中仙堂 さん プロフィール

  •  
中仙堂さん: 時に感じては新
ハンドル名中仙堂 さん
ブログタイトル時に感じては新
ブログURLhttps://plaza.rakuten.co.jp/kankyou115
サイト紹介文いい日は幾らでもある。手に入れるのが難しいのはいい人生だ 。  アニー・ディラード
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供977回 / 365日(平均18.7回/週) - 参加 2009/05/02 05:35

中仙堂 さんのブログ記事

  • イベントのお知らせ
  • 価値観多様性の時代ですね。いまマスコミでは、政治の問題から、子供世代、老後の問題、都市一極集中によって起こる、生活の様々な歪みが話題になっています。あらゆる問題の根底に有るのは、人間の考え方、生き... [続きを読む]
  • 想い知らされる
  • 何かを学ぶためには自分で体験する以上に良い方法は無い。学べば学ぶほど自分がどれだけ無知であるか想い知らされる。自分の無知に気づくほどより一層学びたくなる。アンシュタインソクラテスの思想でしたか無知... [続きを読む]
  • 言霊の幸ふ
  • 私たちの日本の国は、言霊の幸ふ國と言われて参りました。太古から万葉集を始め文学、芸能が栄えて参りました。昨今保育現場でどこで覚えたか知りませんが、子供たちが面白半分に、アニメの主題歌や、童謡の あ... [続きを読む]
  • 恋?
  • 人間は恋をしている時には他の如何なる時よりもじっと良く耐える。つまり全ての事を甘受するのである。ニーチェ確かに心当たりは有ります。人間六十路当たりにも成ると、あちこち枯れて参ります。とてもとても、... [続きを読む]
  • 充実
  • あなたの夢は何かあなたが目的とするものは何かそれさえしっかり持っているならば必ず道は開かれるだろうガンジー小生は六十路に至るまで夢はマボロシ状態でした。あれこれ恋多き 乙女(気持ち悪い〜)の様にでも... [続きを読む]
  • アンラッキー
  • 物語りはここから始まるのだ。手塚治虫え、物語りはここから始まる?そう、そうなんです。どんなに ラッキーでも、どんなに アンラッキーでも、物語りはここから始まる。物語りを執筆するのは、貴方。流石 手... [続きを読む]
  • 世間には、
  • 世間には、大志を抱きながら大志に溺れて、何一つ出来ない人がいる。云う事は立派だが、実行が伴わない。 世の失敗者には、とかくこういう人が多い。松下幸之助あっは!耳〜が痛いですね。 [続きを読む]
  • 一手ぐらい
  • 全局の事でもまた局部 局部の事でもその一手の差を慎重にそして最善を尽くす人が「勝ち」に行く訳で一手ぐらい等と言って気楽にしとるやつが結局は敗北につながる。升田幸三よ〜く判ります。将棋は残念ながら挟... [続きを読む]
  • 凌ぎをを削る
  • 壽永三年皐月。麗らかな浜辺は新緑に包まれていた。https://ncode.syosetu.com/n2267cc/むかしむかし、青葉の笛でつとに名の知れた、平敦盛と云う若者が居た。しかし、義経大好き正しく 判官贔屓の私は、五条で... [続きを読む]
  • 足元にご注意ください
  • 脚下照顧:自分の足元を良く見よと云う意味。もと禪家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよ、と云う戒めの語。転じて、他に向かって理屈を云う前に、まず自分の足元を見て自分の事を... [続きを読む]
  • 誘うことはできない
  • 誠実でなければ、人を動かす事はできない。人を感動させるには、自分が心の底から感動しなければならない。自分が涙を流さなければ人の涙を誘うことはできない。自分が信じなければ、人を信じさせることはできな... [続きを読む]
  • 空を飛びたい
  • いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ち上がり、歩き、走り、登り、踊る事を、学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶ事はできないのだ。ニーチェえ、私は 踊りが苦手です。 [続きを読む]
  • 仕事
  • 人生に成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやって居る仕事を好きになることである。ゲーテいま、振り返ると自分は果報者だったと思います。谷口雅春先生は、仕事とは端(はた:周りの人)を ... [続きを読む]