Nick さん プロフィール

  •  
Nickさん: 英会話をマスターするためのブログ
ハンドル名Nick さん
ブログタイトル英会話をマスターするためのブログ
ブログURLhttp://improve-yourenglish.seesaa.net/
サイト紹介文英検準1級を取得している管理人の英語力向上のためのオススメ勉強法と英会話上達法の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/04/26 21:45

Nick さんのブログ記事

  • 飛行機の操縦室における英会話
  • 私はYouTubeでいろいろな映像を見ています。YouTubeの場合は自分が見たいと思った映像をいつでも何回でも見る事が出来るので、私の場合はTVよりもYouTubeを見ている事の方が多くなっています。なので、次にTVを購入する場合は大画面TVを購入したいと思っていますが、Youtubeを視聴できるTVにしたいと考えています。最近、離着陸時の飛行機の操縦室から見た映像がYouTubeにある事が分かったので繰り返し視聴する機会が多くなってい [続きを読む]
  • 「毎日を大切にする」を英語で言うと
  • みなさんは毎日をどのように過ごされていますか?たぶん、仕事でも遊びでも何をするのかスケジュールを事前に決めて毎日を過ごされている事と思います。時には疲れを取る為に1日中何も考えずに過ごす事もあるのではないでしょうか?今日という日は二度とやって来ないので、1日1日を大切にしたいものです。しかし、1日1日を大切にするという事はどういう事であるのか、そして、どうすれば大切にしていると言えるのか、はっきり分 [続きを読む]
  • 「私達、大丈夫だよね?」を英語で言うと
  • 今回、御紹介する英語フレーズは親しい友人や恋人などと意見が食い違ってしまった後や、ケンカをしてしまった後に良く使われるフレーズです。意見が食い違ってしまったり、ケンカしてしまった後は、「もやもや」した気持ちになったりしませんか?意見の食い違いやケンカの原因は、ほとんどが自分の考えが相手と違っていると感じるときに「イラッと」する感情によるものが大きいと思います。相手の考えていることが自分の考えと違っ [続きを読む]
  • Two weeks agoとtwo weeks earlierの違い
  • 今回は「two weeks ago」と「two weeks earlier」の意味の違いについて説明したいと思います。どちらも「2週間前」の事を意味する英語ですが微妙な違いがあります。以下に英文例を使って「意味の違い」を説明したいと思います。<英文例1>I went to Tokyo two weeks ago.「私は2週間前に東京に行きました。」<英文例2>I went to Tokyo two weeks earlier.「私は2週間前に東京に行きました。」英文例1と英文例2では、例えば今 [続きを読む]
  • 「ずっとそうしたかった」を英語で言うと
  • あなたには、何かをやりたいとずっと考えていることがありますか?おそらく何かしらの目標を持って毎日を頑張っているのではないでしょうか?私もかなり前から、やりたいことが沢山あって、それを目指して頑張っているつもりなのですが、なかなか上手く行っていないという状況です。段階的にクリアにしていく必要があるのですが、初めの段階でつまずいてしまっている感じがします。同じように感じている人もいらっしゃるかもしれま [続きを読む]
  • なぜ目は物を見る事が出来るのか
  • 最近、視力が低下してきたせいか、ときどき見え難いと感じています。私はメガネをかけているのですが、ここ数年間はレンズを新しいレンズに変更することなど必要ありませんでした。しかし最近は視力の低下をかなり感じている為、近いうちにメガネ屋さんに行くことを考えています。今のところ、レンズだけを交換する予定ではあるのですが、メガネも一緒に新しいものに交換することも含めて検討中です。私のメガネはレンズ部分の形が [続きを読む]
  • 「傷つきやすい」を英語で言うと
  • あなたは自分自身を「傷つきやすい」と思う事がありますか?私は「心が傷つきやすい」というのは決して悪い事ではないと思っています。なぜなら、傷つくことを知らない人は他人も傷つきやすいということを理解出来ないと思うからです。「傷つきやすい」ということを理解出来なければ、人に対して優しく対応する気持ちを持つ事は出来ないでしょう。また「傷つきやすい人」は強くなれないのかと言うと、そんな事はないと私は思ってい [続きを読む]
  • 「凄く説得力があった」を英語で言うと
  • あなたは、どうすれば「説得力のある話」が出来ると思いますか?話を聞いている人に内容を良く理解してもらえるような「話し方」で話すことはもちろん必要な事ですが、日頃の物事に対する姿勢も重要な要素になってくると思います。毎日の仕事を真面目に取り組んでいる人の話を聞く場合や仕事において大きな結果を出している人の話す事を聞く場合、誰でも真剣に話を聞こうとするものだと思います。「話す技術」は重要な要素ですが、 [続きを読む]
  • 「すぐにやります」を英語で言うと
