飛鳥 さん プロフィール

  •  
飛鳥さん: クラウドベース(スペクトラム基地)を作ろう
ハンドル名飛鳥 さん
ブログタイトルクラウドベース(スペクトラム基地)を作ろう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/godzitoraman/
サイト紹介文クラウドベース(スペクトラム基地)の制作日記を書いてます。最近は手持ちグッズの紹介がほとんどです。
自由文当初はイマイのスペクトラム基地をカッコよく作ろうといのが趣旨でした。
でも、あまりのプロポーションの悪さに結局スクラッチに変更となってしまいました。
冬場は作業部屋が寒いので制作がすすまなかったけど、暖かくなってきたので再開しようと思います。
あと、制作日記では更新が進まないので手持ちのグッズ紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/04/26 10:45

飛鳥 さんのブログ記事

  • 小沢さとる サブマリン707 別冊少年サンデー1965年4月号
  • 初めてサブマリン707を読んだのは小学校5年生くらいのときです。お大尽の友人が突如秋田サンデーコミックスや講談社KCを集め始めそれを読みたいがために友達が彼の家に集まっていました。その中に707もあったのです。しかし、自分でもわからなかったのですがなぜかサブマリン707をすでに知っていました。それ以前に近所のお店で「GoGoサブマリン」を見たときにもなんとなくそれを707だと思い込んでいました。な [続きを読む]
  • 今井科学 ミニシャドーモービルの成型色について
  • みくに文具さんが書かれておられる、タイムボックスさんの「絶版プラモデル情報局」でウチのブログのパトロール車再販とミニシャドーモービル初版をご紹介していただきました。昭和40年男「ジャンクなプラモ」解説 その2以前ミニモービルの記事を書いた後、昨年に成型色違い品を入手したのでいい機会なので紹介しておきます。左が前回紹介したものです。成型色は本体が薄いオレンジ、キャタピラが緑です。そして右が昨年入手した [続きを読む]
  • メカニコング ブルマァクスタンダードソフビ
  • 昭和37年に「キングコング対ゴジラ」を製作した東宝が、キングコングの使用契約が切れる前の昭和42年に製作したのが「キングコングの逆襲」です。その映画でキングコングの敵役として登場したのがメカニコングで東宝怪獣の中でモゲラに続くロボット怪獣になります。ブルマァクのスタンダードソフビ、メカニコングです。「キングコングの逆襲」が公開に合わせマルサンはゴロザウルスのソフビを発売しました。ブルマァク版ゴロザ [続きを読む]
  • 「昭和40年男 ジャンクなプラモ特集」
  • 1970年代はプラモデルが最も多様な展開がなされた時代でした。しかしメディアに取り上げられる懐プラは大体60年代の物がほとんどで70年代の物はあんまり特集とかされることはありませんでした。昭和40年生まれの人をターゲットにした「昭和40年男」という雑誌があります。誌面が昭和30年代真ん中に生まれた僕には(あたりまえですが)ややずれていたのでこれまで買ったことはありませんでした。その「昭和40年男」 [続きを読む]
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 補足2
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 1今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 2今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 3今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 補足コメントでイマイとバンダイのサンダーバード2号はサイドビュー、つまり横側から見た本体からコンテナへ続く接合部のラインが違うとのご指摘をいただきました。全然しらなかったので確認してみました。コメントい [続きを読む]
  • リンクの修正・追加のお知らせ
  • 7年ぐらい前にITF21のリンクを張ってからこっち、リンク欄をまったく触っていませんでした。リンク欄も数が増えるとブログ自体が見にくくなりそうではありますがお世話になっているところくらいは追加しようと考えていました。なのでそのうち整理しようとは思っていたんですが、なんとなくそのままになっていました。先日友人が新たにブログを開設しました。いい機会なのでブログを二つ追加したのと引っ越ししたブログのアドレ [続きを読む]
  • 新年のご挨拶
  • あけましておめでとうございます。昨年も相変わらず更新が月二回程度と滞り気味で申し訳ございません。今年の8月にはブログ開設10年となります。たぶん更新ペースはあまり変わらないと思いますがなにとぞ見捨てず暖かく見守ってやっていただきますようよろしくお願いいたします。年末、友人に「で、クラウドベース作るのにえらい時間がかかってるようやけど」と言われてしまいました。なんとか今年こそ目途をつけなければ、と初 [続きを読む]
  • タイムトンネル 冒険王リレー連載 第6回「日本脱出の巻」堀江卓
