かしゃ猫 さん プロフィール

  •  
かしゃ猫さん: 奥会津へ来らんしゃい
ハンドル名かしゃ猫 さん
ブログタイトル奥会津へ来らんしゃい
ブログURLhttp://kashaneko252.blog89.fc2.com/
サイト紹介文只見線をメインに非電化路線やSLをアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/05/01 21:18

かしゃ猫 さんのブログ記事

  • 古代蓮とニューシャトル
  • ここは新幹線がメインであったが、防音壁が邪魔で、新幹線はなかなか存在感を出せない。むしろニューシャトルの方が撮りやすかった。ニューシャトルは学生時代に通学で利用していたが、シャッター向ける被写体ではなかった。こうやって撮ったのも初めてかも知れない。車両もあの当時からすっかり変わってしまい、時代の流れを感じさせられた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 古代蓮と共に
  • ヒガハスの蓮の花は終わっていたので、初めてここを訪れた。新幹線沿いにある古代蓮の蓮田が広がっていた。残念ながら花のピークは過ぎて花の数は少なめ。何とか列車と絡められる花を見つけて狙ってみた。E7系(またはW7系)新幹線をボカしてみたが、真っ白でちょっと存在感は薄かったか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 荒川に涼を求めて
  • HDDの過去カットを引っ張り出しが続いてますが…今は思い出となった旧国鉄101系の秩父1000系電車。当時は普通電車の主力として良く見かける存在だった。当たり前すぎてなかなかシャッター切らなかったのが、今となっては悔やまれる。この日も灼熱の長瀞だった。多くの人が荒川に入って涼を取っていた。今も変わらない光景だが、後ろを走る電車はすっかり変わってしまった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 三峰口駅にて
  • 三峰口駅は木造構築物の多い情緒ある雰囲気が嬉しい。都会の駅は自動改札が一般的になったが、ここは友人改札が健在。木製の改札ラッチがいい味わいを醸し出す。そんな中を、C58363が駆け抜けて行った。蒸気機関車現役時代を一瞬思い起こさせる様な光景であった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 案山子が見守るばんえつ物語
  • 夏も終わりに近づくと稲穂が成長してくる。そうなると案山子が登場する。煙の期待ができない暑い陽気、ここは煙を諦めて案山子メインで狙ってみた。C57180は軽快な感じで平坦線を飛ばして行く。ほとんど煙を出さずに汽笛一声して目の前を駆け抜けて行った。にほんブログ村 [続きを読む]
  • C57180の復活を願って
  • 今年は先日の車両トラブルにより、C57180の運転がキャンセルされた。来年にはトラブルを解決して完璧な姿で再びばんえつを走る姿を待ちたいと思う。HDDを漁って過去のカットから。夏のヘッドマークを付けたC57180の雄姿が思い出される。この日も暑かったが、C57180は煙もくもくで駆け抜けて行った。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ススキの穂が揺れる叶津番所
  • お盆の頃にはススキの一番穂が出てくる。ここ叶津の番所にもススキの穂が顔を出した。今はこの区間に列車が走らないが、3年後には再びこんな姿を見ることできるだろう。只見線の復旧を見守りながら、再開を楽しみに待とう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お盆も過ぎれば秋の光景に
  • お盆も過ぎると一気に風景は秋へと向かっていく。月見草が咲き、ススキの穂が風に揺れる。そして畑には早めに植えた秋蕎麦が花を付け始める。昼間の暑さは相変わらずだろうが、秋の訪れは着々とやって来る。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蓮の花に誘われて
  • 東大宮〜蓮田の有名撮影ポイント付近には蓮の畑がある。この時期は蓮の花が見頃。列車の光線は朝方逆光だが、蓮の花が咲いたタイミングは朝しかない。以前は寝台特急の北斗星やカシオペアが狙いであったが、今はすっかり寂しくなった。蓮の花をメインに撮るのであれば、かえって普通列車の方が撮りやすいかも。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 思い出の猪苗代にて
  • このカット撮ってから2年。ここを走る電車にも変化があった。当時は719系がメインであったが、世代交代が進んでレアな車両になった。蕎麦畑に磐梯山を望んだこのカットも今では貴重な思い出に。今年はここに蕎麦畑があるだろうか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 灼熱の津島ノ宮
