Joy さん プロフィール

  •  
Joyさん: 元気に生きよう!
ハンドル名Joy さん
ブログタイトル元気に生きよう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/claphandswithjoy
サイト紹介文いろんな失敗をしながら半世紀も生きて、ある日「神はいるんだ!」と知ったので〜す。
自由文若いときは好き勝手に生きていて、子供だって私が母親は大変だったのです。私の心にはいつも空しい穴が開いていて、何かでその穴を埋めようと走り回っていたからです。走り回って神様の愛にぶつかり癒されました。
子育てで悩んでいたり、以前の私のように「ああ・・また朝が来た・・」と、思っている人に「あなたのすべてを知っていて、愛してくださる方がいる」と、伝えられたらうれしい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供193回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/05/01 22:15

Joy さんのブログ記事

  • 洗脳された子供 戦争に思う
  • 私は、NHK「らじるらじる」ネットラジオを隙間時間に聞いている。すべての仕事が終わって、「朗読の時間」を日々聞くのを楽しみにしている。短い時間で、毎日続く今は「二十四の瞳」が朗読されている。私は、戦争を知らない世代(その頃、物心ついていた人は90歳を過ぎるかな)昨日配信の朗読を聞いてその時代の子供はまるでアルカイダの少年兵のように洗脳されていたんだと・・・びっくりしてしまった。主人公の先生は、自分が結 [続きを読む]
  • ヨセフ⑥
  • 創 40:1 これらのことの後、エジプト王の献酌官と調理官とが、その主君、エジプト王に罪を犯した。 書かれてはいないがこの二人は、パロ(エジプトの王)の食事口に入るものに携わるもの二人のどちらかが、謀反を起すことに携わったのではないか・・ポテファルに命じられヨセフは、この二人の付き人になった。ある日二人は夢を見た。その夢に不安を抱いて、ふさぎ込んでいる二人に 創世記40:8 ふたりは彼に答えた。「私たちは夢を [続きを読む]
  • 重曹
  • 重曹の使用方法を知ってから色々試しているうちの「ニャン」に振りかけマッサージそして飲み取り櫛で丹念にとかしてあげた。「ごろごろニャン」である。ベットのマットに散布しその後掃除機で吸い取る。殺菌 除湿 徐臭・・とあるが顕著には感じないが、まあさっぱりしたかな〜シャンプー粉をゆで少し解いて濡らした髪をマッサージして丁寧にすすぐさっぱりしてしかもごわつくこともない気に入って2日間やっている。顔も、これで [続きを読む]
  • 信頼
  • ロマ 10:11 聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」ヨブ 15:31 迷わされて、むなしいことに信頼するな。その報いはむなしい。詩 56:11 私は、神に信頼しています。それゆえ、恐れません。人が、私に何をなしえましょう。箴 29:25 人を恐れるとわなにかかる。しかし【主】に信頼する者は守られる。 信頼を人に置く任せておいて「大丈夫」と思える人無責任でない人そんな人が、側にいるのは頼も [続きを読む]
  • そのままで・・行ってみる
  • 生きていると色々なことがあります。若い人は何のために生きているのか仕事も思うようなところへは、行くことが出来ずもっと学びたいけど、お金もない・・・行先不明で、教会にやってきました。結婚して、子供をもってどう育てていいのか家に閉じこもりがちな心を引きずって子供を連れて、教会のドアを開けました。子供が、方向を失ってその親は、苦しみ重い悲しみを、胸に教会を訪ねました。姑もを愛せずに主人を信頼できずにそん [続きを読む]
  • 注ぎだす。
  • 詩編 62:8 民よ。どんなときにも、神に信頼せよ。あなたがたの心を神の御前に注ぎ出せ。神は、われらの避け所である。  どんな時でも信頼する・・信頼している方に聞くのではなく、かってに自分で考え行動している・・と気が付く最初に聞いていない。 神に聞く 「神様は、なんというのだろうか?」どうしろと言うだろうか?どんな選択を良しとされるのか? 分かっていても自分のやりたいことから始めている。行きたいところに行 [続きを読む]
