campus さん プロフィール

  •  
campusさん: campusのSmile Cafe
ハンドル名campus さん
ブログタイトルcampusのSmile Cafe
ブログURLhttps://ameblo.jp/campus2247/
サイト紹介文みやび堂とヘルシールームSMILEの店長日記です。
自由文文具と開運手彫印鑑の店『みやび堂』と併設する『ヘルシールームSmile』の店長が綴る日々日記です。母の介護あり、倫理法人会での学び、ダイエットメニューやダイエット用品のことなど幅広く綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/04/21 09:23

campus さんのブログ記事

  • 引き出しの中の秘密
  • 今日の心がけ◆初心を忘れずにいましょう Yさんは、オーダーメイド眼鏡を製作する仕事をしています。仕事を始めて、今年で10年目になります。 Yさんは、自分が初めて作った眼鏡を、デスクの引き出しにこっそり入れています。それは、入社3年目の頃に作ったものでした。 もともと手先が器用で、ものづくりには自信があったため、完成した眼鏡は、自分でも満足のいく仕上がりでした。 しかし、その後経験を積むと、最初に作っ [続きを読む]
  • ラーメン店に通う理由
  • 今日の心がけ◆居心地の良い空間を作りましょう Uさんはラーメンが大好きです。特に「家系」と呼ばれる、太いストレート麺に豚骨醤油ベースのスープが好みで、お気に入りの店に足繁く通っています。 いつものようにその店でラーメンを頼み、無料のサービスのライスと共に味わっていると、急に外気が吹きつけてきました。出入り口のドアを完全に閉めないまま、帰ってしまったお客様がいたようです。 〈仕方ないな〉と思いながら [続きを読む]
  • 活発さと幸福度
  • 今日の心がけ◆職場の幸福度を高めましょう イギリスのウォーリック大学の研究成果によると、幸福度が高い従業員は、幸福度が低い従業員よりも、創造性や売り上げ、集中力、生産性などが高いというデータがあります。 また、装着可能な小型センサーで、体の動きを測定した調査では、幸せを感じている人は体がよく動き、朝起きてから体が活発に活動するまでの時間も短いことがわかっています。 人の感じる幸福度は、職場での生産 [続きを読む]
  • 自然からの贈り物
  • 今日の心がけ◆雨の日も明るく過ごしましょう 一般的に、成人した人の体には、1日におよそ2リットルの水が必要だといわれています。加えて、1人が1日に使う水の量は、平均すると200リットルにも及ぶそうです。 〈えっ、嘘でしょう?〉と思う人もいるかもしれません。家庭での水消費量のうち、お風呂とトイレでおよそ6割が使われ、その他にも洗濯、炊事、洗顔などで使われます。水の使用量は、時代とともに増加傾向にある [続きを読む]
  • 基準はここにある
  • 今日の心がけ◆会社の理念を確認しましょう 本日は測量の日です。昭和24年6月3日に「測量法」が制定されたことに基づいて、建設省(現在の国土交通省)が定めました。 測量とは、地球上の任意の地点の位置や方向を定めて、それを元に土地の広さなどを定めることです。 その歴史は古く、古代エジプトの時代から行なわれていたといわれます。日本では、江戸後期に全国測量を行なった伊能忠敬が、日本地図を完成させました。 街 [続きを読む]
  • 好意の効用
  • 今日の心がけ◆美点探しをしてみましょう 私たちの日常生活は、人間関係で成り立っています。人と人との関係は、家庭や職場のみならず、あらゆる場面で築かれます。 昨今は、転職や退職の理由の一つに挙がるほど、人間関係で悩みを抱える人が多くなっているようです。人は誰しも、苦手な人や相性の合わない人はいるものですが、どのようにすれば良い人間関係を保てるのでしょう。 それには、相手に好意を持つことです。そうする [続きを読む]
  • 頼りになる人
  • 今日の心がけ◆日々のコミュニケーションを大切にしましょう 仕事に限らず、様々な場面において「頼りにならない人」と言われるより、「頼りになる人」と言われるほうが嬉しいものです。 一般的なイメージとして「頼りになる人」とは、頼る側の思いを叶えてくれる、「できる人」ということになるでしょう。ところが、「できる人」が必ずしも頼られるかというと、そうともいえないのです。 では、どのような人が「頼られる人」な [続きを読む]
