さめど さん プロフィール

  •  
さめどさん: 剣道具マニア「水心庵」
ハンドル名さめど さん
ブログタイトル剣道具マニア「水心庵」
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/samedo634
サイト紹介文剣道が好きな方、剣道具が好きな方、気軽にお立ち寄りください。
自由文剣道具は、実用品であると同時に美術品でもあると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2009/05/02 21:23

さめど さんのブログ記事

  • 「ナニカガイル」期間限定
  • <期間限定>NGT48『ナニカガイル』MUSIC VIDEO Full ver. / NGT48[公式] 私のブログにお越しいただく方には、ニーズのない記事ですが、お許しください。 (^−^) 来月6日に発売されるセカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」のタイプCのカップリングです。 全員参加で、個別自己紹介形式です。 王道アイドルソングと言った出来です。 今年の紅白歌合戦も出場は叶いませんでした。もう少し、全国区の知名度が必要な [続きを読む]
  • 桜皮の胴台 50本立
  • 剣道具の胴台には、様々な種類が有り、美術的な価値も加味されています。 塗り胴は、刀の鞘の塗りの応用と思われます。シンプルな単色の塗りから、手のかかる仕掛けを施した「七々子」「津軽」「若狭」などの変わり塗りまでいろいろです。 塗り以外では、表面に貼る素材の違いが有ります。 有名なところでは、エイの革を貼った「サメ胴」。一般的ではないですが、「豹」「虎」「アザラシ」「猪」などの動物の皮を貼った物も見られ [続きを読む]
  • くすべの綴じ紐を作る
  • かなり昔に入手したくすべの胸が有ります。もったいなくてなかなか仕組めずにいました。 胸を入手した時に、縁革が無かったので、当時部品でお世話になっていた武道具店にお願いして、くすべの縁革を作ってもらいました。結構な値段がした記憶が有ります。 今回、ようやくその胸を仕組もうと思った訳ですが、問題は、綴じ紐をどうするかと言うことです。市販のくすべの胸を仕組んでいる胴を見ても、クロザンで閉じてあったり、白や [続きを読む]
  • 使えば傷む道理
  • 金曜日の稽古後、保護者の方から、「垂紐が切れそうなんですが」と声かけられました。今までも、出来る範囲でご家庭で縫い直しはお願いしていましたが、良く見ると、家庭補修も限界のようで、預かって帰ってきました。 年長さんから始めた小2の女の子が使っています。今年は、3大会連続で、姉と決勝を戦った子です。紐の付け根と、結ぶあたりが擦り切れています。付け根は、ご家庭で直した様子も見られます。 子供用の新品の垂 [続きを読む]
  • 「真蛇(道成寺・古式」油彩F15号
  • 今年の作品がほぼ描き上がりました。まだ、搬入のギリギリまで筆は入れると思いますが、大きく変わることは無いです。 昨年から、能面を主題にした作風にシフトしました。今回の能面は「真蛇」です。般若よりさらに蛇体化したものになります。 こちらが般若です。有名ですよね。般若には造形として耳が残っていますが、真蛇には耳が有りません。人の声も届かないと言った、かなり深い怨念の化身ですね。 使われる演目は、道成寺 [続きを読む]
  • 拘りと無関心 面縁の塗り
  • 小学4年生の女の子、試合でも良く勝っている子です。小2から始めて、今使っている面が小さくなってきたと言ってきました。 早速、貸し出しの在庫の中から合いそうなものを探して渡しました。 稽古後、面の縁を黒く塗ってほしいと持ってきました。 画像は、内側の赤い部分を塗ったところで、ビフォーの画像を撮り忘れたのを思い出して、慌てて撮影しました。(@_@;) 子どもたちの使っている防具は、会の貸し出し用です。身体に有 [続きを読む]
