ウロ さん プロフィール

  •  
ウロさん: ウロ
ハンドル名ウロ さん
ブログタイトルウロ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sirukku
サイト紹介文マンガと昼寝が心の友の主婦のぐたぐた日記です。愚痴 時々 考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2009/04/30 10:48

ウロ さんのブログ記事

  • もう言わないぞ
  • 暑い とは。でも我慢はよくない。余計に暑くなる。我慢といえばトイレを我慢していても暑くなる。叫び出したいほど暑くなる。そこで考えた。子どもの頃何かで読んだ。「トイレでおしっこして ぶるっとするのはなぜですか」「おしっこは温かいよね? それが身体の外に出る事で体温が奪われるからです」発汗作用と同じ事か。汗の分以上に身体が水分を欲しがるので 結果トイレ通いな日々。なんでなんだ と腹も立つがトイレに行く [続きを読む]
  • 旦那 敵前逃亡
  • もうね 閉め切るに限りますよ。クーラーつけようとつけまいと 窓はぴっちりカーテンしっかり。勿論ベランダの日よけもやりますよ。洗濯みっちり干しまくり。夕方洗濯物を入れようと窓を開けたら熱風。ベランダから中に戻ったら あらクーラー?と思う程の温度差。……はい。昨日もクーラーつけずに終わってしまいました。旦那が敵前逃亡したからです。ひとりで映画に行ってしまいました。私ひとりじゃクーラーつける事も出来ませ [続きを読む]
  • 年齢を訊く
  • 暑いのは日本全国だから言うまでもありませんわね。でも言いたくなるのが人間ではないでしょうか! 暑いです。昨日午前中お客さんがあったので 一時間だけクーラーをつけた。そのまま家にいたらつけていたかも知れないけど 出掛けた。閉め切ったまま出て行った。帰ってからも閉めたまま扇風機をかけた。ベランダが多分40度だから 窓なんか開けない方がいいのである。夕方まで家の中で息を潜めて(嘘)夕方牛丼を食べに出る。 [続きを読む]
  • いやもう……
  • 暑い 暑かった。くそ暑い。昨日の昼間もだが 夜は最悪だった。眠れやしねえ。家の近くの観測点では41度だ。それでも我が家はクーラーをつけなかった。別に我慢大会してるわけじゃない。昼間はなんとかなったんだ。カーテンをひいて 窓も殆ど閉めて 扇風機で。だが夜はなんともならんかった。まじ 暑かった。朝5時に起きて もう寝床にいられねえ。風呂の残り湯で汗を流した後水を浴びて 生き返る。今日も暑いんだろう。今 [続きを読む]
  • 泥だらけ
  • 東海豪雨の時「川一本越えただけで別世界」だった。それが腹立だしくも、あった。川向うでは泥と格闘しているのに 橋を越えた途端笑ってる。でも今は「川一本越えれば何とかなった」事がどれだけ幸運か、分かった。家がぐちゃぐちゃでも、歩いてでも橋を渡れば、お風呂にも入れるし買い物も出来る。ボランティアも自衛隊もその地域に集中する。尤も、世間から忘れられるのも早かったけどな。直後にオリンピックだったしな。けど  [続きを読む]
  • マザータッチ
  • 洗濯用洗剤である。生協で購入している。いいことずくめの紹介文を半信半疑で眺めつつ「柔軟剤も要りません」の一言で使い続ける決意をする。(決意……)環境にいい=汚れが落ちないという先入観にとらわれていたが、どうもそうでもないらしい。洗い上がりに今のところ不満はない。私は肌が丈夫なので実感はないけれど環境にも人間にも優しいらしい。お風呂に垂らして入浴すると乾燥を防げたりもするらしい。お花の水に垂らしても [続きを読む]
  • エコ?ガラス
  • 夏の日差しがベランダをじりじりと焼く。タオルケットや大型ラグなどで日差しは遮断してあるけれどそれでも熱気は相当なもの。どうせ風もないし あっても熱風だから窓を9割方閉めて 厚手のカーテンを引く。それで部屋の温度はぐっと下がる。ペルソナ2をやっていた頃は(テレビゲームである)カーテンも引かず窓近くでコントローラー握っていた。今じゃ考えられねえ。温暖化が憎い。リフォームの時 「北側の窓を二重ガラスにす [続きを読む]
  • うおおおおお(暑い)
  • 昨夜はばったり風が止まってしまった。夕食後実家の用を済ませて ご褒美にシャーベットを食べる。途中で飽きた。翌水曜日の昼間旦那がいない事は分かっていたので「明日の昼ごはんに食べよう」と半分残してふたをした。「お前 A子(娘)か」「娘の母だ」娘もよく「半分残す」をやっていた。皆で食べた時も自分だけ「半分残す」ので次の日彼女だけその半分を食べる。それを旦那が横でじっと見ている。「あげないよ」その記憶がよ [続きを読む]
