船津洋 さん プロフィール

  •  
船津洋さん: ブログで復活!!『子どもが英語を話しだす』
ハンドル名船津洋 さん
ブログタイトルブログで復活!!『子どもが英語を話しだす』
ブログURLhttps://ameblo.jp/funatsuhiroshi/
サイト紹介文卒業生は中一で英検一級、現役で東大から東大の大学院。成果の上がる英語教育を研究・実践しています。
自由文昭和の良い時代に生まれました。

高校で留学、アイオワの高校を卒業後、カンザスの大学へ。

縁あって現在の会社へ勤め始め、先代から代表を譲ってもらい現在社長業を営んでいます。

英語教育教材を作る傍ら、幼児向け教材の作曲やボーカルも手がけています。いろいろなことに関心を持つ性格から、多趣味だが芸のない人格が形成されました( ̄□ ̄;)

http://www.palkids.co.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/04/17 13:32

船津洋 さんのブログ記事

  • ことばのルール、英語のルール♪@『パルキッズ通信12月号』
  • 英文法はみんな気になる。 英検の時期になると必ずいらっしゃるのが、 「三級以上は文法が必要です」と仰る方・・・。 そうなんですか? 僕に言わせれば、英検対策に文法なんてひとつも必要ありません。 「時間の無駄」くらいに思っています。 文法は一種のルールですが、 文法は数ある言語のルールの中の,ほんのひとつに過ぎないのです。 文法よりも余程身につけて役に立つ英語のルールがあります。 それは、「英語音声のルール [続きを読む]
  • 値上げします。
  • ということで、 ユーザーの皆様に大変ご好評頂戴しているオンラインレッスン、 でも、サーバーの管理やプログラムのアップグレードに 思いの外コストがかかっていて、、、。 でも、ありがたいことで、プリスクーラーからキンダー、 キンダーからジュニアへの継続率がグングン上昇しています。 やはり、オンラインレッスンになってから、 日々の取り組みにメリハリがつくようになったのでしょうね。 ついでに、英検のレポートも次 [続きを読む]
  • パルキッズ・セミナー@名古屋
  • 昨日は名古屋でパルキッズ・セミナー♪ なんだか、気づけば言語学の話が多くなってしまう、、、 ので、お客様の様子をうかがいつつ、 眠くなっている方がいないか、様子をうかがいながら、 たっぷり二時間話をさせて頂きました。 セミナーということで、参加費用を上げたせいか、 欠席はお一方。その方もちゃんと連絡を下さいました。 ご参加頂いた方は、講演会の半数くらいだったんですけど、 書籍販売・サイン会は45分くらい [続きを読む]
  • ○○をしないから英語の多読で失敗するんです。
  • 英語力アップに「多読」が有効なのはもはや常識。 でも、いきなり「多読」なんかできるわけがないんです。 「ペーパーバックの多読がいいよ」などと勧められて、 気になるタイトルを購入してみても、 1ページ目から一向に進まない。 日本語にたとえてみましょう。 まだ、音読が覚束無い小学1年生に、 夏目や芥川を読ませるようなものなんです。 読めないことは、小学生にも分かるロジックです。 英語も多読を始めるならば、 辞 [続きを読む]
  • 小学生40万人が英検受験!?
  • 英検の一次の結果が続々と出ているようですね。 パルキッズのコミュニティーでも 小学生で5級〜2級までたくさんの 一次合格のご報告がやりとりされていますが、 「夏の集中英検講座」の方でも、 年長さんで準2級を始め、 合格、ところどころ「残念」のご連絡をいただいております。 ところで、小学生の英検受験者数は、 2012年で20万人くらいだったと記憶しているんですけど、 最新のレポートでは40万人に倍増しているそうです [続きを読む]
  • 気になるラテン語・・・
