オフィスアイ・イケガミ さん プロフィール

  •  
オフィスアイ・イケガミさん: オフィスアイ・イケガミ アートブログ
ハンドル名オフィスアイ・イケガミ さん
ブログタイトルオフィスアイ・イケガミ アートブログ
ブログURLhttps://geijutsuhiroba.com/
サイト紹介文美術展・展覧会の紹介とレポート、美術書のご紹介。
自由文美術書の紹介、展覧会やギャラリーのレポートなど日常のアートを発信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2009/05/04 13:37

オフィスアイ・イケガミ さんのブログ記事

  • やきものの在処(ありか) 武蔵野美術大学美術館
  • 新たな見方で「やきもの」に親しむ 武蔵野美術大学美術館で、焼き物を新しい形で楽しむことのできる展覧会「やきものの在処(ありか)」が開かれている。多くの人が日常的に使い、身近にありながらも、芸術品として観賞するのは縁遠く感じられることもある「やきもの」を新たな見方で楽しんでほしいと、焼き物をモチーフにした写真や絵画、文学作品と併せて展示するなど、一般的な陶磁器展とは一味違った構成となっている。また、 [続きを読む]
  • 新刊案内2017年10月号
  • おすすめ2018 WILDER MANN カレンダー(ワイルドマン) 著   者:シャルル・フレジェ出版社名:青幻舎発行年月:2017年10月販売価格:1,296円(本体1,200円+税)サ イ ズ: 卓上型 14頁 野人! ?怪物! ?悪魔! ?精霊! ?人気写真集『WILDER MANN』が卓上カレンダーで登場!ヨーロッパ諸国で何世紀も昔から伝わる祭りに登場する獣人たち。彼らは、さまざまな衣装を身にまとい、生命の輪廻や季節のめぐりを祝う。西洋美術世界 [続きを読む]
  • 六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信
  • 狩野派の礎を築いた狩野元信(かのう・もとのぶ)とは?その卓抜の画技とアイデア。サントリー美術館にて11月5日まで。 ■狩野派の二代目、元信の存在の大きさを知る 狩野派は、狩野家を核とする絵師の専門家集団であり、日本最大の漢画系流派だ。室町幕府の御用をつとめ、天下人の織田信長や豊臣秀吉からも愛され、江戸幕府の御用絵師となり、幕末まで約400年間続く。この狩野派の基礎を築いたのが、二代目の狩野元信(1477?〜 [続きを読む]
  • ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
  • 充実のヨコトリ2017。じっくり浸ってみたい。11月5日まで。 ●可愛い熊たち 草色と紫の熊が向かい合って立ち、手を繋いでいる。手前にはピンクの熊が寝そべる。ひょうきんで愛らしい熊たちだ。近づくと、それぞれが色鮮やかな羽根で覆われていることがわかる。イタリアに生まれ、アラスカに在住するパオラ・ピヴィによる本作のタイトルは、《I and I(芸術のために立ち上がらなければ)》(2014年)など。それを知ると、熊たちの姿 [続きを読む]