三ちゃん さん プロフィール

  •  
三ちゃんさん: 流転by徒然なるままに〜〜
ハンドル名三ちゃん さん
ブログタイトル流転by徒然なるままに〜〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/izu1547
サイト紹介文三陸海岸にある山田町の事 趣味の シーカヤックの事 海の事など
自由文東日本大震災を被災し家も家財もすべて失い
現在 内陸の紫波町に疎開して早3か月過ぎました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/04/25 11:09

三ちゃん さんのブログ記事

  • 山田祭り
  • 17日の連休の最後の日急遽山田町に行ってきました。娘が震災後から1度もお祭り見てないし友達にも会いたいというので。先月も行ったけど いつしか内陸の人間になったのか沿岸までの道のりが長い。この日はお天気にも恵まれ暑かったです。山田祭りも復活して3・4年でしょうか?震災直後と違い昔通り祭りの定番が出ています。境田虎舞 八木節 大杉神社の神輿みないい顔して生き生き見ている人も生き生き娘も久々生き生きと皆 [続きを読む]
  • 浪板海岸
  • お盆に大槌町山田町に行った途中のホテルはまぎくの駐車場からとった久々の浪板海岸 野島・・・震災前よくカヤックで漕いでいった野島 あの時の海と変わらぬ美しさ震災があったのが嘘みたく穏やかにこの日は凪 浪板海岸を訪れたサーファーも物足りなそう。隣の吉里吉里海岸はお盆でも暑いので海水浴しているのが見えた。浪板海岸の砂浜が戻るのはいつの日か〜〜しばし海を眺めて若き日を思い出す。そして最後の写真は浪板海岸か [続きを読む]
  • 震災直後からの再会と現実の生活
  • 大槌町でいろいろ用事を済ませて27年間暮らしていた山田町に入る。本当に街並みが変わった。大槌町には悪いけど山田町は活気がある。人も車もよく動いている。自然と自分らがいた山田駅前に来ていた。新しい駅になるところの通りには スーパーびはん 食事処みごと そして津波にも流されず残ったいさみビルが見えた。特に私の自宅兼整骨院があった場所には 大きな災害公営住宅が3棟も立ってた。その時偶然車から降りてきた家 [続きを読む]
  • 大槌町
  • 三男さんの災害公営住宅で昼食かねて休憩。この団地の4階に家内の兄(3男)さんが暮らしているが今年還暦だそうだけどこの4階では一番若いので自治会長してくれと周りの住人に頼まれているが辞退してるとか 窓から見えた大槌町の町方はだいぶ住宅も立ち 隣に現在立っている大きな建物は震災の時避難して結構の人が犠牲になった 江岸寺・・・・鉄骨の立派な柱と屋根がすごい。写真を撮るのを忘れてしまった。2年前に来た時より [続きを読む]
  • 町も変わった人の心も変わった。
  • お盆休みの昨日14日に久々沿岸の大槌町 山田町に行ってきました。いつもの通りと思いましたが今回は花巻からの釜石道路で高速道路に乗って快適だが途中遠野市まででまだ完全にできてないのでそこからは国道で釜石に入る。。。お盆中だから当然渋滞です。釜石市内を抜けるまでとろとろ・・・・・・釜石市は震災で津波が来たところと来なかったところでは街並みが全然違います。釜石駅から大渡橋を過ぎていくと新しい町並みがホテ [続きを読む]
  • バースデー
  • 春から今時期までずっと体調悪く最近やっと落ち着いた😌毎年今時期花粉症の症状がひどくて大変です。イネ科の花粉症。また健康診断で毎年数値がいろいろ上がって来てついに今年はコレステロールの薬処方されて毎日朝早く歩いてます!でも今日は自分の50代最後のバースデー来年はいよいよ還暦なので今日は奮発して好きな海産物仕入れてきました!晩酌楽しみです!うに1本しか無かった!ラッキーでした。 [続きを読む]
  • 春実感
  • 内陸に移住してこの冬位雪国の厳しさ実感したとしもないですね!そうゆう訳で本日はタイヤを夏タイヤに交換しました。寒さ雪も多かったけど暖かく鳴り出したら例年より早いタイヤ交換となりました!ついで愛車も洗車して震災から色々この車と戦って来た戦友なので震災の前の年に買い替えたのでまる8年となりました!軽自動車のほうはながされましたがだからこの車は余計に愛着が湧きます!今は船(シーカヤック )を乗せることも [続きを読む]
  • 彼岸入
  • 彼岸入し雪も大分消え遅い春の訪れをやっと少し感じますが朝晩はまだまだ寒いですね。道路の雪が消えたと思ったらアスファルトが穴だらけでボコボコ私の身体もガタガタ?内陸に移住してこんだけ雪かきゆき砕きした年もない!遠くの岩手山は雪が有りますが手前の東根山は雪がありません!リアス整骨院019-681-6729 [続きを読む]
  • 3.11から7年
  • 毎年今時期憂鬱だった。最近は冷静に受け止めれるようになったつもりでいたがあの日の事とか映像とか観ると自然と泣けてくる。正直7年は長すぎた。増えていくのは年だけで猶予期間も終わり借金の返済も再開し同時に被災者の様々な援護も打ち切られ新聞などは決断の時などと掻き立てられても厳しい現実がある。ても今日だけは6255人の御魂に合掌。頑張って生きて行こう! [続きを読む]
