かしゃ猫 さん プロフィール

  •  
かしゃ猫さん: 奥会津へ来らんしゃい
ハンドル名かしゃ猫 さん
ブログタイトル奥会津へ来らんしゃい
ブログURLhttp://kashaneko252.blog89.fc2.com/
サイト紹介文只見線をメインに非電化路線やSLをアップします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/05/01 21:18

かしゃ猫 さんのブログ記事

  • 残照の廃線跡から
  • 残照もあっという間に沈む秋の夕方、山がちなこの辺の日没も早い。僅かに残った光を求めて別子銅山下部鉄道跡から狙ってみた。廃線跡を彩るキバナコスモスを入れて。やって来た単行電車は残照を浴びて輝き、いいアクセントに。電車が通過した後は残照もなくなり、撮影タイムは終了となった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 廃線跡のコスモスと共に
  • ここは変哲もない小さな高架橋が掛かっている場所であるが、鉄道歴史上は重要なポイントと言えよう。ここは1970年代まで別子銅山の鉱石を精錬場に輸送する、通称別子銅山下部鉄道の軌道敷である。鉄道が廃止されて長い年月が経つが、軌道跡は鉱山廃水の水路とサイクリングコースになった。そしてその廃線跡を彩るキバナコスモス。そんな中をアンパンマン特急が駆け抜ける。ここの下を鉄道が走っていたことなど、気にしない様相で・ [続きを読む]
  • 夕焼け空のしまなみと共に
  • 夕陽が山に傾き、トワイライトな時間になろうとする頃、特急電車がやって来た。列車の存在感は既に失われて風景に飲まれそうな感じであったが、茜色の空と瀬戸内の海を入れて撮ってみた。風景写真的には最適ではあるが、この時間の電車はちょっと目立たないか。課題は色々あるが、静かな瀬戸内の夕焼けを楽しめただけでも満足できるのだった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕方の貨物列車
  • この区間は特急と各駅の本数が1時間に1本づつあり、貨物列車がなかなか入る隙間がない。編成も交換設備の関係で非常に短い。編成だけで狙うと寂しい感じもする。夕方の貨物列車を俯瞰で狙う。俯瞰だと存在感に欠けるのが難点だが、この時はわずかに光った機関車がアクセントになったか。そんな貨物列車が間もなくSカーブを駆け抜ける。その前のストレートで入り江の海を見ながら進んで行く。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ステンレス車体を輝かせて
  • 最近お気に入りの具定展望台。恋人の聖地と言われているが、撮影地としてもベストポイント。望遠レンズを使えば遠方の線路まで見渡せる。どこまでも広がる瀬戸内の海。そして島々が見渡せるビューポイント。望遠で伊予寒川駅付近を狙う。ここの駅も比較的海の近くでロケーションがいい。映画のロケでも使われた静かな駅だ。そんな駅を高速で駆け抜けて行く特急列車。ステンレスの車体をギラリと光らせたのが印象的だった。にほんブ [続きを読む]
  • 続いてやって来た単行電車
  • 特急崖抜けて暫しの間が開いた後、単行の普通電車がやって来た。特急と普通では編成の長さに落差がある。ワンマンの寂しげな単行電車。それでもスピードは結構出している。特急とは比較にならないが・・・落穂拾いしていた奥さんは暑いのだろうか。傘の下で休んでいた。秋とは言え、まだ動けば暑い日差しの日だった。空は青空でまさに稲刈り日和の一日。あっという間に田んぼの稲が刈り取られて行った。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稲刈りする夫婦
  • 沿線で稲刈りをしているポイントを探して周辺をロケハンしたら、ここで稲刈りをしていた。夫婦で稲刈り、主人がコンバインに乗って、奥さんは落穂と刈り残しを鎌持ってやっていた。その瞬間に駆け抜けた特急しおかぜ。振り子を効かせて軽快にカーブを駆け抜ける。バックの大きな物流倉庫が邪魔だが、こればかりは諦めの境地で。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 名残の彼岸花
