甲府 さん プロフィール

  •  
甲府さん: 人生いろいろ
ハンドル名甲府 さん
ブログタイトル人生いろいろ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/vfkofu2000
サイト紹介文プロ野球とヴァンフォーレ甲府を中心にしたブログです。 宜しくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 226日(平均0.2回/週) - 参加 2009/04/29 19:50

甲府 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ロッテオリオンズ50年
  • オリオンズ 6 ー 4 ライオンズ「かつての本拠地・”東京”に凱旋」。東京ドーム。神宮球場で東京音頭を最初に歌ったのは、オリオンズ応援団の皆さん。神宮球場のほうが良かったのだけれど、「大人の事情」だったのでしょうね。「たくさんの人に愛されるチームに」。村田兆治さん。寂しくて切なかった川崎を知る、村田さん。胸に沁み入りました。「40年前に指名を頂いて今がある。やはり最初の球団は格別」。落合博満さん。 [続きを読む]
  • 巨人VS横浜(5月19日)
  • ベイスターズ 5 − 1 ジャイアンツ東京ドーム。取引先からチケットを頂戴しました。あまり気乗りしないし、知り合いの保険屋さんが巨人ファンだというから譲ろうか・・と思っていたら、ご無沙汰の友人が電話をくれて、「行く。行こう!」と、なりました。ここ数年は、球場の野球観戦も年に数回程度。入場料も高くなりましたし、どこも満員で疲れるし・・で、以前ほど積極的に球場へ・・とは、ならなくなりました。(歳取りま [続きを読む]
  • 西城秀樹さんとプロ野球
  • 西城秀樹さんで真っ先に思い浮かぶことは、2つあります。「東京のファイターズ」と、「ハウスのCM」。東京ドームのファイターズ戦。5回が終了すると、ウォーミング・アップで流れる「ヤングマン」。♪ 憂鬱など吹き飛ばして 君も元気出せよ ・・ガラガラのスタンドに囲まれてプレーする選手たちを励ます、「パリーグ賛歌」のように聞こえたりもしたものです。盟友・野口五郎さんがファイターズ・ファンだったこともまた、「 [続きを読む]
  • ブレーブスVSオリオンズ(京都)
  • 「京都でも“復刻”阪急ユニを着用!」(ベースボールキング)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00152465-baseballk-base5月27日(日)・京都西京極球場。阪急ブレーブスが「復活」します。「またかよ」では、ありません。「阪急沿線のブレーブス」は、「30年ぶり」です。「もう阪急の沿線に”球場”はないんだよな」と思っていたのだけれど、どっこい、「準フランチャイズ」が京都線沿線に生き残ってくれていま [続きを読む]
  • 阪急ブレーブス・2018
  • 東京在住・西武沿線育ち。なのに、阪急ブレーブスのファン。私はちょいと、「ヘンな少年(青年)」でした。オリックス・ブレーブスになって少し愛着が薄れてしまい、川崎のオリオンズに「浮気」。もうすぐ30年になります。でもやっぱり、今でも阪急電車は大好きですし、「神様・仏様・小林一三様」だったりもする。オリオンズ&マリーンズへの想いも強いのだけれど、でも「一番好きだったチームは?」と言われれば、やっぱり「阪 [続きを読む]
  • 近鉄バファローズVS南海ホークス
  • 「プロ野球ファミリースタジアム」という、大ヒットしたファミコンゲームがありました。「ファミスタ」という愛称のほうが、はるかに有名かもしれません。実在のプロ野球チームをモチーフにした、本格的な野球ゲーム。なのに、球団数は「10球団」。セ・リーグ球団と思しきものが、6つ。販売元・ナムコのキャラクターをメンバーにしたチームが1つ。あれ?「パ・リーグは・・?」ライオンズと思しき球団が、1つ。残るは、「2つ [続きを読む]
  • 鉄人・逝く
  • 京都府京都市東山区。今は亡き我が父の実家があり、私にとっての生まれ故郷でもあります。小学生のころ。お盆の墓参りで東京から訪れた際、父と近所を散歩することに。「面白いところに行ってみるか」。そう親父が言い、連れて行かれたのは、我が生家から徒歩数分の場所。何の変哲も無い住宅街の中に、「珍しいけれどよく耳にする名前」の表札がありました。「衣笠」。き・ぬ・が・さ・・・・?!「そうだよ。ここが実家なんだ。ア [続きを読む]
  • 星野仙一さん
  • 三原脩さん。西本幸雄さん。星野仙一さん。「3球団で優勝監督」。プロ野球史上、達成されたのは上記お三方のみ。「共通していること」が、他にもあります。「グラウンドでは、とにかく怖かった」「ユニフォームを脱ぐと、別人のように優しくて」・・。「星野さんは、10のうち7つは怒っているんです。いや9かな(笑)。で、残りの1つでフォローするんです。その、1のフォローがあるから、9のお叱りを純粋に受け止められるん [続きを読む]
  • 過去の記事 …