teku さん プロフィール

  •  
tekuさん: Railway Photo Gallery -撮り鉄tekuの写真日記-
ハンドル名teku さん
ブログタイトルRailway Photo Gallery -撮り鉄tekuの写真日記-
ブログURLhttp://railwayphoto.blog73.fc2.com/
サイト紹介文休日はカメラを持ってローカル線へ。 鉄道写真とアウトドアライフ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/04/25 16:58

teku さんのブログ記事

  • わたらせの春(2)
  • 更新が遅くなりましたが、前回の記事の続きです。この場所も、以前に比べて華やかになっています。同じようなアングルで、別の場所から。よく晴れた日ならではのアングルです。一方、太陽が山影に隠れると、雰囲気が変わります。 FC2ブログランキング 写真/鉄道 にほんブログ村 [続きを読む]
  • わたらせの春(1)
  • 北関東は東京都内と比べ、平野部でもソメイヨシノの開花は数日遅いようですが、それでも今年の春の訪れは早いようです。わたらせ渓谷鐵道沿線では、水沼の桜まつり、神戸の花桃まつりが予定されていますが、どうやらそのときにはピークが過ぎそうだ、というわけで、それより1週早く訪れてみました。8年前、2010年の春にも訪れた桜並木です。こちらは8年前の当時の写真、曇りの日、なおかつネガフイルムでしたので柔らかく仕上が [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(6)
  • 最後は布袋尊をお祭りしている、龍眼寺です。「りゅうげんじ」と読みます。天台宗のお寺である龍眼寺 (萩寺)の創建は応永2年(1395)、創建当時は柳源寺と言いましたが、その後、眼病平癒の観世音として信仰を集め、龍眼寺と改名しました。江戸初期には、住職が百種類もの萩を境内に植えたことから、通称“萩寺”として呼ばれるようになりい、「江戸名所図会」には萩を愛でる人々で賑わう様子が描かれています。色紙は500円、御 [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(5)
  • 毘沙門天・普門院を右に出て、すぐにまた右に進みます。路地にある、とっても昭和な美容室。路地を抜け、まっすぐ先は亀戸天神。七福神には含まれていないので、今回は外から礼をして、もう一度右に曲がります。しばらく歩くとスーパー「オリンピック」が見えます。ここで北十間側を渡らず、左に折れ、通り沿いを歩きます。歩道橋の手前を曲がります。福禄寿の江東天祖神社に到着です。創立年代は明らかではありませんが、現社殿は [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(4)
  • 香取神社を出ると、また静かな住宅街に入ります。SL型の時計が可愛いお酒屋さん。猫もお散歩。普門院に到着。真言宗のお寺で、室町時代・大永二年(1522)、千住に創建、江戸時代・元和二年(1616)に現在の地に移転したとのこと。立派な毘沙門堂が建てられています。お寺の中は森のような印象。寺務所前の猫はたくさんの人にも動じず。 FC2ブログランキング 写真/鉄道 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(3)
  • ところどころでスカイツリーが大きく見えてきます。「古書・電子部品」とはどういう組み合わせ?弁財天の東覚寺に到着しました。創立は享禄4年(1531)で、開山は玄覚法印と伝えらる真言宗のお寺です。さらに進むと、程なく明治通りにぶつかります。右手に見える交差点「香取神社前」の歩道橋を渡ります。亀戸七福神の中で、最もお参りするひとの多い寺社です。文化とスポーツの神様として、参拝される方が多いです。恵比寿神と大 [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(2)
  • 亀戸水神でY字に分かれる道を右(交番側)に進むと蔵前橋通りと交差します。歩道橋を渡ると、その先に紫色の「亀戸七福神」ののぼりが見えてきました。ここがスタートとなる常光寺になります。常光寺は曹洞宗の寺院で、本尊の阿弥陀如来は奈良時代の僧侶、行基の作と伝えられています。延命長寿の寿老人がまつられています。ところどころでスカイツリーが大きく見えてきます。 FC2ブログランキング 写真/鉄道 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 亀戸七福神を歩く(1)
  • 昨年の千寿七福神に引き続き、新年の当ブロク記事は亀戸七福神から始まります。期間は元旦から7日までとなっています。亀戸七福神は江東区の北東端である亀戸地区、蔵前橋通り・北十間川・横十間川に挟まれた地域にあります。最寄り駅はJR・東武線亀戸駅、もしくは亀戸水神駅となります。今回は、こういう時でないど利用しないであろう、東武亀戸線の亀戸水神駅より向かいます。列車は2両編成のワンマンカー。亀戸といえば、梅や [続きを読む]
  • 碓氷峠廃線から20年(3) 〜アプトの道〜
  • トロッコ列車を降り、この先、廃線後整備された「アプトの道」を歩きます。公園としても整備されている、人工の湖、碓井湖周辺。「峠の湯」より約1km今回はめがね橋まで。峠の湯から約2km。この先の旧熊ノ平駅までの1.2kmもアプトの道として整備されています。 FC2ブログランキング写真/鉄道にほんブログ村 [続きを読む]
  • 碓氷峠廃線から20年(2) 〜トロッコ列車〜