  • 格の違い
  • 金曜日の稽古の時、「胴の胸乳革が切れた」と、持ってきた子が居ました。持って帰って直すから、と、預かって帰ってきました。 乳革は、縫いタイプの方が好みです。切れたのは1つですが、両方外して縫いタイプに交換しようかと思いましたが、胸が子供用の小胸もついていない簡易なものです。 以前、剣道雑誌で、剣道具にも格の違い、バランスが有る、と言う話を見たことを思い出しました。 この胸に、縫い乳革は格が違うなぁ、と [続きを読む]
  • 絵、描いてます2017
  • 地区展が来月に迫っています。 相変わらず、直前になって描いています。(@_@;) 今までは30号で描いてきましたが、額に入れると結構な大きさになり、しかも重いです。搬入搬出がきつくなったのと、大きいとなかなか売れないので、今年から15号に変更することにしました。 今までは、能の場面を中心に描いてきましたが、昨年の作品から、能面を中心に描きたくなったので、しばらくは、能面主役の作品になります。 ブログも、 [続きを読む]
  • 合同稽古会
  • 今日は、島外から10名の先生方がお出でになり、稽古会が行われました。 地元からは学生も含めて50名程度の参加が有り、総勢60名ほどの稽古会となりました。 いつもの道場が狭く感じるほどの活気でした。 稽古後、八段のS井先生から、「若い人は、集中して、相手の出ようとするところを一拍子で打つ。相手を一歩も前に出させない気持ちが大事。年配の人は、相手の技を出そうとするところを一拍子で打つ。相手が出ると言うこ [続きを読む]
  • 木魚
  • 木魚の補修が終わりました。 塗り直しできれいになりました。(^−^) 木魚は、魚が目を閉じないことから、眠気覚ましの意味もあるらしいですが、一定のリズムのぽくぽくは、却って眠くなるような気がします。(^◇^) 2匹の魚や龍のようなものが、丸い珠のようなものを争って咥える図案になっていますが、丸い珠は煩悩を表し、魚の背中を叩くことで、煩悩を吐き出させる意味が有るそうです。 美大での専攻は西洋美術でした [続きを読む]
  • 大青貝胴の補修、胸交換終了
  • 昔に制作した大青貝の胴。補修の依頼が有り、ようやく完了しました。 先ずは、補修前の画像から。審査や試合などで使われていたそうですが、丁寧に使っていただいていたようで、ひどい剥離などは有りませんでした。ヘリに近い部分に、いくつかの剥離が見られました。 剥離の補修、使用重視の再塗装、貼り家紋追加、胸の交換が依頼内容でした。 こちらが出来上がった画像です。剥離した青貝は入れ直し、再塗装は2液混合のウレタン [続きを読む]
  • 第62回秋季剣道大会
  • 今日は、秋の大会でした。稲刈りも終わり、ひと段落ついての参加です。ま、トラクターやもろもろの作業は未だ有りますが、おいおいやっていきます。 子どもたちの試合結果 小学生低学年女子 優勝 Mo.Yさん(小4)         2位 My.Yさん(小2) 小学生低学年男子 ベスト8 N.Aくん(小2)         ベスト8 K.Iくん(小2) 高学年女子    優勝 M.Kさん(小5)   中学生女子    優勝 R.I [続きを読む]
  • 木魚の補修と塗り替え
  • 台風18号も通り過ぎましたが、余波が続いています。強風が残っていますが、太陽が出ています。 古い木魚を手に入れました。所々傷んでいるので、手を入れることにしました。 左側の彫り模様が傷んで削れていました。木工パテをペインティングナイフで盛り上げ、乾燥後、彫刻刀で削りました。 本来、木魚は叩いて音が出たらよいものです。そこに装飾を加えると言うのが、美術の分野だと思います。 食事の盛りつけも、洋服のデザ [続きを読む]
  • 大青貝 仕組み中
