ウロ さん プロフィール

  •  
ウロさん: ウロ
ハンドル名ウロ さん
ブログタイトルウロ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sirukku
サイト紹介文マンガと昼寝が心の友の主婦のぐたぐた日記です。愚痴 時々 考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2009/04/30 10:48

ウロ さんのブログ記事

  • 平穏なんてっ
  • 「大きな問題がないから些末な事が気になるんだ。くよくよ出来るのは幸せって事なんだ」と 先日自分に言い聞かせてみる。期限付きで解消する悩みなんて悩みのうちに入らないとな。ええ。そうでしょうともさ。ひとつ解消したと思ったらまたぞろ息子が問題を持ち込んできてくれましたよ。入社一ヶ月で配置換えですよ。最初は「いいんじゃね?」と思ったがよくよく考えると「よくないんじゃね?」でもあり旦那に言わせると「そんなん [続きを読む]
  • 押入れの中から〜
  • トレーディングカードを抜いた後のカードフォルダ。ボロイのは捨てたけれど一冊だけ迷う。息子にやって名刺の整理でもさせようかと思ったがそんな面倒な事やる輩でもない。そうだ。レストランのカードを入れよう。新しい店に行くたびに貰って来てコレクションしよう。捨てるにしても簡単だからこれくらいは許されるだろう。本は査定がひとつ終わるまで落ち着かないので置いといて押し入れに取り掛かる。ヨーロッパ旅行のしおりやパ [続きを読む]
  • 売るの待った!
  • カメラと万年筆と貴金属を持って○たからや に行った。カメラはまとめて1500円、モンブランの万年筆は600円。貴金属は全部で27000円、他の小物と総計で30100円と言った。以前に別の店に貴金属を持ち込んだ時目の前で秤に乗せてグラム数で計算して見せた。だからいきなりきっちりな数字を言われ不審を抱く。「貴金属と万年筆は売らない」参考にするために そのまま全部 上記「別の店」に持ち込んだ。どうして最 [続きを読む]
  • いろいろ売りたい
  • カメラもだけれどライターも。新聞を縛ろうとして見つけた広告を見ていたら万年筆も売れるらしい。おフランスで買った万年筆。吸い上げ式で面倒でもともと私のペンの持ち方は万年筆向きではなくそしていつしか原稿は書くものではなく打つものとなり引き出しに転がっているだけの代物になった。それでも数年前までは若き日の思い出となっていたのだが若き日の過ちと感じられつつある。前にも貴金属を売って来たけれどその時残してお [続きを読む]
  • 己れを知る
  • 箱の中を整理していたら某所に提出した書類が出てきた。「長所・短所」の欄に面倒見がよい・こだわらないとあった。いやいやいやー結婚当初義妹に「おお兄ぃは短気だから」と言われ旦那に「やーい 短気」と言ったら「お前の方が短気だ」と言い返された。更には、娘の事を「頑固ですね」と担任に言われ旦那に「誰に似たんだろう」と嫌味を言ったら「お前だ」と言い返された。「俺も頑固だが お前には負ける」私って短気で頑固だっ [続きを読む]
  • 衰えず
  • 夕食にキャナリィロゥへ。ピザかパスタを注文するとオードブルバイキングがついて来る。夜だとデザートバイキングもついて来る。夏に息子が行きたいと言ったが食欲をなくしていた私が駄目と言ったのだった。「涼しくなってからね」で。涼しくなったから。でも完全に食が戻ったわけじゃないから前みたいには食べられないよなあと思いつつこれも息子のためとつきあったけれど土曜日に「旦那とふたりで行っておいで」と言ったのだが「 [続きを読む]
  • 棄て始めると止まらない
  • 古いコミックスを調べたら意外と値がついている。でも実際に売るとなるとあれこれ難癖つけられて減額だろうな。古いコミックスはどうしたって傷んでる。意外な人の意外な本に値がつく。捨てるぐらいなら売る。ただ査定が見積もりを大きく下回ると送料が発生するからそこんとこ考えないと。良心的なのかその逆なのか一度試さないと分からない。でもさ。前に五箱処分した時ブックオフだったんだけどさ古いコミックスなんて殆ど全部ゴ [続きを読む]
  • 頭がんがん
  • まだ終わりません。もう終わりません。途中ですが見積もり頼んでみました。立ち寄った息子が「まとめて送れば?」と言いました。だが売れそうなカードはノーマルばかりでノーマルカードをまとめて送ってしまうと査定から洩れてしまうそうで。息子が覗いて「お これ高そう。これ俺んじゃね?」と言ったカード。調べても価格は出ない。売れない。息子が所有していたと主張するカードはどれも殆ど値がつかない。自分のなら諦められる [続きを読む]
  • 目がしょぼしょぼ
  • やってますやってます。トレカの整理。カードごとに売却登録が出来るようなのでぽちぽち押してはファイルに移動 ってなことを地味にやってます。でも同じカードでも販売年によって価格が違う。レアの種類の見分けばかり気にしていたけれどこの販売年もチェックしないといかんかった。今日は見直しから始まります。昨夜息子が食事に来たので「あんた デッキ売ったんかい」と訊いたら狼狽しつつ「うん」と言う。「な なんで」「い [続きを読む]
  • 忙しいような?
