花子 さん プロフィール

  •  
花子さん: 花子のひとりごと
ハンドル名花子 さん
ブログタイトル花子のひとりごと
ブログURLhttp://yfa01049.cocolog-nifty.com/hanako/
サイト紹介文日々の出来事、聞いたこと、見たこと、感じたこと・・・ 花子の「いろいろ」を書き連ねています。
自由文主婦業・母業・妻業・おしごとにマイペースでがんばる、お気楽極楽、自分大好き、自称『世界一幸せ』な花子です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/05/02 14:54

花子 さんのブログ記事

  • 生きているのは奇跡であり、生かされているのだと感じる出来事
  • リンク: トレーラー横転、軽乗用車下敷き…男女3人死亡|ニフティニュース. なんともいたたまれない事故だ。 いろいろ事故の要因はあるだろうにせよ、なぜ、そのタイミングだったんだ。 これに限らず、巻き込まれ事故のニュースのたびに思う。 どうして、そのとき、そこにいちゃったんだろう。どうして、そこにいるときにそれはおきちゃったんだろう。 自分だったら、やりきれない。逝っても残されても。 巻き込むほうにな [続きを読む]
  • お盆の精霊馬が進化! 精霊馬コレクション2018がSNSで話題|ニフティニュース
  • リンク: お盆の精霊馬が進化! 精霊馬コレクション2018がSNSで話題|ニフティニュース. 思わず、ひとりで声を上げて笑ってしまいました。 私の幼稚園では、七夕のお供え物に野菜の馬や牛を作っていますが、集まる野菜の数の関係で2人組で作ることもあり、脚と目をつけるくらいしか思いつかなかったが、切り刻んで凝れば楽しいのだと、目からうろこです。 今年に限れば、野菜の成り年だったのか、一人当たりひとつ以上集まり、 [続きを読む]
  • 働き方改革案
  •  教員にとって定時に帰ることができる期間である夏季休業中であるにもかかわらず、突発的な事案が入って、退出が18時を過ぎた。 で、感じた。 この疲労感の中、帰ってから夕食準備?&片付け? 8時間勤務+通勤時間1時間前後。 そりゃ、持続不可能だわ。 8時間勤務の設定そのものが「サラリーマン&専業主婦」設定で成り立つものではないか? 共働きモデルなら、フルタイムは6時間だと思う。 [続きを読む]
  • 教員免許を更新して眠らせている人なんているのか?!
  •  まさかとは思っていましたが。 産休や病休の代員となる人も、教員免許を更新せず失効させてしまった人はなれないのだそうだ。 理屈から言えば当然かもしれない。 しかし。 一旦教員の仕事をした、しないにかかわらず、今後教職につくかつかないか分からない状態で、36時間の時間と3万6千円プラス手数料がかかる免許更新をしているとは、到底思えない。 そりゃあ、年度途中からの代員なんていないでしょうよ。幻探すよう [続きを読む]
  • 素直におめでとうといいませんか?
  • リンク: 羽生結弦の国民栄誉賞 異例の「4か月お預け」と異論噴出|ニフティニュース. 授与する政権側を見たら反対や批判をしたくなるのだろうけれど、授与される羽生さんの実績だけを見たら、反対する理由が見当たらない、と思わない人がいるということが不思議。タイミングだって今でしょ。 「政権が政治に利用しているから反対」というのであれば、政権の評判が悪かったら、どんなにすばらしい実績であったとしても表彰されな [続きを読む]
  • 踏んだり蹴ったり
  •  今日は公開保育の実行委員の仕事で、市外の勤務だった。 自宅出掛けのちら見だったが、朝のワイドショーの運勢は一番いい運勢だったと思う。ところが、いきなりハプニング ICOCAにチャージしようとしたら、券売機が悪いのかカードの挿入の仕方が悪かったのか、カードは読み取られず、そのまま飲み込まれてしまった。 駅員にインターフォンで事情を話し、受け渡しの確認後、「では、お客様のお名前とご連絡先をお願いします」 [続きを読む]
  • 先生には、子どもから「忖度」されない心がけが必要
  • リンク: 池上彰氏 小学校での道徳教科化で「忖度力の養成」を懸念|ニフティニュース. 数年前から、部活動、生徒会活動、ボランティア活動の取り組み方が数値化されて、高校入試の採点の材料となっている。 大学入試だって、同じような方向性ではなかったかしら? 「勉強だけで判断されたくない」という見方もあるだろうが、勉強以外の取り組みのよしあしを付けられるのは私はごめんだ。 中2の職場体験で幼稚園にきた子が、 [続きを読む]