  • あなたは何かをしなければいけない時に「すぐにやる」人ですか?それとも「すぐにはやらない」で後回しにする人ですか?優先順位を考えた時に、すぐにやるべきことが他にある場合、後回しすることがあると思います。しかし、この場合であっても遅くならないうちに「やってしまった方が良い」でしょう。すぐにやる必要があるかどうかは、「重要度」や「緊急度」を考慮して判断していると思いますが、自分の後の作業の流れを忘れない [続きを読む]
  • be about to とbe likely toの違い
  • 今回は「be about to」と「be likely to」の持っている意味の違いについて説明したいと思います。どちらも近い未来の事を意味する熟語ですが、微妙な違いがあります。これらの熟語の意味を知っていた人も知らなかった人も、きっと参考になると思います。以下に英文例を使って「意味の違い」を説明したいと思います。<英文例1>He is about to go back home.「彼はまさに今、帰宅しようとしている。」<英文例2>He is likely to [続きを読む]
  • 「八つ当たりする」を英語で言うと
  • 「八つ当たり」とは、心にある「怒り」、「不満」、「不安」といった気持を廻りの物や関係のない人に向けて発散することを言います。程度に差があるとは思いますが「八つ当たり」をしてしまった事がある人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?嫌な事があった時に突然に大きな声を出してしまったり、厳しい要求を出して相手を困らせてしまいたくなる気持ちは凄く分かりますが、相手の気持ちを不快にさせてしまう非常に迷惑な行 [続きを読む]
  • 「見落とし」を英語で言うと
  • 「見落とし」とは、見ていながら気づかずに”そのまま”にしてしまう事を言います。誰にでも「見落とし」の経験があるのではないでしょうか?「見落とし」があっても簡単にやり直しが出来るのであれば良いのですが、「見落とし」が大きな問題に発展してしまうこともあると思います。特に仕事上で「見落とし」をしてしまうと、見落とした内容で仕事が進んでしまうため、見落としに気づいて変更するときには、多くの時間と追加コスト [続きを読む]
  • 「きわどかった」を英語で言うと
  • 今回御紹介する英語フレーズは「きわどかった」、「あぶなかった」、「もう少しだった」等と感じる場合に使うフレーズになります。いろいろな競技や自動車のレースなどを見ていると、「僅差でゴールして勝利」という場面を見る事があると思います。1位の人を応援している場合に2位の人が追い付きそうになると抜かれないかと心配になると思います。そのまま1位と2位との差があまり無い状態で1位が勝利すると「きわどかった」と [続きを読む]
  • 「高くつくよ」を英語で言うと
  • 何かをしたら思っていた以上にお金が掛かってしまった経験はないですか?ある金額以上のお金を掛けたくないと思ったら、事前にひとつひとつの金額を確認して合計金額がいくらになるのか確認しておかないと予算オーバーになってしまいます。これからの時期は夏休みの計画を立てる人も多いと思います。何処かに旅行に行きたいと考える場合は旅行会社からパンフレットを貰ってきて、いつ出かけると安く行けるのか、どのツアーが安いの [続きを読む]
  • 「小さい声で話して下さい」を英語で言うと
  • あなたの廻りで「大きな声で話をする人」が居ませんか?私の場合、室内で普通に近くの人と会話をしているのに、少し離れた人にも聞こえるくらいの大きな声で話をしている人がいると感じる事があります。大きな声で話しをすることが当たり前になってしまうと、「小さな声」で話をしなければいけない時に声のボリューム調整が出来なくて、小声になっていないのに話をしてしまうことがあるのではないでしょうか?たぶん、このような人 [続きを読む]
  • 仕事を意味する英単語
  • 「仕事」を意味する英単語は沢山ありますが、みなさんはどれくらい知っていますか?きっと「work」という英単語か「job」という英単語を良く使っていると思いますが、他にも「仕事」を意味する英単語があります。これらの英単語はそれぞれ異なる意味を持っているので、その意味を理解しておいた方が相応しい英語を使えるようになると思います。なので、今回は「仕事」を意味する英単語を御紹介したいと思います。仕事を意味する英 [続きを読む]
  • 「色あせない」を英語で言うと
  • 「色あせない」とはいつまで経っても「飽きない」とか「輝きを失わない」などと感じさせてくれる場合に使う表現ですが、どんな時に「色あせない」と感じますか?どんどんと新しいものが世の中に出てくるわけですが、たとえ昔のものであっても「古臭く感じない」と思えるものがある気がします。このサイトでも御紹介をしていますが、今でも「色あせない」と感じる物の一つとして「歌」があると思います。何十年も前にリリースされて [続きを読む]
  • 「時間の許す限り・・」という英語フレーズ
  • 1日の予定が埋まっているときは予定通りに行動していく必要がありますが、そんなときは時間が気になりませんか?時間制限がないと予定終了時間になっても終了出来ない事がありますが、終わりの時間が決まっていると「時間通りに終わらせる」事ができますし、次の予定があるので「自分だけ抜け出す」というような事も出来たりします。なので「時間に限りがある」という場合は「物事に集中出来る」、「効率良く作業出来る」「時間通 [続きを読む]
  • 東京2020大会でボランティア活動をしませんか?
