寸法を測って作られたようで、角も傾斜もピチッと揃 [続きを読む]
  • 杉戸宿高所ドアトマソン
  • 埼玉県の杉戸、電車で言えば東武動物公園駅から程近くにあるビル。脇にはタクシーの待機所があって開けているところに見えたのが、二階部分にある高所ドア。ドアの下部に鉄骨が2本突き出ているので、そこがかつての階段跡かと推察されます。ドアの周りをぐるっと三方囲む配管もアクセントになってて素敵です。生憎の天候でしたがかなりの駅前良物件でした。 [続きを読む]
  • 御徒町ぬりかべトマソン疑惑
  • 御徒町と秋葉原の間、昭和通りをのてのて歩いていたら出くわしたのが写真のビル。生憎iPhoneしかなくて広角で撮影するのにも限界があったのでパノラマ撮影→画像切り抜きという手段でビルの正面を収めたため画像が若干おかしくなってます、ごめんなさい。では、どこらへんが気になったのかご説明します。まずビルの向かって右側。写真左側に出入口がありますが、右側には対になるような大きさの壁。塗り込められたかのような、壁。 [続きを読む]
  • 京王井の頭線渋谷駅アベニュー 口
  •  渋谷と吉祥寺を結ぶ井の頭線渋谷駅。アベニュー 口の券売機跡です。 3台あったのだけれど、3つめは「③」の表示だけ残して消滅してます。なぜ表示だけ残っているのだろうか、というのがなかなかに謎。 最初からここには何もありませんでしたよ、というような感じですが取り残された「③」の表示が、実はそこにも券売機があったのだ、という事を雄弁に物語っています。 それにしてもここ、「アベニュー口」ではなくて「アベニ [続きを読む]
  • 東日本橋、無用庇かこれは屋根か、トマソンなのかなんなのか
  • 東京都中央区、東日本橋の入り組んだ道を歩いていると出会ったのがこの建物。歴史を感じさせる中華料理店ですが、結構変わった形です。側面から見ると、正面側は白く、奥側はモルタル素地となってます。手前の時間貸駐車場になっている所は、この白いペンキに沿う形をしていたのでしょうか。窓の真ん中で色が変わっているのは偶然と思いますがとてもお洒落です。屋上部分にちょこんと出っ張ってる階段室、これもたまらなく素敵。年 [続きを読む]
  • 麹町「夏の思い出」は小便小僧的像か
  • 以前、JR浜松町駅下りホームにある小便小僧の像が月毎に衣替えしてるのをよく観察してましたが、似たような像を麹町の街角で発見。こちら、「夏の思い出」という像です。大通りの交差点に佇む像なのですが、前見たときと着てる服が違うような気がします。思いすごしかもしれないのですが、来月また見に来なければ、と思うのでした。さて真相は如何に(検索は、しない) [続きを読む]
  • 半蔵門線半蔵門駅
  • 近年どんどん減っていくもの、と言えば公衆電話。公衆電話跡を鑑賞するブログ(更新滞っているのがとても残念)を見てると段々とその魅力に気がついてくるかと思われます。そして自動券売機。お気付きかどうか分かりませんが、こちら地味に減っています。名著「超芸術トマソン」でも江古田駅の窓口を塞いだ物件が絵で紹介されていたのですが、最近そんな券売機跡がなんだか気になっているのでこれからちょいちょいご紹介して行こうか [続きを読む]
  • TOYOTA Vitz Hybrid
  • 先日機会があってTOYOTAの新型Vitz、しかもハイブリッドモデルに一日乗ってきました。私に近しい人はご存知ですが、私車大好きです。自転車も自動車も二輪車もみんな好きなのですが、最近はカーシェア普及のおかげでとても良く自動車に乗ります。で、Vitz。デビューからコンパクトカーの超大ヒット作となった名車の最新モデルという事で大変興味があった一台。乗る前は同じカテゴリにAQUAがあるのになぜわざわざVitzにもハイブリッ [続きを読む]