zurijuri さん プロフィール

  •  
zurijuriさん: ダメ大学生ずり日和
ハンドル名zurijuri さん
ブログタイトルダメ大学生ずり日和
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/zurijuri/
サイト紹介文18歳のダメ大学生のブログ。そんな私( B型)のちょっとズレた日常。
自由文BBT大学1年生。エンジニアを育てるIT企業の管理部門で働いたりもしています。18歳、女、B型、さそり座。性格は、変ですよ〜!ゆるく、ぬるく、人生を生きていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2009/04/29 11:54

zurijuri さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 5時から7時にみた夢 日本代表戦
  • サッカー日本代表戦を見た。ベルギー戦だった。朝3時から始まって5時に試合が終わった。後半アディショナルタイム、これを耐えれば15分の延長戦というところで、あと30秒のところでベルギーにゴールを決められてしまった。あぜん。全員あぜん。日本選手がばたばた倒れていた。私もあぜんとして頭を下に打った。なんかアゴからがくんといった。もう一度顔を上げると試合終了のホイッスルがなり、日本選手がさらにばたばた倒れていた [続きを読む]
  • 子育て家庭は大変すぎる
  • 乳幼児を抱えて働く人で、しんどそうな人しか見たことないのだけれど、大変が前提の世の中で誰が子供が欲しいと思えるのだろう。働く子持ち女性が保育園から「お子さんが37.5度出ましたので迎えに来てください」と電話が来て早退し、その翌日も子供の看病で休みますと休み、翌々日は今日は旦那が看病することになったので会社に来れました。と言いながら気まずそうに働く。これは日本の平均的な構造なのだと思う。毎朝5:30に起き、 [続きを読む]
  • バラ園の写真
  • 散歩コースのバラが見頃を迎えていました。ドアップもいっちょドアップ リオ・サンバというグラデーションが美しい品種海外から輸入している品種はもちろん、京成バラ園にゆかりのある品種をたくさん見られました。ブログアップロードだとどうしても画質が落ちてしまいますね。iPhone8で撮影。どんどん咲きそうなので晴れの休日が楽しみです。🌹 [続きを読む]
  • 失敗と経験
  • 2008年11月。高校2年生。私はファミリーマートでおでんの具を補充するために、大根のパックを手にしていた。大根のパックはちょうど市販の豆腐と同じようにフィルムでパッキングされている。ナイフで切り込みを入れれば簡単にあくものだ。大根のパックをおさえ、フィルムをめがけてナイフを動かした時、ずぶりと刃が手に入っていった。私はあろうことか、手にしたナイフで左手の中指を突き刺してしまった。驚いてナイフを引き抜く [続きを読む]
  • 小さな世界にズームイン
  • 関わりのある人たちがどのような世界を見ていて、どのような価値観で生きているのかはとても興味がある。例えば全員が均一に薄汚れたディスプレイを見つめて職務を行なっているとする。ディスプレイの汚れに気がつく人をいれば、ディスプレイの汚れなど気がつかずにディスプレイを見つけ続ける人もいるだろう。つまり汚れに気がつく人と汚れに気がつかない人がいる。この違いは、その人がどんな世界を見ているかによって生まれる。 [続きを読む]
  • 親と子
  • 土曜日、葛西臨海公園を歩いた。日曜日、仕事に行った。月曜日、仕事に行った。火曜日、振替休日をもらった。土曜日、母から2回着信が入っていた。出かけていたので、どうしたの。とLINEで聞くと、 別に何でもない。何してるかと思っただけ。と言う。私は葛西臨海公園に行って、海を見ながら母に電話をかけた。他愛もない話。葛西臨海公園の花が綺麗だよとか、カルガモが首を沈めて寝ているよ、とか。10分近く話をして、電話を切っ [続きを読む]
