バラマン爺 さん プロフィール

  •  
バラマン爺さん: ケアンズから発信する釣り情報
ハンドル名バラマン爺 さん
ブログタイトルケアンズから発信する釣り情報
ブログURLhttp://outdoorsweb.blog42.fc2.com/
サイト紹介文オーストラリア、ケアンズを中心に、パプアニューギニア、ニューカレドニアなどのフィッシング情報を紹介。
自由文オーストラリア、ケアンズを中心に、パプアニューギニア、ニューカレドニアなどのフィッシング情報を紹介。バラマンディ、パプアンバス、マーリン、GT、マーレイコッド、サラトガなど、様々な魚種がターゲット。トローリングからルアーフィッシング、フライフィッシングまで、いろんなジャンルの釣りを紹介しています。ま、節操のない釣り好きオヤジの戯言です。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/04/25 19:40

バラマン爺 さんのブログ記事

  • ケアンズ、アクアリウム(水族館)
  • 昨年8月にオープンした「ケアンズ、アクアリウム」。休みの日に時間ができたので、出かけてみた。海水魚コーナーは、それなり。 日本の水族館と比べるのは、酷というやつです。でも、淡水、汽水域コーナーは、オーストラリアの固有種も展示されていて、かなり楽しめます。写真のジャングルパーチ、優に3キロは超えてます。こんなサイズのジャングルパーチ、いったい、どこの川から獲ってきたのか、知りたいものです。それに続く爬 [続きを読む]
  • HAPPY NEW YEAR
  • 明けまして、おめでとうございます。今年も、宜しくお願いいたします。今年は、3年ぶりに、ウエストパプアへ舞い戻ろうかと思ってます。ウエストパプア以外にも、楽しそうなツアーを企画して、お待ちしてます。 [続きを読む]
  • 「カジキのトローリングって、餌釣りですやん」 −その2−
  • 前回の続きです。さて、今度はリギング(仕掛け作り)です。餌とフックを使ってリギング(仕掛け作り)をするわけですが、カジキのトローリングに使う餌は、デッドベイト(死んだ魚を使うもの)とライブベイト(文字通りの”生餌”)に分けられます。(※ハワイや日本でブルーマーリンをターゲットにする場合は、主にルアーを使います。ここでは、このルアーを使ったトローリングの話ではありません。釣り方が全く異なります。)ま [続きを読む]
  • 「カジキのトローリングって、餌釣りですやん」 −その1−
  • 『カジキのトローリングって、アングラーはリールを巻くだけで面白くない!!』これってホント?いえいえ、そんなこと、ありません。確かに、全くカジキのトローリングを経験したことがない人が、アングラーとして始めて乗船した時は、「ただリールを巻くだけ。」になってしまうかもしれません。でも、自分の為にボートをチャーターして釣りをしてるわけですから、もっとエキサイティングな釣りをしましょうよ。今回は、ケアンズ沖 [続きを読む]
  • マーリンフィッシング DAY4
  • 4日目。最終日。昨日、ようやく4本のマーリンを釣り上げたものの、いずれも200〜300ポンドクラス。せめて600ポンドクラスは欲しいとこと。9時前にはリーフを出て、すぐにルアーを流し始める。流し始めてすぐ、一番手前のルアーにバイトがあり、一気にリールが唸り始める。すぐに他のルアーを回収し、S氏がファイティングチェアーに座ったところでファイト開始。そのとたん、ボートの150メートル程後ろで、その巨体がジャンプ。(そ [続きを読む]
  • マーリンフィッシング DAY3
  • 3日目。昨日より風が上がってきたものの、トローリングには丁度いい具合の波。朝、8時頃、餌用の小型のルアーを引いて、リーフエッジを曳くが、これたいった当たりもなく、10時頃からリーフの外に出てトローリングを始める。丁度お昼辺り、餌用の小型のルアーにカツオがかかり、それをライブベイトにして曳き始める。ボートの速度を、ラインが絡まない程度の微速にまで落とし、ラインを手持ちにして、当たりを待つ。曳き始めて30分 [続きを読む]
  • マーリンフィッシング DAY2
  • 2日目。キャプテンのロス、何を思ったか、アウターリーフに出て、南に舵を切る。状況が芳しくないので、ケアンズの北東にある1級スポット、リンデンバンクに群がる他船を避けて、ギャンブルに出るつもりか?南に下るとジェニールイース辺りだか、かなりの距離。案の定、ほぼ半日かけてジェニールイースまで。移動に終始した1日で、何の変化もなし。風も初日に比べれば、やや収まってきて、クルーズには、絶好のコンディション。夜 [続きを読む]
  • マーリンフィッシング DAY1
