aiaia さん プロフィール

  •  
aiaiaさん: 源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法
ハンドル名aiaia さん
ブログタイトル源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UPする方法
ブログURLhttps://ameblo.jp/aiaia18/
サイト紹介文「源氏物語」の原文と口語訳の照らし合わせで、大学受験に必要な古文センスを身につけていきましょう
自由文あいの部屋「国語力で自己の力を最大限に引き出す方法」というサイトを運営しています。国語力を高め、納得のいくかたちで古典を学習するために、「源氏物語」に焦点をしぼったブログを立ち上げました!受験対策として、ぜひご利用くださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供544回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2009/05/01 16:16

aiaia さんのブログ記事

  • 【夕顔265-2】古文常識も含んだ解釈問題☆偏差値62
  • 文法は、大学入試で文法問題を解くためだけではなく、解釈問題にも、文法事項が組み込まれていることもありますし、本文読解そのものにも、文法の知識は、必要不可欠なのです。源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔265】その家なりける
  • 「…その家なりける下人の、病しけるが、にはかに出であへで亡くなりにけるを、怖ぢ憚りて、日を暮らしてなむ取り出ではべりけるを、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 「…その家なりける下人の、病しけるが、訳)「…その家にいた下人で、病気をした者が、 にはかに出であへで亡くなりにけるを、訳)急に家から出る余裕もなく亡くなってしまったのを、 怖ぢ憚りて、日を暮らしてなむ取り出ではべりける [続きを読む]
  • 【夕顔264-3】古文単語「なづさふ」
  • 古文単語を覚える時は、漢字のイメージ、語呂合わせ、現代語…いとんなものを組み合わせて、効率的に覚えていこう♪源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【現代語のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】「…このごろ、またおこりて、弱くなむなりにたる、『今一度、とぶらひ見よ [続きを読む]
  • 【夕顔264-2】古文常識☆「今はのきざみ」
  • 最近、「地頭力」という言葉が流行っています。知識おんりーでなく、思考力・判断力重視☆今の学習指導要領の方向性とマッチしますね!源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふ [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔264】このごろ
  • 「…このごろ、またおこりて、弱くなむなりにたる、『今一度、とぶらひ見よ』と申したりしかば、いときなきよりなづさひし者の、今はのきざみに、つらしとや思はむ、と思うたまへてまかれりしに、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 「…このごろ、またおこりて、弱くなむなりにたる、訳)「…最近、また発病して、弱く なってしまっているのが、 『今一度、とぶらひ見よ』と申したりしかば、訳)『今一度、 [続きを読む]
  • 【夕顔263-3】「頭剃る」☆出家ワード☆
  • センター試験まで、あと半年ですね。この夏を、しっかり計画立ててやり通すことが来年1月のセンター高得点につながります!源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【古文常識】を覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】「乳母にてはべる者の、この五月のころほひより、重くわづらひはべりしが、 [続きを読む]
  • 【夕顔263-2】古文常識☆旧暦月の読み方☆
  • あらー;;頭中将相手に、何をしゃべるのかと思ったら、ただ、宮中へ行けない言い訳をし始めたようですよ…源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじつぼのみや)への恋慕、そし [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔263】乳母にて
  • 「乳母にてはべる者の、この五月のころほひより、重くわづらひはべりしが、頭剃り忌むこと受けなどして、そのしるしにや、よみがへりたりしを、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 「乳母にてはべる者の、訳)「乳母でございます者で、 この五月のころほひより、重くわづらひはべりしが、訳)この五月のころから、重く患っておりました者が、 頭剃り忌むこと受けなどして、訳)剃髪し仏教の戒律を受けるこ [続きを読む]
  • 【夕顔262-3】古文常識「大殿の君達」
  • 古文の重要古語カテゴリでは、源氏物語の中で出てくる古語をピックアップしてオリジナル問題も作成しております。参考にしてね♪源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【古文常識】を覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】大殿の君達参りたまへど、頭中将ばかりを、「立ちながら、こなたに入り [続きを読む]
  • 【夕顔262-2】二方面敬語☆偏差値58(共通テスト対応)
  • 大学入試によく出る『源氏物語』で、古文目線を身につける訓練をしましょう!今日のイラスト解釈は、偏差値58のオリジナル問題です☆源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじ [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔262】大殿の君達
  • 大殿の君達参りたまへど、頭中将ばかりを、「立ちながら、こなたに入りたまへ」とのたまひて、御簾の内ながらのたまふ。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 大殿の君達参りたまへど、訳)左大臣のご子息たちが参上なさるが、 頭中将ばかりを、訳)頭中将だけを、 「立ちながら、こなたに入りたまへ」とのたまひて、訳)「立ったままで、こちらにお入り下さい」とおっしゃって、 御簾の内ながらのたまふ。 [続きを読む]
  • 【夕顔261-3】古文単語「御使」