  • 第1回「第7騎兵隊の最後」 小沢さとる 第2回「海賊船ブラックドラゴン」 桑田次郎第3回「爆破命令24時」 江波譲二第4回「クロス作戦」 一峰大二第5回「決戦!南太平洋」井上智第6話「日本脱出の巻」堀江卓第6話は堀江卓さんです。第6話Story幕末の京都に転送されたトニーとダグは外国のスパイと疑われて新選組に追われた逃げる二人は本当のスパイに助けられた。三人を追い詰めた新選組はマシンガンで攻撃してきた。ス [続きを読む]
  • タイムトンネル 冒険王リレー連載 第3回「爆破命令24時」江波譲二
  • 第1回「第7騎兵隊の最後」 小沢さとる 第2回「海賊船ブラックドラゴン」 桑田次郎第3回は江波譲二さんです。第3話「爆破命令24時」Story突然タイムトンネルの職員が襲われ、犯人はタイムトンネルの中に消えてしまう。アンが機械を操作し追跡したところ、犯人と、トニー、ダグはともに紀元前100万年に送られたことがわかった。タイムトンネルに浮かび上がった犯人は技術課のニモンであった。さらにニモンがS国のスパイで [続きを読む]
  • (備忘録)平成29年9月に手放したもの
  • 9月にヤフオクに出品して落札されたものです。ガルラ 朝日ソノラマサンコミックス 全1巻 永井豪昭和57年1月30日発行の初版。昭和51年(1976年)「テレビマガジン」7月号から52年3月号まで連載。前半は謎の怪獣ガルラとスーパーロボットビックタイタンが戦うが敗退。後半はムー人の侵略に対し主人公がガルラと金翅鳥と合体しなければならないというところで未完。ヒロインを助けた少年は迦楼羅と同じ天龍八部衆 [続きを読む]
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 補足
  • 本記事は以下の記事の続きとなります。今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 1今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 2今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 3公開後いただいたコメントの2点について確認してみました。1)新生イマイのゼンマイ2号は、  コンテナのみ初版元型で2号本体と他パーツは  新しく金型が起こされた。本当なら個人的には大ショックです。なので、手元にある [続きを読む]
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 3
  • 前記事今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 1今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 2※今井科学 初版後期箱サンダーバード2号を入手しました。  数年前のITFオフ会の時、参加者の方から  「バンダイに金型が移る前には2種類の2号が発売されていたってこと?」  というご質問を受けました。  しかしその時点で僕には答えれるだけの材料がありませんでした。  ずっと謎だったのでそのあたり [続きを読む]
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 2
  • 前記事今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 1※今井科学 初版後期箱サンダーバード2号を入手しました。  数年前のITFオフ会の時、参加者の方から  「バンダイに金型が移る前には2種類の2号が発売されていたってこと?」  というご質問を受けました。  しかしその時点で僕には答えれるだけの材料がありませんでした。  ずっと謎だったのでそのあたりを考察してみます。今回参考にしたサンダーバード2号 [続きを読む]
  • 今井科学ゼンマイ版サンダーバード2号初版のこと 1
  • ※今井科学 初版後期箱サンダーバード2号を入手しました。  数年前のITFオフ会の時、参加者の方から  「バンダイに金型が移る前には2種類の2号が発売されていたってこと?」  というご質問を受けました。  しかしその時点で僕には答えれるだけの材料がありませんでした。  ずっと謎だったのでそのあたりを考察してみます。前にも書きましたが※徳間書店 大人のプラモランドVol0 復刻 今井科学版サンダーバード2号 [続きを読む]
  • (備忘録)平成29年8月に手放したもの 2
  • 8月のお盆明けにヤフオクに出品して落札されたものです。仮面ライダー 朝日ソノラマサンコミックス 石森章太郎1巻:第6版、2巻・3巻:第5版、4巻:第2版1巻から3巻は昭和53年(1978年)、4巻は昭和47年(1972年)の刊行。昭和46年(1971年)に「週刊ぼくらマガジン」で連載が始まり、同誌が廃刊ののちは週刊少年マガジンに連載された。4巻の巻末にすがやみつるによるコミカライズが収録。物語自体 [続きを読む]
  • 妖星ゴラス 国連ビートル アンテナ修正
  • 前回のブログを書いていて、やっぱりアンテナがいまいちやなあ、と考え込んでいて木型の冶具を作って金属線を巻くことを思いつきました。早速東急ハンズに行って直径1,5cmの木製球を買ってきて溝を彫って木型を作りました。しかし0.3mmの金属線をきれいに円にはできなかったので次にプラパイプをカットし薄くして輪を大小2つ作り1mmの半円プラ棒で支柱を作ろうとしたのですがやっぱり1mmのプラ棒では太すぎて小さいほうの輪が付 [続きを読む]