  • 昨日は美容院。夕方買い物がてらの散歩。そして今日から トレカの整理。言う程簡単じゃなかった。そして。BM BWがない。ない筈はない。子どもたちのデッキに入れたんだから。BWに至っては三枚過ぎても息子が集めていたんだから。註・デッキには同種のカードを三枚までしか入れられない。それ以上所有しても使い道がないのだが息子は「有利なトレードが出来る」と機会があれば入手していた。おまぬけなイメージの息子であるが実は [続きを読む]
  • 引いても駄目なら押してみろ
  • 息子の部屋に入って 和室の照明をつけようとしてスイッチが見つからなかったので紐を引っ張って点けた。作業して灯りを消して部屋を出た。次の日息子から電話が入る。ガスメーター交換の件と「寝室の電球が切れた」。「切れるわけねえだろ まだ二年も経ってない」「え あれって一年ごとぐらいじゃないの」あほいえ。そういえば私は和室の照明をどこで切っただろうか。壁のスイッチが分からなかったから紐を引いたのだが紐を引い [続きを読む]
  • お子ちゃまかいっ
  • とりあえず二枚段ボール買って来た。入れて具合を見て買い足しに行く。夜中目が覚める。何か変。何か痛い。手で探ってみたら腫れてる。でもって痛い。耳下腺炎である。耳下腺炎というと普通おたふく風邪だがあれは「流行性」である。これは「反復性」なのである。反復性というからには繰り返す。繰り返すのだが、普通月単位である。年に数回とか。だが私のはもっとスパンが長い。数年から十数年。そしてこれは「子どもの病気」であ [続きを読む]
  • きっと明日は筋肉痛
  • 息子の部屋の押し入れに、ちょこっと荷物を運ぼうと「片づけるからね」とメールする。留守中に部屋に入るから やばいもの(って何だ)隠しておけよという意味であるが返信は「はーい」であった。「はい」ではなく「はーい」なのはだが、予測変換のせいだろうと解釈する事にした。そして息子の部屋に行く。前の職場にいる時は 時々のSOSで覗いていた。洗濯したり掃除したり。でも辞めて以来殆ど触っていない。何かの用事で入って [続きを読む]
  • 今度の彼氏もイケメンで
  • って娘の話じゃない。息子だ。昨日一緒にご飯を食べた後、車の中で携帯で誰かと話している。敬語だが、楽しそうでもある。切った後旦那が「誰だ」と訊く。「今の同僚だよ。同期で入った人」その人とこれから名駅で待ち合わせて遊ぶ らしい。休みの日まで会社の人と!しかも知り合ってまだ一ヶ月。「でも話合うもん」そうか。よかったな。「年上で」そうか。あんた年上好きだもんな。「いけめん」「あんた 面食いだもんな」「そん [続きを読む]
  • リフォームがしたぁあい!
  • 築30年のマンション。床は絨毯。絨毯がぼろぼろとめくれて来る。以前はほつれた部分を避けて掃除機をかけていたのだが退職した旦那がおかまいなしにがしがしかけるので穴は広がるばかりである。布製の敷物で隠して来たが もう網羅できねえ。壁も天井も壁紙が剥がれて悲惨である。するとして どこまでやるかである。換気扇とガスコンロは一度替えた。今何年になるか数えてみて驚いた。11年である。そんなに経ったとは思えない [続きを読む]
  • 滑り込みで
  • 月見バーガーを食べた。旦那と娘と三人で、家で食べた。なかなか機会がなくて 今年は見送りかと思ったが今年も無事月見を終えた。書棚に読み返したい本を見つけたが生憎図書館に予約した本が四冊届いたところでその前に借りた分もまだ二冊残っていて実生活でもあれこれ片づけなければならない事が出てきてこれまでもたもたのったり過ごした時間を悔やむ羽目となる。涼しい涼しいと歓んでいられる今のうちにあれもこれも済ませてお [続きを読む]
  • そりゃ私だって私なりに
  • 昨日予定通り午後温泉に行って来た。露天風呂で一緒になったおばさんグループが病院ばなで盛り上がっていた。おばさんはうるさいが 話は面白い。笑いを顔に出さないよう こっそり耳を澄ませる。だがそれよりも離れた場所で寝転がる女性たちに意識が持って行かれる。まっぱで(当たり前だが)転がっていた彼女らは大股広げるような体操を始めたのであった。こちらはおばさん属おばさんではない。「女性」である。夜 貸衣装店の友 [続きを読む]
  • 晴れるかな?