  • 田んぼの畔に咲いていた彼岸花、ボリュームは少ない上に終わりかけな印象。広角で花のそばまでぐっと迫って狙ってみる。逆光アングルで花が少しは輝く感じになるか。高速で駆け抜けるしおかぜはシャッターチャンスが気を抜けない。付近に踏切が無いので接近も分かりずらい。通過予想時刻はファインダー凝視で気の抜けない一瞬だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋桜風に揺れて
  • 沿線に何かないかとロケハンしながらの散策。そうしたらコスモスの花を見つけた。線路から離れていて列車と絡めるのは難しそうだが、望遠で切り取りアングルにしてみた。コスモスと列車の間には、広い道がある。アングルで隠したものの、結構車の通りは多い。車が来ない瞬間に電車が来るかは一瞬の賭け。車の途切れた瞬間、特急しおかぜは矢の様に駆け抜けて行った。ラッキーなことに車との併走は免れた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ススキの穂が出る頃
  • 秋になり、ススキの穂が出る頃になった。近くの沿線でススキが沢山穂を出す線路際はなかなか見つからない。少ないながらススキの穂が出る場所がここだったが、数は少なく撮りにくい。手前のススキの穂をメインにして狙ってみることにした。ピント合わせて電車待ち構えるも、ススキの穂は風に靡いてゆらゆらと。ススキの穂がアウトフォーカスになるのではないかと気が気でなかった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 彼岸花と稲穂の海
  • この辺りのy田んぼも本格的な稲刈りはまだだった。一部の区画で既に稲刈りしたが、その後は進展なしだった。そんな中に小規模ながら咲いていた彼岸花。彼岸花に焦点を与えて列車を待つ。モーター音響かせやって来た普通電車をワンカット。長編成の特急列車と単行の普通電車。この落差が激しい予讃線だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 稲穂の海を泳いでいく
  • ロケハンした西条手前の田園地帯。意外と撮りにくいポイントでもあった。線路際には藪が茂ってなかなかすっきり見通せないのだ。逆転の発想でした周りをローアングルで田んぼに隠してみた。彼岸花が彩を添える中、稲穂の海を単行電車が駆け抜けて行った。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 真赤に燃える田んぼ
  • 彼岸花を求めて近所をロケハン。なかなか撮りやすい彼岸花が見つからなかった。何とか見つけた彼岸花。線路とは慣れるので大きくボカしたアングルで。列車は小さいがアンパンマン特急が存在感を醸す。まさに赤の中へと飛び込んでいく様な感じだった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 豊穣の稲穂を眺めつつ
  • この辺りの田んぼは稲刈りはほとんど進んでなかった。そろそろ収穫時期になる稲穂だろうか?穂が垂れて豊作の予感。そんな中を高速で駆け抜ける2000系特急気動車。次期特急車として開発された新型が、土讃線での使用に向かないらしく、新たに開発する必要がある様だ。それまではこの2000系も生きながらえることに。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 彼岸花に焦点当てて
  • 天気はますます暗くなり、雨が降りそうな残念な空。ここの鉄橋は非電化なれども信号線が煩い。今度は彼岸花にピントを合わせてみた。花のボリュームが少ないものの、それでも近寄ればいい塩梅か?彼岸花が雨に濡れたらそれもまたいいカットになったかも。にほんブログ村 [続きを読む]
  • アンパンマン特急と彼岸花
  • 香川県側の土讃線ではあまり彼岸花見なかったのと、変化あるカットを撮りたいとのことで、徳島県側に移動。ここでも彼岸花を見つける算段で。天気が生憎の暗い曇り空。天に見放されたとボヤきつつ・・・鉄橋を轟音立てて駆け抜けた特急南風。この時はアンパンマンラッピングだった。暗い天候に彼岸花と共に少しは彩を加えてくれたかな?にほんブログ村 [続きを読む]
  • 彼岸花を探して
