oko-chan さん プロフィール

  •  
oko-chanさん: Les pensées
ハンドル名oko-chan さん
ブログタイトルLes pensées
ブログURLhttps://lespensees.exblog.jp/
サイト紹介文趣味のビスクドール制作や、美味しいスウィート、お庭の花々などの日記です。
自由文趣味で19世紀フランスのビスクドールのリプロを作っています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/05/01 19:30

oko-chan さんのブログ記事

  • 扱いやすい素材
  • 人形の髪に使用するモヘアは沢山持っているのですが、その出来上がった顔に合うモヘアを探すのはなかなか大変で、ストックばかり増えてしまって困っていましたが。最近取り寄せたこのモヘア。柔らかくて、自然のウェーブと艶が美しく、とてもきれいなウィッグに仕上がりました。ただ、手間が一つ増えて。染めただけの元毛をテープ状にする所から自分でしなくてはいけなくなりました・・。 [続きを読む]
  • バラ
  • 5月なのに冷たい雨。ここ最近の暑さが落ち着いてほっとする。暑いの苦手・・。疲れるし・・。庭のバラも咲き始めた。気温の低い日に咲く花の方がきれいだね。 [続きを読む]
  • 麦藁帽子
  • 先日、スイスブレードを使って下さる方〜とお声かけしましたが、どなたもいらっしゃらなくて…。自分が使わない物は他の方も使わないか…な…。私自身はこんな風に麦藁帽子を作ります。モールドは使用せず、手の感覚で形を作って行きます。大好きな作業なのです♪ [続きを読む]
  • どなたか使いませんか?
  • 要らない材料を少し片付けています。どなたかこれ使ってくださませんか?これ、確かスイスブレードと言う名前だったかと思います。麦藁ブレードを模した物で、帽子モールドに沿ってにボンドで貼って行くと、帽子が出来ると言う優れ物ですが、モールドは既に譲ってしまって無く、私自身一度作ったのみで、もう使用する事は無いので、お使いになっている方いらっしゃれば差し上げます。茶は長さがかなりあ... [続きを読む]
  • さくら
  • 今年の桜は、ソメイヨシノも枝垂れも山桜も、もう何もかも一度に咲き狂い、あっという間に散って行ってしまいました。まだ数週間前には薪で火を焚いていたのに。ここ数日は車でエアコン付けて走っているという。何だかなぁ…。 [続きを読む]
  • 森の輪
  • やっとね、届いたんです。森の一部を切り取ったようなリース。本当はクリスマスに届くはずだった。秋に益子の陶器市で出会ってしまったこの作品。晩秋の葉が落ちた森。月明かりに碧くうねる木々。紅い実に誘われ、ムササビ飛び廻るしめやかな夜。静と動。出会った時には既に誰かの物でした。作家様のご厚意で同じものを作って下さることになって。少し遅い聖夜となりました。長田醇香さんの作... [続きを読む]
  • ご注意を!
  • ebayのオークションサイトにて私の制作した人形の写真を盗用し、モールドを販売しているセラーがいます。セラーにコンタクトを取り画像を取り下げるよう連絡しましたが、すぐに日本向けの販売を中止したのみで変わらず営業をしております。私自身が日本からであることを告げていないにも関わらずのこの行動。悪質です。ebayに違反申告を提出致しました。今後どのように対応してくれるのか・・。このモールドに使用さ... [続きを読む]
  • A.Thuillier
  • いつもの丸顔のA.Tとは違うタイプの顔を制作してみた。少し顎のとがったお姉さん顔のこの型も美しいね。ブルーの目も合うけれど、このタイプは茶目にしたいな・・。 [続きを読む]
  • ヌーヴェルヴァーグ
  • 暖かくなってくると花に触れたくなる。円の形の花台でアンティークな色がとても素敵な”ヌーヴェルヴァーグ(ビオラ)”の寄せ植えを作る。30年の交配を経て、一つとして同じもの無いと言われる神秘的なビオラ。贅沢に”ギャザリング”なんてとても高価で出来ないから、寄せ植えでいい♪ [続きを読む]
  • サクラビスク
  • サクラビスクだけどサクラビスクでない。市松人形みたいだけど違うお化粧。アレンジしてしまいました。本来なら昨年の春の展示会に出品する予定だったのですが、直前に不注意でボディにヒビを入れてしまい、その瞬間から私のやる気はどこへやら飛んで行ってしまっておりましたが、先週辺りからその気も戻って少しずつ再開です。着物は私の住む足利で特産だった絹織物の銘仙で作りたいと、このピンクの解き布を用意してい... [続きを読む]
