村雨庵 さん プロフィール

  •  
村雨庵さん: 村雨庵 茶の湯日記
ハンドル名村雨庵 さん
ブログタイトル村雨庵 茶の湯日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tukiduki
サイト紹介文日々是茶の湯
自由文ざーっと降ってカラッと上がる通り雨が村雨 まあ 暫し雨宿りにお寄りあれ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/04/21 18:52

村雨庵 さんのブログ記事

  • 葡萄美味
  • この暑い夏の間 台風が来たりゲリラ豪雨があるので濡れ縁にビニールを掛けておいた退院してその濡れ縁のビニールをはずすと端の二枚の板にしっかりとシロアリの痕があったネットで業者を探して見積もりに来てもらうと大した被害はないが蟻道というあとがあ... [続きを読む]
  • 秋の雨の
  • 秋の雨の晴れ間に出でて子供らと山路たどれば裳の裾濡れぬ 良寛メロンをもらった友人が二人遊びに来たので一緒に食べよう半分を三人で今食べて残りは三つに切って各自後で食べるようにラップにくるんでお土産にしましょうと私が言った友人が切って... [続きを読む]
  • 美ささ苑 楽の会
  • 今日は朝 五時に起きた久しぶりにひとえの着物を着て茶会の手伝いに八王子までアイテラ氏の車で出掛けた八王子の美ささ苑にてお弟子のケンケンが茶会をするのだ社中は手伝い午前中は曇りだったが午後は雨の予想お客様の帰りも自分達も着物では大変だ道具... [続きを読む]
  • 忘るなよ
  • 忘るなよ たのむの沢を 立つ雁も いなばの風の秋の夕暮れ (新古今和歌集)和歌の作者は後京極摂政太政大臣九条 良経クジョウヨシツネ平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。従一位、摂政、太政大臣。後京極殿と号した。通称は後京極摂政、中御門摂政... [続きを読む]
  • 秋海棠
  • 秋海棠西瓜の色に咲きにけり 芭蕉今日は紫兎先生のお茶のお稽古早めに終えてサカチカさんと待ち合わせて銀座の司へ茶会の花を探しに行った秋海棠にリンドウ藤袴 ムベ秋の野草があるにはあるが明日の方がたくさんあるとのことそれなら明日にしよう明日... [続きを読む]
  • 唐辛子
  • 青くてもあるべきものを唐辛子 芭蕉今日は文の会昨日も行ったのだがいつものイタリアンで待ち合わせ柿とイベリコ豚の生ハムで乾杯パスタを二種とドリアアラビアータは大盛写真がそれだアラビアータとは唐辛子、にんにくを入れたトマトベースパスタ... [続きを読む]
  • 月はさやけし
  • 風は清し月はさやけし いざ共に踊り明かさむ老いのなごりに 良寛明日は敬老の日自分も還暦をはるかに越え古希に近くになりつつある年をとると同年でも体力や気力の差が大きくなる私などは病気や手術をたくさんしているので体には自信がないがどうあがい... [続きを読む]
  • 雨はれて
  • 雨はれて空青き日の朝川に花きらきらし秋海棠のはな 伊藤左千夫午前中は結構激しく雨が降っていたが今日はみんなで赤坂の塩野へ茶会のお菓子を注文に行く待ち合わせは午後2時ゆっくりのスタートだ新橋からタクシー現在仮店舗ゆえ住所を伝えて行... [続きを読む]
  • 今よりは秋付きぬらし
  • 今よりは秋付きぬらしあしびきの山松陰にひぐらし鳴きぬ作者未詳 万葉集写真はあきづきという梨千葉県産のもので二個頂いた千葉県農業試験場で1985年に新高梨と豊水梨の交配種にさらに幸水梨を交配させて誕生した形が月のように丸いので「あきづき」20... [続きを読む]
  • 三日の月
  • 何事の見立てにも似ず三日の月 芭蕉今日は旧暦8/4 月齢3.4 三日月夜は雨がパラパラ降っている九月といえば中秋の名月十五夜十五夜とは旧暦の8月15日だが新暦9月15日の前後に訪れる 満月の日今年は 9月24日今日は木曜稽古午後からお弟子様が... [続きを読む]
  • 玉藻なる
  • 今日は水曜稽古掛けものは便面玉藻なる讃岐の海も清き名を続きけりいへのひかり増すらむ作者は阪正臣阪正臣 ばん-まさおみ1855−1931 明治-昭和時代前期の歌人,書家。安政2年3月23日生まれ。権田直助,高崎正風にまなぶ。宮内省にはいり,華族女学校... [続きを読む]
