爺 さん プロフィール

  •  
爺さん: たかが一人されど一人
ハンドル名爺 さん
ブログタイトルたかが一人されど一人
ブログURLhttp://takaga.blogspot.com/
サイト紹介文老人にはなりたくないと思っても歳には勝てません。しかし、若者に負けず頑張ろうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2009/04/24 18:27

爺 さんのブログ記事

  • 個人的思い
  • 先週11日以来5日もブログを休んでしまった。暑気あたりで寝込んだわけでもないので自分でも不思議に思うが、心当たりが一つある。お盆には亡き人が自宅に戻るそうだ。お盆だからとて特別に精進したわけでもないが、婆さんが死ぬまで意見を変えず攻め続けていたのがブログ問題、婆さんとは性格が大きく違っても思想的にはかなり一致するところもあったし、こちらがやりたい放題していても特に嫌な顔はしないので夫婦仲は円満であ [続きを読む]
  • 憧れの有楽町
  • 昨日は暑さ対策で有楽町の映画館に出向いた。映画は「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」お馴染みトム・クルーズさんの大活躍で楽しかったが、それより感激したのは映画館。ここはもう何度か来ている東京ミッドタウン日比谷の中だ。昨日初めて気が付いたのは、映画館が10軒入っていてそのスケールが全部異なっているらしい。昨日の映画はその中で最大の部屋での興行だったようだ。約60年前、初めて江戸に来た時も有 [続きを読む]
  • 自戒:文章は簡潔第一
  • 毎日のように駄文を書き綴っているが、これにどんな意味があるのか自分でも分からない。今更綴り方のお勉強でもあるまいと思ったりすることもあるが、それ以外の意味も見つからない。仮にお勉強だとしても何を学んだのかと自問すれば答えに窮する。しかし昨夜テレビを観ている時ふと閃いた。観ていたのはBSフジ20:00からの「プライムニュース」テーマが来月の自民党総裁選について、出演者は元小泉総理の秘書官飯島功氏、自民 [続きを読む]
  • 極楽島ニッポン
  • 今週は台風13号が日本にやってくるとのこと。春先の長雨、夏の酷暑、秋の台風、冬の大雪とくれば日本は年がら年中お天気を心配しなければならない。その上心配しても始まらない地震のおまけまである。しかしこれはもう日本だけの問題ではなく、現在世界各地における自然災害は凄まじいものがあるようだ。大げさに言えば各宗教が唱える終末期現象が始まったかのようだ。加えて人災、アメリカの大魔王ならぬ大統領閣下が世界中に喧 [続きを読む]
  • 束の間であっても
  • これまで昼は出かける時でも半ズボン、帽子、にタオルを首に巻いたりして、徘徊老人を絵に描いたようだった。昼飯に出かけて少し歩いて帰るだけで汗がびっしょり、帰るとすぐシャワーを浴びずにはいられなかった。挙句の果てが疲れ果て昼寝をしてしまうとか。兎に角一日何もできない日が続いていたような気がする。ところが今日は台風の影響で束の間のことだろうが、普通にズボンをはいて外出、家ではまる一日エアコンを使わず過ご [続きを読む]
  • 高みの見物
  • 来月に予定されている自民党総裁選挙。今のところ立候補を正式表明しているのは石破茂氏と野田聖子氏だけだが、野田氏は残念ながらと言うか、身から出た錆かは兎も角立候補できる目は完全に失ったようだ。しかし肝心の安倍総理は立候補表明はせず、どこかの運動部監督さながら地方自治体の議員連中を官邸に呼びつけて懐柔したり脅したり、或いはドタバタと全国を駆け巡ったり、しているようだ。この動きに連動して安倍政権下で甘い [続きを読む]
  • 日本の産業は何処へ
  • 台湾資本に乗っ取られているから仕方ないだろうが、今日の報道ではシャープも白物の家電の国内自社生産からは撤退し、家電生産は亀山工場(三重県亀山市)での一部のテレビ生産を残すのみとなるそうだ。しかし他の家電各社であっても置かれた環境は似たようなものの筈だから、少なくとも家電業界の空洞化はますます進む一方だろう。家電と言えば前世紀以来自動車と共に日本の経済成長を担った車の両輪のようなものだ。自動車は既に [続きを読む]
  • 終戦の月
  • 既に8月、また忌まわしい大東亜戦争終戦の日が直ぐにやってくる。当然であるがその前には広島と長崎が焼き尽くされた日もある。8月は個々の旧盆だけでなく、日本人全体が先祖を深く真剣に弔うべき月かもしれぬ。歴史に詳しいわけでもないので偉そうなことは言えないが、1945年の夏も暑い日が続いていたように記憶している。勿論ポツダム宣言がいつ発令され、いつ国民が知るに至ったかについての記憶は全くない。ただ長じて大 [続きを読む]