  • 彼岸花を探しながら土讃線の沿線をロケハン。なかなか思う通りに彼岸花が咲いていない感じだった。そんな状況だったけど、少しは咲いているポイントを探しだしてワンカット。この時はちょっとヒガンバナ早めだったかな?高速で駆け抜ける2000系ディーゼル特急も新型車に置き換えの噂が。今の内にしっかりと記録に残しておこう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 残照の駅に滑り込む
  • 日が沈んで残照が印象的な下灘駅にキハがやって来た。ひっきりなしに観光客が座ったホームのベンチが空席になった。そんな瞬間にやって来た普通列車。昼間は単行の列車も夕方は2両編成に。狙いのキハ32が先頭に立っているので、キハ32をスローシャッターで流してみた。城のカラーリングがステンレスカーよりも存在感を出していた感じがする。地平の赤みを帯びた空の色が印象的だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕陽を浴びた伊予灘ものがたり
  • 夕方の伊予灘ものがたり号は下灘駅にて狙う。夕陽を浴びて正面が輝くシーンをモノにしたいと。伊予灘ものがたりは改造はされたものの、正真正銘の国鉄型気動車。しかも元は新潟に居た寒冷地仕様の車両。仲間は今も越後や会津で活躍している。耐雪目的に採用されたエアサス台車がこの時ばかりは乗り心地を考えて、伊予灘ものがたり号にエントリーされたのだろう。四国の南国でゆったり走るキハにエールを送ろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 太公望の背後を行く
  • 海岸の岸壁には多くの太公望が釣りを楽しんでいた。見る限り釣れているのはカタクチイワシの様だ。それでも一回の投入で数匹のイワシを釣り上げる光景はいい感じだった。そんな釣り人の背後に列車を。釣り人達の晩の食事はイワシだな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 咲き始めた彼岸花
  • 伊予灘は結構なローカル地帯。下灘周辺にはコンビニは無ければガソリンスタンドもない。車のガソリンが空になったので、一旦伊予のインター近くまで行ってみた。給油後近くで列車を狙う。背後の高速道路が邪魔だが、咲き出した彼岸花と共に。もっと彼岸花に迫りたいが、動物除けの電線が難物だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 棚田越しに見る列車
  • 台風一過の濁った伊予灘、向こうには猫の島で有名な青島が見える。そんな棚田の向こうを行く単行列車。棚田の稲は既に刈られた後。絶好の光景はもうちょっと早くなければならない。田植え前の光景や稲刈り前の黄金色は今後の課題か。じっくりと撮りたい光景だった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 台風が去って
  • 台風18号が前日に襲来した。比較的被害は少なかったみたいだが、それでも台風の爪痕が残っていた。俯瞰の為に向かった道は倒木や洗い越しも。車はまさに林道走りの状態。ここの棚田は収穫間近だが、強風で稲が倒れていた。向うに望む伊予灘の海は岸の近くが濁った色合いに。海の色合いは今一つだったが、空はくっきりと澄んでいた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 伊予灘ものがたり、下灘到着
  • すっかり有名になった下灘駅。ひっきりなしに観光客が訪れる。そんな小駅ながらも賑わいある駅に伊予灘ものがたりが入線した。ホームに入ると10分間の小休止。客扱いはないけど、乗客も降車して記念撮影タイムとなる。観光客と乗客で海沿いの駅は賑わいのひと時を迎える。ホームのベンチも常に人が訪れるので、青春18きっぷポスターみたいなシーンは難しい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 寺田町の旧駅名標
  • 寺田町の駅の壁に残っていた、旧駅名標。貴重な存在として保存されている。痛まない様にガラスで覆われて撮りにくくなったが、これで長年に渡りコンディションを保てそう。そんな古い大阪環状線の遺構と、最新型の大阪環状線電車。ホントは思い出にオレンジ色の電車と絡めたかったな。にほんブログ村 [続きを読む]