  • 集金の心得
  • 今日の心がけ◆事前に確認をしましょう 新卒で工具店に入社してHさん。上司に同行しながら、営業職のノウハウを学び、1ヵ月が経過した時のことです。 上司から「月末の集金に1件、代わりに行ってほしい」と依頼されました。注意点は「あまり早い時間帯にいかないように」ということだけでした。 集金の日、正午近くに得意先を訪ねると、「御用のある方は、午後にお越しください」という張り紙がしてありました。 そこで、午後 [続きを読む]
  • 輝く自分へ
  • 今日の心がけ◆自分に磨きをかけましょう 5月の誕生石はエメラルドです。鮮やかな緑色が印象的なこの宝石は、かの有名なクレオパトラも愛用するなど、古来より人々を魅了しています。 エメラルドは、コロンビアやブラジルなどで採掘されます。採掘された原石は、宝石でない部分も多く、人目ではエメラルドだとわからないこともあります。それが職人の手による選別や研磨を経て、美しく輝く宝石となるのです。 大きくて色のよい [続きを読む]
  • 母の笑顔
  • 今日の心がけ◆諦めずに続けましょう 久しぶりに実家に帰省したSさん。外出する際、母が「いってらっしゃい」と玄関まで見送ってくれました。その瞬間、ふと10年前のことを思い出しました。 当時Sさんは中学生でした。ある朝、家を出ようとすると、母親が玄関までやってきて、「いってらっしゃい」と、笑顔で握手を求めてきました。 その頃は反抗期で、朝から母親と握手をするなど、とても恥ずかしくてできません。Sさんは握 [続きを読む]
  • ウインカーのように
  • 今日の心がけ◆情報の共有を図りましょう Nさんが自家用車で出勤していた時のことです。隣の車線を走っていた車が、ウインカー(方向指示器)を出さずに、目の前に入ってきました。 慌ててブレーキを踏んだので、事故にはなりませんでしたが、〈危ないなあ。どうしてウインカーを出さないんだ〉と腹が立ちました。その日、帰宅した後、Nさんは改めてウインカーの意味を調べてみました。 「ウインカーを出すことで、 右折、左折 [続きを読む]
  • いずれ菖蒲か杜若
  • 今日の心がけ◆疑問に思ったことは調べてみましょう 5月は花菖蒲が見頃の時期です。菖蒲園に足を運んだり、家に飾ったりして、目や心を癒やしている人もいるのではないでしょうか。 古くは歌川広重の浮世絵にも登場し、昔から日本人に愛されてきた花です。しかし、知られていないことが意外に多くあります。 花菖蒲はアヤメ科の多年草です。同じアヤメ科の「菖蒲(あやめ)」と呼称されることが多い一方で、「菖蒲(しょうぶ) [続きを読む]
  • 腹が立っても
  • 今日の心がけ◆先手の挨拶を心がけましょう もともと人と接することが大好きなM君ですが、時に、短気な性格が顔を出すこともあります。 M君の教育担当を務める先輩は、仕事の基本を細かに教えてくれる人でしたが、細かすぎるところがありました。 入社から1カ月が過ぎた頃、先輩から電話応対に関する指摘を受け、謝っていたM君。しかし、途中からは身に覚えのないところまで指摘が続きました。 徐々に自分の顔色が変わってい [続きを読む]
  • 上を向いて歩こう
  • 今日の心がけ◆楽しく続ける工夫をしましょう 会社の健康診断で軽肥満の判定が出たDさん。医者から「定期的に運動をするように」と言われ、早朝にウォーキングすることを決意しました。 GW休暇は特に予定がなかったため、いつもより2倍の「1日2万歩」を目標にウォーキングしました。Dさんの歩幅では、およそ12キロメートル、2時間半の運動になります。 歩き始めは気持ちが高揚しているため楽しいのですが、2時間ほど [続きを読む]
  • 苦手の克服
  • 今日の心がけ◆身近なところの後始末をしましょう Tさんは、仕事で毎日、車を運転しています。ある時、部署の先輩が同乗した際、車の運転が荒いこと、社内が散らかっていることを指摘されました。 「毎朝、朝礼で 『物の整理は心の整理、感謝を込めて後始末』 と斉唱しているだろう。 車の後始末だけでも取り組んでみたらどうだ」と言われたのです。 たしかにTさんは後始末が大の苦手でした。机やロッカーに物が散乱し、車 [続きを読む]
  • 電話ボックスはどこに?