  • ラナンキュラス
  • ラナンキュラス(アラクネjr.)とプリムラ(オブコニカ)。先週、娘を訪ね西荻窪に行った際に駅前にあった花屋さんで見つけました。珍しいアンティーク色ラナンキュラス。株ごとに少しずつ色が違って見えたので、緑が強いのと赤味が強いのと2株買って来ました。早速寄せ植えですが、2株一緒に植え込んだので何だかごちゃごちゃになりました。ほんとならひと株にして、違う花と寄せればいいのだろうけどね。ま... [続きを読む]
  • 無患子
  • 無患子の実。ムクロジって読みます。今月初めの桐生天満宮骨董市で求めて来ました♪漢字の通り、子が患わない様にと願いが込められ、羽子板の羽の玉に使われ厄を跳ね返すという事から縁起物に使われていたそうです。私の住む地方では冬に車を走らせていると、稀に実がなっているこの木を目にすることが出来ます。そんな希少な実なので、実際に触れるのは田舎育ちの私でもこれが初めて。琥珀色の飴細工のような硬い実に... [続きを読む]
  • 御礼
  • 先日、神戸”Time Roman"様より、Almond-eye Jumeauをお求め頂いた旨をご連絡頂きました。御縁あってどなたかの許へお迎え頂けました事、大変光栄に思います。お客様のお名前等、存じ上げませんので、この場をもちまして改めて御礼申し上げます。これからもアンティークドールを追求し、良きリプロ人形をお披露目出来るよう努力致します。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • 骨董ジャンボリー
  • 金曜日に有明のビッグサイトで行われている骨董ジャンボリーに出掛けて来ました。電車で出掛けるのは久しぶり。ゆったりとした気分で車窓からの眺めを楽しんで。冬の川の色は群青。とか並走して飛ぶカモメのくちばしの形とか目の形。とか丸裸の木々が並ぶ様子。とかとかとかいちいち変な物に目が行き、それを楽しみながらの道中。久々に新鮮な思いを味わいました。最近は都内へは車で入っているので、運... [続きを読む]
  • 古い布
  • フランスの古い布。18世紀の物との事です。刺繍の糸が擦れているところがありますが、布自体は引っ張っても裂けたりせず丈夫です。でもやはり古い物は繊細で扱うのが怖くて。あのピリッと行った瞬間の、自分の身体からサーッと脱力する感じは慣れません。長い間きれいに保存され、今に残って来た貴重な布。大事に使わなくては。傷んだ所を除いて残った僅かな部分を使って、先日bodyを完成させた... [続きを読む]
  • Bruの革ボディ
  • Bru ボディの組み立て。初期の頃のスタイルなので、脚まで一体型の革、上腕内には金具が入り、ビスクハンドがジョイントします。革が柔らかく素晴らしい物だったので縫いやすく、ついでにもう1つ作り置きをしました。 [続きを読む]
  • 今年のクリスマスリース
  • 今年のクリスマスリースはこんなになりました。庭のクリスマスホーリー、ホプシー、山で採ってる来た野ばらの実を使いました。年々シンプルになって来てるような…。豪華版のも素敵だけれど、過ぎない物に心惹かれます。クリスマスにはこれに似た陶器のリースが届く予定。益子の陶器市で出会った作家さんに作って頂いています。とても待ち遠しい♪ [続きを読む]
  • 八ヶ岳 お酒とジビエの冬祭り
  • 日曜日に清里萌木の村で「八ヶ岳 お酒とジビエの冬祭り」を堪能して来ました。上信越道の下仁田ICを降りて下道を延々と。群馬県から長野県へ抜ける山深い道。行く道には二階屋根に高窓の付いた養蚕農家の大きな家が目立ちました。富岡製糸工場も近いですし、私の住む街を含めこの辺一帯は養蚕業が盛んだったのですね。高い高い山の谷間に薪の煙がたなびく山里はとてもゆっくりと時を刻んでいるようです。変わらず... [続きを読む]
  • もみじ
  • このところの寒さで裏山の紅葉が赤く染まりました。今年は葉が落ちずにとてもきれいです。この場所は紅葉谷と言われる程、紅葉の木がたくさんあるのだよと、長くこの土地にお住まいの方が話してくれました。その通りに大通りからこちらを山を眺めると一帯が真っ赤に染まっています。静かで美しいこの場所がとても好きです。でも…、夏になると岩場のこの一帯はマムシ谷になるそうで…、裏のお宅では昨... [続きを読む]