NOIRNEMO さん プロフィール

  •  
NOIRNEMOさん: マイペースに本を読んで思うこと・・・
ハンドル名NOIRNEMO さん
ブログタイトルマイペースに本を読んで思うこと・・・
ブログURLhttp://noirnemo.blog81.fc2.com/
サイト紹介文初めまして。人より本を読むのは遅いし、内容忘れやすいけど・・・、本を読むのが好きな人による感想です。
自由文はじめまして。
高校の電車通学以来、読書が1つの趣味となってます!
読む範囲は推理・ミステリー系か、ファンタジー系(ライトノベル)系が多いけど、その他もぼちぼち。
一番の特徴は1年もたつと、読んだ内容をほとんど覚えておらず、再度読んで前気づかなかった点について思いを馳せること・・・かな。
好きな作者は、桜庭一樹、有川浩、橋本紡など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/05/01 18:50

NOIRNEMO さんのブログ記事

  • その白さえ嘘だとしても(新潮文庫、河野裕著)
  • クリスマスを前に島に出回る7つの噂そんな中、佐々岡はイヴの日に演奏会があるという少女のために、ヴァイオリンの弦探しをすることにしかし、ほかの演奏者なんて知らないし…外との通販が×になったハッカーを探す由宇、消えた島の唯一の小学生の大地、イヴの日当日の配達をお願いされた大量の手紙…様々な想いが交錯するクリスマスイヴ、果たして、各々は最終的にどのような夜を過ごすのか?七草は何を考えているのだろうか?前 [続きを読む]
  • 凍りのくじら (講談社文庫、辻村深月著)
  • ドラえもんをこよなく愛した父が失踪して数年母は体調を崩し、余命数か月の状態で入院中そんな中、その娘の理帆子、"Sukoshi Huzai"な感じで、高校生活を過ごしていたそんなある日、写真のモデルをしてほしいと上級生の別所から頼まれて…その頃、友人関係も微妙に変化特に彼氏の変化にとうとう付いていけなくなってきていた他の友達と違って、気を遣わずに接することのできる別所の影響か、当初は反対していたモデルの件もOKする [続きを読む]
  • プラチナデータ(幻冬舎文庫、東野圭吾著)
  • DNA情報を利用した犯罪捜査が秘密裏に開発が進んでいる中、開発者が殺された殺害現場に残ったもののDNA情報から見出された参考人は…自分?システムの主任研究員である神楽の逃亡と真犯人探しが始まる殺害現場周辺の監視カメラが映し出すものの正体、開発者が秘密裏に進めていた"あるもの"の存在、別の事件でも使われた"電トリ"の関係、そして、アメリカから来た女性の告げる、プラチナデータの存在果たして、事件の真相は?タイト [続きを読む]
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (集英社文庫、本多孝好著)
  • 明かされたアゲハのトップ学の能力そして、迫るタイムリミット終末に向けて展開される様々な行動自分には向かうであろう昴を殺すために刺客を向ける渡瀬渡瀬の真意を明らかにするために対峙を決意する政治家最後の戦いを前に、普通の人生というものに触れる少女…様々な想いが交錯する中、富士山のふもとで繰り広げられる戦い散りゆく人々、渡瀬の考える未来、その先にあるものは?1巻からの数少ない癒し要素がまさか…なことにな [続きを読む]
  • 汐汲坂のカフェ・ルナール(メディアワークス文庫、折口良乃著)
  • 実家の反対を押し切り、上京してきた大学生の春明親戚の紅茶専門店でバイトをしている際、ある噂を聞く「元町のカフェ・ルナールの店長は聞くだけで謎を解いてしまう」最近、春明にも誰からかわからない野菜の差し入れ?があり、その人に感謝を伝えるために、そのカフェを訪れるが…・差し入れとタヌキの関係?・狼少女とストーカー・裕福な家庭だからこその高速に苦しむ、一人と一匹?・そして、引きこもる自称キツネ数々の事件? [続きを読む]
  • タイムカプセル浪漫飛行 (メディアワークス文庫、松山剛著)
  • 小さいころから父親の影響で発掘等、考古学が好きな英一しかし、大学の頃、父親の発掘問題不正が発覚、世間から叩かれ、父親も事故死し…大学に退学届を出しに行こうとするそんなとき、ある少女と再会するその少女は…10年前に死別したはずの幼馴染の女の子彼女は昔の約束、タイムカプセルを探しに行こうといい、付き合うことに久しぶりの地元、周囲の目を気にしつつ、タイムカプセルを探しを進めるが…今までのファンタジーより現 [続きを読む]
  • ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2 (集英社文庫、本多孝好著)
