Koichi八田 さん プロフィール

  •  
Koichi八田さん: Living in Wine
ハンドル名Koichi八田 さん
ブログタイトルLiving in Wine
ブログURLhttp://www.ciel-vin.jp/blog/
サイト紹介文今日もワインを飲んでます。そして思いついたことを書きつづる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2009/04/28 17:32

Koichi八田 さんのブログ記事

  • ワインベルトとは
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はワインベルトについて語ります。   「〜ベルト」という表現があります。 アメリカの「ラストベルト」は、中西部地域から大西洋岸中部地域に続くエリアで、脱工業化が進んでいる地帯を意味します。 日本では「太平洋ベルト」があります。これは茨城県から大分県まで続く、太平洋に沿った工業地帯のことです。 では、... [続きを読む]
  • モンテネグロの歴史とワイン
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はモンテネグロの歴史とワインについて語ります。 モンテネグロという国をご存知でしょうか? 実はモンテネグロのワインは2000年以上の歴史をがあります。しかも、モンテネグロでしか栽培できないブドウ品種もあり、ブドウ畑もヨーロッパ最大の面積を誇ります。 そんなモンテネグロですが、あまり日本では馴染みのな... [続きを読む]
  • ワインの官能評価
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はワインの官能評価について語ります。 ワインの品質を評価する場合、工業製品のように規格化された指標があるわけではないため、人間の五感に頼らざるを得ない面があります。 そのため、ワインの品質評価には、科学分析による評価だけでなく、実際に人がテイスティングすることでも評価します。この後者の評価が官能評価です。両者をあ... [続きを読む]
  • Ich trinke gerne trockenen Wein.
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は外国語を学びましょう。ドイツ語です。 ワインはドイツ語で「Wein」です。男性名詞です。 辛口ワインが好きだ、は、「Ich trinke gerne trockenen Wein.」になります。trinkeは動詞のtrinkenが、主語の「ich」に対応して変化したもので、これは英語のdrinkです。 &nbs... [続きを読む]
  • ウクライナのワイン文化
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はウクライナについて勝手に語ります。 ウクライナはソビエト連邦の一員であった時代、最大のワイン供給国でした。また歴史も古く、ウクライナのワイン文化は紀元前からあったようです。しかし首都のキエフ周辺に相当する北部地方は11世紀から始まったようです。 ロシアとソ連との関係が深いウクライナは、ヨーロッパらしい激動の歴史... [続きを読む]
  • スロバキアワインを語る前に
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はスロバキアについて語ります。ワインブログなので、当然ながらスロバキアワインが中心になるところですが、その前にスロバキアそのものに焦点を当てます。 スロバキアで生産されるワインといえば、トカイワインが最も知られています。トカイワインは、本来、ハンガリーのトカイ(Tokaj) 地方のワインの意味ですが、この地域の北... [続きを読む]
  • 世界最南端のワイナリー
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は、世界最南端のワイナリーについて勝手に語ります。   世界最南端のワイン産地は当然ながら南半球にあります。 ニュージーランドです。 ニュージーランドのワインは、それほど歴史が古いわけではありません。 19世紀からだといわれています。 そもそもニュージーランドは日本でも人気の観光地であるものの、国の... [続きを読む]
  • ランチでワイン
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は、ランチ・ワインについて勝手に語ります。   会社員にとって昼時のひとときは貴重といえます。 午前中のストレスから解放され、ついつい1杯飲みたくなっても不思議じゃないでしょう。 しかしその場合は社員食堂では無理なので、外の店舗でこっそりと飲むことになるでしょう。このときの1杯の快感と罪悪感を天秤に... [続きを読む]
  • 英国ワイン
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は、英国ワインについて語ります。イギリスとワインの結びつきは、他のヨーロッパ諸国と異なり、あまりフィットしない組み合わせのような気がするかもしれませんが、実は歴史があるものなのです。   おそらく英国ワインがそれなりに世界の表舞台に出たのは、20世紀後半ではないかと思います。 それ以前にイギリスとワインという組み... [続きを読む]
  • フランス・王国・帝政・共和国
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は、ワインの代表ともいえるフランスについて勝手に語ります。また少し歴史のお勉強です。   ソムリエ試験でも中心的な出題範囲となり、ワインといえば代表格といえるのがフランスです。現在の正式名称はフランス共和国(République française)です。 しかし、フランスという国の成り立ちや歴史など、意外と知ら... [続きを読む]
  • カールの戴冠
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 フランク王国について少しだけ語りましたので、今回はカールの戴冠です。またまた歴史のお勉強です。   カールの戴冠とは、カロリング朝のフランク王国・カール1世がローマ教皇であるレオ3世により、ローマ皇帝として戴冠されたことをさします。 これは、かつてのローマ帝国と異なり、首都をローマにした帝国とは全く異質な帝国の誕生を... [続きを読む]
  • フランク王国
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は、現在のフランスワインもドイツワインも生産していた国・フランク王国について勝手に語ります。少し歴史のお勉強です。   フランク王国は、おそらく世界史の授業で聞いたことがあると思います。しかし、それがワインの視点では現在のフランスワインもドイツワインも生産していた国であるとは、あまり想像できないかもしれません。 ... [続きを読む]
