案内人 さん プロフィール

  •  
案内人さん: 花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ハンドル名案内人 さん
ブログタイトル花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/baru3k2000/
サイト紹介文青森の珠玉の自然に囲まれた小さな高校「名久井農業高校」を紹介!農業高校ってすごい!
自由文農業高校生ってこんな贅沢な学習をしているんだ!おそらく、みなさんの思っているイメージとは良い意味で違っているはず!毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供746回 / 365日(平均14.3回/週) - 参加 2009/05/06 12:33

案内人 さんのブログ記事

  • 名農カントリークラブ?
  • 見事な芝生が広がっている名農のグラウンド。まるでゴルフ場のようです。ところでゴルフ場のことをカントリークラブといいますが実は間違った使い方であるのをご存知ですか。そもそもカントリークラブとはスポーツを楽しむために郊外に作られた会員制のクラブま... [続きを読む]
  • オイオイオイ!!
  • テストも終わり久しぶり馴化温室に行ってみました。するとどうでしょう。なんだか景色が変わっています。名農に詳しい人なら分かるでしょうか。温室脇にあった生垣がなくなっているのです。奥に重機が見えるので掘り取ったのだと思います。この生垣はかねてから... [続きを読む]
  • エネルギー充填120%!
  • 何度も紹介している作物の水上栽培。ご覧の通り、インゲンマメが立派に育っています。収量は土壌栽培と大差はなく何の支えがなくても実をつけています。このように水上栽培は一見簡単なように見えますが実は事前にちゃんと水中根を発生させておくなど陸生植物... [続きを読む]
  • 価格設定の仕組み!!
  • ブルーベリーに集まっているのは鳥ではなく環境システム科の2年生。ビジネス系の授業で商品作りと販売の仕組みを学んでます。このブルーベリーは今までチームフローラが鳥たちと戦いをしながら実習の合間に口に入れていましたが、今年はこのブルーベリーをビジネ... [続きを読む]
  • 名久井岳のトピアリー
  • 校門から校舎に続く坂道のトピアリー。ツツジの木で名久井岳の姿が描かれています。これは今から10年前に作ったもの。開港記念日で名農生が休みの際、先生方が集まり農業クラブの指導のもと、一部植えたような気がします。農業クラブが主催でこのトピアリー作り... [続きを読む]
  • STOP THE ゴミ屋敷
  • 環境システム科の植物工場で面白いものを発見しました。ご覧ください。ずらりと並んだ掃除機です。温室栽培は屋外から隔離されているため害虫などが入らず無農薬栽培できます。しかし万が一、害虫や病気が発生してしまえば閉鎖空間なのであっという間に蔓延して... [続きを読む]
  • 自作の水耕栽培装置?
  • 温室の中でトマトが見事に育っています。これは3年生の学校設定科目「起業チャレンジ」で設立された模擬農業法人が栽培しているものです。水耕栽培を3年も学んでいるためさすがに上手に育てています。ここで注目したいのはトマトの出来ではありません。この栽培... [続きを読む]
  • 障害物競争
  • 期末考査も終了し、まずは一段落した名農。まもなく終業式ですがその前に乗り切るのが明日の体育祭。学校あげて準備に取り組んでいます。さて1学期も終わりを迎える今、チームは8月下旬にスウェーデンのストックホルムで開催される青少年の国際大会に出場する... [続きを読む]
  • 植物工場 !
  • 夕方、環境システム科のガラス温室を覗いてみました。環境システム科は農業と工業を融合させて学ぶ全国でも珍しい学科で、その代名詞ともいえるのが水耕栽培。1年生の時から基礎を学んでいます。そして3年生になると学習の集大成として野菜の生産販売模擬農業... [続きを読む]
  • JPN ?
  • 古いチームのユニフォーム。背中の大きなJPNが目立ちます。JPNとはもちろん日本の意味でオリンピックなどで用いられる国際的な識別記号です。このデザインは2012年に出場したストックホルムでの水大賞の際に製作されたサブのユニフォームです。同じデザインで... [続きを読む]
  • 観天望気?
  • 観天望気(かんてんぼうき)とは雲や風など大気の状態から天気を予報することをいいます。代表的なのが富士山にできる「笠雲」。湿った風が山にぶつかり雲ができるためこの後、24時間以内に雨が降るといわれています。その確率はなんと75%以上というから驚きで... [続きを読む]
  • 兵どもが夢の跡
  • ここはチームが課題研究の授業で使っている土肥実験室の準備室。いつも荷物でぐちゃぐちゃだったのですが3ケ月ほど前、今まで溜まりに溜まっていたチームのポスターを全て廃棄しきれいになりました。チームがポスター発表に初めて取り組んだのは今から10年前。当... [続きを読む]
  • 発祥の地
  • コンテナの中を覗いてみると2種類の野菜が入っています。ひとつは玉ねぎ、もうひとつはニンニク。どちらもユリ科の野菜です。食べる部分が地下部になるので、腐敗しないように乾燥させていたのです。さて青森県の特産物といえばリンゴですが、その他にもナガイモ... [続きを読む]
  • まるで毒リンゴ!
  • 先日、こんな写真を見つけました。なんと水玉模様のリンゴではありませんか。2009年、園芸科学科の研究班として誕生したチームフローラフォトニクス。最初の研究素材は草花のナデシコでしたがそれと並行して取り組んでいたのがリンゴ。今も昔も名農において果樹... [続きを読む]
  • 心地よい眠り
  • 日本水大賞の表彰式は秋篠宮殿下、妃殿下ご臨席はもとより大臣や副大臣などたくさんのご来賓の中、厳かに始まりました。賞状を授与してくださったのは未来科学館の館長の毛利さん。宇宙飛行士としても有名なので、高校生もみんな知っています。さらに表彰式後に... [続きを読む]
  • 未来科学館
  • いよいよ日本水大賞の表彰式となりました。会場はご存知、未来科学館。子供たちでいつも賑やかな国立の科学博物館です。しかしこの日は表彰式のために閉館。関係者だけが中に入ることができました。表彰式会場となったホールは円形。かつて先輩方は日本学生科... [続きを読む]
  • 夜の臨海副都心!
  • 水大賞の表彰式に出席するため前日の夕方に上京したチーム。夕食の頃にはもう暗くなっていました。場所はお台場。青森県の中学校では修学旅行で見学コースにもなっている思い出の場所です。ではなぜこのエリアをお台場というのでしょうか。台場とは砲台があった... [続きを読む]
  • みなさんのおかげです
  • メンバー2人が池の前に集まりました。1ケ月前から取り組んでいる水上栽培の様子を観察に来たのです。ではここはどこでしょう。なんと名農ではなく、地元の中学校なのです。昔は小中学校には必ずといっていいほど池がありましたが近年、管理が面倒、安全性への... [続きを読む]
  • ものづくりと植物研究 !
  • 今年は水大賞に出場するため分析はもちろん、主な実験すら温室内で行っていたファイナルフローラ。今日は久しぶりに本拠地としている馴化温室前での作業となりました。準備したのは大きなプールのようなバット。ここでまた作物の水耕栽培を試そうとしているので... [続きを読む]
  • 実験は廃材?
  • 樽に植え付けられたトウモロコシ。黒い鉢に入っていますが、中はスポンジが詰まっています。露地栽培おいて土はいろいろな役割を持っていますが、この栽培は水上に浮かべるため主な役割は植物がぐらつかないように固定すること。したがってスポンジやロックウー... [続きを読む]