  • たたかう園長先生3
  •  今年の4歳児は、発達障害の診断名の付いている幼児や療育に通っている、あるいは検討中の幼児、勧めたい幼児を含めると、クラス25人中4〜5人はいる。 なので、支援員さんを2人配置してもらっても、手は足りるのだろうかと、心配と不安が先立っていた。 朝や帰り支度前の集まりは、もぐらたたき状態にはなるが、思ったほどではなかった。 前の記事のA児のように、根が素直で、「これを済ませればいい」と分かると、でき [続きを読む]
  • たたかう園長先生2
  •  前回の記事の最中、人(C児)につられていたA児は、集団に連れ戻すために追う先生たちは自分たちと遊んでくれていると感じたようだ。(起こりがちな、望ましくない事態) 私の中ではターゲットはC児なので、遊びと思われないように気をつけながら追っていると、A児が「遊んで」ときた。 自分とも「遊んでくれる」と信じて疑っていなかったのか、私が真顔で「遊ばない」と答えるととても悲しそうな顔になって「なんで?」と [続きを読む]
  • 園長先生、たたかう
  •  入園式が終わり、2学年の子どもたちがそろいました。 今年の4歳児は、男女比が3:2で男児が多く、保育・教育業の人には分かると思いますが、まとまりづらいことが予想されます。 ここ数日は、学区の校園長会があったり、保護者向けの講話をしたりで、保育の様子を見ることができておらず、支援員さんがいるとはいえ、大丈夫かと心配しておりました。 降園前の集まる時間に4歳児B組さんを覗くと、おやおや。 担任の先生 [続きを読む]
  • 小説みたいなことが!
  • リンク: 50年前に新生児取り違えか、相手には伝えず|ニフティニュース. まあ、50年前のことが判明して今更・・・、と思ったが、私はアラフィフ・・・同世代じゃん! わが身に置き換えてみて、今更やり直しきかないし、両親をはじめ親族を他人に、他人から身内になんて認識し直せないし、今までどおりというのが丸く収まるのではないかと思った。 が。 それは、今や今までの生活・環境に不満がないからであったり、相手の [続きを読む]
  • 今年度も終わりました
  •  いろいろありましたが、「終わりよければすべてよし」ということだ。 病休者は3学期から復帰し、欠席することなくがんばってくれたが、万全というわけにはいかず、経験年数が少ない上にブランクだから、成果的にはそれなりの期待度でも下回る。 人的余裕のある職場ではないので、「とげ」を出してしまうのか、「とげ」と感じてしまうのか、ぎすぎすもあり、うまく処理できなかったことを反省します。 この年度末は、力のある [続きを読む]
  • 力の使い方を間違えないために
  • リンク: 伊調馨 「パワハラ告発」の動機は「コーチの娘」か|ニフティニュース. この記事を読むと、栄強化本部長と伊調馨選手のパワハラ騒動は、著名である二人の名前が一人歩きをしているけれど、女子代表全体にかかわるもののようですね。 そして、「代表に3位が呼ばれて2位が呼ばれていない」だとか、「選考方法を結果が出てから変えようとした」とか、不自然な事実があるならば、「そういうつもりはなかった」は通用でき [続きを読む]
  • 長時間労働と成果・評価が比例するのも現実
  • リンク: 公立小の副校長が「若い教師が午後5時に帰る」「やる気がない」と投書 「長時間やること=素晴らしいは本当にやめて」と疑問の声|ニフティニュース. 投書のやり取りは読んでいませんが。 たぶん、どの意見も「そのとおり」なのだと思います。 忘れてはいけないと思うのは、「仕事」なのだから、教師として、子どもと保護者から求められているものをおろそかにしてはいけない。 もちろん、やってもらったらやってもら [続きを読む]
  • 言いたくなければ言わなければいいだけのことで・・・
  • リンク: コンビニで店員に対し「ありがとうございます」 お客が会計後にお礼をするのは常識なのか?|ニフティニュース. 「言う」という人に対して「コンビニでお礼言う奴と、飯屋でご馳走さまを言う奴は救いようのないバカよ」「店員側からしても、いちいちお礼言うやつはキモいわ」という感想を持つ人の人間性ってどうなの? 私は言うようにしているから自分にいわれたようで腹も立つけど、それを差し引いても、善意の言葉に [続きを読む]
  • その時、私はどうするのだろう??