  • 避けどころ
  • 詩編 62:7 私の救いと、私の栄光は、神にかかっている。私の力の岩と避け所は、神のうちにある。 人は良いことをしたくてもできない。完璧な人はいない。だから完璧な天国には入れない。でも、その罪からくる罰をイエス様が十字架にかかってくださり身代わりに罪を贖ってくださった借金が払えないで投獄されるものの借金を支払ってくれたような・・ 天国に行く死んで最高の所で永遠に神と共に暮らせるそれを信じ「イエスを主と告白 [続きを読む]
  • 礼儀
  • 礼儀正しい事それは素敵だ。礼儀が、感謝から出ていたら素敵だ。でも、社交辞令・・は、いらないな心のこもらない「ありがとう」よりその目と口元がポーカーフェイスになれないでキラキラしちゃったりゆるんじゃったりしている子供を見ると、嬉しくなる。「ありがとうは!」とお母さんに、せっつかれて下向いたまま「ありがとう」うん、十分にその気持ち、見えちゃったよ〜 [続きを読む]
  • ヨセフ⑤
  • ポテファルに、好意を受けてヨセフは、奴隷としてきたにもかかわらずすべて彼の家の管理を任された。 しかし彼の妻は、見た目も美しいヨセフに言い寄ったがヨセフは、その妻に言った。 創世記39:8 しかし、彼は拒んで主人の妻に言った。「ご覧ください。私の主人は、家の中のことは何でも私に任せ、気を使わず、全財産を私の手にゆだねられました。 39:9 ご主人は、この家の中では私より大きな権威をふるおうとはされず、あなた以 [続きを読む]
  • 土台を据える
  • 詩編62:6 神こそ、わが岩。わが救い。わがやぐら。私はゆるがされることはない。 神が土台 神が居られる。そう信じる者は幸い。そのことが、わたしの救い。神と共に歩むことにより日々、この岩が動かぬものへとなっていく。わたしが、たとえ、ゆらいでも神はそこにおられその神しか、思い煩い不安 恐れ・・・から救い出されるものはいない。私はしっかりと、この動かぬ岩により頼む神は我が砦、要塞私は、それによってぐらつくこ [続きを読む]
  • 日曜日
  • 日曜日 教会本当に、なんで?日曜日はゆっくり寝る日でしょう?いや、暑いから海だね!何で・・・教会???教会に行きはじめそのリフレッシュを味わうと代えがたいものなのだ。元気に賛美してメッセージを聞いて聖書からのメッセージを聞くそこには、様々な人生の問題の答えがある仕事で疲れ人間関係で疲れ子育てで迷い自信が持てない頑張りすぎてもう余力がない・・・それは、朝寝坊をしてもどこか気晴らしに行ってもまた、その [続きを読む]
  • 静まって
  • 詩編62:5 私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。「私のたましいは黙って」たましいには、感情 思い 意志がある自分の思い 考え 感情を黙らせる「黙る」意識しないと黙らない私の感情はうるさく私の考えは、すぐ持ち上がるそれらがあるなら聞こえなくなる黙れと自分に言い聞かせ静まる神の前に静まらなければお尻が浮いていたら神の導きが見えないわからない神に聞いている神の言葉を受け取る [続きを読む]
  • 遠くて近く
  • 息子の家族がシンガポール転勤昨年の12月にクルマで20分の距離に居たのが遠くに移動したしかしこの近くに居たときに会うのは、年に数回あるかなしやだった思いの中にはいつもあるけれど特に何かない限り、実際には会わないあ、と言う間に時が過ぎるしかし、彼がシンガポールに行ってから1か月、2か月の感覚で会っている2,3日の予定で日本に帰るがその間も忙しく昼ご飯を、一緒に食べる程度だが私たちにとっては頻繁な感じだ今月は [続きを読む]
  • 望み
  • 詩編62:5 私のたましいは黙って、ただ神を待ち望む。私の望みは神から来るからだ。 主なる神 お父さんであられるかたを知ってから他に望みを見出せないのを知りましたなんという遠回りをしたものか 自分に望みを置く能力を磨けばもっと学べばもっと努力すれば隠れている才能があるかもしれないいや、凡人でも頑張れば・・・ その努力はキリがなく自分の力のなさにますます嫌気がさしほっても、ほっても水のでない井戸掘りその気配 [続きを読む]
  • 出会い
