hoshiyan さん プロフィール

  •  
hoshiyanさん: 俊平の雑学研究所
ハンドル名hoshiyan さん
ブログタイトル俊平の雑学研究所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp
サイト紹介文雑多な知識を取り止めもなく集めてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供448回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2009/05/01 17:20

hoshiyan さんのブログ記事

  • 安倍首相の「インド太平洋戦略」を米国がパクった
  • 11月13日、マニラ訪問中の安倍首相はトランプ米大統領やターンブル豪首相との日米豪首脳会談に臨んだ。日米両国は「自由で開かれたインド太平洋戦略」を掲げ、オーストラリア、インド両国との連携を強化するとの方針を打ち出した。日本と米国は中国を封じ込めるために「インド太平洋戦略」にオーストラリアやインドを何としてでも参加させたい意向がある。トランプ大統領はインドのモディ首相とも会談し、モディ首相から「アジ [続きを読む]
  • 凍傷でボロボロの猫、あたたかい家庭へ
  • 野良猫のマルセルはかつてモントリオールの町の路地にいた。当時の彼はあちこちに傷があり、毛は泥でだらけでゴワゴワ。外の暮らしでかなり苦労しているようだった。同じ町に住んでいたマリー・イブさんは、彼を見かけるたびになんとか保護したいと思っていた。マルセルの悲しげな瞳が彼女の胸を締めつけていた。今年7月半ば、マリーさんはついに行動を起こした。だが、それは思った以上に困難だった。野良暮らしが長く賢いマルセ [続きを読む]
  • 北朝鮮船漂着、危機を認識しない野党議員
  • 北朝鮮からの漁船とおぼしき不審船が次々と日本の日本海沿岸にやって来る。その多くは無人であったり、乗務員と見られる遺体が残っていたりする。だが、なかには無人島に上陸を果たし、暫く留まって窃盗を働いたグループもいる。「こんなことで、日本の安全は大丈夫なのか」と心配になってくる。なぜ、こんなにも北朝鮮の漁船が漂着するのか。多くの専門家が指摘する可能性のひとつが、北朝鮮への経済制裁により燃料の供給が困難と [続きを読む]
  • 医学生が語る人体解剖
  • 人体の内部に隠された秘密は解剖するまでは分からない。人体の仕組みを知るために行われる解剖実習は外科医などを目指す人にとっては必須課目である。一般の人にとっては有り得ない経験である。既に生は失われているとはいえ、そこにあるのは自分と同じ人間だ。解剖するには、人体を切り刻む自分と心理的な距離を置く能力が必要となるという。そんな人体解剖の実習を終えた医学生たちはどんな気分になるのか。小説などフィクション [続きを読む]
  • アニメのような人々
  • 幼稚園児にしか見えない21才!。コスプレイヤーLoluuuuuuさんが合法ロリどころか、もはや2次元レベルだ。その写真を見てみると…、どう見ても幼稚園児、頑張っても女子小学生だろう。 まさに合法ロリと呼ぶにふさわしい女の子だ。彼女は中国のコスプレイヤーである。遠目に見ると「スタジオアリスかよ!?」と突っ込みたくなる。プロフィールには「1996年6月29日生まれ」と書かれている。21才だそうだ。 もうひとり [続きを読む]
  • 北朝鮮から見た現在の朝鮮半島情勢
  • 緊迫する朝鮮半島情勢だが、この事態を北朝鮮の側からは、どう見えるのだろう。初めにお断りしておが、客観的には1994年の核開発を放棄を約束した米朝枠組み合意を反故にし、国連の安保理決議を再三破り続ける北朝鮮に正義も道理もないので、庇うつもりなどはない。ただ、視点を変えると米国という超大国の素顔が垣間見えるような気がするのだ。今月4日〜8日、北朝鮮が「軍事的挑戦」と反発している史上最大規模の「米韓共同 [続きを読む]
  • 見えそうで、見えない徳永えりかのセクシーポーズ
  • 日本テレビの人気アナウンサー徳島えりかは1988年9月10日、広島に生まれ、東京で育っている。東京の名門女子高である女子学院中学、女子学院高等学校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業して、2011年に日本テレビに入社し、数多くの番組を担当している。 整った顔立ちに166cmと高身長でスタイル抜群。報道もバラエティでも大人気で活躍の機会が多いアナウンサーだ。父親と母親の3人家族でトイプードルを飼っ [続きを読む]
  • 朝鮮半島緊迫、米国が平昌五輪不参加を示唆
  • 米国のニッキー・ヘイリー国連大使が6日、米FOXニュースとのインタビューで、記者が「米国が平昌冬季五輪(2月9〜25日)に参加することが確定したのか」との質問に「まだ五輪の参加に対して聞いたことがないが、カギは我々がどのように米国市民を守るかとのこと」とし、北朝鮮問題の影響で、米国選手団の平昌冬季五輪への参加可否が未確定であることを示唆した。ヘイリー大使は北朝鮮の脅威について「日増しに好戦的になっ [続きを読む]
