かしゃ猫 さん プロフィール

  •  
かしゃ猫さん: 奥会津へ来らんしゃい
ハンドル名かしゃ猫 さん
ブログタイトル奥会津へ来らんしゃい
ブログURLhttp://kashaneko252.blog89.fc2.com/
サイト紹介文只見線をメインに非電化路線やSLをアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/05/01 21:18

かしゃ猫 さんのブログ記事

  • 大歩危の岩場を眺めて
  • 大歩危・小歩危の渓谷区間はなかなか川沿いを行く光景を眺めることができない。昔は川沿い行く区間が多かっただろうが、災害防止で新線に付け替えられて少なくなった。障害物が多く列車に掛かったが、渓谷を行くシーンを撮ることができた。この辺りは紅葉が少ないのが惜しまれる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 四国まんなか千年ものがたり号が行く
  • 大歩危小歩危の辺りの土讃線はなかなか接近したアングルを取れない区間。日の短い時期はさらに撮影に困難を極める。ここは鉄橋を接近戦で狙えるアングル。この辺では珍しい上路トラスの鉄橋。車両は逆光でシャドーだけど下から見上げてみた。ちょうどここからだと、大歩危の吉野川を車窓に楽しんでいる頃であろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • そよ風に阻まれながら
  • 冬も近付き川の水量もかなり少なくなった。ここも普段なら流れのある川だが、この時期はちょっとした池状になっていた。水鏡を狙ってアングルを組み立てる。そうしたら風が吹いてきて微妙に川面が揺れてしまった。ベストな条件でないのが惜しい。それ以外の条件は最高だったのに…にほんブログ村 [続きを読む]
  • 大歩危渓谷を行く
  • 大歩危の渓谷を行く四国まんなか千年ものがたり号をお手軽に眺められるポイント。道の駅大歩危の観覧デッキから列車を見送った。この時期は日が川に当たらないのが残念。道の駅の建物が川を陰にしてしまう。天気は快晴で四国まんなか千年ものがたり号が鮮やかに映える。ここも黄葉・紅葉が少ないのが残念な所だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 坪尻駅での交換シーン
  • 四国まんなか千年ものがたりが坪尻での停車中に、上り特急と交換する。そのシーンを狙うべくアングルを構える。特急の通過は一瞬。突然飛び出してあっという間に過ぎ去っていく。日の短い時期はなかなか手前まで日が差さないので、シャッターチャンスは一瞬。普段静かな駅が賑わった瞬間だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紅葉の打除橋梁
  • 別子の鉱山鉄道の遺構を観光鉄道にしたマイントピア別子。貴重な遺構の一つがこの打除橋梁。明治26年のドイツ製のピン組み立ての橋梁。非常にレアな建築物だ。そんな鉄橋が今もきれいに保たれている。鉄橋の脇には今が見頃とモミジが真っ赤に色づいていた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 海を背にして新居浜駅に向かう
  • 新居浜付近では比較的内陸を走るので、車窓からもほとんど海を見ることが無い。そんな新居浜で海を入れた光景を見たく、金子山へと行ってみた。ここから超望遠で狙うと海を入れることができる。奥は大島、海は狭い海峡状態ではあるが。線路際の銀杏の黄色もいいアクセントになってくれた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕日を浴びたニューカラー
  • EF210桃太郎。この機関車も登場してから結構経つ。貨物の電気機関車は塗装の塗り替えは全般検査2回ごと、約16年になる。今回、このFE210-108が2度目の全般検査を受けた。そして新カラーとなっての登場。この日の運用は検査明け初の四国入り。新車みたいに綺麗になったカマが夕日に照らされる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 振り向いて、見送って
  • マイントピアの遊覧列車は端出場駅を出発すると暫くして、貴重な遺産の中尾トンネルに入る。レンガ造りの味わいあるトンネルだ。遊覧列車の最後尾はちょっと味気が無いので、脇に咲いていた山茶花をメインにしてみた。今でこそ遊覧鉄道であるが、別子銅山が採掘していた頃は、鉱石列車が行き交ったのだろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ブログ仲間の年忘れ写真展2018
  • 今年もまもなく開催の時期を迎えました。ブログ仲間の年忘れ写真展2018年毎にメンバーが増えて、今回は45名のメンバーに。ギャラリー内ぎっしりと傑作が並ぶでしょう。ワタシも参加してます。今回も鉄道写真で行きますが、オールジャンルの中での鉄道写真意識したセレクトをしたつもりです。どうかご高覧頂けましたら幸いです。週末は久しぶりに大阪入りして楽しみたいと思います。●日時: 12月4日(火)〜9日(日)       [続きを読む]
  • 秋と春に迎えられて
  • ここマイントピア別子は多くの冬桜が植えられていて、線路際にも多くある。辺りは紅葉が進んで秋の光景だが、同時に冬桜が花を付ける。冬桜は春の咲き方に比べたらささやかではあるが、それでも桜の花を十分楽しめる。紅葉と桜、まさに秋と春のコラボレーション。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀杏とシルバーの矢
