campus さん プロフィール

  •  
campusさん: campusのSmile Cafe
ハンドル名campus さん
ブログタイトルcampusのSmile Cafe
ブログURLhttps://ameblo.jp/campus2247/
サイト紹介文みやび堂とヘルシールームSMILEの店長日記です。
自由文文具と開運手彫印鑑の店『みやび堂』と併設する『ヘルシールームSmile』の店長が綴る日々日記です。母の介護あり、倫理法人会での学び、ダイエットメニューやダイエット用品のことなど幅広く綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/04/21 09:23

campus さんのブログ記事

  • 5分から始める
  • 今日の心がけ◆まずはやってみましょう倫理研究所発行の「標語カレンダー」は、31日分の標語が書かれた日めくりカレンダーです。5日目の言葉は「サッとやれば、サッとできる」です。「今やることを先に延ばしていないか。 あっさり動いてみれば、 意外と、 速やかに片付いていく」と、その解説が付されています。このカレンダーを利用している人は、この標語を何度か目にしてきたことになります。この標語を見て、実際に取り [続きを読む]
  • うちの子を叱ってくれて
  • 今日の心がけ◆子供の模範となりましょう「うちの子を しかってくれて ありがとう」これは鹿児島県の、ある地域に掲げられている看板です。地元の住民グループが考えた標語が、大きな文字で書かれています。子供の健やかな成長を地域ぐるみで後押ししている様子が窺い知れます。子供が危険なことや悪いことをしていたら、よその子であっても分け隔てなく注意することは、ひと昔前までは、どこの地域でも見られた光景でした。しか [続きを読む]
  • 流れ星の競演
  • 今日の心がけ◆身近な人の幸せを願いましょう子供の頃、夜空を見上げながら、星に願いごとをした人は多いでしょう。秋から冬にかけては、空気が澄んでいくので、天体観測をする絶好の時季です。天頂に見える「秋の四辺形」や、そこから連なるアンドロメダ座、カシオペヤ座など、一等星こそ少ないものの、二等星を含む星座が多いのが特徴です。この時季は二つの流星群が競演します。一つは「しし座流星群」で、速度が速い流れ星です [続きを読む]
  • いつもと違う朝
  • 今日の心がけ◆社内交流を進めましょうH社では長年「活力朝礼」を行なっています。社員のAさんも、入社より15年間、朝礼を通じて、社会人としての起居動作や教養を学んできました。それぞれの部門ごとに朝礼を行なうH社ですが、今年初めて取り入れたのが、他部門の朝礼参加です。ある朝、Aさんにもその機会が訪れました。当初は、〈面倒くさいな〉とも感じていましたが、他部門の朝礼に参加する中で、得るものが多くありまし [続きを読む]
  • 好きこそものの成功なれ
  • 今日の心がけ◆仕事に情熱を傾けましょうIさんは学生時代から本が大好きです。新刊から古本まで、自分が気になった図書を読みあさるのが日課です。様々な好条件の就職先はあったものの、学生時代からの本好きが高じて、地元の書店に勤めました。しかし、売り上げは芳しくなく、いつ店を閉めてもおかしくない状況でした。Iさんは、〈読書の魅力を少しでも多くの人にわかってほしい〉という一心で、店の経営に直接関係はないと思い [続きを読む]
  • 敷居が高い店
  • 今日の心がけ◆言葉への関心を持ちましょうある日の昼休み、若い会社員2人組の会話です。「○○町にある料亭、敷居が高くて入りづらいよな」「へえ、行ったことあるんだ。何か迷惑かけちゃったの?」「いや、行きたいけど、行ったことないよ」噛み合っているようで、噛み合っていない会話です。「敷居が高い」の解釈が互いに異なっているようです。「敷居が高い」とは、本来「義理を欠いたり、迷惑をかけてしまったことで、その家 [続きを読む]
  • 言うは易し
  • 今日の心がけ◆当たり前のことを行動に移しましょう白楽天は中国の唐の時代の詩人です。白楽天が若い頃、道林という禅僧に、「仏教の根本の教えは何か」と尋ねると、即座に「諸悪莫作 衆善奉行」(悪いことをするな、善きことをせよ)という答えが返ってきました。あまりに平凡な答えに、あきれた白楽天が、「そんなことは3歳の子供でも知っていることではありませんか」と言い返しました。すると道林は、「3歳の子供でも知って [続きを読む]
  • 子の成長を祝う
