電験3種傾向と対策研究会 さん プロフィール

  •  
電験3種傾向と対策研究会さん: 電験3種過去問の傾向と対策研究会のブログ
ハンドル名電験3種傾向と対策研究会 さん
ブログタイトル電験3種過去問の傾向と対策研究会のブログ
ブログURLhttp://denken-3shu.seesaa.net/
サイト紹介文電験3種の過去の問題の解法を解説する学習サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/04/28 21:32

電験3種傾向と対策研究会 さんのブログ記事

  • 電験3種2018年理論問6
  • 皆さん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。理論問6では直流回路の問題がでました。オームの法則とキルヒホッフの法則を理解していれば解けます。E=IRのオームの法則とキルヒホッフの電圧則(第二法則)を使います。キルヒホッフの第二法則は「起電力の和は電圧降下の和に等しい」です。問題文に従って方程式を作り [続きを読む]
  • 電験3種2018年理論問3
  • 皆さん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。理論問3では磁界の強さを求める問題が出題されました。これも三角定規を使うと簡単に解ける問題です。60度、30度、90度の角度を持つ三角定規を使います。過去には電界の強さを求める問題が出題されました。使う公式の形はそっくりです。まず、電界の場合です。2つの電 [続きを読む]
  • 電験3種2018年理論問7
  • 皆さん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。理論問18では、電圧計と電流源が含まれている回路が出題されました。キーポイントは「電圧計は電流計と内部抵抗の直列接続」です。あとはキルヒホッフの電流則とオームの法則の応用です。一般的に出題される直流回路は電圧源と抵抗の組み合わせです。V=IRの形のオーム [続きを読む]
  • 電験3種2018年理論問7
  • 皆さん こんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。理論問7では、電圧源と電流源が含まれている回路が出題されました。これも良く出題されている定番の問題です。この問題を解くには「重ね合わせの理」を使います。まず電圧源単独で電流値の計算をします。つぎに電流源単独で電流値の計算をします。最後に各電流値の足し [続きを読む]
  • 2018年理論問16
  • 皆さんこんにちは。電験3種傾向と対策研究会です。去る9月2日に今年の電験三種試験が実施されました。問題と解答が電気技術者試験センターから公表されました。理論のB問題問16ではNPNトランジスタのエミッタフォロワ回路が出題されました。今まではNPNトランジスタのエミッタ接地回路A級増幅回路しか出題されていません。エミッタフォロワ回路は電験2種1次試験で出題されたことがあります。いわゆる「天下り問題」です。それも選 [続きを読む]
  • 電験三種には三角定規が必須
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。平成30年度電験3種試験が9月2日に実施されました。電気技術者試験センターでは試験問題を公表しています。理論の問題を見て下さい。問8は単相交流の問題です。力率1/√2の誘導性負荷が繋がっている所にRとLの負荷が追加されます。R=ωLの条件があります。電源電圧V1と負荷電圧V2の位相差を求める問題です。これはもう、45度の角度が付いた三角定規の出番です。力率1/√2です [続きを読む]
  • 2018年度電験三種解答速報
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。平成30年度電験3種試験が9月2日に実施されました。電気技術者試験センターでは解答速報を発表しています。自己採点をしてみましょう。各科目とも60点以上、得点出来ていたら合格です。理論や機械は55点、あるいは50点ぐらいに得点調整される事があります。4科目ともに合格点以上ならば10月に合格通知が送られます。1〜3科目に合格ならば科目合格の通知が来ます。科目合格だった [続きを読む]
  • 2018年度電験三種試験日です
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。来る9月2日は平成30年度電験3種の試験日です。1年間の勉強の成果を発揮する日です。ここまで来たら、新しい参考書や問題集に手をつけないで下さい。いままで使いなれた参考書と問題集の見直しをしましょう。試験会場には受験票、シャープペンシルか鉛筆、消しゴム、時計、電卓を持って行きます。受験票には、写真を忘れずに貼っておきましょう。試験会場には「30cm以下の透明な [続きを読む]
  • ブリッジ回路の解き方
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。現在、当メルマガでは理論のうちブリッジ回路に付いて解説をしています。ブリッジ回路は比較的に良く出題されます。ブリッジ回路の問題を解くコツは平衡条件を利用する事です。平衡条件を満たしている場合、回路の真ん中には電流が流れません。平衡条件は「たすきがけにかけ算をした値が等しい」です。ですから、ブリッジ回路の問題が出題されたら最初に「たすきがけのかけ算」 [続きを読む]
  • 2000年理論問10ブリッジ回路の解説
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電験3種では理論、電力、機械、法規の科目を受験します。その中でも理論は他の3科目の基礎となる内容です。科目合格を狙うとしても、最初に理論をパスしないと他の科目の内容を理解する事が難しくなります。現在、当メルマガでは理論のうちブリッジ回路に付いて解説をしています。日曜日に配信します。登録を宜しくお願いします。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を [続きを読む]
  • 2018年電験申し込み受付中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。5月21日から、今年の電験の受験申し込みが始まりました。締め切りは6月6日午後5時です。電気技術者試験センターではインターネットで申し込みを受け付けています。試験まで、まだ、3ヶ月あります。科目合格ならば十分に狙えます。自信が無くても申し込みをしましょう。9月2日の試験日まで、一所懸命に勉強をしましょう。きっと良い結果が出るはずです。無料メルマガ「電験3種過 [続きを読む]