  • 夏だ
  • 朝 目覚めて「ああ 風が入ってる」と微睡んではっ と気づいたら 扇風機が回っていた。夜中に二度 暑いと目が覚めた事を思い出した。その二回目の時に タイマーを入れ忘れたのであろう。梅雨明けだ。せみがうるさい。ああ…… 夏だ。長い長い夏が始まる。毎週月曜日 スープを作る。息子に肉を届けるついでに 持っていく。持っていくために作っているようなものである。スープなら野菜が摂れる。どんなに疲れて遅くに帰って [続きを読む]
  • 自堕落と散歩と 役所の不親切
  • 娘のいない解放感で朝はモーニング 昼は外食 夜はすいか(と ところてん)。夕方久しぶりにと散歩に出る。これといって買い物はないから さあ どっちに行こう。河を越えて 適当な路地に入り 出て来た矢印に従って神社を目指す。「なんか この通り ……変」民家が立ち並ぶのだが、すれ違う人ひとりもおらず住居から洩れて来る音もなく。掲示板らしきものに、その神社がお祭りであるとあったが夜店はおろか 全く人通りがな [続きを読む]
  • 名古屋は青空がのぞいております
  • 曇りの予報だったが 晴れるのかしら?はっきりせえよといつもなら文句のひとつも出るところだがさすがに今日は何も言えませんて。「東海豪雨なみの雨」と警告されていたけれどしつこい雨程度で終わった。昨日は 夕方途中回転ずしで夕食を済ませ 娘を送り届けた。昨日午後。ホットドッグとビーフドックの昼食後「ああ 今日は気持ちよく昼寝できそう」と言った娘に「私も寝るから 起こさないでね。不用意に声かけないでね。起き [続きを読む]
  • 雨とか死刑執行とかタイの洞窟とか
  • いろいろ大変でございます。殺した人の数と罪の重さは完全に比例してはいないそうで。「捜査にいかに協力した(かのように見せかけた)か」で死刑を免れた実行犯もいれば実行犯ではあっても結局ひとりも死に至らせていないのに死刑が確定した者やら。裁判長によって運命が左右した者やら。もとは頭のいい青年も混じっているだけに全く被害を被っていない私としては理不尽に感じる部分もあり。日本は絞首刑しか執行方法がないのでど [続きを読む]
  • 親子は親子
  • 昨夜の昼食。出勤するつもりだった娘は、パンを用意していた。娘がパンなら 私らはホットケーキでも焼こうかと粉を溶いた。いつものは三枚だが 今回のは一袋で4枚焼ける。どうせ娘も欲しがるだろうと 小さめで一枚旦那用に大きめで一枚焼いたところで「ご飯だよ」とふたりに声をかける。私は当然キッチンから動けない。ふたりにバナナミルクを出してやり娘のパンのひとつを焼いてやり切れというので切ってやり次のホットケーキ [続きを読む]
  • 匂いと臭い
  • また娘が やらかした。ぎっくり腰の先週に続きまあ それが影響しているのであろう今度は鎖骨周辺に炎症をおこして腕が上がらない。昨日メールで「痛い」とは言っていたけど 一時的だろうと思ってたら今朝電話で「腫れてる」とな。接骨院まではI氏に送って貰うけれど その後出張に行ってしまう。接骨院まで迎えに行く。娘は勤め先の学校に行く と頑張っていたが座っているだけでも痛い。乗換駅までの車の中でとても授業なんざ [続きを読む]
  • 昨日のセミ
  • 昨日セミが鳴いていた。ぼっちじゃなかろうかと心配した。(セミ大嫌いなくせにな)したらば 今日強風で 雨も降り出して今週中ずっと雨で昨日のセミは何のために地上に出て来たのだろうとちみっと切なくなった。ぽえみーウロ でありました。昨夜遅く(11時である)電話が鳴った。深夜(だろうか)の電話というのは心臓に悪い。飛び起きたせいもあってどきどきしながら出る。「……はい」「あー 悪いんだけど」 とおっさんが [続きを読む]
  • やきそばに韓国のり
  • やきそばは ある。キャベツも少しだが ある。肉も。だが ソースがない。ソースがなければ塩でお食べ。塩こぶはあった。でも少しである。冷蔵庫にあるだけの野菜を切る。玉ねぎピーマンマッシュルームに キャベツ。大葉も出したが「夕食に取っておこう」と戻す。ソース焼きそばはシンプルな方が好きだけれど塩味は素材たっぷりがいいね。塩こぶだけじゃ心許ないので出汁のもとを振ろうとして それも残りわずかと気づきごま油+ [続きを読む]
  • ランチとサッカーのあれと
