@HIRA さん プロフィール

  •  
@HIRAさん: デジタル家電いろいろねっと
ハンドル名@HIRA さん
ブログタイトルデジタル家電いろいろねっと
ブログURLhttp://hirasan-navi.com/dejikaden/
サイト紹介文手軽に楽しみたい、オーディオ、ホームシアターのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/05/04 20:53

@HIRA さんのブログ記事

  • 自分で組み立てができる、レコードプレーヤー
  • ディリゲント の発表によりますと、ユーザー自身で組み立てが可能な、ポータブルDIYレコードプレーヤーSPINBOXの発売を、2018年5月下旬頃に開始する予定です。「SPINBOX」は、amadana社の製品で、付属されている部品を使うだけで、新たに追加購入もなく、約20分で組み立てが完了するそうです。外装は、耐水性の紙素材を用いて、丈夫で軽量、USB電源で動作しますので、モバイルバッテリーに対応、しかも、アンプ・ス [続きを読む]
  • 左右独立型ワイヤレスヘッドホン 発表!
  • 「sony」から、左右完全独立型ワイヤレスヘッドホンが発表されました。左右が独立して、ワイヤレスですから、耳に取り付ける本体のみが2つあるだけで、ケーブル類は、一切ありません。(専用ケースは、あります)通信方式は、全て「Bluetooth」方式になります。そして、今回は、3機種同時に発表になり、3機種とも用途が少し違っていますので、それぞれの特徴を掲載します。WF−1000X左右独立型ワイヤレスヘッドホンの中で [続きを読む]
  • 耳をふさがないイヤホン ワイヤレス発表
  • アンビーから発売されています、耳をふさがないイヤホンとは、耳たぶにスピーカーについたクリップ状のものを挟み、スピーカーを耳に向けて音楽を楽しむのはもちろん、周りの音も聞こえるため、周りのことにも注意が向けられるようになってます。又、耳への負担も少なく、長い時間の装着も可能になります。有線タイプ商品名は、「ambie sound earcuffs」そして今回発表されたワイヤレスタイプ、通信方式は「Bluetooth」連続音楽再 [続きを読む]
  • 有機ELテレビとは、
  • 最近よく耳にする「有機ELテレビ」現在主流となっている「液晶テレビ」とどのように違うのか、調べてみました。まずは「液晶テレビ」から。液晶パネルは、バックライトから光を出して、その光がカラーフィルターを通ることで色を表現し、その集合体が映像となって現れます。画面のサイズが豊富で、映像が明るくなります。ただ、部品点数があるため、薄型にするにも、限界があります。「有機ELテレビ」有機ELパネルは、別名「 [続きを読む]
  • ダブルカセットデッキ 発売へ
  • レコード、カセットテープといった、アナログ機器が見直されている昨今、音響機器メーカー「TEAC(ティアック)株式会社」から、ダブルカセットデッキ 「Wー1200」が、発表されました。私が中学・高校生のときは、オーディオ機器に興味を持っていまして、チューナー、カセットデッキ、レコードプレーヤー、アンプ、スピーカー等を、自分で選んで組合わせて、自分だけのオーディオシステムを作っていました。その時代にも、ダ [続きを読む]
  • 「HDD取り替え推奨通知」が付いた、外付けHDD
  • 録画した番組を、外付けHDDに保存している方も、多いかと思いますが、外付けに限らず、HDDの突然の不調により、データ若しくは、録画した番組が読みだせないことが発生することです。突然のHDDの不調、何か前触れがあれば気づいて対策を打ちますが、前触れを見逃したり、前触れもなく、突然HDDが読めなくなった、ということも考えられます。そこで、HDDの交換時期をLEDとブザーで知らせる、「HDD取り替え推奨通知」 [続きを読む]
  • Bluetooth ヘッドホン、注目です
  • ワイヤレスヘッドホンといますと、ヘッドホン側と、本体側にそれぞれレシーバーがあり、双方のレシーバーが通信することで、音楽がヘッドホンに転送されます。そしてここ最近は、「Bluetooth 通信」といいまして、近距離無線通信規格の1つで、パソコン、スマホ、タブレットpcと、オーディオ機器が、「Bluetooth」規格に対応しているのなら、ベアリングといって、双方のBluetoothを無線で接続する操作を行うと、無線通信が可能に [続きを読む]
  • sonyから、ヘッドホン5機種、発表
  • 今回、ヘッドホン 5機種がほぼ同時期に、sonyから発表がありました。5機種 ほぼ同時期というは、それだけ力を入れているということになります。それでは、1機種づつ見ていきたいと思います。MDR−1AM240mmドライバーユニットを搭載し、ハイレゾ音源にも対応した、高音質ヘッドホン。音質だけでなく、不快な振動を抑制する制振ハウジング、長時間リスニングでも快適な、優れた装着性、ノイズの少ない繊細なサウンドが [続きを読む]