  • 仕事しながら、視るともなしについている 洋画チャンネル。 そこではキアヌリーブスが戦っている。 ちなみに、ダイアンレインとか、 ラッセルクロウと一緒で、僕と同い年。 なんか親近感。 頑張ってるなぁ、と感心しつつ、ふと目をやると ラテン語? ん?違和感・・・なんかちがう fortis??? なんで単数主格?それとも属格か? 複数対格のfortesじゃないの? fortuna は単数主格か奪格で、 adjuvat は三単現なので、 主語がfortunaだと [続きを読む]
  • 問題は「入力」の質・量とその方法です♪
  • 言葉を身につけるために必要なのは「入力」。 しかも「大量入力」この一言に尽きます。 幼児の場合には「かけ流し」だったり、 大人の場合には「多読」だったり、 「留学」もその意味では大量の入力のひとつです。 では、文法教育、語彙習得、会話や筆記の練習、 フォニックスやドラマにチャンツ、 これらには一体、どのような効果を期待出来るのでしょうか。 これを知るためには、 まず「入力」によって得られる英語力とはどのよ [続きを読む]
  • 小2で準2♪@パルキッズ
  • 先週は英検でしたけど、 皆さんどうでしたか? 合格してたら、連絡下さいね♪ ということで、合格レポートをご紹介。 今回は小2で準2級合格の女の子です。 別に特別な子だけじゃないんです。 全ての子は英語を身に付けられる、 という、極めてアタリマエのことなんです。 親御さんが「入力」の環境を 気まぐれでなく、日々淡々と作り続ければ、 英語は育つんです♪ ご報告ありがとうございます♪&おめでとうございます♪ でもっ [続きを読む]
  • 鍋で小さな幸せ♪
  • 何てことはないんだけど、 ささやかな幸せ。 Fissler のステンの鍋類が好きなんですけど、 どうにも、フライパンが繊細なのでテフロンも使っていた・・・ どうなんでしょうねぇ、という感じですよ。 でも、使っていたわけですよ。 必然の成り行きとして、テフロンは劣化するわけです。 でも、ステンは頑丈なまま元気。悩ましいでしょう、、、。 で、こんなサービスがあるんですねぇ。 テフロンの再焼き付け♪ 料金とかは(安すぎる [続きを読む]
  • 名古屋で会いましょう♪
  • 幼児期の英語学習のあり方はもちろん、 小学生や中学生の英語学習法など、 外国語習得のコツに始まり、 英検対策、中学・大学受験など 何方にも関係のあるトピックを先取りしてお伝えします。 ここでしか聞けない内容です。 パルキッズの名古屋セミナーは11月11日。 開演の30分前から入場出来るので、 教務担当者にいろいろ相談出来るチャンスでもあります。 名古屋でお会いしましょう♪ https://www.palkids.co.jp/seminar/1811- [続きを読む]
  • 英語のスピーチチェーン?
  • 日本人が英語を話せない理由は? 原因が分からなければ、 がむしゃらに対処してもねぇ・・・。 っていうのが、現在の日本の英語教育です。 専門家達は分かってるんですけど、(↑もちろん分かっていない先生も少なくない) あまり言いません。 それを、今回かみ砕いてみました。 『パルキッズ通信10月号』リリースです♪ ↓ ♪https://www.palkids.co.jp/palkids-webmagazine/tokushu-1810/ [続きを読む]
  • 鮭児じゃなくて繋辞です♪
  • どこで読んだか失念しましたが、 日本語は繋辞が多い。 繋辞で分からなければ、、、 コピュラって言ったら尚のこと分からないね。 「繋辞」は大人になりきれない鮭のことではありませんし、 「コピュラ」も何でしょうねぇ一体・・・。 まぁ、そんなことよりも、つまり、 be動詞みたいなもんです。 日本語なら「〜は…です」のように主語に相当する部分と 補語を繋ぐ語(形態素)です。 日本語は「〜は…です」的な文が多く、 英語は [続きを読む]
  • 本日最終日♪@英検講座
  • ということで、本日終了〜♪ 7月末からの8回、約2ヶ月間の講座でした。 手応えがあったのか、 冬には1級上を目指してのお申し込みもあり、(秋講座はこちらから) まぁ、なんとか無事に終わった感じです♪ たのしかった〜♪ しかし、やはりあれだな、、、 会話中心にやっている子は伸び悩みます。 特に作文が難しい。 会話の調子で短い句をポンポン投げちゃうんですよね。 作文にするのが一苦労です。 一方、長文を読み慣れてい [続きを読む]