  • 今日の心がけ◆人生の節目を大切にしましょういつの時代も、親は、この健やかな成長を願うものです。七五三は、子供が無事に成長したことを祝い、元気に育つようにと願う行事です。神社や氏神に参詣し、写真撮影や食事などをして祝いますが、地域によって、慣習に違いがあります。近年は、お祓いをしない家庭も多くなりました。行なう時期も、10月から11月にかけて、様々なようです。七五三は、3歳の男女が髪を伸ばし始める「 [続きを読む]
  • 「つい」の言い訳
  • 今日の心がけ◆キッパリと改めましょうKさんは会社の車で、軽微な物損事故を起こしてしまいました。昨年に続いて2度目です。家庭でも職場でも、失敗するたびに「いやあ、つい…」と言い訳をするのが常でした。度重なる事故を危惧した上司は、「君はいつも言い訳をするが、 その場しのぎでいっこうに改まらない。 これが人を巻き込んでの事故だったら、 君はその責任を負えるのか。 小事は大事、 『つい』では済まないぞ」と [続きを読む]
  • 仕事と関係のない人
  • 今日の心がけ◆多方面の人と話す機会をつくりましょうバラエティー番組を中心に、数多くのテレビ番組の企画・構成に携わっている放送作家の鈴木おさむ氏は、プレゼンテーションの話力を鍛えるために「仕事と関係のない人と話すこと」が大切だと述べています。「同僚と話してばかりいると、 仲間内でしか共有できない面白さにとどまってしまう」と言い、様々な業種の人と、積極的に話すことを勧めています。日頃、当たり前のように [続きを読む]
  • 職場の緑
  • 今日の心がけ◆身近な緑を大切にしましょうAさんのデスクには、小さな観葉植物が飾られています。以前は書類や参考資料が山積みでした。そこで、デスクに植物を置くことで、わざと物が置けないようにしました。すると、不要な書類はすぐに捨て、必要な書類はファイルするなどして、きれいに片づける癖がついたそうです。そして、思いがけず良かったことがありました。「元気で育ってね」と声をかけながら水をやるひと時が、心を和 [続きを読む]
  • そうだ今やろう
  • 今日の心がけ◆気づいたことはサッとしましょう事務職のS子さんは、デスクの上など、人から見られる場所は整理しているものの、人目につかない引き出しの中の整理は疎かになっています。その理由は、業務処理を第一優先にしているので、仕事に直接関係のない場所の整理は、時間ができた時にすればいいと考えていたからです。しかし、引き出しの中にある未整理の書類や資料を目にするたびに、心に引っかかるものがあったのです。あ [続きを読む]
  • 言葉の持つ力
  • 今日の心がけ◆言葉遣いを見直しましょう人は時として、相手の言葉に引きずられやすいものです。あるマーケティング調査で、ボールペンと鉛筆を見せて「これらの製品をどれくらい?好き?ですか」と尋ねると、3割以上の人が好きだと答えました。ところが「これらの製品をどれだけ?嫌い?ですか」と質問すると、同じ製品にもかかわらず、好きだと答えた人は、2割以下に減ってしまったのです。このことからも、使用する言葉や尋ね [続きを読む]
  • 何とかなるには
  • 今日の心がけ◆念入りに準備をしましょうAさんは、同僚と二人で、取引先への商品説明をすることになりました。それぞれに役割を決め、打ち合わせを重ねて、準備万端で当日を迎えました。ところが、直前になって、体調不良により同僚が欠席することになったのです。普通ならば慌てるところですが、Aさんは「何とかなるさ」と気持ちを切り替えて、見事に同僚の分も説明をすることができたのです。このようなことは、仕事をする上で [続きを読む]
  • 大切な無くし物
  • 今日の心がけ◆家族の良いところを見ましょうMさんの妻は、探し物をするのが日課になっていました。慌てる妻の姿を、Mさんは〈しまうところを決めておけば、無くなるはずがない〉と、冷ややかに見ていました。結婚して以来、保険証を病院の駐車場で落としたり、食事をした店にメガネを忘れてきたり、定期券を駅で落としたりと枚挙に暇がありません。一方Mさんは、妻の行動を反面教師として、慎重に物を扱っていました。ところが [続きを読む]
  • 食は命のもと
  • 今日の心がけ◆感謝をもって食事をいただきましょう「ラーメンが好き」「西瓜のにおいが苦手」「子供が好き嫌いをして困る」「昔は嫌いだった茗荷が今は大好物」など、食べ物の好き嫌いに関する話は、日常よく聞かれます。日本の食生活は豊かになったといわれています。その反面、世界最大の農産物輸入国であり、主要先進国の中で、食料自給率が40パーセントを切っているのは日本だけです。食料の大半を諸外国に頼っているのが現 [続きを読む]
  • 「理解する」より「感じる」