  • apple スマートスピーカー発表
  • apple が、いよいよ音声アシスタント「siri」を搭載したスマートスピーカー、「Home Pad」を発売します。といいましても、日本向けの発売はまだ未定で、2月9日(金)にアメリカ、イギリス、オーストラリアで、発売されました。そして今春には、フランス、ドイツでも、発売を予定しています。「Home Pad」の価格は349ドル。日本での販売がいつになるのか、アナウンスされるのを、首を長くして待つしかありません。 [続きを読む]
  • アイワ、レコードプレーヤー発表・発売
  • ここ数年、アナログレコードが見直され、それに伴い、アナログレコードプレーヤーを、販売開始するメーカーが増えてきました。オーディオメーカの「アイワ」も、アナログレコードプレーヤーを、2月1日より、販売しております。  型式は「APX-BUE100」です。特徴は、USB端子を備えており、USBメモリーへ直接録音(MP3)が可能です。又、Bluetooth接続に対応し、ワイヤレス接続が可能になっています。交換針の型式は、オー [続きを読む]
  • 4k対応レコーダーは
  • 今年、2018年12月から、本格的な放送が始まる4k放送ですが、4k対応レコーダーは、シャープ AQUOS 4Kレコーダ TU−UD1000 のみです。受信できる4K放送は、124/128度CSデジタル放送、4K試験放送(4K60p)です。そして、AQUOS 4Kレコーダ TU−UD1000 は、BDドライブは、搭載されておらず、レコーダー内に搭載の1TBのHDDに記録し、「DRモード」で、4K試験放 [続きを読む]
  • アナログレコード 生産枚数増加へ
  • 日本レコード協会によりますと、2017年1月から12月、つまり、2017年 1年間の日本国内における、アナログレコード生産枚数が、100万枚を突破し、106万枚に達したと、発表がありました。アナログレコードの国内生産枚数、100万枚突破は、2001年以来16年ぶりになります。そして、ソニー・ミュージックエンターテイメント(SME)では、アナログレコード用のスタンパー製造装置を導入したことにより、ア [続きを読む]
  • スリムなサウンドバータイプのホームシアタースピーカー
  • sonyより、スリムなサウンドバータイプのシアタースピーカーが2機種、発表されました。まず最初は、商品名「HT−S200F」外寸 58CM(幅)×6.4CM(高さ)×9.5CM(奥行)と、スリムボディーでありながら、サブウーファーを搭載して、迫力の低音を再生し、臨場感のあるサラウンドサウンドを楽しめる商品になっています。接続も、HDMI端子(ARC対応)を搭載していますので、HDMIケーブル1本をテレビ側に [続きを読む]
  • 4K/8K放送開始はいつ?
  • 「4K/8K推進のためのロードマップ」によりますと、本年、2018年に、BS、110度CSにおいて、4K/8K実用放送が開始される、となっていますが、実際にいつごろから開始されるか、調べてみましたら、BS、110度CSともに、12月1日から、実用放送が、開始されるそうです。そうしますと、気になるのが、現在の放送の主流になっています2K(ハイビジョン放送)ですが、4K/8K実用放送が開始されましても [続きを読む]
  • トリプルチューナー搭載、HDDレコーダー I/Odata
  • I/Odata から、新しく1TBと、2TBモデルのHDDレコーダーを発表、2018年1月下旬に発売します。地デジ・BS・110度CSに対応したトリプルチューナーを搭載し、3番組同時録画に対応しています。HDDは、外付けタイプのUSB接続を採用していまして、容量がいっぱいになったら、HDDを交換して使用することができます。便利な機能としましては、キーワード、ジャンルを登録するだけで関連する番組を録画する「おまかせ録画」や、 [続きを読む]
  • アナログオープンリールテープ ラインアップ拡充
  • TEAC(ティアック)直販サイト、「ティアックストア」では、販売を開始して間もないオープンリールテープ「RECORDING THE MASTERS」のラインアップを充実させるために、別サイズのオープンリールテープの追加発売を始めました。TEAC(ティアック)社の話によりますと、アナログサウンドが見直されていることから、レコーディング現場でもオープンリールデッキを使用したいとの要望が増えているとのことです。オープンリールデッキ [続きを読む]
  • sony ワイヤレスヘッドホン 発売!