  • 今日の心がけ◆「もしも」を想定して備えましょう 便利な携帯電話ですが、自然災害など、有事の際にはつながりにくくなる時があります。そうした際に、公衆電話が命綱になることがあります。 ある朝、C社でもこのことが話題になりました。携帯電話がつながらなかった時に、電話ボックスを見つけて、ようやく家族と連絡が取れたことなどを口々に話していました。 その中の一人から、「会社に一番近い公衆電話の場所を覚えておい [続きを読む]
  • この道70年
  • 今日の心がけ◆仕事の原点を振り返りましょう 昭和を代表する駄菓子・梅ジャムが、生産70年の歴史に幕を下ろすことになりました。長年一人で作り続けたのは、現在87歳の高林博文氏です。 終戦後、「家の経済を助けたい」という一心で、16歳から露店で梅ジャムを売り始めた高林氏。乾物屋でくず梅の梅肉を仕入れて、暇さえあれば鍋に梅肉を入れて掻き回し、よい味加減を研究してきたといいます。 高林氏はあえて後継者をつ [続きを読む]
  • 直球勝負で
  • 今日の心がけ◆熱い思いを持って仕事をしましょう Kさんは転職し、今までとは違う営業の仕事に就きました。 新しい会社での研修期間も終わり、先輩と一緒に、いよいよ営業に回ることになりました。お客様と交渉する先輩の姿から営業のやり方を学びつつ、Kさんも自分なりに準備を進めていました。 ところが、ある取引先で想定外の質問をされ、適切な返答ができませんでした。その場は先輩のフォローで、何とか切り抜けることが [続きを読む]
  • 坂を下る時は
  • 今日の心がけ◆経験を伝えましょう 友人を見舞うため、Tさんが、近くの総合病院に行った時のことです。 階段を昇っていると、隣のスロープを車椅子で降りてくる男性の姿が目に入りました。男性が乗る車椅子を、奥様と思われる女性が押していました。 二人の様子を見ていると、心なしか、坂を下る速度が徐々に増しているように見えます。奥様の手元もおぼつかないようです。Tさんは直感で〈危ない〉と思い、声をかけて止まって [続きを読む]
  • まず姿勢から
  • 今日の心がけ◆姿勢を見直しましょう 人は他人から、「見かけ」で判断させる割合が大きいものです。外見と中味はもちろん違いますが、姿勢が周囲に与える印象は軽視できないでしょう。 背筋が伸びて、美しい姿勢を保っている人は、元気があり、自信に満ちているように見えるものです。 一方、猫背ぎみの人、うつむきがちの人は、覇気がない、だらしがない、落ち込んでいるといった印象を与えてしまいがちです。 今日は働いている [続きを読む]
  • 定期券を落としましたよ
  • 今日の心がけ◆周囲を思いやる気持ちを持ちましょう 今年2月、関東地方は数年ぶりの大雪に見舞われました。交通網は大幅に乱れ、多くの利用者が不便な思いをしました。 Aさんもその一人で、通常1時間の乗車時間が、遅延や徐行運転の影響で、3時間にもなりました。通勤ラッシュ以上の人込みの中、やっとの思いで帰路に着きました。その電車内での出来事です。 「○○さん、定期券を落としましたよ」と、乗客の一人が車内で声 [続きを読む]
  • 良かれと思って
  • 今日の心がけ◆相手の思いを汲み取りましょう Aさんは、妻がパートで働くようになったことをきっかけに、少しでも家事を楽にしてあげたいと手伝うことにしました。 ところが、食器洗いをしようとすると、「後で私がやるから」と止められてしまうことが、度々ありました。 釈然としないAさんでしたが、その訳を聞いてみると、「洗い方が雑でうるさく、食器が割れそうで心配なの」という答えが返ってきました。さらに、「手伝っ [続きを読む]
  • 自分で払う
  • 今日の心がけ◆スキルアップへの工夫を凝らしましょう 英語学者、評論家など、多方面で活躍した、上智大学名誉教授の故・渡部昇一氏は、「身銭を切る」ことの意義について次のように述べています。 「ほんとうに味覚を楽しもうと思ったら、 身銭を切った店の食事がよいのではないか。 身銭を切っておれば、 まずいかうまいかについての判断もきびしくなろう。 凡人の場合、 身銭を切るということが、 判断力を確実に向上さ [続きを読む]
  • 前向きな言葉
  • 今日の心がけ◆まずは受け入れましょう 平昌オリンピックが終幕して3カ月が過ぎました。感動の余韻は、それぞれに残っていることでしょう。 ことにカーリング女子チームの「そだねー」という言葉は、チームの中だけでなく、競技を見る人にも笑顔と勇気を与えてくれました。気が早いようですが、今年の流行語大賞を予感させるほどの席巻ぶりです。 なぜ、それほどに人々の心を捉えたのか、それは「そだねー」の響きが肯定的で、 [続きを読む]
  • 体で学ぶ
  • 今日の心がけ◆体感して感動を得ましょう 旅行が趣味のYさんは、休日を利用して、しばしば一人旅に出ます。Yさんが鹿児島県に出かけ、南さつま市にある竹田神社を訪れた時のことです。 竹田神社には、島津忠良公が詠み、薩摩藩の郷中教育の基本精神となった「日新公いろは歌」47首の石碑が立ち並んでいます。この歌のはじまりは「い」から始まる、次の歌です。   いにしえの 道を聞きても 唱へても           [続きを読む]