  • 山の秋風
  • 今日は旧暦の八朔八月の朔日ツイタチお月様は朔で新月今日は古筆の研究会先月はお休みした退院してはじめて電車にのり渋谷に出た皆早足ですれ違う荷物を持っているのでぶつかったら怖いなんとか無事にたどり着いた今日のお勉強は飛鳥井雅経百人一首94番... [続きを読む]
  • 蝶もなめるや
  • 秋を経て蝶もなめるや菊の露 芭蕉秋になってもいまだに飛んでいる蝶は長命になるというあの菊の露をなめたのだろうかという九月の九日は菊の節句五節句のひとつ重陽の節句だ今日は羊の会クマショウさんちで花月の会大勢で昼食クマショウさん一家... [続きを読む]
  • 柴の戸
  • 柴の戸に訪なう月の影落ちて金水引にひかり集めん 村雨庵紫兎先生の七事式のお稽古今日は濃茶付花月と唱和乃式と雪月花私のメモゆえ確定ではない各自確認されたし唱和乃式の順花寄せのあと亭主は香を焚き香盆飾ると四畳半に進む濃茶を練る茶碗戻っ... [続きを読む]
  • 秋のはつかぜ
  • うたた寝の朝けの袖に変わるなりならす扇の秋の初風式子内親王今日は髪を切りに予約した美容院へ歩いた終わると整形外科まで歩いた整形外科でリハビリは三種類ある途中で足がいたくなり二種類で止めた筋肉がないとよけいに痛くなるらしい帰りはタクシー... [続きを読む]
  • 秋来ぬと
  • 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる藤原敏行今日は木曜稽古午後からアイテラ氏とケンケンそのあと古志ちゃんが来てお稽古夕方ナナちゃんが久しぶりのお稽古に来たナナちゃんは引っ越しをした家が遠くなったから無理して来なくてもいいからと... [続きを読む]
  • 菊の花
  • 菊の花咲くや石屋の石の間 芭蕉九月の異名として(彩月)いろどりづき(祝月)いわいづき(詠月)えいげつ(菊開月)きくさきづき(菊月)きくづき(晩秋)くれのあき(玄月)げんげつ(建戌月)けんじゅつづき(青女月)せいじょづき(竹酔月)ちくす... [続きを読む]
  • 嵐吹き
  • 嵐吹き籬マガキの萩に鹿鳴きてさびしからぬは秋の山里 俊成藤原俊成1114〜1204正三位皇太后大夫権中納言俊忠の子定家の父幽玄体を唱える二条派の祖今も強い風が音立てて吹き家も少し揺れている明日も午前中までは安心できないようだ [続きを読む]
  • その葉散らすな
  • 桃の木のその葉散らすな秋の風 芭蕉台風が来ているからか今日も寝てばかり取りだめしてあったビデオを集中して見た中国ドラマの開封府北宋を包む青い天北宋時代の包拯ホウジョウという人物のドラマなのだが見始めると面白く次々と見ている緊張感のない一... [続きを読む]
  • 月澄む空
  • いかばかり嬉しからまし秋の夜の月澄む空に雲なかりせば 西行月澄む空とはいえない空だが先ほど茶事から帰って来た今日は九州のお弟子様がお稽古やって来る予定になっていたでも私は退院したばかりでお稽古もできないそこでサカチカさんに茶事をリ... [続きを読む]
  • 人しれぬ
  • 人しれぬわが通ひ路の関守はよひよひごとにうちも寝ななむ(伊勢物語五段)これを含んで俳句をよんでいるとか猫の妻竃の崩れより通ひけり 芭蕉写真はうちの猫ミーちゃん太って写っている [続きを読む]
  • 笠もなき
  • 笠もなきわれを時雨るるかこは何と 芭蕉時雨は秋深くなるもっと先に降る雨だろう最近はゲリラ豪雨とやら激しい雨が降るのだがちょっとの雨だったら私は傘をささない長靴もほとんど履かない面倒なのだでも雨のレインコートや長靴も大好きな何人かを知っ... [続きを読む]
  • 葛の葉の
  • 葛の葉の面見せけり今朝の霜 芭蕉八月の最後の稽古日葛の絵の平棗 と思っていたが萩の絵かもしれない花は葛みたいだが葉はどう見ても萩そこで萩の句も一家に遊女もねたり萩と月 芭蕉茶杓の銘は「籬」作者は円覚寺前管長足立慈雲菓子の銘は「玉川」... [続きを読む]
  • 雲をりをり
  • 雲をりをり人をやすめる月見かな芭蕉十時半の予約足を手術した病院へ行った術後は上々一年位はかかりますがこれからどんどん良くなりますよと先生のお言葉足はじわっと痛いのだがそう聞くと気分も体もぐんと元気になる言葉は不思議だお互いにマイ... [続きを読む]