  • −17度
  • 今年は雪と低温の話題ばかりですが今朝の紫波の最低気温 −17度だそうです。。。これでも全国27位・・・・・路面凍結で足元ご注意ください!リアス整骨院 019-681-6729 [続きを読む]
  • 東北人魂
  • 例年にない厳しい寒さと大雪の今冬ホットなニュースが昨日入って来た!そこそこメダルは獲得していた日本だが肝心の金メダルがとれそうでなかなかとれないでやきもきしてたところで羽生結弦がきめてくれた。同じような冬季オリンピックで1発で金メダルをとった時の荒川静香を思い出した!どっちも同じ東北人仙台の出身!寒い長い冬だったが心が熱くなった!雪がいっぱい残る道路の端の街灯が暖かく輝いて見えた!リアス整骨院予約 [続きを読む]
  • 雪年
  • 今日は母の施設に会計がてら盛岡まで行ってきましたが帰りは吹雪模様でなんも見えません!でも福井山形に比べればましなんでしょうけど! [続きを読む]
  • 7年〜〜続き
  • 未曽有の被害をもたらした東日本大震災から間もなく7年・・・岩手沿岸部の被災した市町村も街並み道路海岸の防潮堤そして災害公営住宅も地域により格差はあるが80パーセント位は建設されつつある。一応復興は目に見えてきて綺麗な街並みも整いつつあるが半面被害が広く甚大だっただけに時間もかかった。心も体も疲弊し限界に来てた仮設住宅から近代的な災害公営住宅に入りやっと人並みの生活と暖かくて快適な生活となるはずだっ [続きを読む]
  • 7年
  • 平昌五輪も始まり厳しい冬の後半となってきたが本日も雪と雪かきに追われる毎日ですが今日の岩手日報に山田町が載ってました。2011年から2020年迄の復興計画も発展期を迎え町の中心地駅前の商業地も核となる地元のスーパーを中心に駅舎も今年の秋には完成する予定で元山田駅前に住んでいただけに興味深々と新聞を読む。オランダの風車をかたどった駅舎になるという。なんておしゃれなんだろう。山田町は古くからオランダとの関わり [続きを読む]
  • 駐車
  • 毎日毎日雪かきの毎日で皆さまも大変な日々をお過ごしだと思います。特に福井県の方はお見舞い申し上げます。正直これだけ降られると雪の捨てる場所二困ります。来院の際はカーポート患者さん遠慮せず止めて下さい。リアス整骨院予約019-681-6729 [続きを読む]
  • もうたくさん!
  • 震災後内陸に移住し7度目の冬慣れてきたようでも歳なのか今年の冬は超厳しいですね!北海道とか青森秋田にくらべたら笑われそうですが今日は午後から休みですがいつもなら母の居る施設に行くのですが1月は面会禁止となったので久々に温泉に行ってきました。花巻温泉のロビーから見た雪とつららです。あすから2月ですがまだまだ寒さが続きそうです!勘弁して!リアス整骨院予約電話番号019-681-6729 [続きを読む]
  • 凍る1週間
  • 東京でも20センチ以上の積雪があったようですが今週は紫波町も毎日のように雪が降りおまけに気温も低く朝最低気温でマイナス10℃前後最高気温でもマイナス2℃前後で大寒とはいえ厳しい寒さと雪本日治療のあいまに2度目の雪かきしたがすぐ積もるし(汗! )厳しい週となってますねえ、リアス整骨院019-681-6729 [続きを読む]
  • 今冬1番
  • おはようございます!晴れてますが今朝はしばれました。紫波で最低気温−11度です。今日は最高でも−1度位。真冬日になりそうな冬真っただ中の紫波町。。。。7度目の冬ですがやはり苦手ですね〜こないだの雪は先日溶けて道路にはないのが幸い!?寒さで体が硬直してぎっくり腰とか起こす方とか最近多いです。朝は特に注意です。。。。リアス整骨院 019-681-6729 [続きを読む]
  • 仕事始め
  • 遅ればせながら新年おめでとうございます!本年もよろしくお願いします。本日より平常です。年前から雪も多く寒さも厳しい冬ですが足もと注意でお願い申し上げます! [続きを読む]
  • 大荒れ
  • 昨日から発達した爆弾低気圧で昨夜は吹雪模様ですごい風と雪今朝が怖かったが思ったより雪がなくてほっとしてます。毎回の雪かきで体はガタガタですが・・・・・・・・・・・年末は29日まで平常通り年明け1月四日より平常通り治療してます。リアス整骨院 電話019-681-6729 [続きを読む]
  • 災害援護資金
  • 東日本大震災で被災した人たちの生活再建のために、自治体が貸し付けた「災害援護資金」の総額は518億円余りに上ることが国のまとめでわかりました。その返済が今月から本格的に始まりましたが、被災した人たちの中には収入が減ったままの人も多く、不安が広がっています。続きを読む災害援護資金は被災した一定の収入以下の人たちを対象に、自治体が350万円を上限に貸し付けを行い、生活再建を支援する制度です。内閣府によ [続きを読む]