しろかも さん プロフィール

  •  
しろかもさん: Sirokamo-Industry
ハンドル名しろかも さん
ブログタイトルSirokamo-Industry
ブログURLhttps://petiagara.exblog.jp/
サイト紹介文マイペースでのんびりと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2009/04/18 11:57

しろかも さんのブログ記事

  • トラムウェイのDD13を塗り替える もう少し
  • ごぶさたしております。先週は平日はいつもの職場以外での仕事でてんやわんや、週末は3連休で駆り出され、おまけに金曜日あたりから風邪をひいて散々でした。とはいえ先週の武蔵野線沿線での仕事は金太郎やホキ10000、川崎貨物行きメタノールと液化アンモニアコンテナなど、馴染みのない車両がバンバン走ってくるのを見られて、なかなか新鮮で楽しかったです。DD13改めND552です。当初の目論見では完成している頃合いなんで [続きを読む]
  • お昼休み模型講座 ウェザリング特集
  • 少し前に紹介記事をアップしました、お昼休み模型講座。このシリーズで、過去にウェザリング特集がありました。番組中でタミヤのウェザリングマスターやスティック、墨入れ塗料の使い方を紹介しています。モデルは飛行機、戦車、クルマに恐竜(?)で、鉄道車両はカヤの外なのですが、ウェザリングマスターの裏技的な使い方も紹介されていて、とても参考になります。 ・・・このチャンネル、とっても面白くて勉強になるのはいいの [続きを読む]
  • トラムウェイのDD13を塗り替える ナンバー貼り中
  • ナンバーを貼ります!"N"が入ったインレタを探した結果、こちらに収録されていました。トレジャータウンの製品でございます。ただ、その"N"は5コしか入ってないので、2つ用意wwwご覧の通りの並びなので、1文字づつ拾って並べました。ND55形式の23号機のようにみえますが、ND552形式の3号機です。実車も変なところで間が空いています。工作の中で1,2位を争う嫌いな作業ですが、並んだナンバー面を見ると癒されます〜w [続きを読む]
  • トラムウェイのDD13を塗り替える ブルー調色
  • 車体に塗るブルーを検討します。手持ちで使えそうなブルー系はこんな感じです。退色した個体は黒立ち上げでスカイブルー系を中心に重ねることとして、検査上がりの車両用は調色しました。ちなみにGM等の鉄道カラーは色が濁っているため、あえて狙う場合を除き、調色のベースとしては避けた方が無難です。調色はほんと苦手な作業で、いつも濃いめになってしまうため、用心しながら混ぜました。実際に車体に塗るのが楽しみです。 [続きを読む]
  • トラムウェイのDD13を塗り替える ナンバー埋め立て
  • 今回のコンセプトはお手軽塗り替え加工ということで、あまり手を入れない方向で進めていますが、付属のナンバーはそのまま取り付けるとかなり出っ張ってしまい、切り抜きナンバーの実車とは雰囲気がかけ離れてしまいます。なのでちょっと面倒ですが、埋め立てることにしました。でも完全に埋めるのではなく、ちょうどその位置にくる塗り分けラインの目安とするため、あえてうっすらと溝が残るように仕上げてあります。ぼちぼち使う [続きを読む]
  • トラムウェイのDD13を塗り替える
  • 某所から作業を請け負いまして、きのう回着しました。かっこいいですねえ。しかし即座に解体www・・・請け負ったのは解体ではなく、塗り替えでした。というわけでIPAに漬けます。さすがは?トラムウェイ。1時間もたたずにキレイに落ちてくれました。仕立てるのは同型の自社発注車ですが、細部はDD13とかなり違います。しかしまああまりこだわると完成しなくなるので、雰囲気重視でまとめてみます〜。 [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら EF80 63
  • 今回はEF80です。補修されて間もないのか、キレイな車体です。メッキもキレイ!排風口は羽根が閉じていました。導体線は緑青でしょうか?緑色っぽいです。早速車内へ入ります。助士側NFB。室内灯が機士と助士で分かれているのが面白いですね。あと主電動機送風機のNFBが行方不明になっています。床はEF30と同じくリノリウム張りですね。主幹制御器です。EF30と似ている感じですが、EF30では交直切替スイッチがあった場所が塞がれて [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら EF30 20とEF70 1001
  • 一回空きまして、お次はEF30です。こちらも入ることができました。ちょっと判りづらいですが、床はリノリウム張りのようです。助士側。一人乗務化によってNFBが移設された跡が残っています。左のものはATS復帰スイッチです。運転席回りは独特な感じですね。主幹制御器です。直流機のそれとはスイッチ類の配置が全く異なります。一見リセットスイッチのように見える右下のスイッチ、よく見たら交直切替スイッチでした。中央下の逆転 [続きを読む]
  • チラシの裏
  • ムサシノモデルといえば、カマが得意なブラスメーカーでここを置いて他にはないというくらい、魅力的な商品を生み出すお店ですよね。高額・高級品として名高い同社製品ですが、他16番ブラスメーカーの完成品が軒並み価格上昇している中、300k弱であの凄い作り込みの製品が手に入ると考えると、むしろ安いのかもしれません。まあ、だからといって一般庶民のワタシがホイホイ買える代物ではありませんけれどorzそんなムサシノモデル [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら EF65 520
