hoshiyan さん プロフィール

  •  
hoshiyanさん: 俊平の雑学研究所
ハンドル名hoshiyan さん
ブログタイトル俊平の雑学研究所
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp
サイト紹介文雑多な知識を取り止めもなく集めてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供495回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2009/05/01 17:20

hoshiyan さんのブログ記事

  • 生野陽子アナ懐妊…セクシーパンチラ
  • フジテレビの生野陽子アナウンサーが、夫で同期入社の中村光宏アナとの第1子を妊娠したことが14日、分かった。結婚5年目で待望の子宝を授かり、複数の関係者によると、来年5月に出産予定という。生野アナは現在、同局系「FNNプライムニュース イブニング」の土・日メインキャスターとして活躍している。“フジの顔”として活躍してきた生野アナのもとにコウノトリが舞い降り、人気アナ“ショーパン”はママとなる。生野ア [続きを読む]
  • 美女からドクロになった女
  • 12月5日水曜日、米オハイオ州にあるウォルマートで万引き犯が拘束された。バッグを万引きした疑いで逮捕されたのは、27歳のアリッサ・ゼブラスキー。万引き自体はたいして珍しいことではないのだが、アリッサが世間をザワつかせたのは、逮捕後に撮影されたマグショットだった。それは彼女の顔がドクロだったからだ。目の周りに縁取りを入れて、額には蜘蛛の巣、首にはバイオハザードマークも入っているし、夜道ですれ違ったら [続きを読む]
  • 高速鉄道事故原因解明における韓国的思考
  • 今月8日午前7時35分頃、韓国北東部の江陵でソウル行き高速鉄道KTXが脱線した。列車は10両全てが線路を外れ、先頭の2両は隣の線路まで横向きに乗り上げ、線路も破損した。乗客乗員201人のうち、14人が骨折や打撲などのけがで病院に運ばれた。事故は出発5分後で、時速が約100キロとスピードがそれほど出ていなかったため死者は出なかったが、一歩間違っていたら大惨事になるところだった。韓国高速鉄道は1990 [続きを読む]
  • ファーウェイの副社長逮捕で、本格化する米中戦争
  • 米中貿易戦争は一時休戦と思いきや、ファーウェイの副社長を今月1日に逮捕して、本格的な米中ハイテク戦争に突入した。米国は政府機関でのZTE、ファーウェイ製品の使用を禁じ、ファーウェイ製品を使用する企業との取引もしないと発表した。この米国の使用禁止を英国、豪州、ニュージーランド、カナダも追従。日本政府も政府機関でのZTE、ファーウェイ製品の使用を禁じた。しかし、親中的なドイツは禁止しない。いずれ近い将 [続きを読む]
  • 鬼畜犯罪者は震えて眠れ
  • 今年も残すところ20日だ。振り返れば、様々な“胸クソが悪い事件”が起きた。「ゲス」や「鬼畜」という言葉ですら足りない犯罪者たちは、これから刑務所で地獄が待ち受けている。その地獄とは、刑務所という社会から隔絶された空間で繰り広げられる法律ギリギリの凄まじい虐めだ。法務省の関係者や刑務官に質せば即座に「ない」と答えるだろうが、懲役経験のあるホリエモンも「虐め」の存在を認めている。愛媛県今治市の松山刑務 [続きを読む]
  • ガスマスク姿でスイスの森を彷徨う男
  • この世にはまだまだ数多くのミステリーが存在する。正体不明、身元不明の人物に関する謎もそのひとつだろう。スイスの森を2000年初頭あたりから十数年にもわたり、迷彩模様のマントを羽織り、ガスマスクをつけた男が彷徨っていたのだが、それが誰なのか正体不明なのだ。このぼやけた写真は2013年に撮影されたもので、その不気味な人物は後に「レ・ロヨン」と呼ばれることとなる。彼はスイスの「デ・ムレ」という森を彷徨っ [続きを読む]
  • アザラシの鼻の穴にウナギ…無事除去
  • 米海洋大気局(NOAA)の「ハワイモンクアザラシ研究プログラム」(HMSRP)はこのほど、右の鼻の穴にウナギが詰まったアザラシの写真をフェイスブック上で公開した。ハワイでは以前から、モンクアザラシの鼻にウナギが入り込む現象が報告されている。初めて目撃されたのは2016年夏、リシアンスキー島沖でのことだった。HMSRPはフェイスブックで「(アザラシの画像を公開した)月曜日は皆さんにとって良い日ではな [続きを読む]
  • 人の支えになりたい時、良い言葉は不要…ただ共感するだけでいい
  • 誰かが苦しんでいるとき、悲しんでいるとき、何か励ましになるような言葉をかけたくなるのが人情だろう。失恋あるいは失業、別離などで、あなたの大切な人が落ち込んでいたら、どんな言葉をかけるのが正解なのか。同情の言葉だろうか、共感の言葉だろうか、それとも大したことない、大丈夫さといった楽観的な言葉だろうか?米国の研究者が新たに発表した論文によると、苦しむ人を励まし、慰められる魔法の言葉はないようだ。ただそ [続きを読む]
  • 社会主義にひた走る韓国にgood-bye!