  • 昨日は曇りのち雨の予報。曇ったらお散歩に行こう と窓の外を見ていたが思い出したように日が差して 出て行く気にはなれない。のたのた過ごしてお茶の後やっとこさ腰を上げた。で 帰り降られた。本屋を覗き、障害者施設の出店でクッキーを買い、安売り店で実家父の靴下を買う。前に区役所の出店で買ったクッキーが美味しかったのだけれど施設ごとで当然商品は違うから それはない。以前は買う事に意義があると寄付感覚で買って [続きを読む]
  • それは最初に言って欲しかった
  • どこか新しい店に行きたい。秋になって思う。昨日旦那が外食を言い出したから中途半端なものを食べるぐらいならと「肉屋さんに行くんだから そっち方向で」と気になっていた店を予約する事にした。ランチメニューもあるけれどアラカルトからも注文できると言うので「リゾット」を選ぶ。何か他に摘まむものと、なんとなく「フィッシュアンドチップス」も頼む。今思えばこの選択がいかんかった。センスも配慮もない。だがその時は頭 [続きを読む]
  • 速達なわけ
  • 請求書が届いた。想定より安い。これは変だと前年と照らし合わせる。項目がひとつ抜けている。電話する。「担当者が不在ですので戻り次第処理させます」それが先週の木曜日の事。日曜日に実家に行ったら追加分の請求書が届いていた。だが連絡は全てこちらに(旦那宛て)と頼んである。父は平気で郵便物を汚すから。最悪紛失もあり得る。案の定振り込み用紙はお茶色に染まっていた。番号を金融機関に行って手続きは可能だろう。だが [続きを読む]
  • 意識の変化
  • かつてはピアスなどとんでもねえ と思っていた。結局あけてはいないけれどその勇気さえあれば便利なアイテムだと思えるようになった。落とす心配も耳が痛くなる事もない。耳元が華やぐだけで印象も変わるし気分も明るくなる。買った服をすぐ着る事も、私にはない事だった。「お出かけ用」にとっておく。そして流行遅れになる とな。「着たいから買うんでしょ」 ええ そうですともさ。やっとそれが実感できるようになり 実行で [続きを読む]
  • 天ぷら定食
  • 昨日、車検。魚屋。ネギトロ買ったら娘が「食べたかったんだ」と歓ぶが「ネギトロ食べたくない日なんてあるのかい」。ここのネギトロは本当に美味しい。刺身の味など分からない私だが これだけは言える。午後郵便局と本屋。郵便局は私の配当金の受け取りと、息子の簡易書留。本屋は 買っているのは私だが 愉しみにしているのは息子な「おおきく振りかぶって」新刊。息子のためと思うなー 自分のためと思えー雑貨屋でポーチを買 [続きを読む]
  • 墓参りからの
  • ランチ・ショッピング。行きたかった店は満席で予約がとれずそれから慌てて覚王山周辺で探した。見た目ぱっとしない料理の写真だが、味はいいかも知れん。だがしかし。予約時間を気にして肝心の墓参をいい加減にしたからかはずれだった。ワインはモーゼル。甘かった。美味しいけど料理に合わない。チョイス自分だからこれはいいんだけれど旦那が選んだ魚料理、生臭かったと言う。私が選んだ若鳥もやっぱ骨付きはどうかと思う。前菜 [続きを読む]
  • スカート買っちった
  • 昨日 旦那の奢りで昼食に出た。帰りにSCに寄って貰う。そして買ってしまった。衝動買い。スカート二本。一本は前から欲しかったデニムだからいいけれどもう一本はまんま衝動買いである。値引きなしである。以前は「いいね」と思っても、値札を見て苦笑する事ばかりだった。でも今はとりあえず「迷う」ぐらいは出来る。それだけでも嬉しいのである。前は迷うまでもなかったんだから。シーズン前に服を買う。売れ残りじゃない服を買 [続きを読む]
  • それ必然? 宣伝?
  • 本を読んでいて思ったんだけど文中に店舗とか商品を実名で出すと、その会社から何らかの謝礼が出るのでしょうかね?前にヒカ碁の原作者さんが作画さんが写実的にペット飲料を描いたらばそのメーカーから商品がどさっと送られて来たてな事を書いていた。闘病記録のようなもの を読んでいたらやたら「せぶんいれぶんならこういう時」「まるででにーずに行くように」などなど店の名前がたいした脈絡もなく出て来てうるさかったからも [続きを読む]