campus さん プロフィール

  •  
campusさん: campusのSmile Cafe
ハンドル名campus さん
ブログタイトルcampusのSmile Cafe
ブログURLhttps://ameblo.jp/campus2247/
サイト紹介文みやび堂とヘルシールームSMILEの店長日記です。
自由文文具と開運手彫印鑑の店『みやび堂』と併設する『ヘルシールームSmile』の店長が綴る日々日記です。母の介護あり、倫理法人会での学び、ダイエットメニューやダイエット用品のことなど幅広く綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/04/21 09:23

campus さんのブログ記事

  • もうすぐ春
  • 今日の心がけ◆適度な緊張感を持ちましょう 「春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂のしづくも 花と散る ながめを何に たとふべき」 これは滝廉太郎作曲、武島羽衣作詞の童謡「花」の1番の歌詞です。「春の穏やかな陽気の隅田川。 川を上り下りする船の船頭の櫂に付く水滴も、 花のように散る。 この素晴らしい眺めを何に例えられるだろうか」という意味です。 春うららかな川の情景と共に、水面をゆるやか [続きを読む]
  • 良い仕事をするには
  • 今日の心がけ◆生活リズムを整えましょう 書家の紫舟さんは、「良い作品を生み出し続けるために気をつけていることは、 規則正しい生活リズムを守ること」だと語っています。 書家として活動し始めた頃は、2日連続の徹夜など、無茶をしたことがあったといいます。なかなか納得のいく作品ができずに焦りが募る中、尊敬する先輩から、「毎朝同じ時間に起きて、仕事をして、寝るのが大切だ」と教えられました。 せっかくのアドバ [続きを読む]
  • 見直す3月
  • 今日の心がけ◆マンネリを解消しましょう 年度末となり、間もなく新たな社員を迎える職場もあるでしょう。 Y社では、毎年3月、日頃の業務や、業務に伴うさまざまなルーティンの見直しを行なっています。その一つが朝礼です。 チェックポイントの1つ目は、基本動作です。参加者それぞれが、自分の姿勢、挨拶の所作やタイミングが、基本通りにできているかを確認します。 2つ目は、挨拶実習や本誌『職場の教養』を輪読する際の [続きを読む]
  • 上達の秘法
  • 今日の心がけ◆1日1回を繰り返しましょう 人には誰でも「こうなりたい」という願望があります。身近な例を挙げると、「料理が上手になりたい」「英会話を身につけたい」「誰にも負けない技術者になりたい」など、人それぞれでしょう。 M氏は営業マンだった30代前半、取引先の社長に勧められて、ゴルフを始めました。何度か通ううちに面白くなっていきました。 ところが、5年ほどして、どんなに頑張ってもスコアが伸びなく [続きを読む]
  • 情熱を燃やす
  • 今日の心がけ◆仕事に情熱を持ちましょう プロ野球選手・監督として、中日、阪神、楽天の3球団で活躍した星野仙一氏が1月に他界しました。今月、星野氏がかつて所属した3球団が喪章をつけて、オープン戦で追悼試合に臨みます。 星野氏は、野球に熱き情熱を向ける一方、福祉活動にも力を注いできました。出身地である岡山県内の社会福祉法人「旭川荘」をたびたび訪れ、野球に似た「ティーボール」を通じて、子供たちとの交流を [続きを読む]
  • 本屋からの転身
  • 今日の心がけ◆お世話になったことを振り返りましょう Iさんは現在、熊本県で高齢者向けのデイサービスを運営しています。以前は夫婦で書店を営んでいました。小さいながらも街で唯一の書店だったため、多くの人が訪れていました。 しかし、時代の流れの中で、郊外に大型書店ができ、町にはコンビニエンスストアも増え、30年間続けてきた書店を閉めることになったのです。 新しい仕事を始めるにあたり、これまでお世話になっ [続きを読む]
  • 挨拶は空気を変える
  • 今日の心がけ◆爽やかな挨拶をしましょう 爽やかな挨拶を「気持ちの良い挨拶」と表現することがあるように、明るい朝の挨拶は、周囲にとって快いものです。 バス通勤のYさんが、いつものようにバスに乗り込むと、後ろに続く小学生の男の子が、「おはようございます」と、元気に挨拶をしてバスに乗りました。 運転手が、それに応えるように「おはよう」と挨拶すると、続いて乗り込む人たちが、次々に挨拶をし始めたのです。 互い [続きを読む]
  • 試合は続く