  • 2018年電設展開催中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電験3種は電気技術に関する国家資格です。試験では、理論、電力、機械、法規についての知識を問われます。しかし、参考書を読んでも実際のところが良く理解出来ません。2018年電設展では、実際に使われる電気設備が展示されます。メーカーの技術者が詳しく説明をしてくれます。今年は大阪で今日から25日(金)まで開催されます。近くに在住されている受験生は見学してはいかがでし [続きを読む]
  • 電気計算2018年6月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「電気計算2018年6月号」では、ドローンが特集されています。すでに、太陽光発電所のパネルの目視検査などでは、ドローンが使われています。連載記事は「電験3種ポイントスタディゼミ」です。参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「 [続きを読む]
  • 2018年電験受験要項配布開始
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。本日5月7日から2018年(平成30年)の電験受験要項の配布が開始されました。近くの書店などの配布先で入手をしてください。なお、申し込みは5月21日〜6月6日です。まだ、自信の無い受験生の方も申し込みをしてください。試験日まで、まだ、3ヶ月もあります。科目合格の可能性は十分にあります。きっと、良い結果が出ます。挑戦をしましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と [続きを読む]
  • 新電気2018年5月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。「新電気2018年5月号」がお勧めの雑誌です。特集は「大丸有エリアのエネルギーネットワーク エリアの環境と防災面を支える最新システム」です。付録は「2018年電験三種合格ブック」です。電験三種突破研究会の開催案内があります。連載記事は「電験3種合格セミナー」です [続きを読む]
  • 電気計算2018年5月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「電気計算2018年5月号」では、電気化学が特集されています。連載記事は「電験3種ポイントスタディゼミ」です。参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。 [続きを読む]
  • 2018年NHK高校講座物理基礎の案内
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。電験三種は工業高校卒業程度の電気工学の知識を問われる試験です。市販の電験三種の参考書には、試験内容の解説が詳しく書かれています。しかし、その内容は難しくて、一読しただけでは良く分かりません。実は電気工学の基礎は物理学です。そこで、物理の基本から勉強を始めると理解がしやすくなります。NHK高校講座はインターネット配信で視聴出来る優れた講座です。4月から新 [続きを読む]
  • 新電気2018年4月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。「新電気2018年4月号」がお勧めの雑誌です。特集は「IoT×SPD 情報通信ネットワークを支える設備の雷害対策」です。付録は電験三種「特徴&比較」全集です。第40回(平成30年度)エネルギー管理士試験の受験案内、電験三種突破研究会の開催案内があります。連載記事は「電 [続きを読む]
  • 電気計算2018年3月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「電気計算2018年3月号」では、スマートメーターが特集されています。連載記事は「電験3種ポイントスタディゼミ」です。参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。 [続きを読む]
  • 新電気2018年3月号販売中
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。「新電気2018年3月号」がお勧めの雑誌です。特集は「トラブルシュートトレーニング エキスパートが教える問題解決の極意」です。連載記事は「電験3種合格セミナー」です。理論、電力、機会、法規、4科目の勉強ができます。毎月新電気を購読していると、自然と実力が養成 [続きを読む]
  • 新電気2018年2月号販売中
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。「新電気2018年2月号」がお勧めの雑誌です。特集は「絶縁監視装置の基礎知識 電気事故を未然に防ぐハイパーツール」です。連載記事は「電験3種合格セミナー」です。理論、電力、機会、法規、4科目の勉強ができます。毎月新電気を購読していると、自然と実力が養成されて [続きを読む]
  • OHM2018年1月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「OHM2018年2月号」では、平成29年電験2種2次試験の解答速報が掲載されています。特集は「新材料の実用化が進むパワー半導体」です。参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。 [続きを読む]
  • 電気計算2018年2月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「電気計算2018年2月号」では、平成29年電験1種2次試験の解答速報が掲載されています。特集は「電気設備・機器の診断技術です。参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向と対策」を配信中です。 [続きを読む]
  • 新電気2018年1月号販売中
  • みなさん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。「新電気2018年1月号」がお勧めの雑誌です。特集は「TBM-KYの極意 保守点検に潜むリスクを徹底追及」です。TBMはツールボックスミーティング、KYは危険予知を意味しています。電気設備の点検は、常に危険と隣り合わせです。毎日の仕事を無事故で過ごすための参考記事が [続きを読む]
  • 電気計算2018年1月号販売中
  • 皆さん こんにちは 電験3種傾向と対策研究会です。一般的に、電験の勉強には参考書と問題集を利用します。それらに加えて雑誌を利用すると実力が付きます。雑誌「電気計算2018年1月号」では、電験1種2次試験と技術士1次試験の解答速報が掲載されています。特集は「環境負荷の少ないエコカー」です。電気計算 2018年 01 月号 [雑誌]参考書、問題集とともに雑誌も利用して勉強を進めましょう。無料メルマガ「電験3種過去問の傾向 [続きを読む]