案内人 さん プロフィール

  •  
案内人さん: 花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ハンドル名案内人 さん
ブログタイトル花のたより☆山のふみ これぞ農高!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/baru3k2000/
サイト紹介文青森の珠玉の自然に囲まれた小さな高校「名久井農業高校」を紹介!農業高校ってすごい!
自由文農業高校生ってこんな贅沢な学習をしているんだ!おそらく、みなさんの思っているイメージとは良い意味で違っているはず!毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供778回 / 365日(平均14.9回/週) - 参加 2009/05/06 12:33

案内人 さんのブログ記事

  • 南部太ネギハウス !
  • 生物生産科といえば南部太ネギ。今年の名農祭でもたくさんのお客様が買い求められていました。では名農ではどのようにして栽培しているのでしょうか。南部太ネギを求めて農場に行ってみると男子生徒が調整していました。南部太ネギはなんと露地ではなくビニール... [続きを読む]
  • 斜めの関係?
  • 2年生を指導している3年生。チーム フローラ フォトニクスにとってはよく見る光景ですが普通の課題研究班ではなかなかお目にかかりません。なぜなら課題研究の授業は2年生、3年生は別の日に行います。したがって同じ研究班でも2年生と3年生のテーマは異なりまた... [続きを読む]
  • ほろ苦さが魅力 !
  • 久しぶりに生物生産科の農場にやってきました。いつもは環境システム科や園芸科学科の温室周辺にばかりいるので食糧生産現場という感じの大きな農場に来ると気持ちが良いものです。名農祭であらかた売り尽くしたようですが南部町の秋の風物詩とも呼べる作物を発... [続きを読む]
  • 空耳 ?
  • 今年の夏はストックホルムで開催される水大賞に出場するためチームの3年生は英語のプレゼンテーションをいつもこの土肥実験室で練習していました。あれから2ケ月が経った今、もう聞こえるはずのない英語のプレゼンテーションがまた聞こえ始めました。決して空... [続きを読む]
  • 柿の和三盆
  • 研究したアイデアを商品にしたらどのような反応を消費者は示すのか。改善点はどこにあるのかなどマーケティングは商品開発にとって最重要なポイントです。そんなマーケティングリサーチを行うのに名農祭は最適なイベント。毎年、来場者に白いリンゴなどさまざまな... [続きを読む]
  • ショップフローラのユニーク商品
  • 活動の展示だけしていてはみなさん見てくれません。長年の経験からチームは展示会場で実験的な商品を販売しお客様の誘導に努めています。今年は「涙のでないタマネギ」の試食会を行いました。ご覧の通り、生のタマネギを切ってそれを食べてもらうだけ。ところが... [続きを読む]
  • 何でも売っちゃう
  • 水大賞のため、新しい研究に挑戦しなかった最後のフローラ。したがって今年は名農祭で売る物がありません。ところがSHOP FLORA はしたたかです。なんと水大賞でつかった大量の水槽を売りに出したのです。その数、なんと40個。みんな5ヶ月ぐらいしか使っていない... [続きを読む]
  • SHOP FLORA PHOTONICS 閉店セール
  • ご覧ください。これがチームのエプロンです。SHOP FLORA PHOTONICS というロゴが書かれてあります。チームは結成当時、研究して開発した技術を用いて商品を作りそれを販売して研究費を調達しようと考えていました。そのため研究開発はチーム、販売部門はショップ... [続きを読む]
  • 引き継がれる伝統!!
  • すっかり名久井農業高校の名物となった食と環境のコンテスト「アグリチャレンジ」。今回もたくさんの小中学生から応募がありました。さて今年からチームフローラの運営から農業クラブの運営に変わりました。さすがは農業高校を牽引する農業クラブの役員たち。... [続きを読む]
  • モノ作り?
  • 11月3〜4日の2日間で開催された平成最後の名農祭。地域のみなさんが楽しみにしているのは今も昔も新鮮な農産物。生物生産科からは野菜や加工品、園芸科学科からは果物やシクラメンが今年も販売されるので、開始2時間以上も前にみなさん来校され、駐車場で待機し... [続きを読む]