  • 8時に出港し、ケアンズの北東、リンデンバンクまで2時間。今シーズン、最後のベストタイドに当たる日程で、他にも15隻程度のボートが、すでにリンデンバンク周辺を走り回っている。始めて1時間ほどで、小型のカジキがヒットしたが、ファイトに持ち込む前にフックアウト。その後、夕方6時まで、ルアーを流し続けるが、それ以降、何の動きもなく、ストップフィッシング。いいクルージング日和でした。 [続きを読む]
  • イースタンコッド、キャンプツアー、釣果
  • 今回の、2泊3日のイースタンコッド、キャンプ釣行の釣果の一部です。アングラー2名(もっとも、その内の一人はオッサン(俺のこと)で、お客さんの世話がメインだったので、半分くらいしか釣りしてませんが)で57匹のコッドでした。今回は、マーレーコッドより早くシーズンインするイースタンコッドを狙ったキャンプツアーでした。キャンプ道具をカヌーに積み込み、途中、2泊して、約20キロ工程を釣り下るという、かなり面白そうな [続きを読む]
  • バイロンベイ
  • 今日は、移動日で、ケアンズからゴールドコーストまで、飛行機で移動。午後半日、時間が空いたので、今まで素通りだったバイロンベイに出かけてみる。バイロンベイは、オーストラリア大陸の最東端で、サーファーのメッカ。誰に聞いても「いい街だよ。」と言うので、前々から出かけてみたかった街の一つ。最東端の灯台を見学した後、眼下に広がるビーチまで車で移動。丁度、夕方の仕事終わりの時間で、ビーチ脇の駐車場で、たくさん [続きを読む]
  • オーストラリア、ウエイパ、ライトタックルヘブン
  • 今回で3回目のウエイパ釣行を楽しんだT氏。本日帰国でした。9マル、8マルサイズはことごとくオートリリースだったようですが、「多魚種を釣る」という目的は、十分達成されたようです。全部で12種とか。ライトタックルヘブンと言われる所以です。また、お待ちしてます。来年、ランオフシーズン(雨期明け直後に当たる4月)では、大物も期待できます。通常、1〜3名で1隻のボートをチャーターします。直行便でケアンズインの後、そ [続きを読む]
  • イアマカツ、アベンタクローラーGT
  • 11月に出かけるイースタンコッド(マーレーコッドの亜種)釣行用に、イマカツ、アベンタクローラーGTを購入。しかし、1個、80ドルですぜ。高い。他に、マーレーコッドの地元で作っているハンドメイドルアー、マッドアイルアー、2点も購入。デカイ。アベンタクローラーが小さく見えます。こんなルアーにバイトしてくるやつは、きっと20キロ超えですぜ。 [続きを読む]
  • 11月、ヘビータックル釣行、空席あり。
  • 今シーズンのマーリンフィッシング、以下の日程でキャンセルの出たボートがあります。6日間の日程ですが、突然のキャンセルのため、5日間のチャーター代金で手配可能とのこと。ご希望の方は、連絡ください。11月5日〜11月10日(5泊6日、ケアンズ発着)11月4日が満月です。11月最初のベストタイド。グランダー、かなりの確率で釣れるはずです。 [続きを読む]
  • GTルアー
  • 3月、ニューギニアで、6泊7日のマザーシップ釣行に参加した際、かなりルアーを痛めつけられたので、今回、日本に帰国したついでに、GT用キャスティングルアーを大人買い。しかし、最近のGTルアーは、高いのね。1万円を超えるのが、普通なの?魚に持っていかれたら、泣くに泣けんワ。 [続きを読む]
  • 今乾季、最初の渓流へ
  • ようやく天候も落ち着いて、本格的なドライシーズンに突入。今年も、渓流フィッシングのシーズンがやってきた。今シーズン最初の渓流釣行をどこにしようか、いろいろと考えた挙句、ジャンボサイズのスーティーグランター狙いで、かなり奥地の源流部近くにするか、まだ出かけたことのない北部の海岸沿いにある大きな滝まで出かけるか、2つのポイントに絞り込む。最終的には、まだ、川の水位が完全に引ききっていないだろうと判断し [続きを読む]
  • ヨーク半島、カルンバ
  • カルンバ、相変わらずいいサイズ、釣れてます。モンスターバラマンディが期待できる最高のロケーション。以下の日程で空きがあります。3名まで乗船可能。ご希望の方、連絡ください。11月1日 夜 日本発11月2日 朝 ケアンズ着、国内線にてカルンバへ11月3日 〜   終日フィッシング11月4日11月5日 昼 カルンバ発、ケアンズ着11月6日 昼 ケアンズ発、夕方 日本着 [続きを読む]
  • 男気ルアー
  • オーダーしていた「男気ルアー」、到着。20センチ、130グラム。GTキャスティングでも使えそうなサイズですなァ。これで、ワールドレコードをゲットして、男を上げたいと思います。しかし、これで、1個、19ドル、1700円。安い買い物でした。 [続きを読む]