  • もののけ姫を映画館で観てきた
  • 『もののけ姫』何度リクエスト上映を夢見たことか、というもののけ姫がなんと映画館で上映されるとのことで行ってきました。場所は有楽町日劇。東宝の日本劇場という戦争を乗り越えた由緒正しき劇場らしいのですが、私は行ったことがありません。今回は劇場閉鎖の最後のお祭りとして「日劇ラストショウ」イベントを開催。そしてメインスクリーンの最後の最後の上映に「もののけ姫」が選ばれたらしいです。ということで有楽町駅に到 [続きを読む]
  • 2018年の行動基準
  • 2017年が去っていったので振り返りをしたいと思う。2017年の主な出来事はこんな感じだった音楽祭への参加 第九合唱(2017年3月)4年にわたり所属してきた音楽の会の発表。第九合唱は2回目。非常にめまぐるしい日々の中での音楽祭の参加であったので、自身の「課外活動への適正のなさ」を実感。第九は達成感があったので、ひとまずの区切りとしたい。音楽は今後は、小学生時代にやっていた琴を再開したい。目標はメジャー曲を琴アレ [続きを読む]
  • お茶して帰ろうドトールで
  • このところドトールの居心地がすこぶるよいので、ドトールを利用している。ドトールってこの3年ぐらいで急速で店舗改装をして、とても居心地が良くなっていませんか。個人的には完全分煙になったのが嬉しいし、お店によっては完全禁煙なところがお気に入り。元々喫煙席で改装によって無理やり禁煙席にしたドトールもあって、そこはちょっと臭くて気持ち悪いのだけれど。改装店のドトールは店舗の看板を見ればわかるようになってい [続きを読む]
  • 実演販売
  • 世の中にはひとが興味を示していると、興味を持つひとがいる。私もそういう時もあるし、そうでもない時もある。ひとが持っているものがどうしても欲しくなるひとがいる。自然なことだと思う。この間、ロフトにカードを買いに行った。私が欲しかったのはメロディ付きの誕生日メッセージカードで、押すとハッピーバースデーが流れるようなものだ。あるひとに送ろうと考えていた。メロディ付きのカードは棚の端のほうにあって、コーナ [続きを読む]
  • 快適ゾーンと衰退
  • 大学同期の飲み会で「おいおまえ本当に働いているのか(笑)」「失礼な!」というやりとりをした。社会人は楽しい。大学時代よりも楽だ。自由度が高くてとても楽しい。私は今までで一番つらかったのは大学時代だ。大学時代はアルバイトをしないとすぐ生活が困窮するし、学費はなくなるし、いろんなところからお金をかき集めたり稼がなくてはいけなかった。勉強と稼がないといけないという現実に立ち止まっている余裕などなかった。 [続きを読む]
  • ウサイン・ボルトが引退した。人類史上最速の男、ボルトは引退したらサッカーへの転向を考えているという。ボルトの幼い頃の夢は、サッカー選手だったんだ、と思った。けれど何らかの理由でできなかったから、身体能力を活かして陸上選手になった。本当はずっとサッカーをやりたかったんだろう。と、ここまでは推測で、ある有名人を思い出した。マイケル・ジョーダン。彼もまたプロバスケットボールプレイヤーとして絶頂を極め、プ [続きを読む]
  • 満員バスの空席の理由
  • いつも乗る満員バスに2人がけの空席を見つけたので、歩みよって座ろうとしたら、大柄な黒人さんが座っていた。その時私は一瞬、「あ、座るのやめようかな」と思ってしまった。座席が2/5くらいしかあいていない。「座席が狭そう」これはまっとうだと思う。「怖そう」これはただの差別でしかない。自分の中に差別意識に気がついた。行動によどみなく、席に座る動作をしたら、長い腕が邪魔だろうと、隣の方は少しよけてくれた。私は座 [続きを読む]
  • 知りたい情報にたどり着くには?