  • EF60の次は、延長線上にあるEF65を見学しました。こちらも車内に入れるのが嬉しいですね。EF60は2エンドでしたが、EF65は1エンドです。木製床板ですねー。ランボード最前部の一段低くなった部分、イボ付きビニルが貼ってありました。新製時はグレーだったのでしょうか。ランボードは木製なので、今の目ではなかなか新鮮な塗り分けだっと思われます。閑話休題車内に入ります〜。1エンドなので手ブレーキハンドルがあります。比較的 [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら EF60 501
  • EF59、EF58と続いてEF60のところへやってきました。一灯の前照灯にパノラミックウィンドウ、円盤の台座がある標識灯など、端正な前面がカッコいいですー!ベンチレーション用空気取り入れ口。2エンド側の運転席に入れるようです!床が木ですね。助士側のスイッチ盤です。左端の、封印してあるNFBに[カニパンタ]の銘板が!それと右端は埋めた跡がありますね。NFBを整理したのでしょうか。運転台です。後付けの機器が少なくスッキリ [続きを読む]
  • 碓氷峠鉄道文化むら EF59 1とEF58 172
  • きのうの模型工房パーミルさん詣で、午前中は単機で碓氷峠鉄道文化むらへ行ってきました。 前回行ったのはこの時で、6年ぶりですね。今回はあまり時間がないので、早速屋外展示場へ行きました。EF59といえば1エンドですよねー。延長されたデッキ部手すりも追加されてるんですね。延長されたブレーキ管がすごいです。電気連結器のリンクの仕組みなど、非常に興味深かったです。次!EF58!この横向きの栓収めがいいですよね。鎖で吊 [続きを読む]
  • 模型工房 パーミルさんへお邪魔してきました。
  • 前職場の先輩と、群馬は安中の模型工房 パーミルさんにお邪魔してきました。少し前にパーミル行かね?とお誘いをいただき、ワタシとしても気になる貸しレだったので二つ返事で催行決定〜。 ただ、我が家から先輩との待ち合わせ場所である安中駅へのルートは迷いました。電車は時間かかりすぎるので早々に候補から外れ、クルマで秩父から下仁田を抜けるルートや花園から関越道、はたまた八王子JCTから圏央道経由も考えましたが、R1 [続きを読む]
  • Tomixの♯7102 EF81 450を角目にする 塗装開始
  • 下地をチェックしまして、塗装に入りました。加工した前面とスカイブルーのみ再塗装のつもりでしたが、ディープブルーが特に明るくなった最近の姿とすべく、結局ドア以外全塗装になりました。ディープブルーは苦労して調色した結果、なかなかいいんじゃないでしょうか。青い成型色のせいか、加工中ちょっと不気味だった前面も、塗装したことでまともな?表情になりました。 [続きを読む]
  • 鉄コレ 北越急行HK100に動力を仕込む
  • 連日の酷暑も和らぎ、昨日はフツーの暑さでしたね。この時期の機関車はホント地獄、特に午後の下りは軽く氏ねます。先日の担当は昼下がりの上り列車で幾分マシとはいえ、交代駅に着いてホームで乗り継いだ途端、血がサーっと下ってフラフラっときました。炎天下もしくはエアコンのない屋内で作業の皆さま、お疲れ様です。さてふと思い立ち、HK100に動力を組み込むことにしました。必要パーツを確保。ついでに2か所だけTN化w以 [続きを読む]
  • Tomix ♯98639 485系(しらさぎ)Aセット
  • 先日着弾した(しらさぎ)Bセットに続き、手配していたAセットのほうも回着しました。 発売から少々経っていたので心配しましたが、無事購入することができました。なぜかコンプレッサーが床下装備のクハ489-300/700。スッキリした助士側が特徴的ですね。このクハは今回新金型というレポがありましたが、メモリアルしらさぎ Y23編成セットのクロ481-2351で起こされた型かと思います。電連付きのクハ481-200もなかなかカッコいいの [続きを読む]
  • Tomixの♯7102 EF81 450を角目にする 角穴あけ
  • 昨日埋めたもとのヘッドライトを仕上げ、腰部に角穴を開けています。テンプレートやケガキ用のステッカーなどは作らず、毎回現物合わせで穴を開けているため、効率悪いですwそれとボディの成型色が青くて、開口部の確認がしづらいですねー。ヒサシは洋白のエッチングパーツに交換するとよいのですが、強度的に少々扱いづらくなるのと、側面に回り込んだところを引っ掛けてよく曲げてしまうので、とりあえず製品のままにします。タ [続きを読む]
  • Tomixの♯7102 EF81 450を角目にする
  • そのままにしておくつもりだったこのカマ。結局始めちゃいました。角目化はN・16番併せて4両目の施工ということで、気分的にだいぶ楽ではあります。が、余裕かまして失敗しないよう、丁寧にいきたいと思います〜 [続きを読む]
  • Tomix ♯98640 485系(しらさぎ)Bセット 続き
  • 昨日の続きです。モハ484を眺めていたら、・・・前後のPanが違う!?こちら第一Pan。こっちは第二Pan。ホーンの形が違います!説明書を参照したところ、第一Panは♯0263 PS-16HR、第二Panは♯0234 PS-16HGと使い分けているんですね。へえー。ちなみに交直切替器のブレードは直流側となっています。交流側にもできるかな?と小細工した結果・・・一応パーツははまりましたが、刃受けの開き方向の関係で直流側に転換できませんwww [続きを読む]