  • フレンチに電話したが満席だった。以前から気になっていた和食の小さなお店に電話してみる。満席だが「カウンターなら」との事で食べるだけならどこでも!むしろカウンターの方がテンポがよくてよかった。食べ終わって器を出したら次が出る。メニューは昼夜各一種類のみ。昼は2200円のミニコース。突き出し が出て八寸が出て蒸し物が出て焼き物(魚)が出てご飯とお汁が出てデザートはアイス三種からひとつをチョイス。「さけ [続きを読む]
  • 婿さんとご飯
  • ローストビーフ さし入り さしなし二種。、ブロッコリーとマッシュルームの冷製スープ。リーフとニンジンのサラダ。I氏の到着を待ってパスタを茹で始める。待つ間前菜とスープを食べていて貰う。パスタを出したところで娘がI氏に「汚さないでよ」と言った。見れば白のシャツである。ソースが飛んだら一発である。冗談で「旦那のエプロン貸そうか?」と訊いたら真顔で「はい」と言う。マジ? と声に出ていた。「はい。お借りでき [続きを読む]
  • 明日は何しよう♪
  • 今日の夕方I氏が迎えに来る。一緒に夕食を と用意する。昨日のうちに肉屋でローストビーフ用の塊を仕入れてきた。さしの入ったのと あまり入っていないの。本当は赤身も欲しかったけれど なかった。「赤身とさし入りで食べ比べさせたいの」「比べるまでもないっ!」店の親父はさし入り5等級を愛している。赤身も豚肉も鶏肉も全部その店のは美味しいのに愛はない。同じ部位だが微妙なずれで値段が違う。それで差をつける事にし [続きを読む]
  • ○は来てよし帰ってよし
  • 孫 ならぬ 娘。孫ならもっと可愛いかも知れん。もっと大変かも知れんが。無理に出勤するよりも休める時にまとめて休んで治してしまえと土曜日まで我が家で預かる事になった。子どもと違って相手する必要はないから三度の食事と通院と生活の一部の介添えだけなのだが疲れて来たぞ。そのうえ。塗り替えた天板にこれまでなかった擦り傷が……階下の奥さんが「孫が来るから 床なんてすぐ傷だらけよ」と仰ったがああ こういう事か。 [続きを読む]
  • ♪青字に白く四つ葉を染めて
  • 蝶々のマークは「聴覚障害者」ってのは知っていた。語呂合わせで覚えやすい。「クローバーって具体的に何の障害だっけ?」って今調べたら何の障害という事ではなく「障害者(全般)が運転してます」マークだった。車椅子マークと何が違うかと言うと「乗せてる」んじゃなくて「当人が運転してる」ってとこである。だから法的にこちらの方が強い。てか車椅子の方は法的効力はない。四つ葉の方は「この車に幅寄せなど意地悪すると厳し [続きを読む]
  • あづい
  • 今年の一番の不快指数です。暑いです。ムシ暑いです。気候のせいもありましょうが人口密度の増加のせいもある気がします。昨日朝と夕方 接骨院に行き今朝は昨日より動けるようになってました。久々に娘と過ごしているわけなんだが期待したほど なんも ない。なんかこう わくわくとか なんかこう 非日常とかなんかあるような 変な期待があったんだけど里帰りなんてこんなもんか。まあ まだ結婚して半年も経ってないもんな。 [続きを読む]
  • いろいろあるわね
  • ブログのカレンダーを見て「おお今月は皆勤だ」と思った途端途切れた。一昨日の月曜日、夕方娘が寄ってお土産くれた。夕食息子が来て もんじゃを食べて行った。キャベツを一個以上刻んだのだがものすごい勢いでなくなってしまって私は三回目の端っこをちょこっと食べただけだった。以前 息子と娘と三人で食べていた頃は もうちょっと余裕があった。て事は旦那だ。旦那が早く かつ たくさん食べたんだ。ったく。休む暇なく作業 [続きを読む]
  • ありがたい教えも
  • 旦那とてくてく歩きながら「あんたんとこのさ あれ(新興宗教)結局はどういう教えなの」「難しいな」「善き行いをせよ みたいなのはないの」「それとは違う。自分の中に因がある という事だ。相手に(対象に)腹を立てるけれど 腹を立てる要素は自分の中にある。まず自分を変える事から始めろって」「それだけ聞くと いい教えに聞こえるけど」「だから 一時期 俺もそれに援けられていたんだって。(父親の横暴に殺意さえ抱 [続きを読む]
  • なんのため
  • なんとなく信仰心のある人=いい人 みたいな。少なくとも善人であろうとする というか善人になれないまでも 善人である事が正しいという考え方をするものだと思っている。信仰が篤いほど善人のハードルが高くなるから決して「善人である」とは言わないだろうけれど選択肢が二個あったらば「神様のいうとおり」みたいな選び方をするんじゃないか。などと思うわけだ。善悪の判断など主観も入るし価値観でも変わる。絶対じゃない事 [続きを読む]