  • 10月30日、韓国の最高裁判所にあたる大法院が新日鉄住金に戦時の朝鮮人労働者に賠償するよう命じた。その後も三菱重工にも同様の判決をくだした。日韓国交正常化の際に取り交わした請求権協定を完全に否定する判決だった。これにより日韓両国は国交の基本的あり方や、友好関係を構築する法的根拠を失った。韓国は無条約時代とも言うべき状況を作り出した。11月21日には韓国政府は、従軍慰安婦問題に関する「和解・癒やし財 [続きを読む]
  • 中国で「美女動物虐待」動画が流行
  • 中国で一時期流行したエロ動画配信は、当局からの規制が強まり、鳴りを潜めているが、それに代わって最近勢いを増しているジャンルがある。ミニスカートをはいた女性がピンヒールでウサギを踏みつけたり、犬の首を絞めたりする、美女による動物虐待動画だ。「新京報」(11月26日付)によると、動画は数十元〜数万元で取引され、海外にもDVDが多数出荷されているという。 このジャンルで有名人だという阿佳は豚や牛、羊といっ [続きを読む]
  • 北方領土返還が世界を混乱させる可能性
  • ロシアは東にある日本と中国との友好関係を構築したい。特に日本とは北方領土の2島を返還し、経済的に結びつき自国の経済を活性化しようとしている。そのうえで西方に出ていく意図がある。ケシ粒のような2島でも領土問題での譲歩は国民が不満を募らせるので、東方で失う領土より、大きな領土を西方で奪う必要が出てくる。日本の北方領土返還要求がプーチン大統領に西方への攻勢をけしかけさせている面もあるといえる。ロシアの狙 [続きを読む]
  • 映画より感動するプーさんの神対応
  • アメリカのフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで、ディズニーのキャラクターたちと触れ合うことができるレストランを訪れた障がいを持つ男児に、プーさんが見せた優しさが「さすが!」のひと言。先日、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの人気エリア「マジック・キングダム」にあるレストランで、ディズニー映画『くまのプーさん』に出てくるプーさんが、障がいを持つ1歳半の男児のため [続きを読む]
  • 韓国経済まもなく終了
  • 韓国は人口の構造上、過去のような住宅価格上昇は望むべくもない。既に住宅購の中心入年齢である30〜40代の人口が2008年にピークを迎え、現在は年間20万人余りが年々減少しているのだから、住宅需要が伸びるはずはないからだ。ところが、韓国紙によれば昨年から再び不動産ブームが起きているのだという。理由は低金利に酔って急増した家計向け融資がきっかけだ。これは2006年の典型的だったバブル現象と酷似している [続きを読む]
  • 男性の肩に塗るだけの避妊薬が完成間近
  • これまで避妊薬とは女性のものであったが、いずれ男性にとっても選択肢のひとつになるかもしれない。11月28日、米国立衛生研究所(NIH)は「NES / T」というゲルタイプの男性避妊薬の臨床試験を開始すると公表した。「NES / T」はプロゲスチンとテストステロンというふたつのホルモンを含んだゲルで、男性の肩から背中にかけて塗るだけで精子の量が避妊に十分なほど減少するというものだ。この臨床試験にはおよそ42 [続きを読む]
  • 人類最悪の年
