zyurina さん プロフィール

  •  
zyurinaさん: 気ままにぴよぴよ。
ハンドル名zyurina さん
ブログタイトル気ままにぴよぴよ。
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/zyurina77
サイト紹介文徒然なる毎日を綴りたく候。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2009/05/07 09:52

zyurina さんのブログ記事

  • 消してほしい。
  • あの女が来た。春先に辞めていったあの女の笑った顔に身震いしたけどひさしぶりー元気なのー?と笑って見せて近寄ってあげた。こいつ辞めてくれてほんと良かったという思いと裏腹にいや、それがあるから罪悪感と自分の気持ちが漏れ出さないように... [続きを読む]
  • その日まで。
  • あれから数か月。あの日のまま心はとまったまま。こころの時間は流れない。気持ちも体も哀しみに暮れたままの毎日。この哀しみはどうしたらいいんだろう。この気持ちを持て余す日々。それでもやっとやっとで笑いながらいちにちいちにちを大事... [続きを読む]
  • 泣かない。
  • ここずっといろんなことがあり泣きたくて泣きたくて仕方なかった。でも泣くのはひとりのときにしようとずっとがまんしてきた。朝、夫と娘が出かけてすぐによし、もう大丈夫おもいきり泣けると思ったけどふと気づく。あれ?!なんでわたしが泣か... [続きを読む]
  • 客の質はおくそ。
  • 春になりかけのこのざわざわした感じがすごくいや。もう数十年も経験してるのに慣れない上に毎回ざわざわしてしまう。環境の変化への不安。いろんなことが動き出す恐怖。どっちみちどうにか時間が流れだしてしまう。その日その日を大事に過ごすしか... [続きを読む]
  • 母になるために。
  • 娘の涙は自分の涙の何億倍も哀しみが広がる。出来ることなら変わってあげたい出来ることならすべてのことから守ってあげたい。いつでもそばにいて何かあろうとするときはそのすべてのものに噛みついてやりたい。それらの想いをぐっと抑え送り出... [続きを読む]
  • いろんなことがいやになる。
  • 驚くべきことが起こった。なんとあの女が辞めるらしい。今すぐにではなく一か月後とのことらしいが。理由は子供の保育園問題や実家での諸事情らしいが。かなり驚いた。なんつっても今やあの女の独壇場であるこの居心地がいいはずであるこのぬる... [続きを読む]
  • 明日って。
  • せっかくの休みを今の今まで眠ってしまってた。仕方ない。体が欲してるんだから仕方ない。このおくそ忙しい日々を耐えてくれた体に感謝しなければ。そして明日はバレンタイン。でもだからなんだっていう。わたしは義理で配るチョコを調達しよう... [続きを読む]
  • ざけんなよ。
  • ざけんじゃねーよ。ただでさえ人員不足ただでさえ激混みなのに次々インフルで休まれる。そりゃぁインフルだから一週間はやすまなきゃだろーよ。そりゃぁインフルだからどうしたって仕方ないだろーよ。だけどさ。だいじょぶかしらお大事に... [続きを読む]
  • こころ乱れ。
  • なんかさ。やっぱ滲み出ちゃうね。いやいやオーラが。出してるつもりはないけど出ちゃってるのが自分でもいやというほどわかってしまう。仕事中に関してはなんとか演じることはできたけどふとしたときに例えば休憩中の事務所とか数人で雑談する... [続きを読む]
  • 結果。
  • 昨日の戦いはまぁまぁというところだった。というのも物理的に女との接触がほぼ皆無で自分の作業に没頭せざるをおえない状況で時間が過ぎた。なので気負いして行ったぶんなんだか腑抜けになった。けどもむろん昨日は回避できたけど必ずや近い将来... [続きを読む]
  • 決戦の水曜日。
  • 明日は決戦の日。戦うのは自分自身。あの女との戦いは敗北が決まってる。だからそれを受け入れ賞賛することが出来るか否かの自分との戦い。いや出来なくてもいい。受け入れなくてもいい。ただ情けない感情をだだ流しするようなことだけは... [続きを読む]
  • 変えられない。