  • 今日の心がけ◆芸術の秋を満喫しましょう秋は、天候や気温が、比較的安定する季節です。物事に集中しやすいことや収穫期に当たることから、「読書の秋」「実りの秋」「スポーツの秋」など、「○○の秋」と呼ばれるものが多くあります。「芸術の秋」もその一つです。芸術の秋に、自身でも先品づくりに挑戦したいところですが、時間や場所の確保、道具の準備など、そのハードルは低くはありません。それならば、まずは気軽に、美術展 [続きを読む]
  • 離れていても
  • 今日の心がけ◆見えないつながりに目を向けましょう世界一大きな生き物といえば、何が思い浮かぶでしょうか。パッとイメージするのはクジラでしょう。大型のシロナガスクジラは体長30メートルを超え、マンションでは、10階ほどの高さにも相当します。動物以外にも目を向けると、上には上がいます。アメリカのオレゴン州で発見されたオニナラタケというキノコは、世界最大の生物だと言われています。総面積はおよそ10平方キ [続きを読む]
  • 失敗した時こそ
  • 今日の心がけ◆失敗を飛躍のチャンスにしましょうどんなに物事が順調に進んだとしても、難題が立ち塞がり、失敗してしまうことはあるものです。失敗に対してどのように対処するかは、大きく2つのタイプに分けることができるでしょう。1つは、心が委縮して逃避に向かう人。もう1つは、「よし」と明るく受け止めて、やり直す人です。アメリカの発明家であり、起業家でもあるトーマス・エジソンは、「私は決して失望などしない。  [続きを読む]
  • パーティーの服装
  • 今日の心がけ◆服装のルールを知りましょう営業職1年目のAさんに、取引先から新商品披露パーティーの案内状が届きました。パーティーに出席するのは初めてのため、どう対応したらよいのかを上司に聞きました。上司から一通りの作法を教えてもらったAさんは、「服装に関しては、先方に確認しておいたほうがいい」とのアドバイスを受けました。Aさんは、さっそく先方の担当者に電話を入れました。すると、「出席者はほとんどが弊 [続きを読む]
  • 約束の先後
  • 今日の心がけ◆約束の順番を大切にしましょう私たちは様々な決め事の中で生きています。例えば、強制力のある法律や利害関係のある契約などです。これらは守らないと罰せられるため、守ろうとします。しかし、自分で決めたことや家庭内での約束は破られがちです。特に、子供たちとの約束を平気で忘れる親は多いものです。これを積み重ねると、約束を平気で破る子供になってしまう恐れがあります。また、忘れていなくても、先に家族 [続きを読む]
  • 幸せはどこにある?
  • 今日の心がけ◆欲を抑える考え方を目指しましょう若い頃は、いつも何かに悩んでいたNさん。その悩みが最近、少しずつ軽減されているそうです。年齢と共に、経験を重ねた余裕もあるのですが、心の持ち方によるところが大きいようです。その秘訣を尋ねると、「あれもこれもと求めずに、 いい映画を見て、 おいしいビールが飲めれば幸せだと思うようにしている」とのことでした。ヒマラヤ山脈の麓にあるブータン王国は、「国民の幸 [続きを読む]
  • パソコンのトラブル
  • 今日の心がけ◆仕事道具の働きに感謝しましょうパソコンが操作不能の状態になることを「フリーズ」といいます。新入社員のFさんは、入社してからパソコンの操作を習いました。少しずつ覚えてはきたものの、慣れない操作に、ついイライラしてしまうこともありました。ある月末のこと、月次の報告書をまとめているときに、パソコンがフリーズ状態になってしまい、まったく動かなくなってしまったのです。結局、その日の作業は、一か [続きを読む]
  • 語彙力
  • 今日の心がけ◆書物に親しみましょう将棋の最多連勝記録を30年ぶりに更新した中学生棋士・藤井聡太四段の語彙力が話題になっています。対局後のインタビューで、「実力からすると、望外の結果」「僥倖としか言いようがない」など、中学生らしからぬ落ち着いた態度と言葉遣いで、謙虚に喜びを表現する藤井四段。趣味は読書だそうです。読書によって培われる語彙力は、理解力や思考力、表現力を高める基ですが、さらに、語彙の豊か [続きを読む]
  • 不思議なかけ声
  • 今日の心がけ◆声の力を活用しましょうオノマトペという言葉があります。これは、物が発する音や動物の声を表わす「トントン」「ワンワン」などの擬音語と、人や物事の様子を表わした「ニコニコ」「ムズムズ」といった擬態語をまとめた言葉です。朝日大学の藤野良孝准教授は、オノマトペには、発するだけで潜在能力を引き出す効果があるといいます。例えば、オムレツを焼く時、「クルン」と言いながらひっくり返すと、肩の力が抜け [続きを読む]