  • 津島ノ宮駅は臨時駅だけに簡素な造りだ。ホームは舗装されない土砂のまま、そしてホームの高さも低いままで乗降にはちょっと難儀する。子供が多いので、職員をドア脇に配置して、乗降をヘルプする。改札も簡素なもので、屋根のよしずが直射日光を遮っていた。この時は単行電車、車内はさながらラッシュの様相だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 一日半だけの賑わい
  • 日本で一番営業期間の短い臨時駅と言われる津島ノ宮駅。たった一日半の営業だが、その間は大勢の乗降客で賑わう。今年は特急列車が通過するこんなシーンは見ることできなかった。先日の集中豪雨で財田川橋梁の橋脚が被災して今はその区間が運休中。明日からは不通区間の再開が予定されている。津島ノ宮は営業終えて普段の静けさの中だろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 賑わいの向日葵畑
  • メインの向日葵畑は花が終わってしまったが、線路際のこの区画は1週間ほど遅く見頃を迎えた。線路際言うものの、花の咲く向きは線路と反対方向気味でなかなかうまく絡めるのが難しい。広角で何とかそれらしいカットにできたか。狭い向日葵畑なので観光客が畑周辺に大勢が集まった。あまりの暑さと撮りにくさにこのカットのみで撤収したのだった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 羽床富士を背にして
  • 讃岐らしい姿の山々が印象的なコトデン沿線。そんな山の一つが羽床富士こと堤山。秀麗な山容をバックにコトデンのレトロ電車をコラボしてみた。大正レトロの古豪は吊掛けサウンドを響かせてやって来た。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 合歓の花とコトデン
  • 土岐川の河川敷に一本だけ合歓の木があった。花の咲き具合はちょっと寂しいが再度狙ってみた。望遠で電車はボカシながらも、電車の存在を出す様気を付けて…この日は旧京急の700系ばかりがやって来た。次の電車もその次も。ラッピングや広告車両が多いので、こうやってボカすのもいいかも知れないな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 灼熱の土器川河川敷
  • この日も強烈な暑さ。特に四国内では香川の暑さは格別だ。日陰がほとんどない河川敷、照り返しの熱波も半端ない。あまりの暑さにさほど大きくない木ではあるが、木陰で待機していた。気温はさほど変わらないだろうが、直射日光を避けるだけでもありがたい。そんな木陰になる木をアクセントに入れてレトロ電車を撮ってみた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • レトロ電車と戯れて
  • 毎月1回は運転されるコトデンの貴重なレトロ電車。なかなか撮影に行くタイミングが合わず1年ぶりの訪問になった。大正14年から昭和3年に製造された4両のレトロ電車が、その時ごとに車両をチョイスしながら運転している。この日は大正14年製の23号と昭和3年製の500号の組み合わせ。真夏の灼熱の中、窓を全開にして釣り掛けサウンド響かせながら鉄橋にやって来た。にほんブログ村 [続きを読む]
  • シーサイドを望む
  • 現在、予讃線電化区間は財田川橋梁修理のために一部区間で運休している。その影響で運休になる列車が存在する。撮影にはダイヤをしっかり確認しないと待ちぼうけになる。しかも熱い直射日光の下で…この日もとても暑く、撮影地まで小道を登るのと直射日光で汗をかくのだった。そんな中、海をバックに特急しおかぜがやって来た。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 広き海原を望んで
  • ここを訪れたのも1年ぶり。1年前ちょうど引っ越して本格的に四国での撮影をしたのがここだった。しまなみ海道の島々を遠望して大きく海を入れたカット。いかにも瀬戸内的な光景。電車が通過する時にあいにくの曇り空だった。そんな残念な天気を救うが如くアンパンマンカラーの列車が小駅を駆け抜けて行った。手前にはススキの穂、お盆迎えてないのにあまりにも早い秋の訪れか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花いっぱいのまんのう路
  • アンパンマン南風が上り列車で行ってから待つこと暫し、今度は下りの南風がやって来る。アングル変えて、向日葵メインにしてアップ気味に狙ってみた。今年の向日葵は成長しきる前に咲いたのだろうか、幾分花が小さめだった。すこしでも向日葵のボリュームを出す様考えながら、狙ってみた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 四国まんなか物語の晴れ姿
  • アンパンマン特急に阿波池田で先行させた四国まんなか物語号はゆっくりと、特急の後を追うかの如く阿波池田を出る。特急扱いながらその走りはゆっくりしたもの。吉野川の橋梁は減速運転でゆっくりと吉野川の流れを車内の乗客に田無増せているのだろうか。この日は見送りの方もいない寂しい状態だったので、普通に狙ってみた。この日は雲の影響も受けず、まさに晴れ姿で目の前を通過していった。にほんブログ村 [続きを読む]