  • 疲労困憊
  • 今日は可燃ごみの回収日、普段はスーパーのレジ袋1個で足りるのだが、今朝は他に30リットルの袋4個を出した。昨日ブログを書かなかった理由に繋がるのだが、夕方やや涼しくなった4時半頃から日が暮れる6時過ぎまで庭の草取りで疲れ果ててしまった。庭と言って猫の額ほどしかない空きスペースが東と南にあるだけ。北は道路で西は狭いし、昔浄化槽があったのでコンクリートが打たれている。東庭の活用法は昔は駐車スペースだっ [続きを読む]
  • 記憶喪失
  • 今回の台風12号、首都圏での被害は少なかったようではあるが、なんか後味の悪いと言うか、西に去ったと言っても全然さっぱりしない天気だ。今週から暑さもぶり返すそうだが、身体の調子までさっぱりしない。一番の原因は右肩の痛みが取れないことにある。接骨院の先生は「暫く歩くこともやめてそーっとしてみては」とアドバイスをくれたので、この週末2日は出来るだけ休んでいたが調子は良くなりそうもない。専門家は原因が分か [続きを読む]
  • 都市の防災
  • ここ3日くらいは凌ぎやすい日が続いていたが、台風12号が明日から明後日にかけて首都圏にも相当な風雨を齎しそうとの警報が出ている。予報通りとすれば東から風が吹き込みそうなので、今回のリフォームで全く触らなかった東側の雨戸を明るいうちに閉めてしまった。準備万端整えると、大概無用のことになる場合が多いが、1年に1度くらい埃まみれになって雨戸を引いてみるのも悪くはあるまい。数年前の冬、雨戸を閉めずにいたら [続きを読む]
  • 新しい分野
  • 我が国は70年以上戦争はせず、我々庶民の暮らしも豊かになった。統計を確認していないので分からないが、日本より豊かな国を探す方が難しいのではないか。義務教育制度も完備して国民の識字率も高い。なのに、新しい活力が湧いてくる気配が無いのは何故だろう?少子高齢化社会と言われるが、毎年100万人近い赤ちゃんが誕生して育っていく。彼等は皆「新しい活力」の潜在勢力だから、活力が湧かないとは断言できない。しかし国 [続きを読む]
  • 夏の思い出
  • 長野市は今日も35度だと言うので首都圏だけのかもしれぬが、昨夜雨が降って今日は比較的凌ぎやすかった。しかし連日の暑さにやられた身体の疲れは抜けきらない。今朝板橋区でランドセルを背負っている少年少女に遭遇したが、何らかの理由でまだ夏休みに入っていない小学校があるらしい。先ほどテレビを付けたら岐阜県多治見市、小学校のエアコン普及率は1%と聞いてびっくり仰天。多治見市はこのところ高温都市としてよく聞く地 [続きを読む]
  • 健康管理
  • 異常気象はどうも世界的傾向らしい。ご案内の通り健康を管理するマネージャーがいなくなってしまったので、酷暑に体を慣らすべく細やか努力として、真昼の炎天下1万歩近く歩くことで己を叱咤激励してはいる。が、とてもやっていられず途中で止めたりする日が続ている。今日も昼食のため食堂まで約20分、45分の休憩後、東池袋の図書館まで約30分、そこから自宅まで歩けば1万1千歩を超す計算だが、途中で嫌になってバスに乗 [続きを読む]
  • 雇用環境と外国人労働者
  • 最近耳にすることが少なくなったが、政府はかなり以前から経済政策の成功を自慢するために「我が国の有効求人倍率は何処の都道府県でも1以上、完全失業率が3%未満と、雇用環境が前政権に比べ劇的に改善している。」と力説していた。確かに世界各国では失業問題が大きな課題なのに対し、数字的には世界に誇るべきものらしい。未だ甥っ子連中は就職年齢に少し時間があるが、我が若かりしときのように苦労しないで済むなら結構なこ [続きを読む]
  • 敢えて蟷螂之斧を
  • 今日は友人が「夕食に来ないか」と誘ってくれた。高校ぐらいまでは友人同士が互いの自宅に遊びに行くのが日常的だったが、大学生になると徐々に減り、社会人になると会社の後輩を自宅に連れてきたことはあるが、こちらから自宅訪問する相手は殆どいなくなった。「自宅に来ないか」と誘ってくれたのは独居を慮ってのことだろうとは思うが、何十年ぶりのことだろうか。暑気払いの先約があったのをキャンセルさせてもらい、有難く受け [続きを読む]
  • 贅沢三昧