  • コードが全くないワイヤレスヘッドホンが、ものすごく注目を集めています。外観は、イヤホンの頭の部分で構成され、イヤホンのハーネスも全くなく、耳に取り付ける本体が、左右各1個の2個あるのみです。そして、sonyでも、ワイヤレスヘッドセットを発売していますが、sonyでは、ノイズキャンセリング機能も追加して、コードが絡む煩わしさと、外部ノイズの煩わしさから、解放されます。商品名は、WF-1000X電源は、充電式のリチウ [続きを読む]
  • LINE スマートスピーカー第2弾発表!
  • LINEでは、スマートスピーカーの第2弾になる、Clova Friendsを発表し、「LINE FRIENDS STORE ONLINE」にて、予約販売を開始しました。デザイン面では、LINEのキャラクター ブラウンをモチーフにした、Clova Friends BROWNそして、サリーをモチーフにしたClova Friends SALLYの2種類を用意し、より親しみやすくしています。重量も、バッテリー搭載時で、約378gと片手で持てる重さです。物理的なボタンは、背面にマイク [続きを読む]
  • ioPLAZA 「ボーナスセール」開催中!
  • 12月に入り、「歳末セール」といった、セール情報が多くなりました。パソコン周辺機器メーカー「io DATA」の直販サイト「io PLAZA」では、「ボーナスセール」をただいま開催中です。「io PLAZA」セール期間中の目玉商品といいますと、外付けHDD「REXBOX (8TB)」と、テレビチューナー「GV-NTX1」のセット品が、なんと、39,800円(税込)。ポイントも3,980ポイント還元です。これから年間年始にかけて、特別番組が数 [続きを読む]
  • 完全ワイヤレスヘッドホンが、注目です
  • ヘッドホンといいますと、オーバーヘッド、イヤホン、カナルタイプを問わず、プラグからヘッドホン本体までケーブルでつながれていますが、そのケーブルが完全になくなったイヤホンタイプのヘッドホンが、注目を集めています。耳に装着するイヤホン本体のみで、他は何もないという仕様になっています。では、どのようにして音楽を飛ばすのか、それは、Bluetooth通信を用いて音楽を聴くようになっています。Bluetooth通信なら、ス [続きを読む]
  • アマゾン スマートスピーカー 3機種発表
  • Amazon.co.jp では、AIアシスタント機能「Alexa」に対応したスマートスピーカー3機種を発表しました。3機種のラインアップは、「Echo Dot」「Echo」「Echo Plus」、予約受付中ですが、予約は招待制となっています。アマゾンのスマートスピーカー、共通の仕様として、7基のマイクを内蔵し、無線LANは、IEEE802.11a/b/g/nを準拠、Bluetoothに対応、外部入力用3.5mmステレオミニジャックを備えてます。「Echo Dot」は、コン [続きを読む]
  • ioPLAZA わけあり品SALE 実施中
  • ioPLAZAでは、ただいま「わけあり品SAIL」を開催しています。「わけあり品」とは、梱包用の箱に、つぶれている箇所があったり、外箱の外装が汚れていたりと、中の製品そのものには、全く新品同様、キズもない状態ですので、品質・性能は、全く問題なし。外箱に異常があったため、出荷できない商品を、「わけあり品」としています。今回「わけあり品セール」では、直営店ならではの、衝撃価格でご奉仕し、そしてなんと、通常品と同 [続きを読む]
  • sony スマートスピーカー発表
  • 先週、sonyから「コミュニケーションロボット」の発表がありましたが、今週は、「スマートスピーカー」の発表がありました。ここ数か月の間に、スマートスピーカーが注目を集めていますが、今回発表されたsonyのスマートスピーカー「LF-S50G」の詳細を調べてみました。スマートスピーカー「LF−S50G」も、声で操作するタイプで、Googleアシスタントがサポートされています。又、登録した複数のユーザーを声で識別し、その人に合 [続きを読む]
  • SONY コミュニケーションロボット発表
  • 今、注目度の高い「スマートスピーカー」ですが、sonyから発表さたのは、コミュニケーションロボットです。その名は、Xperia Hello!今回発表された、Xperia Hello!は、実際に話しかけることで、簡単な会話や、いろいろな検索もできるところは、「スマートスピーカー」同じですが、外部のスマホとつながることができ、スマホの相手とテレビ電話のように、顔を見ながら会話もできます。Xperia Hello!に話しかけてから、始まるので [続きを読む]