  • 単語帳の例文ばかりを見ても、長文読解力は身につきません;;長文読解の練習には、源氏物語がいちばんですよ♪源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【漢字のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】苦しくて、いと心細く思さるるに、内裏より御使あり。昨日、え尋ね出でたてまつら [続きを読む]
  • 【夕顔261-2】敬語の識別☆偏差値55☆
  • 夏休みも残り3週間です!暑さに負けず、しっかり勉強励んでますかぁ〜?源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじつぼのみや)への恋慕、そして、中流の女空蝉(うつせみ)と [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔261】苦しくて
  • 苦しくて、いと心細く思さるるに、内裏より御使あり。昨日、え尋ね出でたてまつらざりしより、おぼつかながらせたまふ。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 苦しくて、いと心細く思さるるに、訳)苦しくて、とても気弱にお思いにならずにいられないところに、 内裏より御使あり。訳)宮中から帝の使者が来る。 昨日、え尋ね出でたてまつらざりしより、おぼつかながらせたまふ。訳)昨日、お探し出し申し上 [続きを読む]
  • 【夕顔260-3】古文単語「そそのかす」
  • 受験生のみなさーん!!古文の勉強、単語と文法だけになっていませんかー?できるだけ、古文に触れてくださいよぉ〜!源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【漢字のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】日高くなれど、起き上がりたまはねば、人びとあやしがりて、御粥などそその [続きを読む]
  • 【夕顔260-2】敬意方向☆偏差値55☆
  • 目標は、「夢」として大きく立てるものと、間近の「とりあえずここまでは」と、実力に見合った目標とに分けて立てるべきです。まずは、8月末の模試を目標に!源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔260】日高く
  • 日高くなれど、起き上がりたまはねば、人びとあやしがりて、御粥などそそのかしきこゆれど、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 日高くなれど、起き上がりたまはねば、訳)日は高くなるけれど、起き上がりなさらないので、 人びとあやしがりて、訳)女房たちは不思議に思って、 御粥などそそのかしきこゆれど、訳)お粥などをお勧め申し上げるが、 【古文】日高くなれど、起き上がりたまはねば、人びとあ [続きを読む]
  • 【夕顔259-3】古文単語「せきあぐ」
  • この長い夏休み☆いやもう8月に入りましたよ!しっかり計画を立てて、がんばっていきましょう!源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【現代語のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】心惑ひのなかにも、思ほすに、御胸せきあぐる心地したまふ。御頭も痛く、身も熱き心地して、い [続きを読む]
  • 【夕顔259-2】心情の理由☆偏差値58☆
  • 8月の学習計画は立てましたか?ぼーっとしてたら、すぐ夏休みは終わっちゃいますよ!源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじつぼのみや)への恋慕、そして、中流の女空蝉( [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔259】心惑ひの
  • 心惑ひのなかにも、思ほすに、御胸せきあぐる心地したまふ。御頭も痛く、身も熱き心地して、いと苦しく、惑はれたまへば、「かくはかなくて、我もいたづらになりぬるなめり」と思す。ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 心惑ひのなかにも、思ほすに、訳)気が動転しているうちにも、お思いになると、 御胸せきあぐる心地したまふ。訳)お胸に息がつまってむせ返る気がしなさる。 御頭も痛く、身も熱き心地 [続きを読む]
  • 【夕顔258-3】古文単語「行きあかる」
  • 古文単語帳は、目次の部分に毎日ざっと目を通し、細かな部分を逐一覚えることよりも、むしろ多くの古文に接することを心がけましょう。源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【現代語のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】胸をおさへて思ふに、いといみじければ、「などて、乗り [続きを読む]
  • 【夕顔258-2】「む」の識別☆偏差値58☆
  • 古文の学習は、積み重ねが大切☆源氏物語の中で、出てきた古語や文法をどんどん積み重ねて理解していきましょう♪源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似た藤壺宮(ふじつぼのみや)への恋 [続きを読む]
  • 源氏物語イラスト訳【夕顔258】胸をおさへて
  • 胸をおさへて思ふに、いといみじければ、「などて、乗り添ひて行かざりつらむ。生き返りたらむ時、いかなる心地せむ。見捨てて行きあかれにけりと、つらくや思はむ」と、ーーーーーーーーーーーーーーー 【源氏物語イラスト訳】 胸をおさへて思ふに、いといみじければ、訳)胸を押さえて思うと、とてもひどく悲しいので、 「などて、乗り添ひて行かざりつらむ。訳)「どうして、一緒に乗って行かなかったのだろうか。 生き返り [続きを読む]
  • 【夕顔257-3】古文単語「いづこ」
  • 古文の重要古語は、暗記に頼らず、出てきた古語を積み重ねていったり漢字やイメージも組み合わせていきましょう。源氏物語イラスト訳 重要古語  【古文単語の覚え方】1.現代語から想像して覚える2.漢字のイメージで覚える3.ゴロを利用して丸覚えするの3つのどれかで覚えます。 今回は、【現代語のイメージ】で覚えましょ♪ 【今回の源氏物語】人びと、「いづこより、おはしますにか。なやましげに見えさせたまふ」など言 [続きを読む]
  • 【夕顔257-2】「に」の識別☆偏差値55☆
  • センター試験は再来年で終わりますが、マーク5択の問題形式は変わらず出題されます。このブログで、しっかりとその解き方を身につけていきましょう!源氏物語イラスト解釈 【これまでのあらすじ】天皇(桐壺帝)の御子として産まれ、容姿・才能ともすぐれていた光の君は、幼くして母(桐壺更衣)を亡くし、臣籍に降下、「源氏」姓を名のり、左大臣の娘葵(あおい)の上を正妻にもらいました。一方、帝の後妻である、亡き母によく似 [続きを読む]