  • 人類はAIをコントローし続けられるか
  • AI(人口知能)を作るために開発されたAIが、予想以上に高性能なAIを作り上げたようだ。人類をはるかに超える知能を宿した機械が登場し、何かが起きるとされている技術特異点(シンギュラリティ)は2045年頃だと予想されていたが、もうすでに水面下で想像より進行している可能性がある。2017年5月、グーグル・ブレインの研究者「オートML(AutoML)」の開発を発表した。これは研究者といっても人工知能(AI)を [続きを読む]
  • 長崎県平戸市長「朝日の購読やめる」で大反響
  • 長崎県平戸市の黒田成彦市長が11月28日にツイッターで、「誤報」を理由に朝日新聞の市長室での購読打ち切りを公表したのだ。同紙の報道姿勢を問題視する声が、地方自治体からも上がった形だ。黒田市長のツイートに全国から支持や賛同する意見が寄せられ、フォロワー数が急増しているのだという。黒田市長は「反響の大きさに驚いている。夜中でも枕元の携帯電話が、ツイッター読者からの返信を頻繁に受信し、振動音が気になって [続きを読む]
  • 台湾統一を強める中国
  • 中国のトップの座に就いて2期目に入った習近平だが、台湾を統一する動きを強める可能性が囁かれている。10月18日〜24日に開かれた中国共産党大会において「習近平思想」なるものが党規約に盛り込まれ、毛沢東とならぶ絶対的な権力を手にしたと噂される習近平だが、実績では共産党の中国を建国した毛沢東とは比べようもない。台湾との統一は中国が最重要課題と捉える「核心」のひとつだが、もしも習近平が台湾統一を果たせば [続きを読む]
  • パナソニックが作った「男のアンダーヘアトリマー」
  • パナソニックといえば、日本で100人に聞いたら100人が知っているであろう有名電機メーカーである。おそらくどのご家庭にも、ひとつくらいは“パナソニック製品” があるに違いない。大手企業だけにその信頼感は抜群だ。 しかし…、あろうことかパナソニックがひっそりと「男のアンダーヘアトリマー」を販売しているという。マーケティング的に勝算はあるのか? どうやら一台で、アンダーヘアだけでなく、手足や胸まで処理で [続きを読む]
  • 退役軍用犬の命を救え
  • かつてアフガニスタンで無数の命を救ってきたイギリスの軍用犬2頭が里子に出すことが困難との理由で殺されようとしている。ベルジャン・シェパードのケビンとダズは、ヘルマンド州で爆発物探知犬として活躍した後、4年前に引退した。その後、彼らは「安全ではない」との理由で今週にも安楽死に処せられることになった。これに対して兵士や飼育係たちは決定の変更を請願。引退した2頭が飼育されているレスターシャーの国防動物セ [続きを読む]
  • 日本人の矜持を示した野球チーム「バンクーバー朝日」
  • 1900年代初頭、貧しい農村に住む日本人が仕事を求め、世界中に渡った。カナダにも多くの日本人が新天地を夢見て渡った。カナダ西海岸の大都市・バンクーバーの一角にも1万人もの日系人が生活する日本人街が存在した。だが、現実は人種差別と過酷な低賃金労働に耐えながらも勤労に勤しんだため、現地の白人たちから「日本人が白人の仕事を奪っている」として排斥運動が起こることもあった。そんななか、「日本人の誇りを白人に [続きを読む]
  • オナラに着火したら巨大な火の玉
  • 若いからこそ向こう見ずなチャレンジに挑むこともできるし、根拠のない自信を持てたりする。しかし、若気の至りという言葉があるように、若さはつい悪ふざけやバカなことをしてしまうこともある。まさにそんな若さ溢れる青年が、オナラに火をつけたことでお尻が炎上する事態になった。 オーストラリアのニュースサイト「9NEWS」によると、“オナラで炎上事件”が起きた。複数の若者がホテルの部屋で酒をラッパ飲みにし、ズボンを [続きを読む]
  • 【バカか!?】 韓国、北朝鮮へ人道支援
  • 韓国政府は9月下旬、国際機関を通じて北朝鮮に計800万ドル(約9億円)の人道支援を行うと発表していた。北朝鮮の挑発が続くなかでの支援には、当初から国内外から疑問の声が出ていたが、北朝鮮のミサイル発射兆候が確認されていた先週初め、北朝鮮への人道支援を実施する手続きに入ることを日本政府に伝えてきたという。 そして北朝鮮は11月29日未明 、米全土を射程に入れる大陸間弾道ミサイル火星15を発射した。しかし [続きを読む]
  • 【暴挙】 広辞苑が台湾を中国の一部と記載
  • 台湾メディアが日本の辞典である岩波書店の広辞苑が10年ぶりに改定した際、地図の中で台湾を中国の省のひとつとして記載した。台湾メディアは岩波書店を「親中で左翼的」だとし、広辞苑の誤りを訂正するよう求める声が出ている。第2次世界大戦を終結させたカイロ宣言およびポツダム宣言は各国首脳の署名がなく、その有効性に疑問が呈されており、いまだ台湾の地位は未確定だ。台湾は独立国なのか、それともどこかに帰属する地域 [続きを読む]