  • 碓氷峠鉄道文化むらには他にも屋内の資料館がありますが、天気も良いのでトロッコ列車で峠を登ります。トロッコ列車は廃線となった旧信越線下り線の線路を利用し、文化むら〜峠の湯までの約2.6kmを、土日・祝日を中心に5往復しています。(12月〜2月は運休)車両はトロッコ2両と機関車の3両編成。機関車は文化むら側に連結され、推進する格好となっています。窓なしの先頭車は、11月ということもあり、アクリル板が取り付けられ、 [続きを読む]
  • 碓氷峠廃線から20年(1) 〜碓氷峠鉄道文化むら〜
  • 今夏、しなの鉄道訪問前に立ち寄った碓氷峠ですが、碓氷峠越え廃線後、ここを目的地としてへ訪れていませんでしたので、紅葉の季節、改めて訪れてみました。2017年9月の記事湘南電車に出会う旅(1) 峠の釜めし(おぎのやドライブイン)湘南電車に出会う旅(2) めがね橋まずは碓氷峠越えの鉄道の歴史を伝える「碓氷鉄道文化むら」に入ります。横川から軽井沢までの碓氷峠越えは、66.7‰(パーミル = 6.7パーセント)の急勾配が続く [続きを読む]
  • 昭和の列車と昭和のくるま(2)
  • 「みんなでしあわせになるまつり in 夷隅2017」(みんしあ)。昭和の車、ずらりと個人的な思い入れがあるのは、実家のマイカーだった、シビック。埼玉県からチンドン屋さん。ボンネットバスを見るのははじめて。ボンネットバス3台は個人所有のもの。3台、よく見ると個性がありますね。ボンネットバスで会場となる2か所をピストン輸送してくれました。ボンネットバスで移動した先の会場、国吉神社では、消防自動車など。こち [続きを読む]
  • 昭和の列車と昭和のくるま(1)
  • 10月8日・三連休の中日、「みんなでしあわせになるまつり in 夷隅2017」(みんしあ)が開催されました。「昭和に会いに、夷隅へ行こう。」とのサブタイトルがついたこのお祭りは、昭和のボンネットバスや自動車などを展示。もともと「みんしあ」は宮城県栗原市の商店街で始まった、古き良き昭和を再現する祭りであったのを、5年ほど前にいすみ鉄道応援団の皆さんが、昭和のディーゼルカーの走るいすみ沿線で「みんしあin [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(6)
  • 最後の活躍を見せるJR高崎支社の115系を捉えるために、吾妻線沿線へやってきました。天気も良くないので、曇り空が写りこまないような場所を探しながら、吾妻線沿いを移動しします。少し高いところから線路が見える場所があったので、ここで待つことにしました。架線柱が列車の反対側にあり、撮りやすそうです。太陽が出ていなかったので影が出ず、曇りの日向きの撮影ポイントでした。 FC2ブログランキング写真/鉄道にほんブログ村 [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(5)
  • 長野・新潟県境で115系湘南色を捉えた翌日、今度は群馬県の吾妻線へ移動です。吾妻線は現在建設が進められている八ッ場ダムの開発により、新線への付け替えが行われました。旧線はダムの完成とともに沈むことになっています。画面中央の山裾あたりに旧線が見えます。 FC2ブログランキング写真/鉄道にほんブログ村 [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(4)
  • 169系急行型は引退しましたが、この夏の「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせ、しなの鉄道所有の115系近郊型が湘南色に塗り直され運用されると聞き、活躍中の姿を捉えるため、沿線までやって来ました。運用予定表はしなの鉄道のWEBサイトに掲載されていますが、どうやら本日は長野より北、「北しなの線」での運用が中心のようです。ということで、新潟県境まで移動です。JR所有の車両であれば「JR」の白文字ステッカー [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(3)
  • さて、記事タイトルの「湘南電車」が未だ出てきていませんが、ここまできてようやく湘南電車の登場です。元々上野〜長野を結んでいた急行「信州」などで活躍した169系急行型。碓氷峠廃止・新幹線開業後も第3セクター「しなの鉄道」で活躍、2013年に引退。現在は沿線の坂城町によって、しなの鉄道坂城駅前に保存されています。塗装もきれいに塗り直され、保存状態も良いようです。坂城駅にはタンク車が留置されていて、鉄分たっぷ [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(2)
  • さて、ここから碓氷峠を越え、信州・長野に向かいます。峠越えの難所であった横川〜軽井沢間の信越本線が、新幹線開業に伴い廃止されたのが1997年。もう20年が経ちました。鉄道施設の一部は国の重要文化財に指定され、そのうちのひとつ、「めがね橋」の愛称で知られる「碓氷第三橋梁」。横川駅からめがね橋、熊ノ平までの旧鉄道線5.9kmは遊歩道として整備されています。 FC2ブログランキング写真/鉄道にほんブログ村 [続きを読む]
  • 湘南電車に出会う旅(1)
  • この夏、信州デスティネーションキャンペーンが展開されるということで、これに乗じて長野・群馬を回ることにしました。長野県へ行くのには、まずここに寄らないと気分がのってきません。おぎのや 横川店 「おぎのやドライブイン」しばらく来ないうちに、ずいぶんときれいになりました。以前、スキーツアーバスで立ち寄っていた頃は、こんなに洒落た外装でなかったハズ。しかし、「峠の釜めし」は変わらないパッケージ。「信越本 [続きを読む]
  • 鹿瀬俯瞰
  • 福島・会津から、新潟・阿賀へ移動した翌日も、晴れてくれました。鹿瀬駅を発車後の「ばんえつ物語号」は、期待通りに煙を上げてやってきてくれました。 FC2ブログランキング写真/鉄道にほんブログ村 [続きを読む]