  • before & afterなら断然before♪@セミナー
  • セミナーはスタート30分前に開場します。 (↓写真はafter) 狙い目はそこです。 セミナーが終了すると、上の写真のように、 とにかく混み合うんです。 一方の開始前は、スカスカです。 掲示板のテツ先生や、 教務のアズキ先生も後ろの方に立っているので、 聞きたいことは何でも聞いて下さいな♪ ということで、 11/11は名古屋でセミナーです。 [続きを読む]
  • 消去法、印付け、同時読み、あとは、、、@英検対策
  • 英検の準備って基本的に大したことは出来ません。 実力がものをいいますわな。 だから、過去問するくらい? と、思いきや、以外と最後の最後でも出来る事がありそうですね。 1、語彙や短文で正答が見つからない場合には、消去法。 2、長文は問題の答えが書いてある箇所に印をつけて確認。 3、リスニングは問題を聞きながら選択肢を読む。 とりあえず、最後の最後にはこのくらいかな? これだけでも、結構点数稼げると思いますよ [続きを読む]
  • パルキッズ達向けの英検作文対策@『パルキッズ通信9月号』
  • 英作文は三段階から成ります。(面接対策と共通です) ①コンテキスト作り ②作文 ③正書法(面接の場合には発話行動) なんですけど・・・。 パルキッズで育った子達は、 文法教育を受けた子達とは、 英作文の仕方がまるで異なります。 これを知らないで、英検の作文対策すると、 うまくいかないかも知れません。特に、②がうまくいかない。 パルキッズ達は、ですね、↑(複数形に達をつける、この抵抗感・・・) 和文英訳が苦手なんで [続きを読む]
  • アメリカンスクール@名古屋
  • ということで、先週末は 名古屋のアメリカンスクールさんで勉強会してきました。 第二言語習得を 母語獲得になぞらえるとこうなるよ。 まぁ、あとはPOS(刺激の欠乏)問題とか インプット仮説とか、 あとはレネバーグとか、まぁ、いろいろ。 11/11の「パルキッズ・セミナー」の 打ち合わせも兼ねての勉強会でした。 でもって、懇親会。 取引はしているんですけど、 初顔合わせだったので、、、 ごちそうになってきました♪ 楽しか [続きを読む]
  • 「パルキッズ・セミナー」in 名古屋
  • 講演会じゃなくて、講座。 2時間たっぷり「パルキッズ・メソド」をお伝えします。 なぜ子どもは言葉の天才なのか? なぜ従来の学習法で英語は身に付かないのか? 学校がダメなら塾、塾がダメなら英会話、 英会話がダメなら、まぁ、いろいろありますけど、 なぜ英語が身に付かない? 理由は簡単。 子どもがどのように言語を身につけるのかが分かれば、 子どもに外国語を身につけさせるのはカンタンなんです♪ それが分からなければ、 [続きを読む]
  • 日本語から訳そうとすると・・・@英検の作文対策
  • 英検対策の集中講座も お盆明けから後半戦へ。 今回は年長さんで2級目指す子や、 平均的には3、4年生で3級とか準2級ですね。 で、年齢も中2まで幅広いんですけど、 実際の指導を通して、改めて気づかされます。 何に? 日本語から訳すとうまくいかない、ということに。 みんな耳からの英語は出来る子達なので、 英文をそのまま英語で読ませて、 英語で質問をして、 間違えている部分は、 英語で、答えの書いてある辺りを示し [続きを読む]
  • 夏休みに英語をやっつけろ!!@Lapis英語素読講座
  • 昨日一昨日と毎年恒例、 ラピスさんでの、英語素読講座。 SVO(上智のインターンサークル)のメンバーがお手伝い。 22,500語を読みました。 中学の英語の教科書3年分の地の文に使われている語が、 7,000語です。 つまり、四時間くらいの短いレッスンで、 中学3年分の教科書の3倍の英文を読んだわけ。 英語が出来ない理由の最たるモノは、 「入力不足」なので、それを補ったわけです。 最後に英検の過去問をやらせます。 すると [続きを読む]