  • 美人すぎる女性力士
  • 日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件で、騒動が収束する気配がない。日本の国技・相撲は精神文化的な側面も持ち合わせているので、外国人に理解させることはなかなか難しいのかも知れない。事実、モンゴル人力士がまともな引退を果たしたのは半分もいない。 さて、そんな暗い話はバカメディアに任せておいて、当ブログは美人すぎる力士として有名な野崎舞夏星をご紹介しよう。彼女は1996年7月7月17日に静岡県浜松市で生まれ [続きを読む]
  • 新しい種の誕生を観察することに成功
  • 私たちは「種が絶滅した」或いは「絶滅に瀕した」というニュースをよく耳にする。反対に(自然界で)新しい種が誕生したという話はトンと聞いたことがない。だが、生物学者たちは現在、野生においてまったく新しい種が誕生する様子をリアルタイムで観察しているのだという。それにはわずか2世代しかかかっていないというから驚きだ。ガラパゴス諸島ダプネ・マヨール島にはガラパゴスフィンチの固有種が3種存在するが、そのうちの [続きを読む]
  • 火星15発射、朝鮮半島緊迫
  • 北朝鮮は29日午前3時18分頃、自国の西岸から弾道ミサイルを発射した。ミサイルは約53分間にわたって約1000キロ飛翔した後、午前4時11分ごろに青森県西方約250キロの地点の日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾した。到達高度は4000キロをはるかに超えており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と考えられる。北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、日本政府は安倍首相が「北朝鮮が国際社会の一致した平 [続きを読む]
  • 権力者の死に殉じて老人を生き埋めにする風習があった村
  • 古代社会においては、権力者が没すると、あの世で寂しい思いや不自由しないようにと、権力者の家族や家来、一般の民衆、家畜などが権力者の死に殉じて埋葬されるという習慣が存在していたことが知られている。だが、それらは後に日本では埴輪が代わりに埋葬され、中国でも兵馬俑のような副葬品に置き換えられることになった。ところが、日本の一部の地域では、そうした副葬品ではなく、古代と同じように生きた人間が故人と共に埋葬 [続きを読む]
  • セクシーな稲村亜美の神スイング
  • 稲村亜美はタレント、グラビアアイドル。1996年1月13日、東京に生まれた。2014年3月13日、日出高等学校を卒業し、同年4月1日に国士舘大学21世紀アジア学部に入学、4月14日には週刊プレイボーイ×グラドル自画撮り部「第1回ジガドル・グランプリ」吉田豪賞を受賞する。2015年3月26日公開のトヨタ自動車のCM「G's Baseball Party」に出演。最後に登場し、OL風スーツでの豪快なスイングが「神スイン [続きを読む]
  • タイムトラベル
  • ノアと名乗る男性が現代の我々にタイムトラベル技術が既に存在することを伝え、近未来に何が起きるかを警告するため命を賭して、2028年からタイムスリップしてきたと動画で訴えている。その様子はYouTubeの「パラノーマルエリート(Paranormal Elite)」でも公開されている。但し、 苗字は明かさず、顔出しもNGだということを付け加えよう。自称タイムトラベラーは「騙そうというのではない。私の目的はタイムトラベルが存在 [続きを読む]
  • 大相撲の話、いろいろ
  • 大相撲九州場所は福岡国際センターで千秋楽の取組が行われ、25日40回目の優勝を決めた横綱・白鵬は大関・豪栄道に破って、14勝1敗として今場所を締めくった。優勝インタビューで白鵬は横綱・日馬富士の暴行問題に触れ、加害者の日馬富士と被害者の平幕・貴ノ岩の土俵復帰を願う気持ちを発言した。やはり外人には相撲を理解できないのかもしれない。相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事であり、天下泰平・子孫繁栄 [続きを読む]
  • 貴方を成功に導く習慣
  • いつも不平・不満ばかりをいっている人の話は聞いていても楽しくない。そんな人との付き合いはごめん被りたいものだ。だが、不満をいっている本人にとっても害をもたらすというのだ。しょっちゅう不平ばかりいっていると、精神的にも、感情的にも、肉体的にも影響が出ることはこれまでの研究からわかっている。ストレスを引き起こして悪化させ、生きるエネルギーや夢を追う希望を奪っていく。そもそもが否定的でネガティブな感情が [続きを読む]