  • 昨日は土用丑の日、今朝8時前に長女が特製のうな丼を持ってきてくれたので朝食はそれである。毎年土用丑の日には、義母が島田のうなぎ屋から白焼きとかば焼きを届けてくれて、それを食するのが我が家の夏の風物詩であった。義母は既に93歳で一人住まいお手伝いも置いていない。なのに忘れず孫娘たちに同じサービスを続けているのだから大したものだ。同時にこちらのことも心に留め置いていただき、長女に届けるよう依頼したらし [続きを読む]
  • 暑気払いの一杯
  • どうも14日からの3連休以来少し怠け癖が始まっているので、今日は思い切って日中の暑さの中1時間近く歩いてみた。歩数で約1万1千歩、暑いことは暑いが、その分夜熟睡できるだろう。友人たちが尾瀬に行ったとか北アルプスに行ってきたと聞くと、本当に羨ましい。秋になって涼しくなったら、長野市の飯縄山や上高地には行きたいと思うが、都会で歩いているだけで、涼しくなって山に行った時に少しは役に立つのだろうか?健康は [続きを読む]
  • 健康第一
  • 日中徘徊を続け、何とか1日1万歩を目指すつもりで頑張ってきたが、もうやめた。小中学校が夏休みに入っている時期ならまだしも、未だ7月土用丑の日の前だぜ。頭が変になりそうな暑さだ。朝起きて、家じゅうの窓を開け放ち、風を通して気持ちが良いのもほんの一瞬、10時を過ぎる頃には熱風が家を通り抜けるので、2階なんか暑くていられない。先日民生委員の方が「在宅でも熱中症には十分ご注意を」と注意してくれたのがよく分 [続きを読む]
  • 米ロ首脳の記者会見
  • 昨日行われた米ロ首脳の記者会見。世界の耳目を集め1000人を超す取材陣が殺到したようだが、映像で見る限り会見会場に出席を許された記者は100人そこそこではなかろうか。如何なる基準で選ばれたかも分からないが、プラカードを所持していた記者が事前に排除される一幕があった。日本であれば官邸記者クラブに所属しない記者は最初から会場に入れないだろう。しかも質問が許される記者は予め決められ、更に質問項目迄提出さ [続きを読む]
  • 酷暑
  • 昨日、長野の寺で弟の49日法要と納骨式があったので、一昨日の夕方から行ってきた。長野市と言うと軽井沢を通り過ぎていくので涼しげなイメージがあるが、昼間の暑さは東京と変わりがない。何故か、軽井沢の標高は約千メートルに対し、長野は標高300mくらいの盆地だからである。もちろん故郷だから昔から知ってはいるが、実際に真昼酷暑の中で無帽、黒服で墓前に佇むのは容易ではない。しかも墓は寺の本堂から数百メートル離 [続きを読む]
  • 正反合
  • 47歳、入社25年目の時「タクシードライバーかガードマンにでもなりますよ。」と威勢のいい啖呵を切って会社を辞めたものの、たちまち食うに困って辞職3か月後に前の会社の俸給7掛けを条件に拾ってもらった2番目の会社。この会社の社長さんがユニークな方で、主な仕事は昼夜の会食、後は社内会議で、口癖が「正反合」意味を知らなかったので教えを請うた。要するに「問題を解くとき異論反論を十分戦わせて、適切な方法を導き [続きを読む]
  • 身体も財布もどこまで持つかだ
  • 少し前に書いたと思うが最近右肩が不自由になったので、先ず整形外科を受診した。慶應ご出身の先生で丁寧な診察の後「根本的な治療法はありません。」とのことで1週間分の痛み止め等を処方して頂いた。この先生未だ50歳に届くかどうかだが、繁盛ぶりが凄い。半分以上のスペースがリハビリ専用スペースで老人が押すな押すなである。先生も「マッサージを受ければ大分楽になります。」とお薦め頂いたが、それは今まで週に1日通っ [続きを読む]
  • 自然環境と人
  • 今回の集中豪雨は今朝の段階、全国で155名の死亡者が出ているとのこと。各自治体はそれなりに危険は以前から承知してると思われるし、日本は防災対策の先進国かと思っていたが、どこか変だな。反省しながら思う根本は、やはり自然を弄りすぎることだろう。山に入るのにバスに揺られて一定の標高まで行けることは有難いが、一昔前であればその地点に辿り着くまでに丸一日を要していた場所は各地にある。まして、人里では用水路の [続きを読む]
  • 中国のベンチャー企業
  • アメリカではテスラモーターズのイーロン・マスク氏によって設立されたSpaceX、日本でも堀江貴文氏がインターステラテクノロジズ(株)を立ち上げて民間ロケット運用ビジネスに向け努力を重ねている。前者は紛うかたなき大富豪、後者も昔は大富豪だったと思うが今は知らない。どんな意図があってのことかも詳しくないが、相当な資金を要するチャレンジのようで、堀江氏は事業の緒についたばかりで、打ち上げに2回失敗しただ [続きを読む]