  • 中世を専門とする米ハーバード大学の歴史家マイケル・マコーミック氏に「人類史上最悪の年は何年だろう?」と尋ねたところ、彼は「西暦536年」と答えた。それはペストがヨーロッパの人口を半減させた1349年でもなく、スペイン風邪の流行で5000万から1億人の犠牲者が出た1918年でもない。日本では古墳時代にあたる。いったい536年に、世界に何が起ったのか。その年、ヨーロッパ、中東、アジアの一部で謎の霧が垂 [続きを読む]
  • ソウルのアメリカンスクールを閉鎖
  • 在韓米軍は国防省教育活動(DoEA)太平洋西部地区と協力して、ソウルのアメリカンスクール(小中高校)を2018〜2019年の学年末に閉鎖すると発表した。龍山米軍基地の返還に伴う措置だが、「移転」ではなく「閉鎖」としたことで憶測を呼んでいる。在韓米軍は今年6月、司令部をソウルの龍山基地から、約60キロ南の平沢のハンフリーズ基地に移転した。基地返還、司令部移転に伴う措置なのに、学校が「移転」ではなく「閉鎖 [続きを読む]
  • 心停止後も脳は機能していて、人は自分が死んだことを知る
  • 人間の脳は死後も機能している。つまり、人は自分が死んだことを知るのだと研究者は伝えている。今回、明らかになったのは心停止後も数秒は脳が機能しているということだ。意識はそのまま残っているので、人は自分の体に何が起こっているのかきちんと認識しているかもしれないのである。米ニューヨーク、ストーニーブルック大学医学部のサム・パーニア氏らはヨーロッパと米国で起きた心停止の事例を調べ、死後の意識について研究し [続きを読む]
  • 中国の小説家、露店で宇宙人の頭蓋骨を入手
  • 地球では、連日のように未確認飛行物体の目撃情報が報じられている。「すでに宇宙人は地球上で生活している」そんな主張をする研究家もいるくらいだから、UFOでやって来た宇宙人が地球で死んでいてもおかしくない。もしかすると「すでに宇宙人は地球に来てる説」を裏付ける決定的証拠となるかもしれない物証を中国人の小説家が入手したと発表。なんと、それは宇宙人の頭蓋骨だと言うのだ。中国人のリ・シャンミンさん55歳はS [続きを読む]
  • 対中国で「安倍プーチン」急接近
  • 安倍首相は北方領土交渉を「日ソ共同宣言」をベースにロシアと交渉していくことを決めた。この背景を元CIA工作員グレン・カール氏は、11月22日付けのニューズウィークに、「トランプがもたらした破壊と混乱、覇権を目指す習近平中国の台頭、安倍とプーチンの外交手腕がアジアの地政学的状況に、歴史的変化をもたらすと予想している」と寄稿している。「そして安倍は、北方領土4島のうち少なくとも2島を取り戻し、残る2島 [続きを読む]
  • 交際相手をミンチにして料理に使い、他人に振る舞った女
  • 今年8月、アラブ首長国連邦の都市アル・アインに暮らす男性は何の前触れもなく姿を消した兄を探していた。兄と同棲していたモロッコ人の彼女に事情を聞くと「家から追い出した。どこに言ったのか知らない」と失踪には心当たりが無いと証言した。しかし、彼女に疑いの目を向けた弟がふたりの暮らしていた家を調べると、フードプロセッサーの中に「人間の歯」を発見したのだ。弟がこれを警察に報告すると、直ちにDNA鑑定が行われ [続きを読む]
  • ヒトラーはユダヤ系少女と仲良しだった
  • にっこり楽しそうに笑う女の子を男性が抱きかかえている。男性も嬉しそうに笑っている。一見すると、幸せな写真だ。写っている男性がアドルフ・ヒトラーでさえなければ。そして、女の子がユダヤ系でなければ。ヒトラー率いるナチスはユダヤ人を迫害し、後にユダヤ人600万人の大虐殺を遂行した。それにもかかわらずヒトラーはユダヤ系少女のローザ・ベルニール・ニナウさんとの友情を大事にしていた。5年後にナチス高官が止めさ [続きを読む]