  • 三国に連なるモーゼルワイン街道
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はフランス、ルクセンブルク、ドイツの三国を流れるモーゼル川に沿ったワイン街道について、いつものように勝手に語ります。 もともとモーゼルワイン街道(Route des vins de Moselle)といえば、ドイツのモーゼル川に沿ったワイン生産地を結ぶルートのことでした。 そのためモーゼル川の遡ったとしてもフラン... [続きを読む]
  • 日本のワイナリー(最北端)
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は日本のワイナリーについて勝手に語ります。 北海道の名寄市は、平成30年3月30日に内閣府地方創生推進事務局から構造改革特別区域計画の認定を受けました。 これにより誕生した特区は、名称が日本最北のワイナリー創生・名寄ワイン特区になりました。この特例措置により、名寄市内で生産されたブドウを100%使用する場合に限り... [続きを読む]
  • 世界一ワインを飲んでいる国
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は世界一ワインを飲んでいる国について勝手に語ることにします。 ワインの国別消費量ランキングは、どうしても人口の多い国が上位に入ってしまいますので、1人あたりの消費量で調べてみると、実に興味深い結果になります。 (出典:Wine Institute・2015年/The Telegraph) 5位:フラ... [続きを読む]
  • ソムリエ試験過去問から(ルーマニア・ブルガリア編)
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はソムリエ試験の過去問から、東欧の国に関連する問題の第二弾です。今回はルーマニアとブルガリアに関する問題を勝手に語ることにします。 一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が実施しているソムリエ資格試験。 前回はクロアチアに関する問題[クロアチア編]を取り上げましたので、同じように東欧で他の国、今回はルーマニ... [続きを読む]
  • 日本のワイナリー(埼玉)
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 東京の練馬区にあるワイナリーを紹介したので、その東京ワイナリーから西に進んだ場所で、埼玉県新座市のワイナリーも紹介したいと思います。 東京のワイナリー(東京) 新座市のワイナリーは、地元の酒販売会社で、オリジナルの「野火止わいん」を生産しています。発売からすでに30年以上が経過しています。 これは「地産... [続きを読む]
  • 伊勢神宮へ奉納されたワイン
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回は日本のお話です。神社へ奉納する酒・ワインについて勝手に語ります。 神社と日本酒は切り離せない関係といえます。 本殿内に日本酒がお供えされているのもよく見かけます。奉納されたものです。 実を言うと、「酒」は日本の神への供物としては、「米」「餅」と並んで重要なものです。 この中で「米」は「金」でも代用... [続きを読む]
  • エゲルの牡牛の血
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 地理的には中央ヨーロッパですが、東欧のハンガリーについて語ります。 デザートワインとして知られるトカイワインが有名なハンガリーワインですが、赤ワインではエグリ・ピカヴェール(エゲルの牡牛の血)なども有名です。 ハンガリーのワインの歴史は古く、特にトカイワインは、西暦896年にマジャル人が侵入した後、大首長アールパードは郎党にトカイ... [続きを読む]
  • アルト・アディジェ
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回もヨーロッパです。アルザスと同じように、異国文化が形成されている地域として、イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェについて勝手に語ります。 イタリア最北端の州がトレンティーノ・アルト・アディジェです。 やはりアルザスと同じように国境に接しています。アルザスがフランスにありながらドイツ色とともに、複雑な文化を内包していたの... [続きを読む]
  • フランスとドイツが混濁したアルザス
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回もヨーロッパをご案内します。フランスとドイツの文化が入り混じったアルザスです。アルザスワインは一般的なフランスワインと異なり、ドイツワインとの共通点が多くあります。勝手に語ります。 アルザス地方はパリから約500km離れています。ドイツ国境に隣接しています。 この地域は、フランスとドイツが領有権を巡って紛争を繰り返した歴史があ... [続きを読む]
  • ザクセン・ワイン街道
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 お盆休み期間中に海外旅行にお出かけの方もいるでしょうから、今回は旅情あふれるザクセンへとご案内します。もちろん勝手な語りです。 ザクセン(Sachsen)は、ドイツの地域の名ですが、実を言うとザクセン地域というのは、歴史的には大きく変動しています。複雑なドイツの歴史に由来することですが、現在は一般的にはザクセン州を指... [続きを読む]
  • 日本のワイナリー(東京)
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 世間ではお盆休みの期間なので、旅先の方もいらっしゃることも踏まえて、日本のワイナリーについて語ることにします。 ワイナリー(Winery)は、ワインを生産する施設のことをいいます、あるいは単にワイン製造事業そのものを指すこともあります。 したがって、ワインの原料であるブドウ栽培が盛んな地域にワイナリーが多く、日本では... [続きを読む]
  • ソムリエ試験過去問から(クロアチア編)
  • プレゼント専門シエル・エ・ヴァンの店長・ハヤシです。 今回はソムリエ試験の過去問から、東欧の国に関連する問題を勝手に語ることにします。 一般社団法人日本ソムリエ協会(J.S.A.)が実施しているソムリエ資格試験。 2018年は第一次試験がCBT方式で8月31日まで実施されています。第二次試験は10月10日、第三次試験は11月22日です。 今回はこの試験の過去問から、クロ... [続きを読む]