  • あの日の女に衝撃を受けた。にんまり笑ってしてやったりの口元が振り向きざまにわたしを打ちのめした。あの瞬間感情を凍らせとにかくその場の空気を守ることだけに専念する。わたしにしか見えない攻撃の口元。平気なふりして笑顔を作って周り... [続きを読む]
  • 好きではない。
  • あの女の笑った顔が好きではない。あの女の愉快そうな態度が好きではない。でもあの女が不機嫌そうにしてるとちょっと気持ちがスッとする。あの女が何かに怒ってるとちょっと気持ちがはしゃいでくる。そしてそのことをあの女はお見通しなわ... [続きを読む]
  • 幕開けの日々。
  • 今年初の自分時間かも。うれしー・・・感涙。年末年始というのはやはりけっこうな感じでダメージをヘビーに喰らうものだ。結局夫の実家へ強制執行させられた。パート帰りを駐車場で待ち伏せされ出てきたところを拉致られ実家への集いと強制参... [続きを読む]
  • 気のせい。
  • やはり喉の痛みと鼻づまりは免れることは出来なかったけどにんにくパワーのおかげで症状はそれほどひどくならず着々といつものパターンを進んでるのであとは咳の出具合だけどうなるか気になるところ。でも今の時期は少し具合悪いくらいがいいのかも... [続きを読む]
  • やっぱり効くのかも。
  • ちょっとまずいかも・・。年末だというのにここにきて喉に痛みを感じてしまう。自分をごまかしごまかし飴など舐めてみるもこの痛みは・・風邪特有のあの痛みだ・・なんてこった。出来るなら喉だけで治りたい。こっから本格的に風邪ひき道をい... [続きを読む]
  • 年末年始の憂鬱。
  • 年末年始となると頭をかすめるのは夫の実家での集い。今年はいちよう年末年始は仕事が入っているけれど一日中ってわけでもないのでなんとなく雲行きが怪しくなる。パートが終わったら参加可能なのではないかとつっこまれたらむろん不可能とは言えな... [続きを読む]
  • おくそ客。
  • どうしよう。笑顔が無理。くそ客ばっかりと思ってしまう。激いそがしいときにあれこれ聞いてきて挙句無理難題を平気で言っちゃってくる。くそが・・・と思ってしまう。最近わたしの目つきがおかしいのが自分でもわかる。なにがお客「さま... [続きを読む]
  • 見えた顔。
  • びっくりした。あの女の横顔がごりらに見えた。人は嫌いになるとそこまでに視覚もおかしくなるのだろうか。女は普通に見てもほんとはこんなこと言いたくないけどどちらかと言えばかわいい顔をしてるほうだと思う。なのに目の周りを黒く塗るのはな... [続きを読む]
  • ぶちまける。
  • もう我慢できずにベテランパートさんにあの女の悪意をあらいざらいぶちまけた。この職場でのわたしの立ち位置もある程度確立したし信頼関係も培われた。なのでもういいだろうと自分にゴーサインを出した。もちろん信用できるパートさんに限... [続きを読む]
  • 失う感情。
  • ひとしきり泣いたあと感情を失ったかのように能面になるわたし。もういいでしょ今日という日もなんとか終わった。家で好きなもの食べて泣きたいから泣いてテレビ見て音楽聞いて能面タイム。感情を揺らすのに疲れ果てた。なにも考えたくない。なにも... [続きを読む]
  • こんなことばっか・・。
  • パート先でクレームが入った。すぐにわたしだとわかった。おっさんはどの店員だとかは言ってなかったらしいけどわたしには身に覚えがありありであの時のあのおっさんだとすぐにわかった。店長はみんなに向けてお客様には笑顔で元気に対応しまし... [続きを読む]
  • 近所のおくそがきども。
  • 近所のおくそがきどもがまたボール遊びで超絶うるさい。昼間ならまだしも夜になってもうるさすぎて心身ともに余裕のなくなったわたしは手のふるえがでるほど情緒が震えだしもう限界だと思いまたおくそがきの家へと出向いた。ピンポンする手はさっき... [続きを読む]
  • もやもや女。
  • もやもやがとまらない。ここ数日あの女とシフトがかぶりまくり。人も足りないし激忙しいしあの女がー・・とか言ってる暇はなかったけどこうやってせっかくのホリデーをあの女とのトークを思い出しもやもやしてしまう。その場その場ではあまりの... [続きを読む]