  • 考え事のほとんどはもやもやしているだけです。もやもやしきると悩み事になり、ただ唸るだけの時間を過ごします。もやもやしている時に、よさげな方向性を見つけます。そして方向性のピンをぶったてると、考えがまとまりだします。大体1つの課題で9割はもやもやしていて、1割がまとまりだして、最後の仕上げでしょうか。私はそんな感じです。頭に汗をかけと言われますが、ランニングと違って爽快感よりも頭痛が発生するんですよね [続きを読む]
  • 月経困難症の治療でホルモン治療をはじめて
  • 月経に関わる体調不良で病院を受診し、治療をはじめた。1ヶ月に1週間たらずしか心身ともに健康な日がないのと、生理前と生理時の痛みがひどいからだ。身体がまさに血を垂れ流している日に不調のピークがくるならばわかりやすいが、そういうものではない。毎日血中ホルモンバランスを調べられれば良いのだが・・・。まあそれは置いておき、できれば一ヶ月を通して、ホルモンバランスに左右されることなく健やかに過ごしたい―。30日 [続きを読む]
  • Adobe Creative Cloudの解約
  • Adobe Creative Cloudを契約して1年。もう使わなくなったので、更新せずに解約します。 といっても正確な更新日なんて、人はぼんやりとしか覚えとらんもんです。こんなメールがきました。 2月16日に自動更新するので、35760円を引き落としますよとこりゃまずいので、解約します。1 請求履歴を 2  ログイン情報を入力3 現在契約中のプランが出てきたので、この下のプランを解約を 4 解約理由を選択5 解約完了当 [続きを読む]
  • 人生にはコツがあるという話
  • この間食事会で聞いた話。その人は士業で独立開業しているのだが、数年前にジェームス・スキナーの合宿セミナーに行ったという。スキナーのセミナーは4日間で、朝からプログラムが組まれているらしい。セミナールームに入ると机と椅子があって、プログラムは1日通しで組まれている。その代わりこう言われるらしい。「皆さん、セミナー中必ず水を3L以上飲んでください。眠くなりません。水は後ろにサーバーがあります。自由に取り [続きを読む]
  • 友達「彼女できたら友達に会う回数が減る」私「なんかすまん。」
  • この記事は①健康法について②お散歩について③本題「彼女できたら友達に会う回数が減る」私「なんかすまん。」の三部構成になっておりますので、いち早く本題のみの読むという方は●まで読み飛ばしてください。二部まで完全に私の健康法とお散歩日記になっています。どうか●まで読み飛ばしてください。日照時間が短くて寒い冬にどう体調管理するかを考えて行動し続けています。最近お気にいりなのは寒くなったら湯を張る作戦。靴 [続きを読む]
  • 死生観と価値観と、相対的評価について
  • 唐突な話。私は、死が怖いという人がいると、そこまで怖いのはなぜだろうと思っていた。どちらかというと死を望むことのほうが多かったと前に書いた。けれど死が怖くないわけではなかった。死が怖いと「言うほど」怖くないだけの話だったが、死というよくわからなさは、消化ができなかった。堀江貴文さんの『ゼロ』を読んで、死が怖いと書かれていて、いまでもなぜだろうと思っている。理解はできるが、消化ができない。それは価値 [続きを読む]
  • 人間にとってのエラーと個性
  • 「細菌は細胞分裂の際に、エラーが起こりやすい。」という話を聞いて、どういうことか気にかかっている。この時のエラーとは、細菌の仕事の定義を満たさない細菌のことをいうらしい。では人間にとってのエラーとはなにか?細胞分裂の際に失敗したコピーやがん細胞か?それとも社会生活の枠組みから外れることか?私は人間のエラーは個性にあると考えた。なぜならば、完全コピーされたものには個性が存在しないからである。任天堂フ [続きを読む]
  • 死んでも1ミリも遠くに行かない
  • 今日のブログは、私の世界について話をしようと思います。先日、「死んでも1ミリも遠くに行かないんだなあ。」と感じることがありました。死んだ人間が出てきたとか、超常現象を体験したということではなくただ「そういうものなんだなあ。」と実感して、納得しました。ただ家で勉強している時でした。私は今まで、死にたくないよりも死にたいと思う総量のほうが多かった人間でした。それから、自分にできることは何もないだろうと [続きを読む]
  • 被写体を隠すカメラマンの彼女
  • 半年ぶりに高校の同級生と遊んだ。彼女とは高校3年生で出会って以来一緒にいる。勉強が好きで、古文や日本史を好み、本をよく読んでいた。鬼平犯科帳シリーズがお気に入りのようで、こればっかりはいつまでたっても私は興味が湧かない。私が読めない分野を読める彼女はすごいなあと思っていた。彼女は四年制の大学を卒業し、そのあとカメラの専門学校に入学し、卒業した。大学も出て、専門学校も出てすごいなあと思っていた。なぜ [続きを読む]
  • 過去の記事 …