  • 大型の台風が近づいています。田圃が心配です。(;一_一) 大青貝の胴、仕組み始めました。 縁革は、今までの物をそのまま使うので楽で有りがたいです。 胴裏も、2液のウレタンクリアで補強塗りしました。艶が出てきれいです。 胸は、新たに穴をあけるので、久しぶりで緊張します。(*^_^*) 先ずは位置を取り易い、正面の穴を開けます。 その後、胴台に取り付けて、小胸のカーブに合わせて、穴の位置を確認しながら、白のペンで [続きを読む]
  • ご本尊 大日如来(金剛界)
  • 父が亡くなり、改めて自宅の仏壇を調べてみました。不要なお札など、乱雑になっていたので、少しでもスッキリさせたいと思い、調べていたら、真言宗の本尊は大日如来とのこと。 今までいらっしゃったのは、阿弥陀如来でした。大日如来は全ての仏になると言うことで、それでも良いようでしたが、何にでもこだわってしまう性分が出てきて、新しく本尊を入れようと思いました。 やっと今日届きました。 早速梱包を解くと、ご覧の感じ [続きを読む]
  • 大青貝 磨き中
  • 磨きに入っています。 先ずは、耐水ペーパーで研いだところを、液体コンパウンドの細目で磨いて行きます。 左半分がペーパー研ぎの部分、右側が、コンパウンドの細目で磨いたところです。 コンパウンドの細目での傷取りが終わったら、次は、極細目のコンパウンドで艶出しになります。 右半分が、極細目で艶出しした部分です。 この後、超極細で仕上げていきます。(*^_^*) [続きを読む]
  • 回出位牌
  • 今日は、父の二七日忌でした。夕方お墓参りに行ってきました。 仏事では「十三仏」の掛け軸をかけます。室町時代頃、13の忌日というものが決められたそうです。その忌日を救ってくれるのが、13の仏様だそうです。 ちなみに、初七日は「不動明王」で、今日の二七日は「釈迦如来」です。 さて、四十九日までに、お位牌を用意しなければなりません。 いろいろ考えた末、回出位牌にすることにしました。 家の仏壇が、それほど大き [続きを読む]
  • 初七日過ぎて
  • 長らく更新をお休みしておりました。 忘れられていないでしょうか???(;一_一) タイトルに有る通りですが、18日に父が死去いたしました。 葬儀も終わり、初七日も過ぎ、一息ついているところです。 私は、信心深い方ではなく、神も仏も、その存在を信じていませんが、神道も仏教も、美術の方向から、大変興味があります。 今回は、それを再認識しました。 洋の東西を問わず、祭壇画や彫刻、僧侶の衣装や、室内の装飾など、美 [続きを読む]
  • お盆の送り
  • お盆も終わりました。 お迎えしたご先祖様の送り方も、地方、地域によって様々でしょうね。 この地域では、川に石でお供えした花を立てているようです。 地元でも、意識しないと知らないことも多いです。 我が家の地域とはちょっと違っていました。 道路から結構低い川なので、はしごで下りるようですが、大変ですね。 [続きを読む]
  • 現状
  • 暑さに負けてなかなか進んでおりません。(;一_一) 大青貝の胴台。全体の研ぎがもう少しと言ったところです。 左の、付喪神の胴台は、2液のウレタンクリアを使った時、余ったので、絵柄の部分だけトップコートしてみました。 少しでも、使用による箔の剥がれを防げると思います。 [続きを読む]
  • 田圃アート
  • 流行りの?田圃アート。 うちの近くでも取り組んだようです。 見る場所が、川の土手の上からなので、ちょっと高さが足りないのが残念です。 時々、帰省客らしき人たちが観に来ているようです。 刈り取りで、混米しないようにするのが大変ではないかと、勝手に心配しています。(*^_^*) [続きを読む]
  • うな次郎 食べてみた
  • NGT48 うな次郎の日 うな次郎食べてみました。 レンジでチンするんですが、裏見てびっくり。 ウナギの皮の再現がかなりの物です。 本物の鰻と食べ比べたら、それは別物ですが、それでも、期待しないで食べてみたら、結構ウナギしてました。 ネットで調べてみたら、結構好評のようです。中国産のゴムみたいなものを食べる位なら、こちらの方が美味しいと思います。 是非、どこかでみかけたらお試しください。 [続きを読む]