  • リンク: 公務員定年65歳に…政府、人事院に検討要請|ニフティニュース. 政府は16日、国家公務員の定年延長に関する閣僚会議を首相官邸で開き、原則60歳の定年を65歳まで段階的に引き上げる方針を決めた。 (中略) 政府は、少子高齢化を踏まえ、昨年6月から関係省庁などによる検討会議で定年延長を議論してきた。16日の閣僚会議では、定年の65歳への引き上げを柱とする検討会議の論点整理を了承した。 (中略) [続きを読む]
  • 「五輪知ってるしチャンピオンなんで」
  • リンク: 羽生結弦「五輪知ってるしチャンピオンなんで」|ニフティニュース. シビれましたね〜 「ディフェンディングチャンピオン 羽生結弦」を演じているのではないか。 他の選手は瞬間でガッツポーズを見せる中、会心の演技後「見たか。これがオリンピックチャンピオン、羽生結弦だ!!」といわんばかりのドヤ顔で、余韻を見せつけてくれた。 「そうありたい」「そうあろう」としてできるものではない。 期待もやっかみもす [続きを読む]
  • ♪あたし、おかあさんだけど〜
  • リンク: 「あたし、おかあさんだから」の歌詞、母親の自己犠牲を美化し過ぎと炎上 作詞者は「ママおつかれさまの応援歌」と釈明|ニフティニュース. この記事だけ読むと、「執拗なまでな母親であることの強調だ」と、炎上させた母親たちの怨嗟の声は理解できる。 ただ、母の自己犠牲を強いらせるつもりのなかったのぶみさんを思うと、気の毒である。 「応援歌」というなら、おかあさんの一人称ではなく、だんなさんとか二人称 [続きを読む]
  • 先生もです
  • リンク: 企業の7割で人手不足状態、特にサービス業で深刻 「給与水準が低いのに、労働時間が長いのが原因」|ニフティニュース. 幼稚園・保育園・こども園も、人手不足で苦しんでいます。 代員がいないどころか、定数の確保すらできていないようです。 人手不足は、保育園のほうが深刻そうですが、同じ公立でも、保育園ならパート職もありますが、幼稚園はフル採用の職しかないので、補充のしづらさは幼稚園だと思います。 な [続きを読む]
  • わらべ歌にある先人の知恵
  •  ちょっとわらべ歌について語る機会があったので、本やら研修レジメを読み返してみた。 参考図書はこちら↓にほんのわらべうた 全四巻著者 : 近藤信子福音館書店発売日 : 2001-04-10ブクログでレビューを見る? 研修で教わったことは「ちょちちょち あわわわわ かいぐりかいぐり とっとのめ いないいないばあ」なんていう、ただあかちゃんをあやす歌の中に、目をあわすことや他の認識や恥じらいといった、人として大切なこ [続きを読む]
  • 鏡開き+とんど
  •  園で鏡開きととんどの行事をした。 鏡開きは、代表園児が木槌で鏡餅を叩き、当然割れないが、「これでぜんざいを作って食べる」という体で白玉だんご入りお汁粉を食べました。 とんども、お飾りや書初めをやぐらではやせば、みんなによく見えていいのだろうけれど、残り火のある灰が周囲に飛ぶと危ないので、ワックス缶の中で細々と焼いていった。 でも、子どもたちは、自分の書初めがはやされるのを遠巻きに見ながら煙を浴び [続きを読む]
  • 先生としても見習いたい
  • リンク: 山里亮太、両親のために4LDKのマンションを購入!「ボクらの時代」に親子で登場|ニフティニュース. 山ちゃんの母子関係が素敵だなと思った。 「ダメ出しがない」というのは、簡単な様で難しい。ダメ出しのほうが簡単で、無意識にできるから。 これが、さほど意識せずできたのだとしたら、山里母はすごい!尊敬します。 些細なことでも具体的に褒めておられたそうです。 曰く「謝るまでの時間が短くてえらいね〜」  [続きを読む]
  • 波乱万丈の年女年でした
  • あけましておめでとうございます。 昨年度までは順調でした。 新年度から園長職2年目となり、これを「2年目のジンクス」というのか、難題山積の一年でした。 途中から笑えた。あんまりにも「レアケース」の遭遇して。保育する職員にとってはたまったもんじゃなかったでしょうが。 そんな、がんばってくれる職員に、結果として甘えていたということになるのかな?もちろんフォローするところはしたつもりだったけれど。 「自 [続きを読む]
  • 激動の2学期
  •  まあ、今年は、教諭時代も含めて今までになかったことがよく起こっているが、2学期もいろいろ降って湧いた。 病休者が出たけど代員がつかず、復帰のプログラムが組まれるといろいろな軋轢が生まれ、やっと代員をくれるとなったら曰く付きの人を押し付けられただけ、その人は面接に来たきり実勤務なし。 保護者対応もいろいろあって、担任だけでは荷が重くなったケースもあり、私も面談に加わったりした。 なかなか今後は起こ [続きを読む]