  • 今日の心がけ◆気を緩めず帰宅しましょう Sさんの趣味はプロ野球観戦です。ある球場で試合を観戦した時のことです。 座席は熱狂的なファンが陣取る外野席でした。鳴物が響き渡り、応援コールが球場内をこだまし、Sさんもその雰囲気を楽しんでいました。 試合は、手に汗を握る攻防の末、応援するチームが勝ちました。興奮さめやらぬ中、Sさんは帰り支度を始めました。 すると、「家に着くまで試合は続いています。 目の前のゴ [続きを読む]
  • 亡き社員からの贈り物
  • 今日の心がけ◆つながりへの感謝を深めましょう 北陸地域で紙製パッケージを企画・製造するI社。同社が手掛けているジッパー付きパッケージには、一つのエピソードがあります。 今から20年前、新卒の営業社員としてKさんが入社しました。彼は元気で明るく、すぐに社内のムードメーカー的な存在となりました。それまで大人しいタイプの社員が多かった職場の雰囲気は、活気に満ち溢れていきました。 ところが8年後、Kさんは [続きを読む]
  • 伝統継承
  • 今日の心がけ◆オンリーワンを活かす視野を持ちましょう 日本の伝統産業の世界で、モノ作りへの新たな挑戦が展開されています。 京都の西陣織の老舗・株式会社細尾は、従来の和装品に限らず、織物技術を駆使して、ソファの布地やインテリアの分野にも進出しています。 着物の需要が減少する中、2009年、フランスの国際見本市に出品したクッションや椅子が「独特の光沢や色使いがすばらしい」と評価されました。その後、高級 [続きを読む]
  • 長男の心の内
  • 今日の心がけ◆家族間のコミュニケーションを深めましょう Sさんは、毎朝、家族と挨拶を交わします。家で過ごす時間が少ない分、スキンシップを深めようと、挨拶と共に握手をするようにしていました。 ある朝、いつものように手を差し出すと、長男が握手を拒み、無言で立ち去ったのです。驚いたSさんは、妻にそのことを話しました。 妻は「もう6年生になったし、気恥ずかしいのかもしれない」と言い、続けて「ひと月くらい前 [続きを読む]
  • 犬の心主知らず
  • 今日の心がけ◆まずは信頼関係を築きましょう 動物が大好きなAさんは、旅行へ行く友人が飼っている犬のカイトくんを、3日間預かることになりました。 その際に友人から、「無理して散歩に行かなくてもいいよ」と言われました。犬を飼った経験がないAさんにとっては、憧れの犬の散歩だったため、翌朝、張り切って散歩に出かけようとしました。 しかし、カイトくんは、その場から動かず、歩こうとしません。リードを引っ張りな [続きを読む]
  • 襷をつなぐ
  • 今日の心がけ◆役割を再確認しましょう 20世紀の初頭、フランスの脳学者・リンゲルマンは、一人で綱引きをする力が100%だとすると、5人では70%、8人では49%と、一人あたりの力の量が低下するという実験結果を明らかにしました。 集団の中では努力の量が低下するという現象は、リンゲルマン効果(社会的手抜き)と呼ばれます。では、どのようにすれば、パフォーマンスを高めることができるでしょうか。方法の一つに [続きを読む]
  • 楽しく歩く
  • 今日の心がけ◆積極的に歩きましょう 成人の週1回以上のスポーツ実施率は42.5%で、スポーツ庁では、その率を65%まで引き上げることを目標にしています。 スポーツ庁の鈴木大地長官は、昨年「FUN+WALK PROJECT」を提唱しました。これは「楽しく歩く」という意味です。 国民医療費が40兆円を超える現在、歩くことにより、医療費を抑制し、健康寿命を延ばすことが期待されています。 また、歩く目的は健 [続きを読む]
  • 共に食事をする効果
  • 今日の心がけ◆思わぬ効果の発見に意識を向けましょう 自動車整備業を営むB社では、社員の発案で、毎週水曜日は、全社員で一緒に昼食をとるようにしています。経営者であるB氏も同席をしています。 基本的には、それぞれが持参したお弁当や、スーパーで買ってきたものを食べるというスタイルです。時には、一つの鍋を囲んだり、戴き物を持ち寄るなどして、同じものを食べることもあります。 酒席ほど乱れず、会議よりは堅くな [続きを読む]
  • 思い出のビデオテープ
  • 今日の心がけ◆両親への思いを深めましょう 整理整頓をしていると、思いがけなく昔の写真が出てくることがあります。 Nさんは、家族の荷物が増えたため、部屋の整理をしていました。すると、古いビデオテープが数本出てきました。しかし、再生する機材がないため、何が映っているのかがわからず、捨てようと思っていました。 その後、ビデオテープをDVDにダビングするサービスがあることを知り、業者に依頼をしたNさん。完 [続きを読む]
  • エレベーターボーイ
