kzm さん プロフィール

  •  
kzmさん: kzm.の雑記帖・・My Favorite Things
ハンドル名kzm さん
ブログタイトルkzm.の雑記帖・・My Favorite Things
ブログURLhttps://kzmblog.exblog.jp/
サイト紹介文ゆっくりと日々の生活の中での自分の好きなものの事を綴れたらと思います。
自由文病気持ちの夫と病気持ちの自分の二人暮らし。フルタイムの公務員です。時折わけのわからない愚痴が入ると思います(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 229日(平均8.2回/週) - 参加 2009/05/01 20:36

kzm さんのブログ記事

  • ミッション・イン・ポッシブル6
  • 今日は久しぶりに会う友人と映画、ディナー、おしゃべり。早めに来て大丸でソックスを購入。21?のソックスはデパートじゃないとない😢ウインドウショッピングの途中ディーゼルの前を通る。チェックのシャツかわいい。仕事してたら着れないシャツだあ。お値段もいい。映画はミッションインポッシブル!久しぶりにトム様の顔観る。んー映画は中弛み。星3つかなあ🌟🌟🌟 [続きを読む]
  • あなたのGeneric_Android は24時間以内に動作しなくなる
  • 新しいスマホにして数日。突然以下のような警告が表示。・・・・・・・・・・・・・・・・警告モバイルのVPNアップデートが必要だ○○ 閲覧時に感染した可能性がある!この更新を無視した場合、あなたのGeneric_Android は24時間以内に動作しなくなる[OK] ・・・・・・・・・・・・・・・・言葉遣いが変。そんな変な閲覧してないし。最初は無視して閉じていたけど、心配だし、うるさいし。ドコモに行こうかなと思ってその前に調べ [続きを読む]
  • 焼き場に立つ少年
  • ジョー・オダネル「焼き場に立つ少年」昨日のセッション22でアメリカ人の半数は今でも原盤投下を容認している、その訳は・・を取り上げていた。でも今ヨーロッパでは原爆投下を「ホロコースト」と呼ばれるようになってきたそうだ。加害側はできるだけ忘れたい、逃げたい。それは日本人も同じだろう。自分の住む国の歴史をきちんと見つめたい。 [続きを読む]
  • 二風谷湖
  • 帰りに二風谷ダムを見学する。二風谷ダムが建設される地区は、アイヌの文化が伝承される重要な土地だった。このため計画発表と同時に地元のみならず道内のアイヌから強い反対運動が起こった。ダム管理センターはがらんとして計画から、裁判、竣工に至るまでの経緯はなにも説明されていない。この航空写真が、変化を語るのみ。できてしまったからには、経緯もきちんと説明すべきだと思うな。 [続きを読む]
  • マンロー邸
  • 英国人考古学・人類学者のニール・ゴードン・マンロー博士は、アイヌの生活風俗研究のために二風谷に移住し、研究のかたわら医者としての奉仕活動に生涯を捧げた。昭和17年の永眠後、住宅兼病院であったここは記念館として保存されている。 [続きを読む]
  • アットゥシ
  • 英国人考古学・人類学者のニール・ゴードン・マンロー博士は、アイヌの生活風俗研究のために二風谷に移住し、研究のかたわら医者としての奉仕活動に生涯を捧げた。昭和17年の永眠後、住宅兼病院であったここは記念館として保存されている。 [続きを読む]
  • アイヌ文様
  • 英国人考古学・人類学者のニール・ゴードン・マンロー博士は、アイヌの生活風俗研究のために二風谷に移住し、研究のかたわら医者としての奉仕活動に生涯を捧げた。昭和17年の永眠後、住宅兼病院であったここは記念館として保存されている。 [続きを読む]
  • 関根先生 藤谷先生
  • 二風谷のHPから。お話を伺った藤谷るみ子先生。いまでは二風谷でも数少なくなったアットゥシ織(樹皮の繊維を織った反物)の技術伝承者。刺繍を教えてくださった、関根真紀先生。皆さん、手仕事を愛されている方たちでした。ありがとうございました。 [続きを読む]
  • 平取温泉
  • アイヌ刺繍を教えていただくために平取町二風谷に来ました。宿泊は平取温泉。以前夫さんと来たときはなかったなあ。廊下や部屋にはアイヌ刺繍の作品や木彫りが飾られています。半纏の柄もアイヌ模様。かわいい〜。夕食は平取和牛でした。 [続きを読む]
  • 大魔人
  • NHKBSで大魔人視聴。高田美和綺麗だなあ。二宮秀樹君かわいいなあ。 大魔人は恐ろしい。((((;゜Д゜)))  特撮ものでも手抜きしていない時代劇。見ごたえがある。ついでにマグマ大使のガム君もペタ。 [続きを読む]
  • 広島 原爆の日
  • 73回目の原爆の日。もう30年以上前、原爆資料館を訪れたことがある。展示物はもちろんショックだったが、ほとんど既視感のあるものだった。展示スペースから出た時、記憶では、2メートルぐらいの板でできた町内会地図が壁にあるのが目に留まった。中心は産業奨励館。文字は墨で書かれていたのか、彫られていたのか見づらかったが映画館、時計店、手芸店、薬局、珈琲店、呉服店・・・・・・市井の人たちの生きていた場所が記録され [続きを読む]