  • アゲハを捉えよと渡瀬から命令を受けた昴たち彼らの実験に関係のある外国人が東京での国際会議にやってくるのを知り、そこでアゲハを捉えようと画策するスバルたちだが、その一方で、世界を変えようとする一味が秘密裏に暗躍する会議最終日に繰り広げられる戦い、情報を駆使する者、それをものともせずに行動する者、あらゆる展開を予想する者…果たして、最後に残るのは何か?いきなり驚きましたね1巻の最後にちょっとした接触を [続きを読む]
  • ソラの星(メディアワークス文庫、岩関昂道著)
  • 夏の夜の帰り道、家の近くでうずくまっていた少女を助けたアキラその際、少女の携帯を壊してしまい、少女ソラはしばらくアキラの家に厄介になることにそんなアキラに大学生の同級生から死を予知する猫の話を聞くアキラとソラはその猫について調べ始めるが…その猫がなんとアキラに近づいてくる迫りくる死の恐怖、窮地を助けてくれるソラこのソラという少女の正体は?猫は本当に死を予知するのか?久しぶりの不思議な作品表紙とかタ [続きを読む]
  • もうすぐ(新潮文庫、橋本紡著)
  • ある産婦人科医が逮捕されたそれをきっかけに「産む」ことを特集記事としてやることにネット掲示板で経験談等をを募りながら取材をしていくうちに、いろんな出産の現場の声を聴くことに流産経験者、実年齢とタイムリミット、お産難民、不妊治療、悩み持つ者を対象とした様々なサービス、そして、裁判から感じる政治との兼ね合い…そして、現場の声様々な声を聴き、記者の葛藤も続くそんな中、学生の友達から生まれそうという突然の [続きを読む]
  • ソードアート・オンライン プログレッシブ6 (電撃文庫、川原礫著)
  • キズメルと合流し、エルフのクエストを進めるキリト達しかし、エルフのダンジョンにも例のパズルが存在し…パズルの呪いとエルフのクエストが混在する中、今度はキズメルたちが滞在するエルフの拠点にほかのプレイヤーがやってくるそして、彼らからパズルの呪いの重要人物が殺され、クエストが進めない話を聞くベータテスト時代と違うクエストの進捗、キリト達は再び一族の街を訪れるが、そこで用途不明の鍵を持つ、母親がいなくな [続きを読む]
  • ココロコネクト アスランダム下(庵田定夏著、ファミ通文庫)
  • 孤立空間へ自らの意思で入った文研部たち<ふうせんかずら>たちの残したアドバイスを元に、孤立空間に閉じ込められた学校の学生たちを救うために行動を起こす当初協力関係にあった香取たち生徒会との対立やがて学生たちに"敵"とみなされた文研部たち…生徒会が見つけた危ない脱出方法を止めるための有効打が見出せず…クラスメイトたちが追い込まれている中、太一たちが見出したある可能性、果たして、文研部は孤立空間からの脱出 [続きを読む]
  • 知らない映画のサントラを聴く(新潮文庫、竹内ゆゆこ著)
  • 親友の突然の死から1年大学卒業後家で働かず、家事手伝いしつつ引きこもる枇杷そんな彼女にここ最近、ある秘密の外出があったそれは3か月前に奪われた大事な写真を取り戻すことだったしかし、家では枇杷の知らないところで、枇杷追い出し作戦が!突然、財布も携帯もない状態で外に出された枇杷途方に暮れる枇杷の前に現れたのは、3か月前写真を奪っていった…女装癖のある男だった!そんなことから始まったその男との同棲生活果た [続きを読む]
  • ソードアート・オンライン プログレッシブ5 (電撃文庫、川原礫著)
  • 攻略組の中心である2グループの衝突を回避するべく、少数でフロアボスを倒し、特別なフラッグをゲットしたキリト今後も起こる可能性がある対人戦闘をアスナに伝授しようとするが…次の層のフロア攻略の前にクエストをこなしていたキリト達だが、その途中、クエストの重要人物が殺されるという、前のベータテストにない展開が…再びキリトと対峙する彼らが落としていった武器、そのルーツはキズメルたちと敵対する別のエルフの動き [続きを読む]
  • 黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫、嬉野君著)
  • 就職して働き始めた律の元にある連絡が奨学金元の女性から食事に誘われるかつてお礼を断られた経緯があったが、奨学金でお世話になったこともあり、女性の家へ向かうそこにいたのは…奨学金の面接の際にお会いしたお年を召した女性、そして、その女性を妻として扱う、自分より少し年上の男性だった女性に頼まれて、その男性に自分の身に起きた不思議な話をする律その謎を男性が解決してしまうが…不思議な年の差のあるカップルに隠 [続きを読む]
  • 夢を売る男 (幻冬舎文庫、百田尚樹著)
  • 文学賞から落選した人や自主出版に興味のある客をターゲットとし、巧みな話術で客にお金を出させる形で会社に利益を…時代の趨勢により、少しずつ活気を失っていく文学・出版業界の中で、有名出版業界の編集者から新興出版会社で新たに編集として活躍する牛河原しかし、会社はライバル会社の急成長で少しずつ利益等が下がり…ライバル会社へスパイを送り、相手のやり口を知った牛河原の次の手は?最初はねちねちとした嫌な主人公? [続きを読む]