山崎 かずひろ さん プロフィール

  •  
山崎 かずひろさん: 平戸日誌
ハンドル名山崎 かずひろ さん
ブログタイトル平戸日誌
ブログURLhttp://yk1922.blog95.fc2.com/
サイト紹介文平戸市の市政・市議会の様子を紹介しています。無料生活相談、行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2009/04/16 12:19

山崎 かずひろ さんのブログ記事

  • 比例は日本共産党、市議選は山?かずひろ  〜 平戸日誌 〜
  • 総選挙も、平戸市議選も投票日は22日です。比例は日本共産党、市議選は山?かずひろ、とお願いします。じげもんさんから、うれしいコメントがありました。ありがとうございます。日本共産党の躍進に期待します長崎の民進党議員さんたちは希望の党へ行きましたね。無所属での立候補か、枝野さんの立憲民主党に行くのかなと思ってたのですが。政治信条よりも自己保身を選んだのだなあと思う他ありません。私は衆院選では石川さん、 [続きを読む]
  • 総選挙  〜 平戸日誌 〜
  • いよいよ総選挙が始まりました。暴走する安倍政権に、今後も国政を託すのか、きっぱりと退場していただくのか、もっとも大きな争点ではないでしょうか。ぶれずに、市民と野党の共闘を、前にすすめる日本共産党を大きく伸ばしていただきたい、と思います。市民と野党の勝利と、共産党の躍進で新しい政治をつくりたい、と思います。今日、長崎4区の石川悟候補が平戸に来て、訴えました。 [続きを読む]
  • やりがいある2つの選挙  〜 平戸日誌 〜
  • この間、演説会や事務所開きなどを行っています。2つの選挙が重なり、慌ただしいですが、やりがいがあります。「今度は共産党」という声をよく聞きます。現役のときは、民進党支持の組合で頑張っていた人も「今度は共産党」と。「希望の党には行かない」という人も出てきました。市民と野党の共闘の前進、日本共産党の躍進で、安倍暴走政権に退場の審判を。 [続きを読む]
  • 希望の党  〜 平戸日誌 〜
  • 希望の党は、誰にとっての「希望」なんでしょうか?少なくとも、国民にとっての「希望」ではない、と思います。顔ぶれや主張を見ると、自民党の仲間としか思えません。自民党で、安保法制(戦争法)や共謀罪などに賛成してきた人、民進党の中で野党共闘に反対して、受け入れなかったので党を出た人など。安保法制(戦争法)を認め、9条を含め憲法を変えようという主張。自民党にも、希望の党にも負けるわけにはいきません。 [続きを読む]
  • 大激動の時代  〜 平戸日誌 〜
  • 今、ニュースを見て、驚いています。「民進党」が「希望の党」に合流で最終調整、という報道。「民進党の前原代表と希望の党の小池代表は26日夜、極秘に会談し両党が合流する可能性について協議した」というのですが、代表だけで、協議していいことなんでしょうか。党員の意見を聞いたり、党大会や会議などは開かなくてもいいんでしょうか。それにしても、日本の政治は大激動の時代を迎えている、と思います。総選挙・平戸市議選 [続きを読む]
  • 街頭宣伝で  〜 平戸日誌 〜
  • きのうの街頭宣伝でのことです。最後の場所は、道路わきの空き地に、車をちょっとだけ、入れさせてもらって。夕闇せまる中でした。訴えていると、ひとりの男性が近づいてきました。平戸では、有名な?保守の人です。なにか言われるかな、と思っていると、意外な言葉が。「そこは、わしの土地」「申し訳ありません」と謝ると、「いい、いい。しっかり話しなさい。これからも使っていい」これも、安倍政権への怒りの表れでしょうか? [続きを読む]
  • 疑惑かくし解散  〜 平戸日誌 〜
  • 驚きですね。誰が見ても、「疑惑かくし解散」。ここまで国政を私物化するのか、許されるはずはありません。安倍首相夫人や加計学園理事長などの、証人喚問などを行うべきです。そのうえで、国民に信を問うべきです。野党と市民の共闘で、安倍政権を倒す歴史的チャンス。平戸市議選と同日選挙の可能性が、大です。勇躍して、奮闘したい、と思います。 [続きを読む]
  • また、最下位  〜 平戸日誌 〜
  • 経済協力開発機構(OECD)は、いわゆる先進国の組織です。現在、35カ国が加盟。12日に、国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合を、公表。日本が、また、最下位になりました。国や自治体が負担する公的支出の割合は、OECD平均は、4.4%。デンマーク6.3%、ノルウェー6.1%、アイスランド5.7%などが上位。日本は、3.2%。軍事費はどんどん増やす日本政府、おかしいと思います。写真は [続きを読む]
  • 敬老会  〜 平戸日誌 〜