  • 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技会ですが、略して「東京2020大会」と呼ばれています。世界中の国や地域から大会関係者や選手、そして多くの外国人観光客が日本を訪れることになるため、大会をスムーズに運営出来るように8万人の大会ボランティアと3万人の東京都ボランティアの募集を予定しています。(東京2020大会公式HPより)ボランティアは英語で「volunteer」と書きますが、意味は「自発的無償行為者 [続きを読む]
  • 「明日一番に」を英語で言うと
  • プライベートや仕事において沢山やる事がある場合、優先順位を考慮して作業の順番を決める必要があります。明日やることを事前に確認して何から始めるかを前日に決めておくことは作業を効率良く進める為に重要なことです。また、突然に特急の仕事が入った場合は明日一番から対応を始める必要があるでしょうし、明日一番に何かを連絡しなければならない状況になることもあると思います。そのような場合に「明日一番に対応します」と [続きを読む]
  • couldn't + 比較級の英語フレーズ
  • “「最高に幸せ」を英語で言うと”の記事でも御紹介しましたが、今回は「couldn’t +比較級の英語フレーズ」を幾つか御紹介したいと思います。私はHuluで多くの海外ドラマを見ながら英語フレーズを勉強していて、それを当サイトで御紹介しているのですが、海外ドラマで「couldn’t +比較級の英語フレーズ」を良く聞くことがあります。「couldn’t」が使われているので否定の意味を持っている英語フレーズと思ってしまう人もいらっ [続きを読む]
  • 「ゆっくりやってみよう」を英語で言うと
  • 仕事を進める時など、急いで進める事があると思います。急いでやれば沢山の仕事を処理する事が出来るので、急ぐ気持ちは凄く良く分かります。しかし、あまりに急いで処理を進めてしまうと「うっかりミス」を発生させてしまう可能性があります。慣れた仕事の場合で手順がしっかりと頭に入っている場合であれば「ミス」はしないかもしれませんが、仕事の過程のどこかで不十分な処理をしてしまう可能性もあります。この場合はこれくら [続きを読む]
  • とちおとめ苺サンドを食べてきました
  • ほんとうに毎日寒いですね。風邪など引かないように注意して下さい。私は先日、栃木県宇都宮市にある美味しいフルーツサンドが食べられるフルーツダイニング「8010(パレット)」というお店に行って、「とちおとめ苺サンド」を食べてきました。このお店は東武宇都宮駅から徒歩で20分くらいの住宅街にあるのですが、宇都宮市民で知らない人はいないというくらいの人気店のようです。私がお店に行った時も沢山のお客さんが来ていました [続きを読む]
  • listenとhearの使い方
  • 「listen」と「hear」の英単語は両方とも「聞く」という意味を持っていますが、実際には少し使い方が異なっています。今回はこれらの英単語の使い方を幾つかの英語フレーズ例を御紹介しながら説明したいと思います。<英語フレーズ例1>Listen up.「しっかり聞いてくれ。」<英語フレーズ例2>He didn’t listen to my advice.「彼は私の忠告を聞こうとしなかった。」<英語フレーズ例3>I like to listen to music.「私は音楽 [続きを読む]
  • 「共感する」を英語で言うと
  • 「共感する」ということは人とのコミュニケーションにおいて、とても重要な事であると思います。「共感する」とは相手の考えている事と自分の考えている事が同じである場合に感じる気持ちの事ですが、場合によっては共感できないこともあると思います。例えば、相手が何かで困っている場合にその困っている理由を聞いてみると、困っている理由や気持ちを理解できる場合もあるのですが、なんで困っているのか理解出来ない場合もあっ [続きを読む]