  • 一本だけのこの銀杏の木。色々なアングルで構えてみてアングルを検討した。この時はやや望遠気味にして銀杏の木の一部を切り取ってみた。逆光でかつ明るめの露出で銀杏の黄色を印象付ける。そんな光景を銀色の矢が駆け抜ける。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 銀杏の黄葉に誘われて
  • なかなか線路際の紅葉・黄葉が無い宇摩の晩秋。漸くここの銀杏がいい色合いになって来た。ここの銀杏は撮りにくいポイントではあるが、試行錯誤の繰り返しで狙ってみる。やって来たのは貨物列車。牽引機は全般検査で新カラーになったEF210-108。逆光の条件ではあるが、新カラーの様子は映し込めただろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • うまく撮れたかな?
  • 伊予灘ものがたり、約10分の下灘駅の停車。一斉に撮影タイムとなる。多くの人がカメラやスマホを持って伊予灘ものがたりの姿を狙っている。ちょっと視点を変えて、スマホのディスプレーをメインに狙ってみた。薄暮の時間帯、意外とスマホの輝度が高いのが感じ取れた。さて、スマホの主は傑作をものにできただろうか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕日を浴びたコスモス畑
  • 下灘駅のコスモスはちょうど見頃。辺りのコスモスの見頃よりもかなり遅い。それはコスモスを植える時期がかなり遅いことが影響している。このコスモスが咲く花畑は9月にプラットホームコンサートが開催された時は観客席だった。その後、畑を耕してコスモスを植えた。そんなコスモスが夕日を浴びた頃、列車が駅に滑り込んだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 色付き始めの肱川沿い
  • 山は紅葉の季節を迎えた四国ではあるが、線路際の紅葉はまだまだこれから。この辺りも若干色付いたかな?って感じ。そんな中を車光線に車体を輝かせて伊予灘ものがたりがやって来る。これから暫くは肱川の流れを楽しみながらの旅路。もっと山の色が燃える頃に再訪したいと思うのだった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 残照の石鎚山を背に
  • 秋の短い陽が沈む。辺りは徐々に闇に包まれる。空の赤みを浴びた残照がいい感じ。シルエットになった石鎚山にはロープウェイ付近の明かりがはっきりと見える。そんな中、闇を突き破るが如く特急が鉄橋を渡ってやって来た。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕日に照らされた桃太郎
  • ステンレス車体を眩しく輝かせた特急電車が新居浜駅に着くと、貨物列車は高松目指して新居浜を出発する。ステンレス車体みたいに激しく輝きはしないが、夕日を浴びた姿を捉えてみた。やって来たのは菱形パンタグラフの初期型桃太郎。吊掛けモーター音を響かせて力行して行った。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 輝きの姿を追って
  • 夕日ギラリが楽しい国領川の橋梁。ご近所お手軽ポイントでもある。この時期の陽の角度は鉄橋の端の方で輝く。そんな姿を雄大な東予の山々と絡めて狙う。傾いた夕日にステンレスボディーが眩しく輝く。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 水鏡となった国領川
  • 国領川は普段ならもっと水量あってしっかりした流れの川になる。この時期となり、水が少なくなったのだろうか。川が水鏡となった。そんなシーンで特急しおかぜを狙う。そしてやって来たはアンパンマン特急。川面の水鏡がしっかりと列車の姿を映していた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 蜜柑が実る頃
  • 蜜柑と言えば、愛媛も一大産地。とは言うものの、東予は意外と少ない。線路際に小規模なミカン畑があるポイントで列車を待つ。去年撮った木には実が付いていなかったので、他の木を探したアングルで。光線的には完全逆光の難しい条件だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日没に間に合わず
  • この日も夕日が綺麗な日だった。夕日と列車を絡めたいと思ったが、日が沈むのが5分程先だった。ちょっと残念と思いながら、残照の中を電車がやって来た。もっと日が短くなるタイミングでこの前の特急電車で狙えば、いいシーン撮れるかも。再度チャレンジしたいと思いながらここを後にした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕日が沈む下灘駅にて
  • 伊予灘ものがたり号が下灘駅に到着し、乗客と観光客がホームにどっと押し寄せる。皆が伊予灘に沈まんとする最期の夕日を眺め、盛んにシャッターを切る。今の時期は日没がどんどん早くなる。今ではもう伊予灘ものがたり号の下灘到着には間に合わなくなっているだろう。下灘駅からの夕日もこれからはシーズンオフかも知れないな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ハザ掛けも終盤へ
  • ハザ掛けの田んぼは少なくなって貴重な存在。昨年ハザ掛けしたポイントに行っても、今年はハザ掛けが無いということも多い。そんなことで新たにロケハンを敢行。意外な所に比較的規模も大きくハザ掛けがあった。単行の普通電車だったので、ちょっとアップ目に狙ってみた。天日干しのハザ掛け米、さぞかしおいしいだろうな。にほんブログ村 [続きを読む]