  • きょう、上大垣地区の敬老会が行われました。75歳以上の35人が参加されました。今年は戦後72年。政府がおこした戦争、侵略戦争の最中に生まれ、戦後の復興を担ったみなさんです。頑張ってこられたことに、感謝したい、と思います。今年も子どもたちの元気な歌声が響きました。ミセスの会の劇もありました。ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 高齢者にタクシー券  〜 平戸日誌 〜
  • 昨日、一般質問を行いました。収穫は、高齢者へのタクシー券の支給です。南島原市などでは、お年寄りに、年間10,000円分とか、12,000円分のタクシー・バス券を支給しています。こうした動きが全国・県内にひろがっています。おとなりの松浦市では4年前から、対馬市は今年6月から、始まりました。以前の質問のときは、否定的な答弁でしたが、昨日は、支給に向けて検討している、という答弁でした。早く実現すると、い [続きを読む]
  • 9月市議会  〜 平戸日誌 〜
  • 今日、9月市議会が始まりました。閉会は、9月28日です。補正予算案や決算案などが審議されます。一般質問は10人が行います。私は6日の午後1時30分から。①女性の登用率・・・男女平等②高齢者のための、タクシー券・バス券③小型風力発電などについて、質問します。ぜひ、傍聴、よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 北朝鮮に厳しく抗議  〜 平戸日誌 〜
  • 平戸は北朝鮮に近く、佐世保基地や玄海原発も近くにあります。「万が一のことがあれば、平戸も大変な被害を受けるのでは」という不安が、多くの市民から語られます。写真は、朝の宣伝で使っている看板です。昼間は車の前に置きます。北朝鮮の核実験・ミサイル発射は絶対に許せません。アメリカと北朝鮮は、条件をつけずに、直接対話にふみだすべきです。日本政府は、軍事対応の強化ではなく、アメリカ・北朝鮮の直接対話が実現する [続きを読む]
  • コスタリカ  〜 平戸日誌 〜
  • 写真は今日の新聞紙面です。右は地元新聞、左は「しんぶん赤旗」です。コスタリカと日本、国づくりの方向が、まったく違うのではないでしょうか。玄海原発の再稼働、絶対反対です。一日も早く、安倍政権を倒したいですね。そう言えば、核兵器禁止条約を採択した国連会議の議長はコスタリカの女性でした。コスタリカ、行ってみたいですね。 [続きを読む]
  • ピアノ  〜 平戸日誌 〜
  • 今日、平戸文化センターで、京都大学交響楽団の演奏会が行われます。午後6時30分からです。無料です。お出かけください。私は、つれあいと行くつもりだったのですが、行けなくなりました。それで、というわけでもないのですが、久しぶりにピアノを弾いてみました。いつまでも、初心者なので、「弾いてみました」というのは、おこがましいのですが。 [続きを読む]
  • 入学準備金の増額  〜 平戸日誌 〜
  • 就学援助の拡充をくり返し求めてきましたが、うれしいことがあります。9月市議会に、就学援助の中の、入学準備金の増額が提案されます。可決されれば、今年度から支給です。増額前の分は、支給ずみです。昨年度と今年度の金額は下記のとおりです。  小学校  20,470円から40,600円に  中学校  23,550円から47,400円に全国のお母さんやお父さんの運動や国会・地方議会での要求が、国を動かし、国の [続きを読む]
  • バス待合所  〜 平戸日誌 〜
  • 金曜日の朝宣伝は、カブト虫の道の駅の横でやっています。路線バスの、馬の元停留所の横と言っても良い、と思います。写真は、佐世保方面から来て、平戸市内に向かうバスの停留所。乗降客を見ることは、あまりありません。反対の佐世保方面に向かう側は、けっこう乗降客があります。障害のある人も利用しています。ところが、こちらには待合所、雨よけなど、何もありません。朝宣伝のときに「なにか対策を」と言われ、市に伝えまし [続きを読む]
  • 花火  〜 平戸日誌 〜
  • 昨夜は田平港で、今夜は平戸港で花火です。平戸大橋をはさんでの「花火合戦」です。私は、残念ながら、家で仕事。平戸港の花火は家からでも、けっこう見えます。写真は、うまく撮れませんでしたが。と言っても、やはり現場で見たいですよね。 [続きを読む]
  • お詫びと訂正  〜 平戸日誌 〜
  • 先日、「非核・平和宣言都市 平戸」の垂れ幕について、書きましたが、誤解を与える表現になっていました。お詫びし、訂正します。垂れ幕は、今年はじめて設置されたのではありません。例年1〜2週間、設置されていましたが、今年から8月の1か月間に延長されました。なお、前市長の時代には、通年で設置されていました。国連で、核兵器禁止条約が採択された今、2つの提案があります。① 前市長の時代のように、通年で設置する [続きを読む]