  • 神様は、不思議な形で人と結び付けてくださる。出会いが、神からだと思うしかないことは幾度もある。ブログで、3人の方と知り合った。ひとりは、茜さんオペラ歌手でクリスチャン彼女は、賛美の奉仕をあちこちの教会でもなさっている。パキパキした、語り口女性だけど私は彼女を「男前!」と思っている。彼女の紹介で榮先生(生駒聖書学園の園長)と知り合いお二人には、大阪でお会いしその後もFacebookでつながってるそのお二人か [続きを読む]
  • ヨセフ④
  • 創世記 39:21 しかし、【主】はヨセフとともにおられ、彼に恵みを施し、監獄の長の心にかなうようにされた。39:22 それで監獄の長は、その監獄にいるすべての囚人をヨセフの手にゆだねた。ヨセフはそこでなされるすべてのことを管理するようになった。状況が悪うなったが監獄の長もヨセフの誠実さ忠実さと、備えられた能力を見た。申命記28:13 私が、きょう、あなたに命じるあなたの神、【主】の命令にあなたが聞き従い、守り行う [続きを読む]
  • クーラー嫌いがクーラーつける
  • 夏暑いのが好き!「夏が好き」「クーラー嫌い」不自然な冷たさが嫌だ!だったのが今年は朝から耐えられない〜朝5時 室温24度え〜こんな暑いのに?なんと、湿度94%体感温度29度クーラー28度に設定じ〜としていると首が冷える29度にしてみるう〜んちょっとムシムシ感あ〜〜〜〜〜〜へやから出るとサウナ「体を環境になじますのが大変!」あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜不平不満か?恵まれているのに(;^_^A [続きを読む]
  • ヨセフ③
  • 創世記 39:1 ヨセフがエジプトへ連れて行かれたとき、パロの廷臣で侍従長のポティファルというひとりのエジプト人が、ヨセフをそこに連れて下って来たイシュマエル人の手からヨセフを買い取った。39:2 【主】がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。 39:3彼の主人は、【主】が彼とともにおられ、【主】が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。 ヨセフには苦みがなかった [続きを読む]
  • こんな人が、いたんだ日本に
  • 朝陽門外の虹資金なし 神のみ頼り 中国の貧民街で売られていく字も読めない女の子たちその子たちに教育と、手に職を与えたいと神の召しのみで第二次大戦の敗戦まで中国に骨をうずめるべく尽くすあらゆる困難を神が切り開いてくださる何度目かの困難資金がなく(学費ただ)家族も学校経営もギリギリの時に同志社大学(彼の母校)から教師の道を与えられ奥さんに、学校の実務を任せ教徒に住み、給金をし送っていたのに学校の生徒が [続きを読む]
  • こんな人が、いたんだ日本に
  • 朝陽門外の虹資金なし 神のみ頼り 中国の貧民街で売られていく字も読めない女の子たちその子たちに教育と、手に職を与えたいと神の召しのみで第二次大戦の敗戦まで中国に骨をうずめるべく尽くすあらゆる困難を神が切り開いてくださる何度目かの困難資金がなく(学費ただ)家族も学校経営もギリギリの時に同志社大学(彼の母校)から教師の道を与えられ奥さんに、学校の実務を任せ教徒に住み、給金をし送っていたのに学校の生徒が [続きを読む]
  • 月末の日曜日
  • 7月が終わる〜〜いつもの月とは違ってなんか“そわそわ”感あり月の終わりに台風が来て一時的に、涼しくなったからか“夏、半分過ぎた”秋ちかし・・と思ったからか それにしても、日も時間も流れるように過ぎる流れる時間の上にじっくり腰を据えて5分いや、2,3分であろうとつかみ取らねばと・・・何かを、ばたばたやると言う意味ではなく“腰を据えて、見据えて”だ. 今日は日曜日私たちの教会は博美主任牧師のメッセージ今日は、 [続きを読む]
  • ヨセフ②
  • ヨセフの話②創世記37:12 その後、兄たちはシェケムで父の羊の群れを飼うために出かけて行った。37:13 それで、イスラエルはヨセフに言った。「おまえの兄さんたちはシェケムで群れを飼っている。さあ、あの人たちのところに使いに行ってもらいたい。」すると答えた。「はい。まいります。」兄弟は精進して真面目に羊の世話をしていない。ヨセフは忠実に命令を守る息子。ヤコブはヨセフに群れを見に行くように指示した。そして、兄 [続きを読む]