  • 異端児の文化!
  • しばらく先日行われた名農祭ついてご紹介します。やることなすこと異端児のチームフローラフォトニクスですが名農祭における立ち位置も結成当時から異色でした。実はチームのユニークな研究成果を地域に披露せよとなんと展示用の教室を与えられていたのです。当... [続きを読む]
  • White Apple
  • チームフローラフォトニクスは2009年、当時の園芸科学科2年生によって結成されました。実はこの年の3年生の研究は、今はなき生活科学科を担当。残念ながら生活科学科は閉科となることが決まっていたため確か生活科学科最後の女子生徒たちでした。しかし彼女た... [続きを読む]
  • FFJ検定特級合格
  • 測量とか農業に関する知識は競技会をすれば自分の力がどれぐらいなのかわかりますが研究活動であるプロジェクト学習のレベルというのは数値にしにくいのでなかなか客観的に評価することはできません。しかしプロジェクト活動はご存知の通り農業教育の柱です。そ... [続きを読む]
  • 健闘を祈る
  • 先月の下旬、チームのもとに測定機器が届きました。光合成をする波長の明るさだけを測定する光量子メータと葉の色を数値化する葉緑素メータの2種類です。これはある高校の男子生徒さんにチームが貸していたものでどうやら実験も終わり返却してくれたようです。... [続きを読む]
  • 紅葉の色づき ?
  • きれいに紅葉してきた名農のキャンパス。よくみると樹木の外側が色づき、内側にある葉はまだ緑色です。なぜ外側の方が早く赤くなるのでしょう。葉が色づくにはいくつか条件があります。まずは気温。最低気温が8℃以下になるとぐっと色づいてきます。直接外気に... [続きを読む]
  • フローラ秋の陣!
  • 久しぶりの暖かな太陽。まさに小春日和です。さて季節は晩秋。いよいよコンクールシーズンになりました。まず秋の陣の皮切りにチームフローラフォトニクスは本日、仙台で開催される環境系の発表会に後輩のバブルボーイズとともに出場します。いつもこの時期なら... [続きを読む]
  • 巨大モンスター
  • チームがときどき使わせてもらっているのがこの実験室。生物工学実験室という生物生産科の生物工学研究班がベースキャンプとしている実験室です。この研究班には本当にお世話になりました。実はチームが長い間使ってきた屋外の馴化温室はそもそもこの研究班の温... [続きを読む]
  • 里の秋
  • 名農祭も終わるともう11月。秋も終盤に差し掛かってきました。さて名久井農業高校の校歌はサトウハチロー作詞、松田トシ作曲。若い人は知らないかもしれませんが詩人のサトウハチロー先生は「ちいさい秋みつけた」「うれしいひなまつり」などたくさんの童謡を手... [続きを読む]
  • 京都大学講義
  • 立冬となり暦の上では冬が到来しました。名久井農業高校と京都大学が雪国向きLED信号機の協働研究開始。2016年3月、青森県内を駆け抜けたニュースです。これは2015年11月に京都大学で開催されたテクノ愛という科学技術アイデアコンテストで当時のチームフローラ... [続きを読む]
  • 透けて見えるリンゴ
  • チームのMacBookです。Macのコンピュータをお使いの方ならわかると思いますがディスプレイの裏側には大きな白いリンゴがついています。電源を入れると白く光るのですが電源を消した状態で明るい窓や光源などがディスプレイの背面にあるとこのようにうっすらとリ... [続きを読む]
  • 紅葉の名所
  • 青々した緑に包まれているキャンパスが自慢の名農ですが晩秋を迎え、植物たちが一斉に色づき始めました。特にグラウンド下の紅葉は今が見頃。朝日を浴びてこんなにも輝いています。さて紅葉の名所といったら京都。紅葉狩りの季節が近づいたのか最近テレビでよ... [続きを読む]
  • Supported by T.F.P.
  • ストックホルムで活躍したメンバーが2年生のポスター発表を指導しています。とはいってもチームに1年生のJr.はいても2年生は存在しません。実は彼らは、同じ環境システム科の園芸ビジネス類型の人たちです。中学生時代からチームの活動に興味を持っていたらしく... [続きを読む]