  • 今日の心がけ◆日常の声かけを大切にしましょう Kさんは、職場がビルの高層階にあるため、エレベーターをよく使います。 時々、混み合っているエレベーターで、階数ボタンの近くに立っていると、「すみません。○階を押してください」と頼まれることがあります。周りの人を押しのけて、自分でボタンを押す人もいます。 そのような時は、エレベーター内は、無言で重苦しい雰囲気になります。明るいことが好きなKさんは、〈何と [続きを読む]
  • 分ければ資源
  • 今日の心がけ◆ごみの出し方に配慮しましょう ある建設現場で、Sさんは「建設副産物分別ヤード 分ければ資源 混ぜればゴミ」と、大きく書かれている看板を目にしました。 その分別箱には、可燃ゴミと不燃ゴミ、再生できる資源ゴミが、きちんと分けて入れてありました。 Sさんは、自宅近くにある、家庭ゴミの収集所を思い出しました。古新聞や古雑誌などの資源ゴミと、可燃ゴミが混在しているゴミ袋もあります。時折、行政で [続きを読む]
  • まあいいか
  • 今日の心がけ◆気づいた時に確認しましょう ある朝、Aさんが、3歳の息子を保育園に送りに行った時のことです。会社に行こうと教室を出たところで、息子が、厚紙でできた紙飛行機を持ってきて言いました。「パパのかばんに入れておいて」 〈いいのかな?〉と一瞬ためらいましたが、急いでいたこともあり、〈まあいいか〉とそのまま鞄にしまいました。 しかし、保育園を出てから、このことが気になりだしたのです。〈無断で持ち [続きを読む]
  • 十日町雪まつり
  • 今日の心がけ◆道具や物を大切に扱いましょう 新潟県十日町市は、日本でも有数の豪雪地帯です。昭和25年に、はじめて「十日町雪まつり」が開催されました。 その当時の雪かきは、除雪機もない中で「こしき(木のスコップ)」などを用いて、家族総出で除雪をしていました。厳しい冬でも、「雪を友とし、雪を楽しむ」という住民の思いから生まれたのが雪まつりです。 祭りといえば楽しむという印象がありますが、第1回の「十日 [続きを読む]
  • 鏡の私に
  • 今日の心がけ◆自分を褒めてあげましょう 「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは、だあれ?」と、魔法の鏡に問いかけるのは、童話「白雪姫」の一場面です。とはいえ、あれは童話の世界と一笑に付さずに、鏡に向かった時、そっとつぶやいてみてはいかがでしょうか。 「君は最高だ」「素晴らしい」「ステキだよ」など、人が聞いたら吹き出すかもしれませんが、自分に向かって言うことに遠慮はいりません。 むしろ、言葉に出して言い続け [続きを読む]
  • チョコレートに夢中
  • 今日の心がけ◆物のルーツを探りましょう 本日は、バレンタインデーです。 Sさんは、〈バレンタインとは一体何なのか?〉と疑問に感じていました。そこで、その起源について調べることにしたのです。 3世紀のローマでは、皇帝クラウディウス2世が兵士に結婚を禁じていました。これを憂えたキリスト教の司祭が、密かに彼らを結婚させていましたが、それが皇帝に伝わり、処刑されてしまいます。その司祭の名前がバレンタインで [続きを読む]
  • わが心の法則
  • 今日の心がけ◆「次はいいことがある」と受け止めましょう 老若男女にかかわらず、日々を生きていると、楽しいことや辛いこと、嬉しいことや悲しいことが起こってきます。 楽しいことや嬉しい出来事が起きると、〈またこんなことがあればいいな〉と思うものです。 「私は『良いことがあると、次は悪いことが待っているのではないか』という思考が働く」と述べているのは、東京大学教授の西成活裕氏です。氏は、それを「損得一定 [続きを読む]
  • 自己管理のトレーニング
  • 今日の心がけ◆自分を管理する力を身につけましょう 社会人の皆さんの中には、一人暮らしをしていたり、その経験があるという人もいることでしょう。 一人で生活をするとなると、今まで誰かにしてもらっていたことを、自分でしなければなりません。必然的に、いろいろな能力が備わってきます。家族と同居していた時には知らずにいた、様々な事柄を学べるでしょう。 一人暮らしの利点は「自己管理力」がついてくることです。自分 [続きを読む]
  • 建国記念の日
  • 今日の心がけ◆原点を振り返りましょう 本日は「建国記念の日」という祝日です。「建国をしのび、国を愛する心を養う」ことを趣旨として、1966年(昭和41年)に制定されました。 もともと2月11日は、「紀元節」という祭日でした。『日本書紀』が伝える、初代天皇である神武天皇即位の日というのが、その由来です。 「紀元節」は、戦後に一度廃止されましたが、その後、復活させようという機運が高まりました。様々な議 [続きを読む]